ハワイ情報

ハワイの紫外線を比較したら腰が抜けた!UV対策も忘れずに | ハワイ体験ブログ

ハワイの紫外線はすごいぞ

アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

ハワイ旅行の準備は着々と進んでいますか?
楽しみですよね常夏とこなつの島ハワイ。

そう常夏なんです。
日本から見たらずっと夏。

でも浮かれてばかりはいられません。
夏と言えば紫外線!

紫外線は肌が黒くなったり、乾燥するだけじゃなく、肌老化や皮膚病の原因にもなります。

持ち物リストにUV対策グッズは入れましたか?

ハワイの紫外線を甘く見ると10歳老けるので、持ち物リストをもう1度チェックしておきましょう。

日焼けのあと

そうは言っても、ハワイの紫外線がどれくらい強烈なのか想像できないですよね。

そこで、今回はハワイと東京の紫外線を比較してみました。

この後出てくるグラフを見たら、「甘く見てた!」と思う人も多いはず。

この記事では、日焼け止めクリームを持って行くのは当然として、ハワイを楽しむために一緒に持っていくといいグッズも紹介します。

男性女性関係なくチェックをお忘れなく!

 

スポンサーリンク

こんなに違う!ホノルルと東京の紫外線の強さ

それではホノルルと東京の紫外線の強さを比較してみましょう。

ハワイ旅行される月の紫外線の強さをチェックしてみてください。

ホノルルと東京の紫外線比較グラフ

このグラフは1日で最大のUVインデックスの数値を1か月ごとに平均したグラフで、オレンジ色がホノルル、青色が東京です。

ホヌぽん
UVインデックスは、紫外線の強さを数字化したものだよ

平均なので、日によって、または時間によってはこの数値より強い紫外線になることもあります。
※見やすくするため小数点以下は四捨五入しているので、同じ数値でも棒グラフでは少し差が出ます。

一言でいうと、上に長いほど紫外線が強いということです。

参考
数値ごとの紫外線の強さについて

  • 1~2(弱い) 安心して戸外で過ごせます
  • 3~5(中程度) 対策:日中は出来るだけ日かげを利用しましょう。出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。
  • 6~7(強い) 対策は中程度と同じ
  • 8~10(非常に強い) 対策:日中の外出は出来るだけ控えましょう。必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。

出典:気象庁ホームページ

 

これを踏まえて、もう1度最初のグラフを見てください。

ホノルルと東京の紫外線比較グラフ

ハワイはずっと「強い(6~7)」か「非常に強い(8~10)」なんです。

しかも1年のうち半分以上が「非常に強い」で、10すらも超える月が7ヵ月もあります。

いそぽん
腰が抜けて膝から崩れ落ちた

 

冬のホノルルは日本の夏!?

グラフで見たらハッキリと分かったと思います。

ハワイの紫外線の強さは日本の2~3倍!

常にホノルルの方が紫外線が強い。

東京の2~3倍です!

日本でも夏になると、降り注ぐ紫外線から肌を守るために、UV対策が欠かせませんよね。

でも、ハワイではその倍の紫外線が容赦なく降り注いでいます。

いそぽん
あわわ…

 

「真夏の日本」と「冬のホノルル」で紫外線の強さがほぼ同じ
なんですよ。

もし1月にハワイ旅行するとしても、ホノルルは日本の真夏より紫外線が強い!

夏のハワイなんて、さらに2倍以上の紫外線が降り注いでいます。

ちなみに、日焼けすると肌がかゆくなるいそぽんの話ですが、11月に行った時は腕に少し湿疹が出ました。

9月に行った時は足や腕の広い範囲に無数の湿疹が出て、夜中に発狂しました。

いそぽん
半泣きになりながら、かゆみ止めを塗ってたなぁ

これがトラウマになって、日焼け止めを使うようになりました。

 

肌がこげ茶色になって、きれいスッキリ元通りになるんならいいんです。

実際は茶色いシミが点々と残るし、年中乾燥しやすくなるし、水ぶくれなんかになったら跡が残ることもあります。

綺麗な日焼けの例

 

リアルな日焼け後の肌

もし変な湿疹なんか出てきたら、旅行中ずっと気にしなければいけません。

それに、紫外線を浴び続けた影響は、何年も先になってから現れるのも怖いところ。

紫外線対策はしっかりとしておきましょう!

