ハワイ情報

初めてのハワイで悩んだ用語はドレスコード

ハワイのドレスコード

アロ~ハ!
日本ではドレスコードのある店には一切行かないいそぽん(@isopon11)です。

ハワイに行くと、滞在中に1回はドレスコードがあるような雰囲気のいいレストランに行きたくなるもの。ステーキレストランは特に人気があります。

いそぽん

とりあえずステーキは食べておきたい!

そこでちょっと心配になるのが、ハワイのドレスコード
ハワイは比較的ドレスコードは緩めですが、旅行者として現地のマナーは守りたい。でもよく分からない・・・

そこで今回は、 ハワイのドレスコードの解説、多くの店で使える服装、実際の例などを紹介します。南国ならではのファッションもピックアップしていますよ。

これだけ押さえておけば、もうハワイのレストランは怖くありません。
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ハワイのドレスコード

ドレスコードの解説

ドレスコードとは服装指定のこと。「こんな感じの服装で来てくださいね」とか「こんな服装で来ちゃ嫌ですよ」という服装の基準を店が設定しているんです。

なんのためにあるのかが分かれば、ダメっぽい服装が少し分かってきます。

ドレスコードがある理由

  • 店の雰囲気を落とさない
  • 他のお客さんの気分を害さない

いつも陽気でちょっと適当なハワイでも、ドレスコードがある店にビーチを散歩する時のような超ラフなファッションで行ってしまうと、中に入れてもらえません。

つまぽん

ドレスコードがない店でも水着はアウトです

水着は極端な例だとしても、ドレスコードのある店にラフな服装で行って、仮に入店できたとしても店からは歓迎されません。人の目に入りにくい場所、厨房横とかトイレ近くとか残念な席に案内されてしまうこともあります。

ビジネススーツが必要な店は少ない

スーツ姿の男性

スーツ姿ならどこのレストランでも入店できますが、ハワイでスーツ姿はかなり浮きます。

ドレスコードが「フォーマル」な超高級なフレンチレストランならビジネススーツがいいですが、ハワイのステーキレストランではそこまでの服装は不要です。

ハワイらしくてほとんどの店で通用する正装といえば、アロハシャツとムームー。ハワイ旅行の記念に、現地調達するのもいいですよ。いそぽん家も現地調達して、ハワイ旅行で何年も使い回しています。

アロハアウトレットワイキキ店3
日本人にも人気のアロハレットワイキキ店

ドレスコードがあるレストランに行く時の服装

ハワイのドレスコードの種類

  • カジュアル
  • リゾートカジュアル
  • スマートカジュアル
  • セミフォーマル

ドレスコードにはいろいろな種類があります。これが悩ましい。

同じ種類でも、店によって服、パンツ、靴などパーツごとでOK、NGが違うので正解はないですが、イメージを紹介しておきます。

カジュアル

ドレスコード「カジュアル」

「カジュアル」は、Tシャツや短パンでもOKですが、TシャツをNGにしている店もあります。

もちろん水着はダメで、タンクトップやキャミソールなど露出が多い服装も避けましょう。ジーンズでもいいですが、ダメージジーンズはNG。クロックスやビーチサンダルもNGです。

種類に関係なくドレスコードがある店で避けるべき服装
水着、タンクトップ、キャミソール、レギンス、ダメージジーンズ、ビーチサンダル、クロックス、帽子

対象のステーキレストラン

ウルフギャング、フラグリル・ワイキキ、田中オブ東京、イル・ルピーノ、トニーローマ、ほか

リゾートカジュアル

ドレスコード「リゾートカジュアル」

ドレスコードがある多くのレストランで、「リゾートカジュアル」が設定されています。
ハワイのステーキレストランは、ドレスコードをリゾートカジュアルに設定している店が多いです。

