【ハナウマ湾シュノーケルツアーの感想】ガイド付きでウミガメ遭遇率アップ!

最終更新日:2017年7月14日

2016年11月7日の体験記

hanauma21

 

皆さん、アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

今回は
ハナウマ湾シュノーケルオプショナルツアー
の体験記を紹介しますよ♪

 

2016年全米ベストビーチに選ばれたハナウマ湾。
今まではこんな感じで遠くから眺めるだけでした。

ハナウマ湾

 

しかし、とうとうハナウマ湾でシュノーケルに挑戦する日がやってきたのです。

いそぽん家が参加した日は、シュノーケリングをするには絶好のコンディション。波は穏やかで遠くまで行けるというガイドさんのお墨つき。

過去のシュノーケリング経験2回ともトラブルが発生したいそぽん♂。相変わらず泳げないままですが、無事楽しむことができたのでしょうか??

安心してください。
今回もハプニング発生です(笑)

 

まず先に皆さんが迷っていそうなことから紹介し、最後に体験記を報告しますね。

 

ハナウマ湾でシュノーケルをするならガイド付きがおすすめ!

ハナウマ湾シュノーケルを個人で行くか、オプショナルツアーにするかで迷われている方も多いと思います。私の場合は、オプショナルツアーで申し込みことに決めていたのですが、どこにすればいいかで迷いました。

先に私のおすすめをお伝えしておきますね。

ハナウマ湾のシュノーケルはガイドさんを付けるべき!

ハナウマ湾には、サンゴや魚がよく見えるポイントがあります。さらにウミガメに遭遇しやすい場所もあるようです。

その辺りはベテランガイドさんがよくご存じ。フリータイムは無くなりますが、豪快な魚の群れを見たり、ウミガメと一緒に写真を撮ったりするのはガイドさんがいないとかなり難しいです。

hanauma10

 

のんびりビーチでくつろいで、たまに海に入るくらいなら個人で行っても全然OK。
でも、シュノーケリングをするならオプショナルツアーで申し込みすることをおすすめします。

さらに比較的波が穏やかそうなハナウマ湾であっても、それは日や時間によって違います。安全面から考えてもオプショナルツアーを選択した方がいいと思います。ライフジャケットもレンタルできますしね。

ガイドさんは数えきれないくらいハナウマ湾に来ているし、他のガイドさんとの横の繋がりもあるので、その日のベストコースを提案することができるのです。

 

泳げない人も大丈夫?

いそぽん♂は泳げませんので。他の人より遅れていくいそぽん♂を見捨てることなく、シュノーケルが楽しめるように配慮してもらっていたと思います。

ガイドさんに泳げないとは言ってませんし、見た目はなんとなく泳げそうな雰囲気が漂っているいそぽん♂。

水に入った瞬間、緊張した表情に変わり、モタモタしている動きですぐにバレたことは間違いありませんが、それでもちゃんと楽しむことができましたよ。

フィン(足ひれ)もあるし、ライフジャケットもあるので、バタバタしているだけで進みます。

シュノーケルの使い方は知らないと海水を飲んでしまうので、ガイドさんの説明を誰よりもよく聞くようにしましょう。いそぽん♂は、生まれて初めてのシュノーケルで天使の海で地獄を見た経験があります。

天使の海で地獄を見た体験記

慣れれば簡単ですけどね!

 

子供も大丈夫?

オプショナルツアーの催行会社によって違うかもしれないですが、6歳か7歳から参加できるものが多いと思います。

水を怖がらず、バタ足ができれば子供でも楽しめるんじゃないかな。

 

おすすめのオプショナルツアー

ハナウマ湾シュノーケルのオプショナルツアーはいくつかありましたが、どれを見ても悪くはなさそうです。だから非常に悩みました。

ここで、ハナウマ湾シュノーケルのオプショナルツアー会社を選ぶ時のチェックポイントを紹介しますね。

 

  • ガイドさんの口コミ
  • 少人数制(より安全でより楽しめます。放置プレーなし)
  • ガイドさんがレスキュー資格を持っているか
  • ハナウマ湾に詳しいorツアー経験が長い

これだけチェックしておけば、そうそうハズレることはありません。

それでも迷ってしまった場合は、最後におすすめのオプショナルツアーへのリンクも載せておきますのでご利用下さい♪

先におすすめのツアー会社を知りたい方は、口コミも紹介しているページがあるのでそちらをご覧ください。

大ボリューム!おすすめのハナウマ湾シュノーケルツアーと口コミ解析!

 

カメラなしでもOK!

今回いそぽん家のガイドをしてくれたのは、【Hanauma Bay Dive Tours】のfumioさん。日本人女性の方でした。

一応、スマホと防水ケースを持っていきましたが、やっぱり水中は思ったほど綺麗に写せませんでした。

でもガイドのfumioさんが自前のカメラでいっぱい撮影してくれました。カメラを持っていく必要はないかもしれませんね。

その写真は無料でダウンロードすることができるんです。

ツアー終了後に名刺かステッカーをもらえるので、そこに書かれているフェイスブックアドレスにアクセスすると、シュノーケル中の画像や海の中の様子をダウンロードできるんです。

水中カメラは持って行かなくてもOK!
※ツアー会社によって異なるので、申し込みの前に申し込みページでご確認下さい。

 

口コミ評価もOK!