 

紫外線対策グッズ

日焼け止めクリームを含めて、紫外線対策グッズをいくつか紹介します。

日焼け止めクリーム

日焼け止めイメージ画像

日焼け止めクリームはマスト中のマスト。必需品です。

超重要なので、少し詳しめに解説しておきます。

いそぽん
一応、ドラッグストアでバイヤーしてたので、難しいことは省いて要点だけお伝えします

 

選ぶタイプ

基剤は、クリーム、ミルク、ローション、ジェルから好きなものを選べばOK。

スプレーやシートタイプは塗り直しとか補助で使うのには便利ですが、ムラができるし薄いのでメインとしては不向きです。

ハワイだと海に入ったり、汗をかいたりするので、ウォータープルーフタイプをおすすめします。

肌が弱くない方の日焼け止め

肌が弱くなければ、紫外線カット効果の高い紫外線吸収剤配合の日焼け止めがおすすめ。

紫外線カットの効果が高く、持続時間も長くて便利です。

ハワイに持って行くなら「SPF50+、PA++++」が塗り直しが少なくて便利です。

SPFとPAは日焼けクリームを厚く塗った時の効果なので、薄く伸ばさずいつもより多めに塗るのがポイントです。

+ SPFとPAについて(タップで開閉)

SPF〇〇は紫外線B波に対する防止効果の目安を表しています。
例えば、15分で肌が赤くなる人の場合、SPF50を塗っておくと50倍(750分)遅らせるということです。
50の後の「+」は50倍以上という意味です。

PA〇〇は紫外線A波に対する効果を表しています。
「+」が多いほど効果が高くなります。

紫外線が強く、外出時間が長いハワイでは、肌に刺激を感じない限り「SPF50+、PA++++」がおすすめです。

 

肌が弱めの方

敏感肌・肌が弱めの方には、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止め(ノンケミカル)がおすすめ。

紫外線吸収剤タイプより、塗りごこちや感触は劣りますが、刺激が少ないというメリットがあります。

 

ハワイでも日焼け止めはたくさん売られていますが、肌に合わないとどうしようもないので、日本で使っているものを持って行ってください。

 

ハワイの日焼け止め制限について

ハワイ州では2021年1月から一部の日焼け止めの販売が禁止になることが決まっています。

サンゴ礁に悪影響が出ていると言われる「オキシベンゾン」と「オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)」という紫外線吸収剤を使用した日焼け止めが対象です。

日本からの持ち込みについては制限されていません。

オキシベンゾンは、現在あまり使われていませんが、オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)は一般的によく使われている成分です。

では、実際にいくつか日焼け止めを紹介します。

 

紫外線吸収剤配合タイプ

刺激があるので、肌が弱い方や小さな子供には不向きですが、日焼け止め効果が高く、テクスチャも伸びもいい使い勝手がいいタイプです。

基本的にはこのタイプがおすすめです。

アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク
アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク/資生堂
●SPF50+/PA++++
●ウォータープルーフ
●紫外線ブロックの効果が高く、水・砂にも強い最強UV
●スキンケア成分も配合
●石けんでスルッと落とせる
※メトキシケイヒ酸エチルヘキシル使用
 

 

アリィー エクストラUV ハイライトジェル
アリィー エクストラUVハイライトジェル/カネボウ
●SPF50+/PA++++
●ウォータープルーフ
●紫外線をブロックしながら、透明感のある白肌に仕上げる
●スキンケア成分配合
●石けんでスルッと落とせる
※メトキシケイヒ酸エチルヘキシル使用
 

 

紫外線吸収剤を使っていないタイプ(ノンケミカル)

紫外線吸収剤タイプと比べると、使用感が落ち、汗や水に弱くなりますが、肌が弱い、敏感肌という方は、肌に優しいノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)をおすすめします。

刺激が少なめで子供にも使えて、ハワイのサンゴ礁にもやさしい!