逆にリゾートカジュアルのお店にフォーマルな服装で行くと、少し浮いた感じになってしまうことも。あまり構え過ぎなくても大丈夫です。

リゾートカジュアル以上は避けた方がいいファッション
Tシャツ、ジーンズ、短パン、運動靴

男性のリゾートカジュアル例

  • 長ズボン(ジーンズは避けた方がいい)
  • 襟付きシャツ(アロハシャツやポロシャツでOK)
  • つま先が隠れている靴(清潔なスニーカーならOK)

女性のリゾートカジュアル例

  • 露出を控えたワンピース
  • ムームー
  • 長ズボン(ジーンズは避けた方がいい)
  • Tシャツ以外のカットソー
  • ハイヒール、ビーチサンダル以外の綺麗めなサンダル

対象のステーキレストラン

ハイズ・ステーキハウス、ルースズ・クリス、ストリップステーキ、d.k.ステーキハウス、チャート ハウス、BLTステーキ、トップ・オブ・ワイキキ、ザ・ベランダ、ほか

ホヌぽん

リゾートカジュアルは多くのレストランで通用するので、あとで画像と参考商品で解説するよ

スマートカジュアル

ドレスコード「スマートカジュアル」

スマートカジュアルは、リゾートカジュアルより少しエレガントさをプラスした感じです。
考えるのが面倒なら、男性はアロハシャツ、女性はムームーを準備しましょう。

男性のスマートカジュアル例

  • スラックスやチノパン(短パン・ジーンズはNG)
  • 襟付きシャツ(できれば長袖を。アロハシャツOK)
  • つま先が隠れている靴(革靴ならベスト)

女性のスマートカジュアル例

  • 露出を控えたワンピース
  • ムームー
  • スカート・長ズボン(ジーンズ・短パンはNG)
  • Tシャツ以外のカットソー
  • ヒール、パンプスなど(ヒールがある方が格が上がる)

対象のステーキレストラン

ザ・シグネチャープライム、モートンズ・ザ・ステーキハウス、ほか

セミフォーマル

ドレスコード「セミフォーマル」

店内の雰囲気がいい高級店だとセミフォーマルを設定しています。

セミフォーマルになると、アロハシャツやムームーもNGになる店があります。行く店によって ジャケットの要・不要も異なる ので、事前に調べておきましょう。

男性のセミフォーマル例

  • 綺麗なスラックス
  • ジャケット
  • 長そで襟付きシャツ
  • 革靴

女性のスマートカジュアル例

  • 結婚式に参加するようなワンピース・ドレス
  • ヒール、パンプスなど(ヒールがあると格が上がる)
  • ショールやカーディガン

参考までに、ハレクラニのホームページに載っていたドレスコードをご覧ください。

フレンチレストラン、ラ メールでは男性は長袖襟付きシャツまたはジャケット、長ズボンのご着用を、オーキッズでは朝食とランチにはリゾートの装い、ディナーへは男性は襟付きシャツと長ズボン、女性はご夕食にふさわしい装いでお越しください。
また、バーラウンジのルワーズ ラウンジでは男性は襟付きシャツと長ズボン、靴の着用をお願いしております。

https://www.halekulani.jp/faq/

【男性編】ベースになるドレスコード

いろいろ考えるのが面倒な方は、最も幅広く使える男性の服装を用意してみてはいかがでしょうか。ステーキレストランならこの服装で大丈夫です。

男性はこれでOK!

  • 襟付きの長そでシャツ(アロハシャツOK)
  • ジャケット
    ※いらない店が多い
  • チノパンまたはスラックス
    ※ベルトも忘れずに
  • つま先が隠れる靴
    ※超高級店は革靴が必要なことも

シャツは襟が重要なので、ポロシャツでもいい店が多いです。

靴は綺麗なスニーカーなら大丈夫な店が多いですが、ハレクラニのラ・メールはスニーカーが不可になっています。心配ならモカシンやローファーを用意していきましょう。

いそぽん

ドレスコードがしっかりしている店では、シャツをパンツに入れてから入店してくださいね。

【女性編】ベースになるドレスコード

女性はこれでOK!