このツアー会社の口コミをチェックしましたが、評価はかなり高いようです。当日のガイドさんは誰になるかは分かりませんが、非常に評判のいいツアーです。

特にシュノーケルは危険もあるので、ガイドさんの気遣いや経験は重要です。また、ハナウマ湾には規則があり、その点もガイドさんが教えてくれます。

他の会社が催行しているハナウマ湾シュノーケルツアーに参加したわけではないので比較はできないですが、いそぽん家2人とも満足できたのでおすすめです。

天候やウミガメが見れるかは、自然が相手なので運次第です。それでも、ハナウマ湾を知り尽くしたガイドさんなら「スポット」を知っているのでそこに連れていってくれます。

fumioさんによると、

海のコンディションは毎日違うので同じところでやっていても毎回違います。

その日の海のコンディションによって、魚の群れやウミガメスポットが変化するそうです。

ベテランガイドと一緒なら、綺麗な魚やウミガメに遭遇できるチャンスが一気に跳ね上がりますよ!

 

ハナウマ湾シュノーケルツアー「服装や持ち物」は?

まず、水着は着て行きます。帰りですが、着替えてから帰ります。

シュノーケルを行う場所によっては、着替えずに、シャツやパンツを水着の上から着て帰る場合があります。ハナウマ湾の場合は、更衣室がありますし、いそぽん家が参加したツアーは着替える時間があります。

時期によっては、帰りが寒いこともあるので、着替えは持って行くようにして下さい。
※ツアー会社によって異なるので、申し込みの前に申し込みページでご確認下さい。

 

貴重品はなるべく持って行かない

貴重品はなるべく持って行かないようにしましょう。チェーンと鍵の付いた保管箱を使わせてもらえますが、海外では何があるか分かりません。

入場料やトロリー代、チップ(渡し損ねたけど)と少し余分のお金だけ持っていけばいいです。いそぽん♂は30ドルか40ドルくらい持っていっただけですよ。

パスポートやクレジットカードは万が一紛失すると面倒なので、持って行かない方が無難ですね。

 

ハナウマ湾シュノーケルツアーの持ち物まとめ

必要な分の現金と少し予備、着替え、バスタオルが必需品です。ゴーグルはレンタルに含まれていますが、コンタクトの人は、予備のレンズか眼鏡を持って行かれるといいですね。

スマホを持って行くなら防水ケースも必要です。波があるので、水中写真は難しいですが、水中動画なら撮れるかもしれません。ちなみに、iPhone7の防水ケースについてのページを作ったので、よかったらこちらもご覧ください。

iPhone7の防水ケースでホームボタンが使えるA+を買いました!

後で説明しますが、揺れに弱い方は酔い止めを持って行った方がいいかも。

持ち物はこんなところでOKです。

 

ハナウマ湾シュノーケル体験記

私がこのオプショナルツアーを申し込む前に調べた情報はほぼ紹介したので、そろそろ体験記を。体験記もお付き合いしてもらえると嬉しいです♪

波は穏やかで天気は快晴。参加者は、いそぽん家2人と新婚さん1組。少人数制なので溺れてもすぐ発見してもらえるので安心です。そして同伴のお2人様、ご結婚おめでとうございます!

fumioさん:「絶好のシュノーケリング日和ですよ!」

fumioさん:「これなら外まで出ていけるので、魚もいっぱい見れますよ~」

いそぽん♂:「えっ、外ってどこ?泳げないので近場で・・・」

なんて言えるはずがありません。みんな喜んでいるんですから。

 

hanauma0

 

いつかハナウマ湾でシュノーケルをしようと思い3年が経ちました。
ようやく訪れたこの日は快晴です♪

hanauma1

 

今までは遠くから眺めていただけのハナウマ湾はもう目の前です☆

 

hanauma3

 

安心セット装着。これで絶対に沈みません。いよいよハナウマ湾に入りますよ♪

 

hanauma5

 

海に入った後に、ガイドさんからのレクチャーがあります。ゴーグルが上手く着けれているかをチェックしてもらえたり、泳いでいる最中に起ち上がる方法などがレクチャーされます。

 

hanauma5a

 

泳げないなりに皆についていこうとするいそぽん♂。
それを余裕で写真にできるいそぽん♀。

 

hanauma7

 

海中ではガイドさんの予想通り、多くの魚が泳いでいました。案外近づけるんですね。上の写真はガイドさんが撮ってくれたものです。

 

hanauma5a

 

雄大な自然の姿を目の前に、必死についていこうとするいそぽん♂。

 

fumioさんが潜って撮ってくれた海中の写真
※8枚の画像をスライドにしています。

hanaumasakanagif

 