ここでは、ノンケミカルタイプの中でも長時間使えて使い勝手もいいNOVを紹介します。

NOV UVシールドEX
NOV(ノブ) UVシールドEX/ノエビア
●SPF50+/PA++++
●使用感がいい
●ウォータープルーフ
●スキンケア成分配合
●敏感肌・子供にも使える
●石けんでスルッと落とせる
 

 

次に日焼け止めクリームだけでは対策しきれない箇所をフォローするグッズを紹介します。

 

UVカットのリップクリーム

紫外線対策リップ画像

顔や体の紫外線対策はしていても、唇まではしていないとしたら、ぜひ唇も守ってあげてください。

唇は皮脂が出ないのでバリア機能が弱い部位です。

ハワイでは、日本にいる時よりも乾燥しやすく、紫外線の影響をより強く受けてしまいます。

将来、カサカサでくすんだ唇になってしまわないように、きちんとケアしてあげてください。

自分の唇に合うメーカーで、UVカットができるものを探しましょう。

メンソレータム メルティクリームリップ
メンソレータム メルティクリームリップ/ロート製薬
●SPF25/PA+++
●リップクリームの中ではSPF、PAが高めで塗り直しの回数を減らせる
●高保湿タイプでバリア機能も高める
※メトキシケイヒ酸エチルヘキシル使用
 

 

NOVリップケアクリーム UV
NOV(ノブ)リップケアクリーム UV/ノエビア
●SPF13/PA++
敏感肌の方でも使えるリップ
●塗り直しの回数は増えるものの、刺激を抑えた優しいリップ
※紫外線吸収剤不使用
 

 

リップクリームは唇の刺激を抑えるため、SPFは低めになっています。

商品にもよりますが、塗り直す時間の目安は3~4時間くらいです。

ポイント

紫外線カットタイプは外出時に使うようにし、屋内で過ごす時は保湿メインのリップを使うといいですよ。

 

サングラス

サングラスイメージ画像

ハワイの定番グッズの1つサングラス。

でも、ワイキキを歩きながら日本人を見ると、サングラスをかけていない人が多いです。

いそぽん
僕もずっとはかけてないけど…

 

目は強い紫外線を長く浴びていると、白内障や黄斑変性症(怖い眼病です)になるリスクが高まります。

角膜炎にもなりやすいので、サングラスを活用しましょう。

 

サングラスを選ぶ時のポイント

サングラスは色が付いていれば紫外線をカットするわけではありません。

購入前に紫外線透過率または紫外線カット率をチェックして購入するようにします。

紫外線透過率と書かれている場合は数字の小さいものを選び、紫外線カット率と書かれている場合は数字が高いものを選びます。

 

ポイント

濃い黒色のサングラスの方が紫外線をカットできるようなイメージがありますが、まぶしさは違ってきますが、紫外線のカット率とは関係ありません。

いそぽん
むしろ、レンズが濃い色になるほど瞳孔が開きやすくなり、紫外線を受け入れやすくなってしまいます。だから、紫外線カット率が重要!

 

紫外線対策で使うサングラスは、なるべく隙間すきまがない方がいいので、時間がある時に眼鏡屋さんで選ぶのがベストです。

 

ラッシュガード

ハワイでラッシュガード

ICEPARDALラッシュパーカーレディース(楽天)

海やプールで遊ぶ時に便利なのがラッシュガード。

紫外線から肌を守ったり、怪我から肌を守ったりと便利です。
大きめを選べば体型を隠すこともできる...

