ハワイの紫外線を比較したら腰が抜けた!UV対策と日焼け止め規制法を解説

ハワイの紫外線はすごいぞ

アロ~ハ!いそぽんです。

ハワイ旅行の準備は着々と進んでいますか?楽しみですよね常夏とこなつの島ハワイ。
そう常夏なんです。日本から見たらずっと夏。

でも浮かれてばかりはいられません。夏と言えば紫外線!
紫外線は肌が黒くなったり、乾燥するだけじゃなく、肌老化や皮膚病の原因にもなります。

持ち物リストにUV対策グッズは入れましたか?

ハワイの紫外線を甘く見ると10歳老けるので、持ち物リストをもう1度チェックしておきましょう。

日焼けのあと

そうは言っても、ハワイの紫外線がどれくらい強烈なのか想像できないですよね。
そこで、今回はハワイと東京の紫外線を比較してみました。
このあと出てくるグラフを見たら、「甘く見てた!」と思う人も多いはず。

この記事では、紫外線の強さ、ハワイを楽しむためのUV対策グッズ、日焼け止めクリーム規制法などを紹介しています。男性女性関係なくチェックしてくださいね!

目次

こんなに違う!ホノルルと東京の紫外線の強さ

それではホノルルと東京の紫外線の強さを比較してみましょう。ハワイ旅行される月の紫外線の強さをチェックしてみてください。

ホノルルと東京の紫外線比較グラフ
小数点以下は四捨五入しているため同じ数値でも棒グラフでは差が出ます

このグラフは1日で最大のUVインデックス(紫外線の強さを数字化したもの)を1か月ごとに平均したグラフで、オレンジ色がホノルル、青色が東京です。

数値ごとの紫外線の強さについて

1~2弱い
安心して戸外で過ごせます
3~5中程度
対策:日中は出来るだけ日かげを利用しましょう。出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。
6~7強い
対策:中程度と同じ
8~10非常に強い
対策:日中の外出は出来るだけ控えましょう。必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。
出典:気象庁ホームページ

平均なので、日によって、または時間によってはこの数値より強い紫外線になることもあります。
これを踏まえて、もう1度最初のグラフを見てください。

ホノルルと東京の紫外線比較グラフ

ハワイはずっと「強い(6~7)」か「非常に強い(8~10)」です。しかも1年のうち半分以上が「非常に強い」で、”10”を超える月が7ヵ月もありました。

いそぽん

腰が抜けて膝から崩れ落ちましたよ

冬のホノルルは日本の夏以上

ハワイの紫外線の強さは日本の2~3倍!
常にホノルルの方が紫外線が強い。東京の2~3倍です。

いそぽん

ちょっと油断しただけで「爆焼け」です

日本の夏もUV対策は欠かせませんが、ハワイではその倍以上の紫外線が容赦なく降り注いでいます。油断すると、シミが点々と残り、年中乾燥しやすくなり、水ぶくれの跡が残ることもあります。

冬のハワイ旅行でも真夏の日本と紫外線の強さはほぼ同じなのでUV対策を怠らないようにしましょう。

つまぽん

肌ダメージは蓄積するから怖い!

紫外線対策グッズ

日焼け止めクリームを含めて、用意しておきたい紫外線対策グッズを紹介します。

日焼け止めクリーム

日焼け止めイメージ画像

日焼け止めクリームはマスト中のマスト。必需品です。超重要なので、少し詳しめに解説します。

いそぽん

これでもドラッグストアでバイヤーをしていました

クリーム?ジェル?

ハワイでは汗をかいたり水に入る機会も多いので、ウォータープルーフタイプを選びましょう。

日焼け止めの効果は、剤形よりも”SPF・PAの値”と”たっぷりムラなく塗ること”が重要なので、剤形は使いやすいと思うものを選べばOKです。

ミルク、ジェル、ローション、クリーム等がありますが、テクスチャが良くて塗りやすいのはミルク(乳液)タイプ、サラっとした塗り心地が好みならジェルタイプがいいと思います。スプレーはムラになりやすいためメインには不向きですが、塗り直しや化粧の上から使うのに便利です。

Point!

肌が弱くない人の日焼け止め

紫外線カット効果の高い紫外線吸収剤配合の日焼け止めがおすすめ。紫外線カットの効果が高く、持続時間も長くて便利です。
ハワイには「SPF50+、PA++++」を用意しましょう。
SPFとPAは日焼けクリームを厚く塗った時の効果なので、薄く伸ばさず多めに塗るのがポイントです。

Point!

肌が弱い人の日焼け止め

敏感肌・肌が弱めの人には、紫外線吸収剤を使っていない日焼けノンケミカルタイプがおすすめ。
紫外線吸収剤タイプより、塗り心地や感触は劣りますが、刺激が少ないというメリットがあります。
ハワイではサンゴ礁へのダメージを防ぐためノンケミカルタイプが好まれます。

ハワイでも日焼け止めはたくさん売られていますが、肌に合わないとどうしようもないので、日本で使っているものを持って行きましょう。

ハワイの「日焼け止め規制法」について

日焼け止め規制法について

ハワイではサンゴ礁の白化と死滅を防ぐため、2021年1月1日から日焼け止め規制法が施行されています。対象となるのは、紫外線吸収剤「オキシベンゾン」と「オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)」を含む製品。ハワイ州での販売・製造が禁止されています。
日本からの持ち込みについては規制されていません。