  • ムームーまたは長めのワンピース
  • シャツ+パンツ(ロングスカート)
  • かかとのあるオシャレな靴(ビーサン・クロックスはNG)
  • ショールやサマーカーディガンなど羽織るもの

ステーキレストランは、このスタイルで大丈夫。もちろん、女性もアロハシャツ+パンツで行ってもOKです。

ワンピースはハワイでリゾートワンピースを買うのもあり。記念になりますよ。ワイキキにはリゾートワンピースを置いている店がいっぱいあるので、ショッピングを楽しみながら探してみてくださいね。

あと、女性は露出し過ぎないように注意してくださいね。

つまぽん

カーディガンのような羽織るものが1枚あると、露出を抑えながら店内のクーラー対策もできますよ!

リゾートカジュアルの参考画像

いそぽんハワイブログでお世話になっているハワイ在住のMeliaさんに、リゾートカジュアルの参考画像を送ってもらいました。

行った先は、モアナサーフライダーのレストラン「ザ・ベランダ 」、コオリナの五つ星ホテルフォーシーズンズにある「Noe(ノエ) 」というイタリアンレストラン。どちらもドレスコードは「リゾートカジュアル」です。

その前に、リゾートカジュアルの例をもう1度確認しておきましょう。

男性のリゾートカジュアル例

  • 長ズボン(ジーンズは避けた方がいい)
  • 襟付きシャツ(アロハシャツやポロシャツでOK)
  • つま先が隠れている靴(清潔なスニーカーならOK)

女性のリゾートカジュアル例

  • 露出を控えたワンピース
  • ムームー
  • 長ズボン(ジーンズは避けた方がいい)
  • Tシャツ以外のカットソー
  • ハイヒール、ビーチサンダル以外の綺麗めなサンダル

ザ・ベランダの服装

リゾートカジュアル1

上品だけど南国っぽさもある服装です。

この服装ならスマートカジュアルの店にも入れます。

リゾートカジュアル2

ザ・ベランダの2つの顔
「ビーチハウス・アット・ザ・モアナ」というレストランが、昼はザ・ベランダという名前で営業しています。ディナーの時間帯はビーチハウス、ディナー以外の時間帯はザ・ベランダという2つの顔があるんですね。

Noeの服装

リゾートカジュアル3

レストランのパンフレットのような素敵な1枚。同じリゾートカジュアルでも、行く店によって雰囲気を変えられると気分も変わります。

例えば、ザ・ベランダのようにハワイの陽射しが入るオープンな店では明るめに、Noeのようなイタリアンレストランでは落ち着いた感じにするとか。

ここまでできれば最高ですが、旅行で何着も用意するのは大変です。ドレスコードが1番厳しい店用を1セット用意しておくのが現実的ですね。

リゾートカジュアル4

Noeはワイキキにはない雰囲気が素敵で、サービスもすごく良かったということでした。

ハワイに合う服を通販サイトで探してみた

ハワイっぽくてリゾートカジュアルに使える商品を選んでもらいました。イメージの参考にどうぞ。

女性用のワンピース

Tシャツ以外のカットソー

and me

株式会社アンテロープ
and Me…(アンドミー)

楽天市場で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ムームー

アロハアウトレットのムームー

アロハアウトレット

ハワイ直送!アロハシャツ、ムームーなどハワイファッション雑貨の品揃え業界No.1

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

ムームーアロハ

株式会社MASA
ムームーアロハ(レンタル)

6日分まで一律料金で延滞料金は低額。出発日の4日前に届けてくれるのが嬉しい!

楽天市場で詳細を見る

いそぽん

レンタルは「現地で店を周る時間がない」「買い物が不安」という方に便利です。ハワイ挙式の参列用によく選ばれていて、ディナー用の衣装にも使えますよ!

