ハワイのチップの相場が分かる!初チップをスマートにクリアする方法

ハワイのチップイメージ

アロ~ハ!いそぽんです。

ハワイの悩ましい問題「チップ」
アメリカのレストランやホテルで払うチップは、従業員にとって生活に関わる大事な収入源。
だからマナーとして無視することはできませんし、してはいけません。

でも、日本にはチップ文化がないから、意味が分からなくないですか?

  • そもそもチップは支払わないといけないの?
  • どんな時に払うの?
  • いくら払えばいいの?

チップ文化の人でさえ迷うことがあるんですよ。日本人ならなおさらですよね。
でも、何とかクリアしないといけません。

そこで今回は、シーン別のハワイのチップの相場と渡すタイミングをご紹介。
初めてでもスマートにクリアできますよ。

渡航前の予習に、現地での確認に、ぜひお役立てください。

いそぽん

今回の内容は、いそぽんの知識をハワイ在住日本人と旦那様(アメリカ人)に確認してもらい、その意見を取り入れたハイブリッド型にしました

情報が多いので、下の目次から気になる項目を探してご覧ください。
※タップすると該当の項目だけご覧になれます。

目次

チップってなに?意味を知ると理解しやすくなる

チップを出すシーン

まずチップがどういうものなのかを知っておきましょう。

ざっくり言ってしまうと、従業員がしてくれたサービスに対する心づけです。

日本では客だからサービスをしてもらうのが当たり前、お願いしたら聞いてもらえるのが当たり前という感覚が強いですよね。

サービスのイメージ

日本のイメージ

客>店
立場は客が強い

アメリカのイメージ

客=店
立場は同等

日本でもこの風潮を疑問視するようになりましたが、まだまだ「私は客よ」と考える人は多いように思います。

ハワイ(アメリカ)では、客とサービスする側の立場は同等です。
だから、何かしてもらったら「ありがとう」という気持ちをチップで表現します。

少し極端に例えると、日本のサービスは無料、ハワイのサービスは有料、という風に考えてもいいかもしれません。

いそぽん

ここまではガツガツしてないですけど

チップ文化の国では、チップを貰えることを見越して給料(時給)が決まっているため、チップを払う業種の賃金は安いそうです。
だから、ちゃんとサービスを受けたらチップを払わないと相手に失礼ですし、生活を不安定にさせてしまいます。

ホヌぽん

頑張って働いてるのに給料が貰えなかったら嫌だよね

チップの額は満足度

チップの額は、受けたサービスの満足度によって渡す側が決めます。
業種によって相場があるので、シーン別の相場を知っておけば焦ることはありません。また、おおよその出費も予想できます。

いそぽん

日本のようなハイレベルなサービスで満足度を決めてはいけません。海外の接客レベルはハードルを低くしておきましょう

チップは紙幣で渡す

1ドル紙幣

チップの額は、おおよそ決まっている場合と、料金の~%という計算をする場合があります。端数が出ても、硬化ではなく紙幣で渡します。だからチップは1ドル以上が基本です。

(例)
レストランの飲食代:20ドル
チップを18%にする場合:3.6ドル

0.6は60セントなので硬化になりますが、この場合は3ドルか4ドルをチップとして渡します。

端数を切り捨てるか切り上げるかは、自分が感じた満足度で決めましょう。

シーン別チップの相場

チップの計算をしている画像

ここからはシーン別の相場を紹介します。
あくまで相場なので、感動するような接客を受けたらもっと多く渡すと喜んでもらえますよ。

ホテル

ホテルでチップを払う機会はいくつかあります。

荷物を運んでもらった時

目安

1個につき1~2ドル

渡すタイミング

作業が終わった時

ポーターに荷物を運んでもらった時やタクシーでトランクに荷物を出し入れしてもらった場合は、荷物1個につき1~2ドルが目安です。
大きい荷物や特に重い荷物だった場合は、2ドル以上にしましょう。

