海外レンタルWi-Fi【ハワイ】料金比較&おすすめ3選

当サイトはプロモーションを掲載しています
ハワイのレンタルwifiどれを選べばいい?

今回は、ハワイ用の海外レンタルWi-Fi選びで迷っているときに参考となる内容です。
僕自身もかなり悩み疲れた経験をしているので、この記事がヒントになればと思います。

メインコンテンツ

  • レンタルWi-Fiを選ぶときにチェックする項目
  • 知名度の高い主要7社で料金比較(6日間)
  • おすすめの3社

いそぽん家レンタル回数No.1!

─アロハデータのポイント─

  • 料金が安い
  • プランがシンプル
  • 機器の情報が事前に分かる
目次

ハワイ用のレンタルWi-Fiを
選ぶポイント

料金、データ容量のラインナップ、受取と返却の仕方、カスタマーサポートなど、強みは各社で違います。自分に合ったものを選びましょう。

データ容量と料金のバランス

1日で使えるデータ容量は300MBから無制限まで様々です。同じ容量でも企業の方針によって1日あたり1,000円以上高くなることもあります。サービスが充実しているレンタルWi-Fiは料金も高くなる傾向なので、データ容量と料金のバランスを確認しましょう。

データ容量無制限プランの例

  • WiFiBOX…990円/日
  • グローバルWiFi…2,170円/日

データ容量のラインナップ

データ容量は企業によって品揃えが異なります。無制限プランと1GBプランは人気があり、多くのレンタルWi-Fiで取り扱っています。また、少しだけネットを使いたい人向けに低料金の300MBプランを残している企業も多いです。

動画や画像が多いSNSの視聴、地図アプリを使いながらのドライブ、複数人でポケットWi-Fiをシェア、このような場合は1GB以上、できれば無制限プランをおすすめします。

データ通信量目安

データ容量の目安
出典:GLOBAL WiFi

サポート時間

不明な点やトラブルの解消に便利なサポートセンター。サポートの対応時間は、営業時間内(日本時間)だけの企業もあれば、24時間365日体制の企業もあります。
レンタルWi-Fiは設定が簡単でトラブルも少ないですが、不安なら24時間サポートのWi-Fiを選びましょう。

営業時間内サポートは時差に注意

日本とハワイの時差は19時間あります。(日本時刻+5時間-1日=ハワイ時刻)
日本での営業時間が月曜~金曜9:00~17:00の場合、ハワイ時間だと日曜~木曜14:00~22:00です。

受取・返却方法

空港か宅急便を選べる商品が多くなりました。どちらにするかで送料(手数料)が変わることがあるので注意しないといけません。どちらも無料という商品もあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、都合のいい方法を選びましょう。

(補足)メリット・デメリット

空港

  • 自分のタイミングで行ける
  • 使い方を教えてもらえる
    ※有人カウンターの場合
  • 直前まで荷物が増えない
  • 受取・返却場所を事前に調べないといけない
  • 待ち時間が長くなることがある
  • カウンターに行くこと自体を忘れる

宅急便

  • 出発前に機器とマニュアルを確認できる
  • 受け取り忘れがない
  • 出発当日の準備を減らせる
  • 宅配時間に指定場所にいないといけない
  • 返却忘れ

補償

機器や付属品を損傷または紛失した場合に、弁償費用を0円にしたり減額できるのが補償です。補償費用は1日単位になっているため、レンタル料の総額を大きく左右することがあります。
利用するレンタルWi-Fiによっては、機器を返却できるかどうかで補償額が変わったり、付属品の補償がなかったりするので、申込前に内容を確認しておきましょう。

海外レンタルWi-Fiハワイ用の料金

6日間(4泊6日)レンタルした場合の各社の料金です。送料&手数料込み。
安心補償やオプションは含まれていません。

6日間1日換算
アロハデータ5,340890円/日
WiFiBOX 5,940990円/日
グローバルWiFi12,0202,003円/日
jetfi 10,5601,760円/日
JAL ABC7,5001,250円/日
Wi-Ho!Biz10,8001,800円/日
イモトのWiFi14,7102,452円/日

※2024年5月9日時点の情報

ハワイ用レンタルWiFiおすすめ3選

アロハデータ(グローバルモバイル)

Point!

