シュノーケリング・シーウォーカー

カネオヘ湾で人気のシーウォーカー体験!このツアーは天候が重要です

シーウォーカー記念撮影

アロ~ハ!いそぽんです(^^♪
今回は「カネオヘ湾でシーウォーカー」の体験記を紹介しますよ♪

いそぽん

前半はかなりネガティブなレビューが続きますが、シーウォーカーはすごく楽しかったですよ!

シーウォーカーは、いそぽん家の愛読書「旅ボン ハワイ編」の中で紹介されているのを見て、やってみたいなぁと思っていたオプショナルツアーです。いそぽんは泳げませんが、シーウォーカーは海の中を歩くから泳げなくても大丈夫!水の中は怖いですが、期待で胸が膨らみます。

ちなみに、これが愛読書の「旅ボン ハワイ編」。

ハワイの情報誌としては使えないですが、読んでいると楽しい旅ができそうな気がします。ハワイに行ったことがある人でも笑いながら読めますよ。

スポンサーリンク

シーウォーカー体験記

大型のバス(参加者の人数次第と思います)に乗り、ホテルを出てカネオヘ湾に向かいます。マリンスポーツを含むツアーで重要なのは天候です。快晴なら最高に楽しめるし、雨が降ると寒さとの闘いが待っています。

カネオヘ湾の状況

カネオヘ湾

どう見ても・・・

カネオヘ湾曇り空

天気悪っ!
雨も降っていてめちゃくちゃ寒い。

カネオヘ湾から船に乗って沖に向かうのですが、悪いことは重なるもの。この日は段取りが悪かったようで、ボートに乗るまで1時間待ち。

カネオヘ湾の船

雨も重なってめちゃくちゃ寒かったです。

海に行くツアーで大事なのは上着。たとえ天気が晴れていても、海から出たあとや移動中の車内が寒いことがよくあるので、必ず羽織れる上着を持って行くようにしましょう。

使い捨ての水中カメラを買いました

いそぽんが日本から持ってきたカメラは防水ではなかったので、今回のツアーには持って行きませんでした。だから写真は諦めていたのですが、移動中の船の中で使い捨ての水中カメラを購入することができました。値段は覚えていませんが、ワイキキで買うより安かったと思います。ぼったくり価格ではなかったです。

いつも販売しているかが分からないので、写真を撮りたい方は防水のカメラやスマホを用意して行きましょう。波に流されないようにケースもお忘れなく。

2015年当時なので、現在も船上販売しているかは不明です

なぜかシュノーケルにも参加

機材や安全上のこともあって、ツアー参加者が全員同時にシーウォーカーをできるわけではありません。1グループずつなので、待ち時間が長くなります。その待っている間にシュノーケルをすることができました。スケジュールにシュノーケルは載ってなかったのですが。

追加料金はなく、ライフジャケットを含めたシュノーケルの道具もすべて無料で貸してくれる。したくなければ、船上で待っていることもできます。

2015年当時なので、現在もシュノーケルできるかは不明です

カネオヘ湾シュノーケル

生まれて初めてのシュノーケリングは天使の海でした。呼吸の仕方が分からず、海水を飲みまくった苦くしょっぱい思い出。

今回は、事前にネットでシュノーケリングの仕方を学習済み。だから呼吸はできましたが、いそぽんが泳げないのは相変わらず。思った方向に進むことができません。でも何とか魚の写真を撮りたいと思って撮ったのがこちら。

カネオヘ湾シュノーケル2

上出来。

船に上がる時はワイヤーに近づいてはいけない

シュノーケリングを終えて、船に上がる時にハプニング発生。波に押されて船のワイヤーで足をこすって負傷してしまいましたよ。

カネオヘ湾で負傷

これはホテルに戻ってから撮った写真ですが、海から上がった直後はそこそこ出血していて、楽しみにしていたシーウォーカーの前にテンションがだだ落ちしました。

海から船に上がる時、ワイヤーの近くには近づかないようにしましょう。こんなケガをしたのはいそぽん一人だけでしたが。

ボートライドが寒い!

シュノーケリングを終えた後も、シーウォーカー待ちの時間は続きます。濡れた体に海風が染みわたって寒いです。でも良かったのは、船上には無料の飲み物が用意されていること。ホットコーヒーで体を温めながら待ちます。とてもハワイとは思えない寒さでした。

繰り返しになりますが、海のアクティビティに参加する時は、厚手の羽織る服を持って行きましょう。あと、バスタオルは2枚あるとさらに便利です。

寒いと地獄なボートライド

シーウォーカーをする場所は、船が停泊している場所から少し離れています。その場所に移動する時に使うのがモーターボート。潮風を浴びながら海をボートで滑走するなんて、超楽しそうですよね。テレビでもみんなキャッキャッ、キャッキャッと騒いでいるのを見たことがあると思います。年齢なんて関係ない青春の1ページ。

でもですね、これがまた寒いっ!
めちゃくちゃ寒いっ!