ベルマンに何か頼んだ時

目安
  • タクシーの手配や予約は1ドル
  • レンタカーを回してもらった時は3~5ドル
渡すタイミング

ベルマンまたはバレーパーキングのスタッフが車を持ってきた後、運転席に自分が入れ違いで乗る時に

タクシーの手配をお願いした時やレストランの予約をしてもらった時は1ドルが目安。
ホテル(もしくはレストラン)で駐車場から車を回してもらった時は3~5ドルです。

ルームキーパー(部屋の掃除)

目安

ベッド1台につき1~2ドル

渡すタイミング

掃除が入る前。チップを枕の上に置いて外出する。

毎日、掃除が入る前に枕の上か備え付けのテーブルの上に分かりやすく置いておきます。
ベッド1台につき1~2ドルが相場です。

部屋が大きい場合や、散らかっている時は2ドル以上にしておくと掃除レベルがアップします。
チェックアウトの日もチップを置いて退出することを忘れずに!

ルームサービスを頼んだ時のチップ

目安
  • 飲食代の10~15%
  • ウエイターには1~2ドル
渡すタイミング

ウエイターが料理を運んでくれた時

ルームサービスは、すでにチップ(サービス料)が含まれていることもあります。確認をお忘れなく。
料理を運んでくれたウエイターには1~2ドル渡しましょう。

レストランで渡すチップ

目安
  • レストラン15~20%
  • 高級レストラン20~25%
渡すタイミング

キャッシュとクレジットカードで別々に紹介します

普通のレストランと高級レストランの違いは感覚です。明確な基準はありません。

  • 安いファミレスやビュッフェスタイル
    →15%くらい
  • ウルフギャングやルースズクリスのようなステーキレストランや普通のレストラン
    →18%くらい
  • 高級レストラン
    →20~25%

これくらいを目安に、サービスが良いと感じたら上乗せします。

高級レストラン(私の感覚)

  • ハレクラニやモアナ・サーフライダー、カハラホテルなど高級ホテルに入っているレストラン
  • ドレスコード(ディナータイム)がしっかりしているレストラン
  • 1人のコース料金が150ドルくらいする

料金の高さだけではなく、店のイメージやマナーに厳しい店です。
そういうレストランはサーバー(テーブル担当の対応)もしっかりしています。

チップ代を教えてくれるレストランもある

請求書にチップの金額を表記しているレストランも多くなりました。とても助かります。

ルースズクリスのチップのレシート
ルースズクリスで出てきた請求書

でも、最悪な接客なのに18%以上しか表記していない店もありました。そんな店は15%以下のチップにしています。渡さないということはしません。

画像のルースズクリスの接客は良かったです!

最初にサーバーを呼ぶ

ハワイのレストランはテーブル担当が決まっていて、オーダーや料理を運んでくれていた人が担当です。

目を合わせると近くに来てくれるので、「チェックプリーズ(お会計お願いします)」と伝えて伝票を見せてもらいます。
別のテーブル担当に声をかけないようにご注意を。

キャッシュで払う場合のタイミング

明細を見てチップ込みか確認

サーバーがハードカバーに挟まれた請求明細を持ってくるので、チップがすでに含まれていないか確認(確認方法はこちら)

チップ込みの料金を置いて退店

チップを含めたキャッシュをハードカバーに挟んで、テーブルに置いて退店。置いていくのが不安なら、サーバーに手渡しする

お釣りが必要な場合は、「10ダラーズ・チェンジ・プリーズ(10ドルお釣りを下さい)」と言います

クレジットカードで払う場合のタイミング

明細を見てチップ込みか確認

サーバーがハードカバーに挟まれた請求明細を持ってきたら、チップ込みかどうかを確認(確認方法はこちら)

クレジットカードを渡す

ハードカバーに付いているポケットにクレジットカードを差して、サーバーが取りやすいところに置いておく

いったん回収される

クレジットカードの手続き準備のために、いったんカードを持って行く

チップと合計金額を記入

戻ってきたらGratuity(またはTip)のところにチップの金額を書き、合計金額を書いてサイン

控えを持って退店

自分用の控え(Customer CopyまたはGuest Copy)を持って退店します。

チップだけを現金で渡したい時は、トータルのところにチップ抜きの金額を記入して、チップだけを現金で渡すこともできます。お気に入りのサーバーに確実に渡したい時にこうします。

チップ込みの表記は?