いそぽん

安くて使いやすい高コスパWi-Fi。カバーエリアが広くて繋がり方も良好です。通常のネット検索はこれで十分。補償費用が値上がりしたのは残念ですが、いそぽん家が最も利用してきたWi-Fiです。

基本料金6日間料金
送料・受渡手数料込み
無制限890円/日5,340
1GB666円/日3,996
700MB618円/日3,708
300MB472円/日2,832

※2024年5月9日時点の情報

補償プラン 任意加入

  • ゴールド 500円/日 …100%カバー
  • ベーシック 300円/日 …80%カバー
  • ライト 200円/日 …50%カバー
  • ゴールドプラス 770円/日
  • スタンダードプラス 550円/日

予備バッテリー 200円/日

アメリカ大手の通信キャリア「AT&T」と「 Verizon」を利用。料金は安いのに、カバーエリアが広く、よく繋がります。通信速度は海外レンタルWi-Fiでは速い方。中でも無制限プランは特別速い機種となっています。
ルーターの受取は宅配が基本ですが、一部の空港で受け取りもできます。返却は付属の封筒に入れてポストに投函すれば完了。往復の送料は無料です。

サポートの営業時間が短いので、サポート重視の人向きではありません。

受取/
返却
受取…宅急便、一部空港
返却…郵送(ポスト投函)
※沖縄は発送不可
送料往復無料
※羽田空港受取は500円
支払
方法
クレジットカードのみ
※デビットカード・プリベイトカード不可
サポート営業時間内(日本時間基準)
日本時間11:00-17:00
土日祝日11:00-16:00
ハワイと東京の時差は19時間。ハワイ基準だと、日本時間は1日進めて5時間戻します
例:ハワイの金曜16:00→日本の土曜11:00

どれにしようか迷ったらアロハデータ。郵送での受取・返却さえ気にならなければ、バランスのとれたアロハデータをおすすめします。いそぽん家が最もレンタルした回数の多いWiFiです。

【レビュー】ハワイでアロハデータ

WiFiBOX

Point!

いそぽん

予約、受取・返却、ルーター本体、設定のすべてがシンプルな究極のスマートWi-Fiです。貸出機の設置台数は業界No.1。プラン料金も補償費用も安い!
ただし、USB Type-A型の充電器を自前で用意しないといけません。

基本料金6日間料金
送料・受渡手数料込み
無制限990円/日5,940
1GB690円/日4,140
500MB390円/日2,340

※2024年5月9日時点の情報

補償プラン 任意加入

  • あんしん保証 220円/日 …100%カバー

予備バッテリー なし

老舗テレコムスクエアのレンタルWi-Fi。空港や街の商業施設に設置された貸出機で受取と返却が完結するシステムです。設置数は業界No.1。無人で運営できる強みを活かして低料金を続けています。
この料金で24時間サポート付きなのはWiFiBOXくらいです。予約方法も簡単で、最短2分で完了します。

連続通信時間は12時間で優秀。フル充電は約4時間と早いです。本体はモバイルバッテリーとしても利用できます。

WiFiBOXで最も注意が必要なのは、充電器が付属していないこと。USB Type-A型の電源アダプタを自分で用意しないといけません。
また、WiFiBOXはクラウドSIMを利用しているため、たまに繋がりにくかったり、途切れたりすることがあります。(旅行中の検索程度なら問題ありません)

左「○使えます USB Type-A型」、右「×使用できません USB Type-C型」
受取/
返却
空港、駅、商業・宿泊施設、大学・病院等
受取の返却の場所は異なっても可
送料送料・手数料なし
無人貸出機を利用
支払
方法
クレジットカード、デビットカード、Shop Pay
サポート24時間365日対応

【レビュー】ハワイでWiFiBOX

グローバルWiFi

Point!

