ハワイの紫外線を比較したら腰が抜けた!UV対策も忘れずに | ハワイ体験ブログ

ハワイの紫外線はすごいぞ

 

皆さん、アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

ハワイ旅行の準備は着々と進んでいますか?
楽しみですよね~♪
常夏の島ハワイ。

そう、常夏です。
“つねなつ”じゃなくて”とこなつ”です。

夏の脅威と言えば紫外線!
持ち物リストにUV対策グッズは入れましたか?
ハワイの紫外線を甘く見ていませんか?

 

そこで、今回は
ハワイと東京の紫外線を比較
してみました♪

もしかしたら、
「やばい、甘く見ていた!」
と思う人もいるかも。

日焼け止めクリーム以外に、どんな物を持っていくといいかも併せて紹介しますね。
男性女性関係なくチェックをお忘れなく!

スポンサードリンク

こんなに違う!ホノルルと東京の紫外線の強さ

それではホノルルと東京の紫外線の強さを比較してみましょう。
ハワイ旅行される月の紫外線の強さが分かりますよ。

ホノルルと東京の紫外線比較グラフ

 

このグラフは1日で最大のUVインデックスの数値を1カ月ごとに平均したグラフです。
グラフはオレンジ色がホノルル、青色が東京です。

平均なので、日によって、または時間によってはこの数値より強い紫外線になることもあります。
※見やすくするため小数点以下は四捨五入しているので、同じ数値でも棒グラフでは少し差が出ます。

 

数値ごとの紫外線の強さについて

  • 1~2(弱い) 安心して戸外で過ごせます
  • 3~5(中程度) 対策:日中は出来るだけ日かげを利用しましょう。出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。
  • 6~7(強い) 対策は中程度と同じ
  • 8~10(非常に強い) 対策:日中の外出は出来るだけ控えましょう。必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。

出典:気象庁ホームページ

 

さてさて、一目見て気づかれましたよね。

紫外線の強さが全然違う!

常にホノルルの方が紫外線が強いですよね。
なんと東京の2~3倍です!

日本の夏に「もぅ!紫外線が強いよぉ。」と言いながらせっせとUV対策しますよね。
でも、ハワイではその倍の紫外線だったのです。
思わず腰を抜かしてしまいましたよ。

「ふ、ふ~ん、想像通りだよ。」
なんて強がってはいけませんよ。

日本の真夏の紫外線の強さとホノルルの冬の紫外線の強さがほぼ同じ
なんですから。

もし1月にハワイ旅行するとしても、ホノルルは日本の真夏より紫外線が強いんです。

 

持ち物リストの中にUV対策グッズは入ってますか?

 

特に夏にハワイに行く人は、さらに2倍以上の紫外線が降り注いでいることを忘れずに!

ちなみに、少し強く日焼けすると湿疹が出てしまういそぽん♂の場合、11月は少し湿疹が出る程度でしたが、9月に行った時はとんでもないことになってしまいました。

「これからは日焼け止めを使います、はい。」
と猛烈に反省していましたよ。

 

紫外線対策グッズ

皆さんの方がよくご存知かもしれませんが、紫外線対策グッズをいくつか紹介します。
いつもは参考の商品も紹介しますが、肌の合う合わないやデザインの好みが違うものばかりなので、ジャンルだけの紹介にします。

 

日焼け止めクリーム(ジェル)

日焼け止めイメージ画像

 

出来る限りSPF値が高く(SPF50+)、PA++++を持っていきましょう。
ハワイでも数多くの日焼け止めを売っていますが、肌に合わないと最悪なので、日本で使っているものを持っていくのがベストです。

より肌に優しいものを選ぶならノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)を選んでみてはいかがでしょうか。

汗で剥がれてしまうこともあるので、塗り直しができるよう携帯しやすいものを選んで下さいね。
日焼け止めを塗る前には、保湿も忘れずに。

 

UVカットのリップクリーム

紫外線対策リップ画像

 

唇のケアも忘れてはいけません。
その綺麗でかわいいピンクの唇を守りましょう。

リップクリームは荒れる前に塗っておくのが基本です。
SPF値が低いものが多いので、途中で塗り直しするようにしましょう。

 

サングラス

サングラスイメージ画像

 

