天使の海トワイライト 後編

2014年9月8日の体験記

 

皆さん、アロ~ハ!

2014年ハワイ旅行3日目です。
本日のメインは
JTBツアー「天使の海トワイライト」(夕食付)
です。
前回に続いて後編です。

スポンサードリンク

泳げない♂いそぽんが海に入れた理由

ここ20年くらい海で足が着かない場所を完全に避けてきたいそぽんですが、とうとうこの封印が解かれます。

 

この3種の神器が揃うことでとうとういそぽんの封印は解かれました。
神器①ライフジャケット(無料で貸してくれる)
神器②鼻までカバーできるゴーグル(無料で貸してくれる)
神器③泳げる人たちがたくさんいる(流されても気づいてくれる)

さらに不器用いそぽんの為にまだまだ付属アイテムが登場しました。
神器④プールヌードル(浮棒)(無料で貸してくれる)
神器⑤シュノーケル(無料で貸してくれる)

 

泳げない♂いそぽんもバタ足くらいはできます。
浮くための道具さえ揃っていれば何とかなるさ。
そんな気持ちでいざ大海原へ!!

 

初めてのシュノーケル「知らなかった使い方」

ひゃっほ~♪海の中が見えるし、鼻から水が入ることもない。体は浮いてるから楽しいぜぃ!
シュノーケルがあるから呼吸もラクラク~~~♪♪
のはずが・・・

「ゴボゴボゴボ・・・!!!!!!!」
大量の海水がinマウス!

その時は知らなかったのです。口で咥える部分の内側に歯で噛むところがあるということを・・・
知らなかったのです。

 

口でパクッと咥えただけだったから、隙間ありまくりだったようです。そうとは知らず、
「海水は飲んでしまうもんなんだ。みんな我慢しているんだ」
と自分に言い聞かせ、何度も海水を飲みまくりました。

確かに今思えば、シュノーケルをしているのに、海面上に苦しそうな表情で顔を出していたのはいそぽんだけでした。

 

でも、そんな間違った使い方のままでも、呼吸が出来るようになりました。
間違った使い方のままコツを掴んだようです。

そう、♂いそぽんは人よりスタートは鈍くさいのに、努力だけでコツを掴むことには長けているのです。
でももう遅かったのです。胃は大量の海水で溢れかえってました。

 

小さな魚たちが確かに海中を泳いでいました。残念なのは♂いそぽんは呼吸とバタ足に全神経を集中させていたために、記憶がほとんどありません。

今回の記事を書きながらシュノーケルの使い方のサイトを見ました。
シュノーケルクリアなんてものがあるんですね。
ま、今回は海中でシュノーケルと口の隙間から海水を飲み込んでいたわけで、クリア以前の問題だったわけです。

 

シュノーケリングの後は船上BBQ

そんなこんなでシュノーケリングを終えた後は船上BBQをしながら帰港します。

今回は夕食付のツアーを選んでいました。その夕食がBBQです。
BBQといっても、船上でクルーが調理してくれた料理を容器に詰めてくれたものをいただきます。
E784A1E9A18C

ドリンクもおかわり出来てアルコール好きの人は何杯か飲んでました。
サービス満点でみんな上機嫌です。

シュノーケリングで体も動かし、みんな食が進んでいます。
結構なボリュームですが女性もペロリとたいらげています。
そう、いそぽんを除いては・・・

 

いそぽんはこのBBQの為にしっかりお腹をすかしてツアーに臨みました。
まさかシュノーケリングで大量の水を飲むなんて想像することもなく・・・

全く受け付けません。

海水でお腹は完全に満たされ、上島竜平のギャグさえ完コピできる勢いのお腹の出っぱりです。
あの陽気なロコが一生懸命作っている姿を見ているだけに申し訳ない。

 

だけど、海水が喉の近くまで溢れている状態で、食事を入れたら逆噴射は必須!ひと口食べるのに5分もかかっている。申し訳ないが残そう。

そう決めた時、陽気なロコが気を使ってなかなか料理が減らないいそぽんの容器を見ながら
「フィニッシュ?」

あぁ、陽気なロコよ、この食べれない状況を察してくれたのか!
陽気なロコよ、味は美味いんだ、本当は食べたいんだ、食べれないものなんてないんだ、だけど申し訳ない、今回だけは許しておくれ・・・
と思いながら「yeah finished」と答えたわけですよ。
すると陽気なロコは

「No!」

と言い放ち、去って行きました・・・

 

陽気なロコよ、なら最初から「フィニッシュ?」なんて訊かないでおくれ。もう本当にお茶すら飲めないんだ・・・

 

苦しかった、確かに苦しかった。しかし、楽しかった
でも初めから上手く出来ることなんてないんです。

この経験ができたこと、記憶に薄くてもハワイの海の中で優雅に泳ぐ魚たちが見れたこと、全て初めての体験ですごくいい想い出です。
次は超絶景のハナウマ湾でシュノーケリングすることを心に誓ったいそぽんでした♪♪

陽気なロコよ、なぜあの時フィニッシュなんて・・・・

 

「天使の海トワイライト」これだけは持っていきましょう!

  • 水着は着用しておく
  • バスタオル必須です!!(人数分)
  • 日焼け止め
  • 上着(冷えた時用)
  • 乗り物酔いしやすい人は酔い止め

一緒にツアーに参加した人は帰りもほとんどの人が着替えはしていませんでした。水着の上から履ける濡れてもいいパンツで参加するのがラクです。いそぽんは普通の短パンを履いていきました。

 

ちなみにウミガメですが、シェラトンワイキキのプール(海側)でも、プカプカ浮きながら海を見ていると何匹も見ることができますよ。

 

苦しくも楽しかった天使の海ツアーでしたが、いそぽん家は今回サンドバーらしさを味わうことができませんでした(T_T)

潮の満ち引きが大きく影響されるのが天使の海。完全なサンドバー状態に出くわすのはタイミングも大事だったのです!

少しでも天使の海らしさを味わう為のコツを次ページで紹介しますね。

>>次ページ「天使の海」に行くにはここをチェックしておこう!

 

よいご旅行を!  マハロ♪

スポンサードリンク



ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscus「ハワイ雑貨の店」の体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


コメントを残す

このページの先頭へ