いそぽん

サポート体制や通信品質は優秀。ハワイには現地デスクもあります。サービスが充実している分、料金は高め。レンタルWi-Fiの設定や利用に不安があってサポートを重視したい人におすすめです。

基本料金6日間料金
送料・受渡手数料込み
無制限2,170円/日12,020
1.1GB1,470円/日7,820
600MB1,270円/日6,620
300MB970円/日4,820
特別割引1,000円OFF適用

※2024年5月9日時点の情報

補償プラン 任意加入

  • MAX 500円/日 …100%カバー&携行品
  • フル 330円/日…100%カバー
  • ミニ 220円/日 …80%カバー
  • プレミア 770円/日 …MAX+バッテリー
  • ライト 550円/日 …フル+バッテリー

予備バッテリー 220円/日

海外レンタルWi-Fi業界でサービスの質と量でNo.1通信品質も優秀です。24時間365日サポートのほか、ワイキキに現地デスクがあるのも心強い。現地デスクがあるのはグローバルWiFiだけです。
5G無制限プランをいち早く導入したのもグローバルWiFiでした。

気になるのは料金。ワイキキで受け取ってダニエル・K・イノウエ国際空港で返却すれば節約できます。
ポケットWi-Fiの設定は簡単なのでサポートを使うことは滅多にないですが、機器の扱いに不安があるなら料金より安心を優先して旅行を楽しみましょう。

受取/
返却
【受取】
空港、宅配、コンビニ、ワイキキ
【返却】
空港、宅配、ワイキキ
※沖縄は宅急便とコンビニ不可
※現地受取は現地で返却
送料【受取】
空港、宅配、ワイキキは無料
【返却】
空港、ワイキキは無料
支払
方法
クレジットカード、
NP後払い(手数料550円)
サポート24時間365日対応

他のレンタルWiFi

jetfi<ジェットファイ>

基本料金6日間料金
送料・受渡手数料込み
無制限1,760円/日10,560
1GB1,256円/日7,536
500MB1,016円/日6,096
350MB762円/日4,572
キャンペーン適用

※2024年5月9日時点の情報

補償プラン 任意加入

  • 安心パック 550円/日 …端末100%カバー
    キャンペーン中は0
  • プレミアム 770円/日 …100%カバー

安心パックは端末のみ補償、付属品は対象外
プレミアムは携行品補償等を含みます

予備バッテリー 55円/日

jetfiの魅力はキャンペーン。時に爆発的な安さを出してくることがあり、目を離せないレンタルWi-Fiです。補償料金無料キャンペーンなんて、他のレンタルWi-Fiで見たことがありません。
受取場所は、空港の他にも全国の郵便局やコンビニも指定可能。全国51,000箇所の中から選べます。もちろん宅配指定も可能です。

jetfiで注意したいのは、サポートセンターの休業日。土日祝日は繋がりません。また、出荷作業にも影響するため、直前の注文には不向きです。僕も試してみたかったのですが、出荷が間に合わず断念しました。
また、jetfiはクラウドSIMを利用するため、たまに繋がりにくかったり、途切れたりすることがあります。(旅行中の検索程度なら問題ありません)

受取/
返却
【受取】
空港、コンビニ、郵便局、宅配
【返却】
郵送、宅急便
送料【受取】
・空港の郵便局&コンビニ:0円
・空港以外と宅急便660円→0円(キャンペーン時)
【返却】
・郵送715円→0円(キャンペーン時)
・宅急便は実費
支払
方法
クレジットカードのみ
サポート平日09:30-18:30(土日祝休み)
夏季休業やGWなどの休業期間はサポートや出荷業務も停止
ハワイと東京の時差は19時間。ハワイ基準だと、日本時間は1日進めて5時間戻します
例:ハワイの金曜16:00→日本の土曜11:00

JAL ABC

JAL ABCロゴ
基本料金6日間料金
送料・受渡手数料込み
無制限1,250円/日7,500

※2024年5月9日時点の情報

補償プラン 任意加入

  • 最大70%補償 210円/日 …~70%カバー

※機器によって負担率が異なります
※オプションは適用外
※100%カバーのプランはありません

予備バッテリー 213円/日

無制限プラン1本勝負のレンタルWi-Fiです。バッテリー容量が多いので、通常の使用なら予備バッテリーはいりません。レンタル1台につきJALマイル200マイル付き。

