ハワイで「チップ」その金額は?少し詳しくまとめました

皆さん、アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

今回は
ハワイ旅行で忘れてはいけないマナー「チップ」
について紹介しますよ♪

 

いそぽん家は4回ハワイ旅行をしていますが、今でもチップは少し迷います。なので、改めてチップについてまとめてみました。皆さんのお役に立てれば幸いです♪

スポンサードリンク

hibiscusチップとは?

チップ ドル

 

日本で生活していると全く馴染みがない習慣「チップ」。スタッフの人にサービスを受けたら、お礼で渡すものです。何となく、チップ代が損に感じてしまうかもしれませんが、日本ではチップ代は既に料金に含まれていると考えて下さい。

だから、ハワイで払うチップも当然のことで、損しているわけではありません。ただ、物価が高いので、料金の~%といった基準のチップは高く感じてしまいます。

欧米では、チップを受け取るような業種の人の賃金は安いそうです。チップを貰えることを見越しての雇用契約なんですね。だから、ちゃんとサービスを受けたらチップを払わないと相手に失礼ですし、生活が不安になるわけです。

受けたサービスの満足度によってこちらがその気持ちを表すんですね。ただ、日本のようなサービスレベルを求めてはいけません。日本は特殊ですので、ハワイではサービスのハードルを少し低くしておきましょう。

 

hibiscusチップは基本紙幣で渡す

チップは基本的にお札で渡すものです。特に1セント、5セント、10セントなどは使わないようにしましょう。どれだけ安くても25セント。いそぽん家は1ドル以上が基本です。

あとでも触れますが、レストランなどで料金の~%という場合、端数が出ることがあります。チップを含めて20ドル20セントとかになった場合ですね。このような場合は、20ドルか21ドルにするのがスマートなようです。

切り捨てるか切り上げるかは、皆さんが感じた満足度で決めればいいと思います。

 

hibiscusチップの金額の目安

シーン毎のチップの目安をまとめました。あくまでも目安なので、増減可能ですよ。

 

荷物を運んでもらった時はチップを渡す

ポーターに荷物を運んでもらった時やタクシーでトランクに荷物を出し入れしてもらった場合は、荷物1個につき1~2ドルが目安です。大きい荷物や特に重い荷物だった場合は、2ドル以上にしておくといいでしょう。

 

ベルマンに何か頼んだら

sheratonwaikiki20151003e

 

タクシー呼んでもらったり、レストランの予約をしてもらった時は1ドルが目安。ホテルで駐車場から車を回してもらった時も1ドルが目安となります。

 

ルームキーパー(部屋の掃除)へのチップの渡し方

sheratonwaikiki20151003f

 

朝、掃除が入る前に枕の上にベッド1台につき1~2ドルを置いておきましょう。部屋が大きい場合や、散らかっている時は2ドル以上がいいと思いますよ。また、チェックアウトの日もチップを置いて出ていきましょうね。

いそぽん♂は、初めてのハワイ旅行で感動して、チップと一緒に単語だけを書いた手紙を置いてチェックアウトしました。これは不要です(^^;)

あと、フルーツを置いてきたこともありますが、たぶん迷惑だったと思います。

 

ルームサービスを頼んだ時のチップは?

注文金額の10~15%が目安です。料理を運んでくれた人に渡しましょう。

 

レストランで渡すチップは?

015bb430a24b8f44760483c20ee295f75cccc157dd

 

勘定書(請求書)の15%~20%。15%なら問題ないでしょう。

いそぽん♂はハワイのサービスレベルのハードルがかなり低いので、少し丁寧な接客をしてくれると、すぐに20%くらい出してしまっていました。少し出し過ぎました。帰国後の生活を圧迫しています(T_T)

現金の場合は、精算時にチップを含めた金額で支払うか、テーブルに置いて帰ればOKです。テーブルに置いて帰るのは、結構かっこいい気分になれますよ(^^)

先に支払いを済ませてから、チップを別途渡すのもOK。

クレジットカードやトラベラーズチェックの場合は勘定書の「Tip」または「Gratuity」または「Service」にチップの金額を書き込んでから、「TOTAL」に合計金額を書き込んでカードを渡します。慣れている人はTOTALだけに書くそうです。

既に金額が書き込まれている場合は、二重に出してしまわないよう注意

して下さいね。

 

注意!

既にチップが含まれた金額を請求してくる場合があるので、そこはチェックしないといけません。二重に払っても相手は喜んで受け取るだけです。

 

バーで渡すチップの目安

キャッシュ・オン・デリバリー(ドリンクを1杯頼むごとに代金を支払う方式)の場合は、カウンターに座った時はチップは不要です。サービスを受けていないからですね。

テーブルに座って、ウエイターやウエイトレスが運んでくる場合はドリンク1杯につき50セント~1ドルです。50セントってあまり手持ちがないので、1ドルになるかなと思います。

 

タクシーに乗った時は?