す、凄すぎ・・・。言葉が出ません。
私達は魚を上から見るので見え方が違いますが、ダイビングにハマる人の気持ちがよく分かりました。

こんな壮大なスケールの上を泳いでいたんですね。確かに魚の群れが凄かったんです。今までのシュノーケル(過去2回だけ)とは全く格が違いました。

 

hanauma5a

 

超感動!超感激!のシーンでも必死さを忘れないいそぽん♂。

 

そして、遂にこの時はやってきたのです。
シュノーケル中のいそぽん♂に起きたハプニング。

「き、気持ち悪い・・・」

シュノーケルの使い方が分からずに海水を大量に飲み込んだ1回目とは違い、全くと言っていいほど海水を飲まずに呼吸ができるようになったいそぽん♂。かなり順調だったのですが、沖に向かうにつれて少しだけ波が出てきました。

 

「疲れた」

今回のハプニングはこの第1声から始まりました。今までは20~30分程度の「おまけ」シュノーケルでしたが、今回は「本気」のシュノーケル。疲れ方が違いました。歳ですし。

でも、本当に海の中のサンゴや魚たちに感動していたために、疲れより好奇心の方が勝っていました。この時は。

 

しかし、やがて疲れはピークに達し、その時突如現れたのが

波酔い!

いそぽん♂は乗り物酔いしやすい体質。聞いたことはあったのですが、波で酔うんです。ライフジャケットの空気をパンパンに入れ過ぎたのも原因かもしれません。ガイドさんが「入れ過ぎると圧迫されますよ」って言ってくれていたのに。

このツアーは車でのホテル送迎があったので、念のため防水ケースに酔い止めを入れていたのですが、そんなとこまで気が回らず。(と言うより、いま思い出しました)

吐きそう、我慢。吐きそう、我慢。を繰り返していましたが、遂にギブアップ。fumioさんに「1人で戻っていいですか?」って聞いたのですが、そこは安全面に問題が。

fumioさんがいそぽん♂の手を取って、浜辺まで誘導を始めてくれました。でも、その時です!

 

hanauma19

 

んん??

fumioさん:「ウミガメいましたよ~!!」

 

hanauma20

 

ウミガメ!ホヌ(ウミガメのこと)です!!

↓明るさ調整↓

hanauma20a

 

ここまで波酔いの気持ち悪さを耐えて良かった。fumioさんについてきてよかった。この時いそぽん♂は完全にグロッキーでしたが、ウミガメの姿はしっかりと頭に焼き付いています。

もっと近くで泳ぎたかった。もしあの時、酔い止めを自分が持っていることに気づいてさえいれば・・・

 

hanauma21

 

さすがベテランのガイドさんです。写真の写し方がどれも上手い!大迫力も美しさも全て思いのままです。太陽の光に照らされた海面は、言葉で言い表せない美しさです。そこにウミガメのシルエット。最高。

こんな穏やかな海で波酔いしたいそぽん♂。こういう人生。

 

hanauma22

 

最後に想い出を。

 

hanauma25

 

 

波酔いしちゃったけど、楽しかったなぁ。綺麗だったなぁ。最後にウミガメ来てくれたなぁ♪途中で一緒に戻らせてしまってごめんね、いそぽん♀。

 

 

hanauma28

 

すべてガイドのfumioさんのおかげ。絶対自分では行けなかった場所に連れていってくれたのはfumioさん。ウミガメが見れそうな場所まで連れていってくれたのもガイドのfumioさん。

いそぽん家のハナウマ湾シュノーケリングは、いそぽん♂のリタイヤでここで終了です。

 

一緒に参加していたお2人さんのウミガメとの素晴らしいショット♪

hanauma26

 

たくさんのウミガメとのショットが撮れたようで良かったです。岸に帰る時にガイドさんが付いてきてくれたので、ウミガメとの写真が撮れなかったのではないかと心配でした。この写真を見て安心しました。

 

hanauma27

 

ウミガメと一緒に呼吸。このショットも面白いですね♪

 

浜辺にはハナウマ湾のヌシがいました。

hanaumacat

 

「まぁ、また遊びにおいでよ。」

 

帰りは駐車場まできつめの登り坂です。

%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%83%9e%e6%b9%be%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc

 

トロリー使いました。片道1人1.25ドル。

帰る頃に雲が出て、スコールが降りました。シュノーケル中は快晴でした。
本当に天候に恵まれた1日でしたよ。

※火曜・土曜・日曜はハナウマ湾に入れません。スケジュールが決まったら早めに予約をしておくことをおすすめします。人気のツアーは早く埋まってしまいます。

 

ハナウマ湾のシュノーケルオプショナルツアーをどこにしようか迷っているなら、次のページをご覧ください。

数あるオプショナルツアーの中からおすすめの1社を厳選しました。
口コミ情報のまとめも入っているので、参考になると思います。

 

「ハナウマ湾達人ガイドが案内するシュノーケリングツアー」の口コミを100件解析してみた

 

一生の記念に残るベストショットはハナウマで!
マハロ♪

 

スポンサードリンク



ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscus「ハワイ雑貨の店」の体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


コメントを残す

このページの先頭へ