「ハワイだからって気取ってサングラスしちゃって・・・」
というものではなく、目を紫外線から守るために使いましょう。

目は強い紫外線を長く浴びていると、白内障や黄斑変性症(怖い眼病です)になるリスクが高まります。
角膜炎にもなりやすいので、しっかり目を保護して下さい。

紫外線透過率と書かれている場合は数字の小さいものを選び、紫外線カット率と書かれている場合は高いものを選びましょう。

サングラスの色で違いがあるわけではないので、紫外線を多くカットできて、色が薄めのものを選ぶのがポイントです。

黒のような色の濃いサングラスは、目の瞳孔が開き、逆に紫外線を吸収しやすくなってしまいます。
「真っ黒の方がよりカットできるんでないかい?」と思いがちですが、色は関係ないんですね。

大事なのは、
紫外線カット率(又は紫外線透過率)と色が濃くないものを選ぶ
ことです。

 

ラッシュパーカーやラッシュガード

ハワイでラッシュガード

ICEPARDALラッシュパーカーレディース(楽天)

海やプールで遊ぶ予定なら、用意しておくと安心。
UPF50+のものを選びましょう。
UPFは日焼け止めのSPFと同様に考えておけばOK。

本来、ラッシュパーカーは陸地で着る用で、ラッシュガードは水中で着る用です。
ファッションチックなのがパーカーで、ピタっと体にフィットするのがラッシュガードですね。
ラッシュパーカーとラッシュガードを区別していない販売店もあります。

ラッシュパーカーはさっと羽織るだけで、腕まで紫外線から守ってくれるのでとても便利です。
プールや海から出て、ササッと体をふき、上から羽織る。
軽くて使いやすいラッシュパーカーは重宝しますよ。

子供の水遊びの後に着させてあげている光景もよく見るようになりました。
ちょっとカワイイものを選びたいですね。

水中で使うラッシュガードは体にフィットする感覚が強いので、試着して選ぶことをおすすめします。

 

ツバ付きの帽子

帽子で紫外線対策

 

より完璧に紫外線から身を守りたいなら、帽子が素晴らしい仕事をしてくれますよ。

頭皮の日焼けには無防備な人が多いですよね。
観光客では帽子を使っているのはまだ少数派です。

でも帽子は、頭皮や髪の毛を紫外線から守るだけではなく、目も守ってくれるんです。
UVカットのサングラスは前方からの紫外線には強いですが、上からの紫外線には弱いんです。

眉毛までピタっと密着しているサングラスならいいですが、大抵は上に隙間ができています。
その隙間から紫外線は侵入します。
そこでツバ付きの帽子をかぶっていれば、上部からの紫外線を防いでくれるんです。
いい仕事しますよね~。

現地でカワイイ帽子を選んでもいいですよね。
南国ムードたっぷりの帽子がたくさんありますよ♪

 

紫外線対策グッズのまとめ

では、持っていけば必ず重宝する紫外線対策グッズをまとめておきます。

  • 日焼け止めクリーム(ジェル)
  • UVカットリップ
  • サングラス
  • ラッシュパーカー/ラッシュガード
  • ツバ付きの帽子

これくらい使えばかなり紫外線対策ができます。
日傘を使っている人も稀に見かけますが、現地では浮きます。

あと、ハワイ旅行中はUVカットのコンタクトレンズに変えるという人もいます。
UVカットのコンタクトレンズとサングラスを使えば、かなり高度な目の紫外線対策になりますよ。

 

ハワイの紫外線比較まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハワイの紫外線は甘く見てはいけないということをお分かりいただけたでしょうか?

日本の夏の紫外線はハワイでは最低ライン
でしたね。

常に日本の夏以上です。
紫外線についてはオゾン層の破壊もあり、世界中で問題になっています。

特に日本人は紫外線に強い皮膚ではないので、なおさら注意が必要ですね。
日本と同じ感覚で行くと全くダメなのです。

シミやシワ、たるみは保湿力や活性酸素が原因です。
紫外線は皮膚から水分を奪い、活性酸素を増やします。
増えた活性酸素を退治するのがメラニンですが、メラニンも増えすぎるとシミになります。

だからこそ、未然に紫外線対策をしておくのが重要なんですね。

次は2016年から話題になっている「日焼け止めサプリ」についてですよ♪

ハワイで必須の紫外線対策!飲む日焼け止めサプリも持ってく?

 

紫外線対策をしてハワイの太陽をいっぱい浴びましょう!
マハロ♪

 

スポンサードリンク



ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscus「ハワイ雑貨の店」の体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


コメントを残す

このページの先頭へ