受取・返却できる空港は3か所のみ。宅配にすると送料がかかるので注意です。サポート時間は短いですが、料金相応のサービスだと思います。

受取/
返却
【受取】空港、宅配
【返却】空港、宅配
送料【受取】空港無料、宅配763円
【返却】空港無料、宅配実費
支払
方法
クレジットカード、現金、電子マネー、JAL旅行券、JALクーポン
サポート日本時間09:00-17:00 ※1/1~1/3休み
ハワイと東京の時差は19時間。ハワイ基準だと、日本時間は1日進めて5時間戻します
例:ハワイの金曜16:00→日本の土曜11:00

Wi-Ho!Biz

Wi-Ho!Biz
基本料金6日間料金
送料・受渡手数料込み
無制限1,800円/日10,800
1GB1,500円/日9,000
500MB1,000円/日6,000

※2024年5月9日時点の情報

補償プラン 任意加入

  • スタンダード 220円/日 …85%カバー
  • プラス 330円/日 …100%カバー
  • プラスコンシェルコール付き 440円/日 …100%カバー

予備バッテリー 220円/日

WiFiBOXと同じテレコムスクエア提供のレンタルWi-Fi。特別な強みはないですが、悪くもありません。24時間サポート付き。

力を入れているのがWiFiBOXだからか、注文フォームの操作性がやや悪いです。

受取/
返却
【受取】空港、宅配
【返却】空港、宅配
送料【受取】空港無料、宅配有料
本州837円、その他1,047円
【返却】空港無料、宅配実費
支払
方法
クレジットカード、現金払い、請求書払い
現金払いと請求書払いは条件あり
サポート24時間365日対応

イモトのWiFi

海外行くなら!イモトのWiFi
基本料金6日間料金
送料・受渡手数料込み
無制限2,360円/日14,710
1GB1,860円/日11,710
500MB1,560円/日9,910

※2024年5月9日時点の情報

補償プラン 任意加入

  • フル 330円/日 …100%カバー
  • プラス 550円/日 …フル&ミニ保険
  • あんしんパック 220円/日 …80%カバー

予備バッテリー 330円/日

抜群の知名度を活かしたCMで利用者は多いようです。24時間サポートつき。

残念なところは、No.1の知名度がありながら他社と比較して強みがないところ。特に料金の高さと通信速度は気になります。受取・返却空港は少なく、宅配は有料です。
ハワイ用に関しては、割高で選ぶ理由が見つかりません。

受取/
返却
【受取】空港、宅配、本社
【返却】空港、宅配、本社
送料【受取】
空港&宅配:550円/台、本社:無料
【返却】
空港&本社:無料
宅配:元払い実費、着払い1,100
支払
方法
クレジットカード、
amazon pay、
NP後払い(手数料250円)
サポート24時間365日対応

ハワイにレンタルWiFiは必要?

携帯キャリアが提供している海外パケット定額サービスを使えば、レンタルWi-Fiがなくてもネットは使えます。ただ費用が膨らむので、出費を抑えるならレンタルWi-Fiが便利です。

ただし、ソフトバンクはアメリカ放題があるのでレンタルWi-Fiはいりません。以前はSprintというアメリカの通信会社の回線でかなり弱かったですが、現在は最大手の通信会社を使っています。ポケットWi-Fiと両方使ってみたところ、アメリカ放題もかなり使えました。

無料のWiFiスポットは注意

ワイキキやアラモアナ周辺には、無料のフリーWiFiスポットがたくさんあります。便利な反面、人が集まる場所ではアクセスが集中し、ストレスを感じるほどの通信速度の低下を感じるかもしれません。また、時間制限やメールアドレスの登録、ショートムービー広告の視聴など、条件があります。

それ以上に気をつけないといけないのは、暗号化されていないWiFiスポット。セキュリティが弱く、悪意のある人に情報を盗まれるかもしれません。また、施設のネットワーク名に似せた『なりすましネットワーク』もあり、誤って利用すると個人情報を抜き取られてしまうかもしれません。

