クアロア・ランチ乗馬ツアー -初めてでも楽しめる-

当サイトはプロモーションを掲載しています
クアロア・ランチの乗馬体験。慣れて余裕を見せるいそぽん

アロ~ハ!いそぽんです。

東京ドーム450個分の広大な敷地を有するクアロア・ランチ<Kualoa Ranch>で、人生初の乗馬を体験しました。

初心者向けの乗馬ツアーですが、柵のある牧場内をぐるぐる回る乗馬ではありません。コースは敷地内の平原や丘。平坦な道もあれば、起伏のある道も通ります。馬を操るのは自分。思い出に残るユニークな体験ができました。

今回は、クアロア・ランチ乗馬ツアーの様子をお届けします。

クアロア・ランチの場所を示すオアフ島MAP
クアロアランチ入口
クアロアランチの風景
クアロアランチの風景2

クアロア・ランチは、ゴジラやジュラシックパークの撮影にも使われたハワイの原風景が残る場所。いるだけでハッピーな気分にしてくれます。

【ハワイ】JALパック春スペシャル特別企画!
いそぽんハワイから申し込むと
Amazonギフトカードがもらえる
詳細はこちら

目次

クアロア・ランチ乗馬ツアー

クアロアランチの馬と記念写真

何にでも緊張してしまう僕は、人生初の乗馬に前日からドキドキしていました。
「記念写真だよ。もっと近くで撮ろうよ。」
と、馬の方から寄ってきてくれたくらいです。

予約した時間が近づき集合場所へ向かいます。そこでは、安全に乗馬するための解説動画が日本語で流れていました。覚えることは4つ。進ませる方法、停止させる方法、曲がる方法、草を食べさせない方法。
難しい内容ではないですが、僕は繰り返し流れるムービーをじっと見ていました。(ガイドさんの口頭での説明もあります)

時間になると、まずはヘルメットを装着。

クアロアランチの乗馬スタート前2

馬は1人1頭です。スタッフが乗り手の性別や体格を見て、相性が良さそうな馬を選んでくれます。馬の名前を教えてくれるので、名前を呼びながら乗馬しましょう。僕は聞き逃したので、名前を呼ぶことができませんでした。今でも後悔しています。

どの馬も性格は温和。手さばき足さばきが下手でも、大人しく我慢してくれます。

クアロア・ランチで乗馬体験。いそぽんの馬のたてがみ

今から1時間パートナーになる馬。初めて馬に乗った。嬉しい!

黒く艶のあるかっこいい馬体。大きくて筋肉質。パサパサのたてがみは想像以上に硬い。
「人生初の乗馬はポニーにしよう」と計画していた僕の手は、緊張で汗が噴き出しました。
「よろしく頼むよ」

クアロアランチの乗馬スタート前1

続々と参加者がスタンバイしていく中、僕の馬が横の馬にちょっかいを出し始めます。横の馬は大人しく無視してくれるけれど、「すみません」と謝らずにはいられません。パートナーだから。
「この落ち着きのない馬とコミュニケーションをとれるのだろうか」緊張よりもワクワクしてきました。

クアロアランチの乗馬スタート

全員の準備が整ったらスタート。ガイドさんは2人か3人付き添ってくれました。

手綱と足で馬とコミュニケーション。自分で指示を出せるのがすごく楽しい!
「乗せられているんじゃない。乗っている!」

クアロアランチで乗馬中

早く進む馬、ゆっくり進む馬。それぞれ個性があって、順番も隊列も乱れていきます。前との距離が広くなり過ぎたり、急に止まられたりすると焦りますが、ガイドさんの「蹴って!」「(手綱を)引いて!」という指示で、徐々に扱い方が分かってきます。

クアロア・ランチの乗馬体験。見晴らしのいい道を進む
クアロア・ランチの乗馬体験。うっそうと茂る植物の間を進んでいる

植物が生い茂っている場所は要注意。馬はとにかく草を食べたがります。ガイドさんが「Go!Go!」と声を掛けても、これだけは譲る気はないらしい。
最初はこちらも戸惑いますが、手綱を少し強めに引くと食べるのをやめます。「ダメ!」が伝わったとき、また新しい感動が生まれます。

クアロアランチの乗馬中2

左の馬は草が気になって仕方ない様子。隙をみて絶対食べるパターン。

クアロア・ランチの乗馬体験。乗馬中に振り返るいそぽん

心地よい揺れ、いつもとは違う視線の高さ。新鮮な体験の連続です。

クアロア・ランチで乗馬中のつまぽん。馬と一緒にカメラ目線
クアロア・ランチの乗馬体験。慣れて余裕を見せるいそぽん

うちの子は、少しでも隙をみせるとすぐ草を食べようとします。甘えん坊なのか、前を歩く馬にちょっかいを出すのも好きなよう。これもまたかわいいし、「こら!」と言いながら手綱を引ける自分も誇らしい。

