カネオヘ湾で人気のシーウォーカー体験!このツアーは天候が重要です

シーウォーカー記念撮影

アロ~ハ!いそぽんです。

今回は、カネオヘ湾のシーウォーカーツアーの体験記を紹介しますよ。
このツアーのポイントはずばり天候。晴れれば超楽しいし、雨だと寒い。そんなツアーです。

残念ながら寒い日でしたが、人生初めてのシーウォーカーはすごく楽しかったですよ。泳げなくても大丈夫。
注意点だけ知っておけば、皆さん楽しめると思います。

ちなみに、この本を読んでシーウォーカーツアーに興味を持ちました。

いそぽん

ハワイの情報誌ではないですが、読むとハワイの楽しさが伝わってきます。ハワイのリピーターでも笑いながら読めますよ。

目次

シーウォーカー体験記

大型のバス(参加者の人数次第と思います)に乗り、ホテルを出てカネオヘ湾に向かいます。マリンスポーツを含むツアーで重要なのは天候です。快晴なら最高に楽しめるし、雨が降ると寒さとの闘いが待っています。

カネオヘ湾の状況

カネオヘ湾

どう見ても・・・

カネオヘ湾曇り空

曇天っ!
雨も降っていてめちゃくちゃ寒かったです。

カネオヘ湾から船に乗って沖に向かうのですが、悪いことは重なるもの。この日は段取りが悪かったようで、ボートに乗るまで1時間待たされました。

カネオヘ湾の船

雨も重なってめちゃくちゃ寒かったです。

海に行くツアーで大事なのは上着。たとえ天気が晴れていても、海から出たあとや移動中の車内が寒いことがよくあるので、必ず羽織れる上着を持って行くようにしましょう。

シュノーケル

シーウォーカーのツアーは、半日コースと1日コースがあります。いそぽん家が参加したのは半日コースで、シュノーケルは含まれていませんでしたが、待ち時間が長かったため、シュノーケルをさせてもらいました。

いそぽん

当時はシーウォーカーだけのツアーでした

─ Information ─

現在の半日コースは、シーウォーカー・バナナボート・サンドバーウォークに参加できます

追加料金はありません。ライフジャケットを含めたシュノーケルの道具もすべて無料で貸してくれます。

カメラは船内で水中使い捨てカメラを購入しました。スマホを海中に入れるのが不安なら、画像は落ちますが使い捨てカメラなら安心です。

生まれて初めてのシュノーケリングは天使の海でした。呼吸の仕方が分からず、海水を飲みまくった苦くしょっぱい思い出。

今回は、事前にネットでシュノーケリングの仕方を学習済み。だから呼吸はできましたが、いそぽんが泳げないのは相変わらず。思った方向に進むことができません。

でも何とか魚の写真を撮りたいと思って撮ったのがこちら。

カネオヘ湾シュノーケル2
カネオヘ湾シュノーケル

上出来。

メインはシーウォーカー。ここでむやみに写真は撮れません。

海の中は楽園だった!シーウォーカー初体験

シーウォーカーをする前に、ウェットスーツを着用します。これも初体験。

シーウォーカーのウェットスーツ

左がいそぽん。けっこうマリンスポーツしてそうに見えません?
でも、このウェットスーツすらまともに着ることができませんでした。

「サイズが合ってない!ピチピチで着られへん~」って焦ったいたところ、隣りにいた見ず知らずのツアー参加者の方が、着るのを手伝ってくれました。ウェットスーツはピチピチなものらしいです。40代になって初めて知りました。