規制の対象になった製品はすでにハワイでは販売されておらず、「(Oxybenzobne Free(オキシベンゾン不使用)「Reef Safe(サンゴ礁に安全)」「Eco-Conscious(環境へ配慮した)」「Reef Friendly(サンゴ礁に優しい)」と表記された商品が並んでいます。
日本で買った製品をハワイで使うことはできますが、ノンケミカルの製品を使う方がハワイに優しいですね。

紫外線吸収剤配合タイプ

刺激があるため肌が弱い人や小さな子供には不向きですが、日焼け止め効果が高いのが特徴です。テクスチャも伸びも良く、使い勝手がいいため多くの人使用されています。

※メトキシケイヒ酸エチルヘキシル使用

※メトキシケイヒ酸エチルヘキシル使用

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)

紫外線吸収剤タイプと比べると使用感が落ち、汗や水に弱くなりますが、肌が弱い人や敏感肌の人にはノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)がおすすめ。紫外線を跳ね返す(紫外線散乱)作用があります。ハワイのサンゴ礁にも優しいですよ。

※紫外線吸収剤不使用

※紫外線吸収剤不使用

日焼け止めクリームでは防護しにくい場所に使えるグッズもご紹介します。

UVカットのリップクリーム

紫外線対策リップ画像

唇は皮脂が出ないので紫外線からのバリア機能が弱い部位です。

日本にいる時よりも乾燥しやすく、紫外線の影響をより強く受けやすいので、ぜひ唇も守ってあげてくださいね。ハワイ土産の一つとして、現地で調達するのもいいと思います。

※メトキシケイヒ酸エチルヘキシル使用

※紫外線吸収剤不使用

リップクリームは唇の刺激を抑えるためSPFは低めです。商品にもよりますが、3~4時間を目安に塗り直しましょう。

いそぽん

屋外用はUVカットのリップクリーム、屋内用は保湿系リップクリームと使い分けるのがベスト!

サングラス

サングラスイメージ画像

ハワイの定番グッズの1つサングラス。でも、ワイキキを歩いている日本人はサングラスをかけていない人が多いです。

目は強い紫外線を長く浴びていると、白内障や黄斑変性症(怖い眼病)になるリスクが高まります。角膜炎にもなりやすいので、日中の屋外ではサングラスを活用しましょう。

サングラスを選ぶ時のポイント

サングラスは色が付いていれば紫外線をカットするわけではありません。紫外線透過率または紫外線カット率をチェックします。

「紫外線透過率」は数字の小さいもの、「紫外線カット率」は数字が高いものを選びましょう。

色が濃いサングラスはまぶしさを抑えますが紫外線のカット率とは関係ありません。むしろ、レンズの色が濃いほど瞳孔が開いて紫外線の影響を受けやすいので、透過率またはカット率で選ぶのがポイントです。

紫外線対策で使うサングラスは隙間すきまが少ない方がいいので、時間がある時に眼鏡屋さんで選ぶのがベストです。

コンタクトレンズを使っているなら、UVカットのコンタクトレンズとサングラスを併用しましょう。

ラッシュガード・ラッシュパーカー

リンネ ショップイメージ
Rinne Snow&Surf(楽天市場)

ラッシュガードやラッシュパーカーは、日焼け止めクリームの塗りムラをフォローできます。ハワイは寒いくらいクーラーが効いているので寒さ対策や、ビーチで遊んでいる時のケガ予防にも使えますよ。ふつうのパーカーと違って薄いので1枚持っておいて損はありません。

つまぽん

体型隠しにも!

日焼け止めクリームは紫外線B波の防止効果をSPFで表しますが、衣類では「UPF」で表わされます。最高値はUPF50+です。

ツバ付きの帽子

帽子で紫外線対策

忘れがちなのが髪と頭皮の日焼け対策。髪がバサバサになった、頭皮がけたということがないように、帽子も用意しておきましょう。

帽子は紫外線から目を保護するのにも効果的で、サングラスの弱点である「上からの紫外線」を防ぐことができます。目も保護するならツバ付きの帽子がおすすめです。

帽子はぜひハワイで選んでください。 かわいい帽子や南国ムードたっぷりの帽子がたくさん売られています。

ハワイで日傘を使っている人はほとんど見かけません。帽子文化なのできっとお気に入りの帽子が見つかると思います。

日焼け対策サプリ

インナーパラソル

紫外線対策の最後は、体の内側からのケアです。
体の外側から保護するグッズは、どうしても隙間ができて紫外線を通してしまいます。このすり抜けて入ってきた紫外線による影響(活性酸素や過剰なメラニン分泌)を抑えようとするのが日焼け対策サプリです。

いそぽん

目を保護するために飲んでいる人もいますよ

サプリは体全体をケアできるので、塗る日焼け止めとセットで使うのが基本です。

インナーパラソル16200

ECスタジオ
インナーパラソル16200
60粒入り

ホワイトヴェール商品イメージ

キラ★リズム
ホワイトヴェールプレミアム
30粒入り

ハワイの紫外線比較と対策グッズまとめ

ホヌの日焼け対策

日本の夏の紫外線でさえ、ハワイでは最低レベルです。
それくらい強烈。常に日本の夏以上。日本人の皮膚は紫外線に強くできていないので、しっかりした対策が必要です。

紫外線の悪影響
  • 皮膚が乾燥してガサガサになる
  • 活性酸素を増やす
  • メラニンが増える
  • 肌老化・光老化の進行

紫外線対策がストレスに感じるのも良くないですが、外で思いっきり遊ぶためにも日本の夏以上の気持ちで対策しましょう!

いそぽん

陽射しを怖れず思いっきり遊んできてくださいね!

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
TOP
目次
閉じる