男性用ロングパンツ

ハワイなので薄くて涼しめなのを選んでみました。値段が安いので、ドレスコードのためだけにパンツを買う人にいかがでしょうか。

男性用ジャケット

unitedgold

西富商事株式会社 ユナイテッド
UNITED GOLD(ユナイテッドゴールド)

ハワイということでサマージャケットを選びました。

スカイワイキキにタンクトップで行ったら・・・

ワイキキビジネスプラザ19階にあるルーフトップ「スカイ・ワイキキ」。このバー・レストランでの失敗談を紹介します。

Meliaさん
Meliaさん

ドレスコードなんてないだろうと思いながら、そこそこの人数で入店しようとしたら、タンクトップを着た男性数名が止められてしまいました。アロハシャツを貸してくれましたが、パンツと合わない微妙な柄で笑いのネタに。
ディナーでレストランに行くなら、どこに行くとしてもタンクトップはやめておこうという教訓になりました。

レストランの中には、親切にもアロハシャツやジャケットを貸してくれる店もありますが、サイズや柄は選べません。先にドレスコードをチェックしておきましょう!

ドレスコードを気にしなくていい店

ザ・カウンターのハンバーガー

ハンバーガーなどのファストフード店、フードコート、ファミレスにはドレスコードがありません。さすがに水着はマナー違反ですが、日本の街中を歩ける服装なら大丈夫です。

いそぽん

ホテルの中を水着で歩き回るのもマナー違反です

昼と夜でドレスコードが違う店もある

一部のレストランを除いて、朝食や昼食の時間帯は、ほとんどのレストランがTシャツや短パン、サンダルでもOKです。

いそぽん

ハレクラニやカハラホテルなどの高級ホテルにあるレストランは、昼でも「軽装はご遠慮ください」と言われます。

ランチは軽装でOK、ディナーはドレスコード有りというレストランも多いので、あらかじめネットで調べておきましょう。

「〇〇(店の名前) ドレスコード」で検索するか、日本人観光客が多い店だと店の公式ページに載っていることがあります。公式ページの予約(reservatioms)や質問(FAQ)のページを見てみましょう。

ハワイのドレスコードまとめ

ハワイのドレスコードまとめ

  • レストランに行くならドレスコードの有無を調べる
  • 朝食と昼食時はドレスコードがない店が多い(高級レストラン以外)
  • リゾートカジュアルで行ける店が多い
  • つま先が隠れる靴を1足持って行くと安心
  • タンクトップで冒険しようとしない

欧米人はレストランでのディナーを特別な時間と考える人が多いです。だから欧米の人と日本人のファッションに差を感じるのかもしれません。

どんな服装で行くのか考える前に、NGを先に確認しておきましょう。

男性のNG例

水着、タンクトップ、ダメージジーンズ、ビーチサンダル、クロックス、キャップ

女性のNG例

水着、タンクトップ、キャミソール、レギンス、ダメージジーンズ、ビーチサンダル、クロックス

なるべく避ける

Tシャツ、ジーンズ、短パン、運動靴

ドレスコードで迷ったらこれ!

男性はこれでOK!

  • 襟付きの長そでシャツ(アロハシャツOK)
  • ジャケット
    ※いらない店が多い
  • チノパンまたはスラックス
    ※ベルトも忘れずに
  • つま先が隠れる靴
    ※超高級店は革靴が必要なことも

女性はこれでOK!

  • ムームーまたは長めのワンピース
  • シャツ+パンツ(ロングスカート)
  • かかとのあるオシャレな靴(ビーサン・クロックスはNG)
  • ショールやサマーカーディガンなど羽織るもの

これならリゾートカジュアルはもちろん、スマートカジュアルや一部を除いたセミフォーマルでもOKです。

たまにセミフォーマルのフレンチやイタリアンレストランでアロハシャツがダメという店もあるので、事前に公式サイトを見ておきましょう。

ほとんどがこの服装より軽いリゾートカジュアルでOKです。

いそぽん

初めてのウルフギャングはスマートカジュアルでした。周りと比べると浮いてしまいましたよ。(もっとラフな服装でよかった)

逆パターンはお店にとっては悪いことではないので、冷たい待遇をされることはないからいいですけどね。

それでは、思い出に残る素敵なディナーを楽しんできてください♪

マハロ♪

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

-ハワイ情報
-