チップが含まれている時は、以下の表記がされています。

  • Tip included
  • Gratuity included
    ※Gratuity(チップのこと)

ここに「not」が入っていれば、チップは含まれていません。

以下の表記もチップ抜きです。

  • TIP is not included
  • Gratuity is not included
チップの基準は税抜き?税込?

税抜きと税込みのどちらの料金を基準にするかは、人それぞれで正解はありません。
税金は店のサービスに関係ないので、私は税抜きから計算しています。

BAR(バー)のカウンター席

目安

1~3ドル

渡すタイミング

バーテンダーからドリンクを受け取った時
(キャッシュ・オン・デリバリーの場合)

キャッシュ・オン・デリバリー(ドリンクを1杯頼むごとに代金を支払う方式)のカウンター席では、都度チップを出すのがマナー。

ドリンク一杯につき1~3ドル程度のチップをバーテンダーに渡します。
テーブルに座った場合も同じです。

いそぽん

BARのカウンターは意見が分かれるそうです。私が訊いたアメリカの人は「大体みんな出すんじゃないかなぁ」って言ってました

タクシー

目安
  • メーターの10~15%
  • 荷物1個につき1~2ドル
渡すタイミング
  • 荷物がない時は車内で料金と一緒に
  • 荷物がある時は積み下ろし後に

タクシーに乗った場合は、メーターの10~15%が目安。
近距離でも最低1ドルは渡します。

荷物の出し入れをしてもらった場合は、1個につき1~2ドルを渡して下さい。

タクシーの中にはクレジットカード決済ができない車もあるので、キャッシュで払うつもりでいる方が焦りません。
お釣りが要らないように細かい紙幣も用意しておきましょう。

空港からのシャトルバスのドライバー

目安

荷物1個につき1~3ドル

渡すタイミング

その場で渡せばOK

空港⇔ホテルの送迎シャトルバスで、荷物の積み下ろしをてもらった時にチップを渡します。

スーツケース1個につき1ドル、大きかったり重かったりした場合は2~3ドル渡します。
大きさや重さに決まりはなく感覚で。

JTBやHISなど旅行会社で手配されるシャトルバスはチップはいりません。予め旅行代金に含まれています。

オプショナルツアー

オプショナルツアーは忘れがちなのでご注意ください。
日本人のガイドさんでも渡します。

島内観光やアクティビティ

目安

ツアー代金の15%

渡すタイミング

ホテルで車を降りた時。ガイドとドライバーが別なら送迎の車に乗る前に渡します。

現地のオプショナルツアーを申し込んだ場合、料金にチップが含まれているかどうかを確認してください。
催行会社によって、込みのツアー、別のツアーが混在しています。

チップが含まれていない場合は、ツアー代金の10~15%が目安です。
とても面倒を見てもらった、気配りが凄かったと感じたら20%でもOK。とても励みになると思います。

いそぽん

アメリカ人の中には、チップをもらっても表情一つ変えない人もいますが、日本人ガイドさんはとても喜んでくれるのでこちらも嬉しくなりますよ

ミールクーポン

目安
  • レストラン15~20%
  • 高級レストラン20~25%
渡すタイミング

レストランの時と同じ。

オプショナルツアーの中には、レストランの予約とコース料理がセットになっている企画があります。
商品によって異なるため、申し込みページや予約完了後に届くメールで確認しましょう。

親切なツアー予約サイトだとこのように表記されています。

まっぷるアクテビティの例

この場合はチップ込みの料金を払ってあるので、店で支払うことはありません。

ただ、コースメニュー以外の品を追加注文した時は、追加分だけのチップを渡します。
例えばドリンクや一品料理、デザートなどを追加した場合です。

ツアーで予約したコース料理だけならチップは不要です。

トロリー

目安

不要。
感動したら1~2ドル

渡すタイミング

降車時に運転席近くのチップ用の箱に入れる。

JTB、HIS、JALなど旅行会社のトロリー、ワイキキトロリーともにチップはいりません。

たまに丁寧に観光案内をしてくれたり、片言の日本語で頑張って話しかけてくれたり、感じのいいドライバーに当たって楽しい時間を過ごせたと思ったら、1~2ドル渡すと喜んでもらえます。