無料のフリーWiFiスポットは慎重に使えば便利ですが、限られたエリアでしか使えず、個人情報を悪用される可能性があります。
いそぽん家が使う数少ないスポットは、楽天ラウンジとクレジットカード会社のラウンジ。特に、楽天ラウンジのWiFiは通信スピードが速く、画像のアップロードに便利なので重宝しています。

【関連記事】

いそぽんハワイ 楽天カードHawaiiラウンジ

ハワイ用レンタルWiFiでよくある疑問

Q. 何MB必要?無制限は必要ない?

旅行中にインターネットを使う機会は意外とあります。地図アプリ、店の営業時間の検索、トロリーやザ・バスの運行状況チェック、クーポンサイトの利用など、旅行中に調べたくなることは想像以上に多いです。
ネットを使う機会が検索程度なら600MB以下で十分。Instagramなど画像の多いサイトをよく見るなら1GB以上が安心です。
地図アプリを使ったドライブ、動画サイトの閲覧、2人以上で1台のWiFiルーターをシェアするなら無制限プランをおすすめします。

Q. 3Gプランでもいい?

5Gまで登場した現代で3Gプランはおすすめしません。4G/LTEでも日本国内と比べるとカクカクすることがあります。ネットを使う予定があるなら4G/LTEまたは5Gがおすすめです。

Q.予備バッテリーは必要?

貸出機が分かっている場合は、連続通信時間をチェックしましょう。10時間以上の機器なら、こまめに電源をOFFにすることで1日もちます。
ネットを頻繁に使ったり、1台のルーターを複数人で使用したりするなら、予備バッテリーがあると安心です。

Q. 安心補償は加入すべき?

安心補償は、機器の破損や紛失時に弁償金を免除または減額するものです。例えば、アロハデータ本体を紛失・破損した場合の弁償費用は40,000円。100%免除の補償に入っていれば自己負担額は0円になります。ただし、安心補償に加入していても、トラブルの際に無申告で返却すると弁済の対象になるので注意。
海外旅行保険やクレジットカードの賠償責任補償特約にレンタル用品の補償が入っていなければ、加入しておくと安心です。

携行品補償は「個人の所有物」が対象でレンタル品は含まれません。クレジットカードの保険が自動付帯か利用付帯かも確認しておきましょう。

Q. ルーター1台で共有してもいい?

多くても2人までがおすすめです。スペック上はルーター1台で5~10人使えますが、シェアする人数が増えるにつれて、通信量が増える、速度が落ちる、充電の消耗が激しくなるなど、デメリットも大きくなります。理想は1人1台、多くても2人で1台にしておきましょう。

Q. 1日の通信容量を超えるとどうなる?

通信速度が極端に遅くなります。直ちに使えなくなるわけではありませんが、そのまま使い続けると遮断されることもあります。
通信量の節約のために、データローミング設定をOFF、iCloudのバックアップやアプリの自動更新OFF、クラウドストレージサービスもOFFにしておきましょう。

Q. 無制限プランにすればストレスはない?

無制限なのは通信量です。通信速度ではありません。極端に通信量が増えると速度規制されることがあります。5MBほどの画像を連続でクラウドサービスにアップロードしたら、かなりスピードが落ちました。容量無制限と快適性は、必ずしも一致するわけではありません。

通信量に関わらず動画ストリーミング・オンラインゲーム・OS/ソフトウェア/アプリのオンラインダウンロードやアップデート、VOIP・FTP等負担の大きな通信により当社または現地通信事業者の通信回線に過剰な負担が生じたとき、低速や回線停止する場合がございます。
※ご利用されているエリアの基地局で回線が混み合っている場合、接続が不安定になる事や負荷を軽減する為に規制が入り通信速度が低速になる事がございます。

引用元:(株)グローバルモバイル

今回おすすめした3選はこちらです。

低料金&
高速通信
すべてが
スマート
万全の
サポート体制
詳細に戻る詳細に戻る詳細に戻る
いそぽん

快適なハワイ旅を!

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

ブログ村応援用バナー
タップすると順位アップするようです
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行
にほんブログ村

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次