メーターの15%程度が目安です。
近距離の場合は、最低1ドルは渡しましょう。

先にも書きましたが、荷物の出し入れをしてもらった場合は、1個につき1~2ドルを渡して下さいね。

 

テイクアウトやファストフード店でもチップは必要?

基本的に不要です。

ほとんどの店でカウンターにチップを入れるための箱が置かれているので、接客が気に入ったなら入れておいてもいい程度です。

 

 

hibiscus日本人向けのチップ上乗せ伝票も

日本人はチップ文化に慣れていない為、旅行者がチップを払わず帰っていくケースが多いそうです。

スタッフにとっては、チップは賃金の一部です。貰えるはずのチップがないと生活が苦しくなる為、予め日本人客に対してチップ込の金額を請求してくることがあります。なので、

勘定書にチップが上乗せされていないか自分でチェックしないといけません。

たぶんいそぽん家も二重で支払ったことがあると思います。

 

hibiscus本当のチップ代金は上乗せされるものではない

知らなかったとはいえ、チップを上乗せで請求してくるのは、本来の意味合いとは異なります。受けたサービスに対してのお礼なので、あくまで客側が金額を決めるのが筋ですよね。

しかし、チップを支払わない客が多かった為、自衛手段に出ているのだと思います。日本人は上乗せに気づかないか、気づいても怒らないので相手も上乗せしやすいんですね。大体15%程度を乗せてくるようなので、サービスに不満があれば10%に減らしてもいいし、感動したなら20%にするといいでしょう。

ウルフギャングのランチでチップに呆れたお話

このようにチップに対して日本人の意識が高くなっていけば、チップの上乗せ伝票は減っていくのではないかなと思います。

 

hibiscus勘違いに注意

いそぽん♂はいつの間にかサービスではなく、美味しさに対して支払っていました。あくまでサービスなんですよね。今回の記事をまとめている時に「あっ!間違ってた」って言ってました(^^)

いつの間にか美味しいと感じたらチップを多く出すようになっていたそうです。多い分には相手も喜んでくれるからいいのでしょうけど。

 

hibiscus他の日本人や現地の日系人のことも考えて

チップ忘れは、他の日本人旅行客に対しても迷惑になります。「どうせ日本人は・・・」なんて思われたら、酷いサービスにもなり兼ねませんし、現在のように日本人向けの勘定書を出してくる店もさらに増えていきます。

いそぽん♂はそのことも考えて、少し多めにしています。帰国後苦しい生活になっていますが(^^;)

 

hibiscus旅行会社でミールクーポンを手配した時

オプショナルツアーの1つとして、有名レストランでの食事の予約とコース料理の注文がセットになっているものがあります。その場合は、大抵はコース料理にチップ代は含まれています。
※一応、予約時にご確認下さい。

但し、そのクーポンに入っていないもの、例えばドリンクの追加や一品料理の追加などをした場合は、追加分に対してのみチップを渡す必要がありますのでご注意下さい。

 

hibiscusハワイでチップについてのまとめ

チップは従業員からしたら給料の一部です。その一部をもらう為に彼らなりのサービスをしているわけで、それに対して給料を貰えなければ、やる気もなくなります。

私たちが深夜残業しても、残業代が貰えないならやりたくない気持ちになるのと一緒。だからこそ、忘れないようにしておきたいところですね。

ただし、酷いサービスだった人に多くのチップを払う必要もありません。

上記の目安より低い金額で抗議の意を示すことも可能です。チップを払うことだけを意識していると、日本人に対してはふっかけても大丈夫なんて思う人も出てくるかもしれません。その点は毅然とした対応をしたいところですね。

 

いそぽん家もまだまだハワイ旅行初心者なので、チップは今でも悩むことがあります。いい人だと、ごく稀ですがチップを出そうとしても受け取らない人もいます。ハワイ旅行中は必要経費としてみておきましょうね。

 

参考:ルースズクリスの場合

ルースズクリスでもらった勘定書の画像があったので紹介しますね。

いそぽん家はプライムタイムに訪れ、2人で48.95ドルと58.95ドルのコースを注文しました。
ルースズクリスプライムタイム

この合計は107.9ドルです。

 

ルースズクリスレシート

これにはドリンクが含まれていないので、上の2段7.45ドルが追加になります。よって合計は115.35ドルで合っています。そこに税が加算されます。

この時点ではチップは含まれていませんね。そして下段にチップを何%出すかで加算される金額が書いてあります。120.79ドルにこの加算金額を足した合計を支払えばOKです♪

店によってはこのような表記がない場合があります。その時はスマホで計算しましょう。

 

皆様にとっても、ハワイの人にとってもいい旅行になりますように♪

マハロ

 

スポンサーリンク




ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscus「ハワイ雑貨の店」の体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


コメントを残す

このページの先頭へ