そしていよいよシーウォーカーに挑戦。海に入る前に大きなヘルメットのようなものをかぶります。

シーウォーカー1

このヘルメットがほんとすごい。
ホースが付いていて呼吸の心配なし。水も入ってこない。だからほんとに海の中を歩ける。

そしてなにより、海の中は温かい!
待ち時間は寒くて、ガタガタブルブル。さっきまでとは全然違う温かさ。天国のようでした。

海底には魚がいっぱい。餌を持たせてくれるので、魚がいっぱい寄ってきます。
カメラ目線の魚がめちゃくちゃかわいい♪

シーウォーカー魚の群れ

ちょっと寄ってきすぎな気もしますが、これがシーウォーカーの魅力。

シーウォーカー海の中

ちょっと手を伸ばせば、魚に触れることもできます。

シーウォーカー2

ヘルメットをかぶっているので、ファインダーをのぞけない。
適当に写真を撮りまくりました。

エサ食べたい>人間への恐怖

魚群のシーウォーカー

エサがあれば人間なんてへっちゃららしいです。

でもエサがなくなると、

水中写真

すぐ去っていく。
エサの切れ目が縁の切れ目。

シーウォーカー中は、流されないように棒を持って集団で動きます。係の人が合図で行動を指図してくれるので、その指示に従えばOK。

頭が悪く、鈍くさいいそぽんでも無事に帰還。
シーウォーカーは簡単です。

シーウォーカーいそぽん♂
シーウォーカーいそぽん♀

\お気に入りの記念写真♪/

シーウォーカー記念写真

係の人が撮ってくれました。

海中散歩なんてしたことがなかったので、シーウォーカーは新鮮で斬新で楽しかったです。人気があるのも分かりました。
シーウォーカーを楽しむために、天候が良くなることを祈りましょう!

カネオヘ湾のシーウォーカーツアーの注意点とQ&A

まずは参加条件の注意点。当日の体調が悪い方、持病がある人(特に心臓病、呼吸器系疾患、糖尿病及び高血圧の薬を服用している人)は参加できません。

アクティビティの待ち時間が長い

今は少し改善されているかもしれませんが、次々にアクティビティができるわけではありません。準備や移動で待ち時間が長かったです。

これを知らないとイラっとするかも。
何より安全が第一です。

待ち時間が寒い!バスタオルと羽織れるものは必須

海から出たあと、次のアクティビティを始めるまでの間に体が冷えます(曇と雨の日はきつい)。ホットドリンクを用意してくれていますが、上から羽織れるものを用意しておきましょう。可能ならバスタオルは2枚あると便利です。

各アクティビティは、乗ってきた船からアクティビティポイントまでジェットボートで移動します。その時も寒いです。

船のワイヤーに注意

シュノーケリングを終えて、船に上がる時に波に押されて船のワイヤーで足をこすりました。

カネオヘ湾で負傷

これはホテルに戻ってから撮った写真ですが、海から上がった直後はそこそこ出血していて、楽しみにしていたシーウォーカーの前にテンションがだだ落ちしました。
海から船に上がる時、ワイヤーの近くには近づかないようにしましょう。こんなケガをしたのはいそぽん一人だけでしたけど。

シュノーケルの道具は借りられる?

性能がいいものではないですが、ライフジャケット込みで借りられます。追加料金はありません。

シーウォーカーは眼鏡のままできる?

シーウォーカー自体は眼鏡またはコンタクトを装着したままでも大丈夫です。ヘルメットの中に水は入りません。

ツアー前後の着替えは?

更衣室はなく、着替えはトイレになります。行きは水着着用の人がほとんどです。帰りはトイレが混み合って着替えられない場合があります。水着の上から着れる服とパンツ、上から羽織れるもの(帰りのバスがすごく寒い)を用意していきましょう。水着着用のまま帰る人も多いです。

貴重品は預けられる?

貴重品は各自で保管になります。必要最低限のお金と物を防水ケース等に入れておきましょう。
あと、海中で指輪がはずれることがあります。指輪ははずしておいた方がいいです。
コインロッカーもありません。

シャワーはある?

なかったです。

水中カメラは買える?

船内で販売しています。現金払いです。値段は覚えていないですが、ワイキキで買うのと変わらないか少し安かったと思います。

スマホを持って行くなら、防水仕様でも防水対策をしておきましょう。また、波に持って行かれないよう体に繋げられるタイプ(首掛け式など)のケースを持って行く方がいいと思います。

シーウォーカーのオプショナルツアー

カネオヘ湾のシーウォーカーツアーで有名なのは、トロピカルオーシャンスポーツ(TOS)とカネオヘ・ベイ・オーシャン・スポーツ(KBOS)です。
いそぽん家はTOSに参加しました。

いそぽん

KBOSの公式サイトは日本語に対応していません

シーウォーカーのツアー

TOC トロピカル・オーシャン・スポーツ

カネオヘ湾 シーウォーカーのツアー

ベルトラでツアーの詳細を見る icon公式サイトでツアーの詳細を見る

ハワイの魚に猛烈なキスをいただきました。

魚のキス
いそぽん

水中散歩で魚と遊ぶのは想像以上に楽しかったですよ

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

ツアー参加日:2015年10月5日

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次