これからも日本人に優しくしてくれるかもしれませんね。

チップが不要なシーン

テイクアウトの店やハンバーガーショップなどのファストフード店ではチップはいりません。

素晴らしい接客を受けたと感じたら、カウンターにあるチップ用の箱に1~2ドル入れましょう。
少額のお釣りを入れている人はよく見かけます。

チップ込みの伝票に注意

チップはそもそも店から請求するものではなく、客が自分で決めて渡すもの。
ですが、私たち日本人はチップに慣れていないため、チップを置かずに帰るケースが多いそうです。

従業員の給料や時給は、チップが貰えるものとしてが決められています。
そこで苦肉の策として、一部のレストランではチップ込みの請求書を発行するようになりました。
そうしないと従業員の働く意欲が落ちてしまうからです。

なので、請求書にチップが含まれているかどうかを確認するようにして下さいね。

チップ込みの表記

  • Tip included
  • Gratuity included

チップ別の表記

  • Tip not included
  • Gratuity not included
  • TIP is not included
  • Gratuity is not included

チップ一覧表と英語のフレーズ

ドル紙幣サンプル

最後にまとめとして一覧表を作ってみました。
あと、知っておいて損はない英会話をオマケ程度に載せておきます。

シーン目安タイミング
ホテル
荷物の運搬
1個につき
1~2ドル
作業が終わった時
ホテル
ベルマンに頼み事
タクシー手配1ドル
車の準備3~5ドル
手配後
ホテル
ルームキーパー
ベッド1台につき
1~2ドル
毎朝枕の上に置いて外出
ホテル
ルームサービス
料金の10~15%
ウエイター1~2ドル
料理が運ばれてから
レストラン安い店:15%
普通店:15~20%
高級店:20~25%
食後サーバーを呼ぶ
BAR
都度払いの場合
一杯につき
1~3ドル
ドリンク提供時
タクシー
運賃
メーターの10~15%到着後
タクシー
荷物の積み下ろし
荷物1個につき
1~2ドル
荷物降ろし後
シャトルバス荷物1個につき
1~3ドル
作業後
ツアー
観光ガイド
ツアー代金の
15%
ツアー終了後
ツアー
ミールクーポン
追加注文分のみ
レストランと同じ%
※チップ込みのツアーの場合

あくまで目安です。
詳しい内容はシーン別チップの相場をご確認ください。

知っておいて損はない英会話

お釣りが欲しい時

(例)チップを含めて40ドル。でも50ドル紙幣しかない。さすがに10ドル返してほしい。
Can I have 10 dollars change, please
※changeはお釣りの意味があります。

かっこよく決めたい時

(例)釣りはいらねぇぜ。
Keep the change, please.
または
I don’t need change

レストランやパンケーキの店だと、何も言わないと全部持って行かれることがよくあります。
決め台詞を言ってなくても。

「サンキュー♪」ってニッコリ笑ってくれる店員さんもいれば、表情1つ変えずに持って行く店員さんもいます。
貰うのが当然だとしても、喜んでくれる店員さんの方がこちらも気持ちいいですよね。

まとめ

不慣れでも慣れていても面倒なチップ。
1ドル紙幣を多めに用意しておきましょう。

また、レストランのような金額なら財布からチップを出しますが、ベルマンやバーテンダーにはポケットからサッと渡す方がかっこいいです。

今回チップについて相談したアメリカ人の方は、紙幣とクレジットカードだけを入れるケースを持っていると話されていました。
ケースの裏にクリップがついていて、そこに1ドル、5ドル、10ドルを挟んでおき、必要な時にサッと渡すそうです。

↓これらしいです↓

かっこつけマンだけどクールですよね。

私はクールじゃないので、必要な分をパンツのポケットに直接入れています。
汗でシミになっていたのを見た時は膝から崩れ落ちました。

ちなみに、いそぽん家はチップ代が苦しいので、ステーキはテイクアウトをよく利用するようになりました。
テイクアウトはチップいらないですから。

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
TOP
目次
閉じる