冷えた体にボートライドは地獄でした。写真を撮る余裕もなく、みんな体を丸めて寒さに耐えるガマン比べ。操縦士は気を利かせてちょっと粗めでスリルのある操縦をしてくれるのですが、それが余計に寒い。悲鳴の質が違う。

そんな感じでシーウォーカーのスポットに到着。半分凍結していました。

いそぽん

ネガティブレビューはここまで。このあとのシーウォーカーはめちゃ楽しかったです!

海の中は楽園だった!シーウォーカー初体験

シーウォーカーをする前に、ウェットスーツを着用します。これもまた初体験。

シーウォーカーのウェットスーツ

左がいそぽん。けっこうマリンスポーツしてそうな感じですよね。でも、このウェットスーツすらまともに着ることができませんでした。

「サイズが合ってない!ピチピチで着られへん~」って焦ったいたところ、隣りにいた見ず知らずのツアー参加者の方が、着るのを手伝ってくれました。ウェットスーツはピチピチなものらしいです。40代になって初めて知りました。

そしていよいよシーウォーカーに挑戦。海に入る前に大きなヘルメットのようなものをかぶります。

シーウォーカー1

このヘルメットがほんとすごい。ホースが付いているから呼吸の心配なし。水が入ってこないから、ほんとに海の中を歩けるんです。そしてなにより、海の中は温かい!さっきまでとは全然違う温かさ。天国のようでした。

海底には魚がいっぱい。餌を持たせてくれるので、魚がいっぱい寄ってきます。
カメラ目線の魚がめちゃくちゃかわいい♪

シーウォーカー魚の群れ

ちょっと寄ってきすぎな気もしますが、これがシーウォーカーの魅力。

シーウォーカー海の中

ちょっと手を伸ばせば、魚に触れることもできます。

シーウォーカー2

ヘルメットをかぶっているので、ファインダーをのぞけない。適当に写真を撮りまくります。

魚群のシーウォーカー

↑人間への恐怖よりエサを食べたい欲望が上回る。

でもエサがなくなると、

水中写真

すぐ去っていく。餌の切れ目が縁の切れ目。

シーウォーカー中は、流されないように棒を持って集団で動きます。係の人が合図で行動を指図してくれるので、その指示に従えばOKです。

頭が悪く、鈍くさいいそぽんでも無事に帰還しているので、シーウォーカーは簡単。

シーウォーカーいそぽん♂
シーウォーカーいそぽん♀

↓この記念写真お気に入りです♪

シーウォーカー記念写真

海中散歩なんてしたことがなかったので、シーウォーカーは新鮮で斬新で楽しかったです。人気があるのも分かりました。

シーウォーカーを楽しむために、天候が良くなることを祈りましょう!

シーウォーカーのオプショナルツアー

今回参加したシーウォーカーツアー会社ですが、実は忘れてしまいました。トロピカルオーシャンスポーツ(TOS)かカネオヘ・ベイ・オーシャン・スポーツ(KBOS)のどちらかです。TOSのシーウォーカーには、バナナボートがセットになっているので、KBOSだったかもしれません。(思い出せなくてごめんなさい)

TOSとKBOSはどちらもシーウォーカーツアーに定評があるので、体験したい内容に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

シーウォーカーツアーのTIPS

水着は着用しておきましょう。着替える時間と場所は一応あるにはありますが、おすすめはしません。みんな水着着用で参加していました。

悩むのは帰りですが、ほとんどの人が水着を着たまま帰っていました。濡れてもいい上着やパンツを準備して参加しましょう。
帰りに着替える時間は少しありましたが、参加人数が多いのでごった返すかも。ただ、トロピカルオーシャンスポーツのQ&Aには、帰りは着替えることを推奨しています。

水中散歩で魚と遊ぶのは想像以上に楽しかったです♪

マハロ♪

ハワイの魚に猛烈なキスをいただきました。

魚のキス

2015年10月5日の体験記

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

-シュノーケリング・シーウォーカー
-

© 2021 いそぽんハワイ | ハワイ旅行が200%楽しくなるツアー体験記