クアロア・ランチ乗馬中に見えた壮大な景色。まるで恐竜時代のよう。

ゴツゴツした岩肌も緑に包まれるとアートのよう。ずっと昔もこの風景だった気がします。

クアロア・ランチの乗馬体験終了。

馬から下りるときはガイドさんが押さえてくれます。もっと乗っていたいという気持ちとは裏腹に、地面に足を着けるとガクガク震え出しました。初めての乗馬で思った以上に体は疲れていたようです。

今回は複数のアトラクションをセットにしたパッケージツアーだったので、乗馬の時間は1時間程度。慣れて余裕が出た頃に終了です。少し物足りない気もしますが、初回は1時間で良かったかもしれません。

クアロアランチの乗馬終了
クアロアランチの馬

落馬した人はおらず、暴れた馬もいません。列からはぐれそうになっても、ガイドさんがいてくれるから安心です。でも、馬を誘導するのは自分。ペースが乱れると、「Go!Go!」とか「蹴って蹴って」と急かされることはあります。そうやって自分で操れるようになるからこそ楽しかったんだと思います。

自然の中を歩くコースも良かった。途中で草を食べたい馬との攻防は特に思い出になりました。

クアロア・ランチ乗馬ツアーに参加する前に

  • パッケージプラン(乗馬・映画ロケ地ツアー・オーシャンボヤージ)の乗馬は1時間
  • 単独の乗馬ツアーは2時間のコース

特に厳しい条件はありませんが、参加して気づいたことをまとめておきます。

服装

  • 汚れてもいい長ズボン
    短パンは太ももの内側が痛くなる。日焼け予防にもなる

  • サンダル、ビーチサンダル不可
    スニーカーなど、歩きやすくてつま先をガードできるもの
  • 羽織るもの
    送迎バスの車内用。冷房が強いときあり

持ち物

  • バウチャー(予約確認書)
  • 写真つきID(パスポートなど)
    写真で撮影したものでも可。送迎バスや現地で提示する
  • サングラス
    砂埃から目を守るため
  • スマホかコンパクトカメラ
    乗馬中の撮影用。ビデオカメラ不可
  • 日焼け止め
  • タオル

荷物があると乗馬できないので、ロッカー($5)に預けました。クレジットカードはVISAとMastercardが使えます。

参加条件

3つの条件を満たしていれば参加できます。

  • 10歳以上
  • 身長137cm以上
  • 体重104kg以下

安全上、妊娠中の方は参加できません。

送迎つきは集合場所(ホテル)に注意

送迎バスが来るのは、ワイキキの両端と中心にあるホテルです。

  • ザ・ツインフィン
    パオアカラニ通りホテル入口の外側
  • シェラトン・ワイキキ・ホテル
    アロハランディング バス乗り場
  • ザ・モダン・ホテル
    ホブロンレーン ホテル入り口前

パッケージツアー以外の予約

パッケージツアーは参加できるアクティビティが決まっています。変更はできません。

アクティビティを自分で選ぶなら、それぞれのツアーを1つずつ予約することができます。ツアー間隔は最低でも15分以上空けないといけません。
ホテル送迎を付ける場合、1番遅いアクティビティの予約に送迎をつけます。ホテル出発時間の選択は、最初のアクティビティに間に合う便を選びます。

アクティビティの予約は必要?

2023年6月時点で、予約が必要なアクティビティはジップラインだけです。
乗馬・ラプター・Eマウンテンバイクは、1回の参加人数が限られているため、予約をおすすめします。連日ほぼ満員の人気ツアーです。

いそぽん家はパッケージツアーにしました。送迎の有無、ガイドの言語の確認も忘れずに。

Kualoa Ranch Hawaii
クアロア・ランチ オフィシャルサイト

楽天トラベル観光体験
楽天ポイントが使える!貯まる!

Hello Activity
相談してから予約できる

いそぽん

楽しい乗馬になりますように

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

ルックJTBで行く
ハワイ旅行・ツアー

JTBのパッケージツアーなら
ホテル・航空券・送迎の手配も安心!
航空券+ホテル、航空券だけの予約もできます

ブログ村応援用バナー
タップすると順位アップするようです
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行
にほんブログ村

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次