ハワイの海にはたまにくらげが出ることもあるので、クラゲ除けにも使えるかも。

着たまま海に入っても、出たらすぐ乾くので重宝しますよ。

子供の水遊びの後に着させてあげている光景もよく見るようになりました。

ちょっとカワイイものを選びたいですね。

ここをチェック

UPF50+と表記されているものを選びましょう。

UPFは日焼け止めのSPFと同様に考えておけばOKです。

人気のラッシュガード女性用
ラッシュガード パーカー(レディース)
安くてかわいいのがたくさんあるショップ
 

 

ツバ付きの帽子

帽子で紫外線対策

いそぽん夫婦は2人とも帽子が似合わないので使っていませんが、より完璧に紫外線から身を守るなら、帽子もいい仕事をしてくれます。

頭皮の日焼けには無防備な人が多いと思います。
気づいたら頭皮がけていたってよくある話です。

いそぽん
帽子は頭皮や髪の毛を紫外線から守るだけではなく、実は目も守れるんですよ。

UVカットのサングラスは前方からの紫外線には強いですが、上からの紫外線には弱いんです。
上に隙間すきまができますから。

その紫外線を防いでくれるのがツバ付きの帽子なんですね。

帽子はハワイに着いてから選ぶのがおすすめ。
カワイイ帽子や南国ムードたっぷりの帽子がたくさんありますよ♪

 

日焼け対策サプリ

ホワイトヴェールイメージ

いま話題になっているのが、飲む日焼け止めとも呼ばれる日焼け対策サプリ。

肌の老化は、加齢より紫外線による影響の方が大きく、「光老化」と呼ばれるようになりました。

日焼け対策サプリには、紫外線によって発生する活性酸素や過剰なメラニンを体内で抑える効果があります。

ホワイトヴェール・プレミアム
●飲むだけで日焼けと美肌の対策が1つでできる
●進行中の光老化対策にも使える
●24時間持続でハワイのビーチで思いっきり遊べる
●頭皮や目の中を内側から守れる
 

塗る日焼け止めも併用してくださいね!

まだハワイでは使っていませんが、いそぽんも飲み始めましたよ。

 

紫外線対策グッズのまとめ

持っていけば必ず重宝する紫外線対策グッズをまとめておきます。

  • 日焼け止めクリーム
  • UVカットリップ
  • サングラス
  • ラッシュガード
  • ツバ付きの帽子
  • 日焼け対策サプリ

これくらい使えばかなり紫外線対策ができます。

日傘を使っている人も稀に見かけますが、現地ではちょっと浮くかもしれません。

あと、ハワイ旅行中はUVカットのコンタクトレンズに変えるという人もいます。

UVカットのコンタクトレンズとサングラスを使えば、かなり目を守ることができますよ。

 

ハワイの紫外線比較まとめ

ホヌの日焼け対策

最初に出したグラフを見て驚きませんでした?

ハワイの紫外線は甘く見てはいけないですよね。

日本の夏の紫外線はハワイでは最低ライン
そんな数値になっていました。

常に日本の夏以上です。

紫外線についてはオゾン層の破壊もあり、世界中で問題になっています。

特に日本人の皮膚は紫外線に強くできていないので、なおさら注意が必要なんです。
日本と同じ感覚で行くと痛い目をみます。

シミやシワ、たるみは、肌の乾燥や活性酸素が原因と言われていますよね。

紫外線は、
●皮膚から水分を奪い乾燥させる
●活性酸素を増やす

ホヌぽん
目以外は、適度に浴びるのは健康にいいんだよ

 

そして増えた活性酸素を退治してくれるのがメラニン。
でも、メラニンも増えすぎるとシミになります。

いそぽん
ちょうどいい感じにできない不器用さ…

 

というわけで、紫外線対策しましょう。

それと、話題の「日焼け止めサプリ」についても記事を書いたので、ぜひっ!

ハワイで必須の紫外線対策!飲む日焼け止めサプリも持ってく?

 

紫外線対策をしてハワイの太陽をいっぱい浴びましょう!
マハロ♪

 

 

関連コンテンツ

-ハワイ情報
-, ,

Copyright© いそぽんハワイ | ハワイ旅行が200%楽しくなるツアー体験記 , 2019 All Rights Reserved.