【ホノルル動物園】の感想は?良かった点・悪かった点と園内画像を紹介!

2017年11月3日の体験記

ホノルル動物園内画像1
 

皆さん、アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

今回は
ホノルル動物園
の感想と体験記を紹介しますよ♪

日本では動物園に行くことがないいそぽん家。2017年のハワイ旅行では、到着日の空いた時間を使って行ってみました。

大人2人で軽く写真を撮りながら、サッと歩いて約2時間。想像より広くて驚きました。動物園って意外と楽しいんですね♪

そんな感じで、ホノルル動物園の営業時間やアクセス方法、良かった点や悪かった点、感想などを紹介していきますよ☆

スポンサードリンク

ホノルル動物園の営業時間やアクセス方法

ホノルル動物園の料金画像
 

HONOLULU ZOO(ホノルル動物園)
営業時間毎日/9:00-16:30
休園日クリスマス(12/25)
ホームページhttp://honoluluzoo.org/
住所151 Kapahulu Ave
Honolulu、Hawai’i 96815
電話番号808-971-7171
地図Google Map
入園料一般(13歳以上)14ドル
子供(3-12歳)6ドル
幼児(2歳以下)無料
クレジットカード利用可
 

 

行き方・アクセス

ワイキキビーチ(デュークカハナモク像)から歩いて10~15分くらいなので、歩いても行けます。ツアー会社のトロリーを使える人は、すぐ目の前まで行けるトロリーもあるので利用しましょう。

☆JTBオリオリウォーカー

・ダイヤモンドヘッドルート
「ホノルル動物園」下車

・アラモアナルート
アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル下車(少し歩きます)


☆HISレアレアトロリー

・ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン
「ホノルル動物園」下車

・ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストラン・ライン
「ホノルル動物園」下車

・ダイヤモンドヘッド・エクスプレス
「ホノルル動物園」下車

・アラモアナ/ドンキライン
アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル下車(少し歩きます)


☆JALレインボートロリー

・アラモアナルート
アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル下車(少し歩きます)

・ダイヤモンドヘッドルート
ホノルル動物園/カピオラニ公園下車

※情報は2017年11月10日時点です。変更になることもあるのでご了承ください。

 

ホノルル動物園体験記

ホノルル動物園入り口
 

6回目のハワイ旅行で初めてのホノルル動物園。動物園にあまり興味はなかったのですが、いざ目の前までくるとやっぱり期待しちゃいます。だって海外の動物園ですから。どんな感じなのかな♪

 

会っておきたい!絶滅危惧種

ホノルル動物園には、一般的に飼育されている動物以外に、ハワイの固有種や絶滅が危惧されている動物も飼育されています。

いそぽん家は何も知らずに行ってしまいましたが、どんな絶滅危惧種が飼育されているのか調べてから行けば、さらにホノルル動物園を楽しめたと思います。

鳥類
  • Manchurian crane(タンチョウ)
  • Marianas Fruit Dove(コバシヒメアオバト)
  • Palawan peacock pheasant(パラワンコクジャク)
  • Palm Cockatoo(ヤシオウム)
  • Laysan Teal(レイサン島のカモ)
  • Nene(ハワイガン)
  • Cuban Amazon(サクラボウシインコ)
哺乳類
  • Black rhino(クロサイ)
  • Cheetah(チーター)
  • Chimpanzee(チンパンジー)
  • Golden lion tamarin(ゴールデンライオンタマリン)
  • Ring-tailed lemur(ワオキツネザル)
  • African wild dogs(リカオン)
  • Asian elephant(アジアゾウ)
  • Ruffed lemur(エリマキキツネザル)
  • Siamang gibbon(フクロテナガザル)
  • Sumatran tiger(スマトラタイガー)
  • White-handed gibbon(シロテテナガザル)
爬虫類
  • Angulated tortoise(ソリガメ)
  • Galapagos tortoise(ガラパゴスゾウガメ)
  • Gharial(インドガビアル)
  • Giant South American River turtle
  • Komodo dragon(コモドドラゴン)
  • Radiated tortoise(ホウシャガメ)
  • South East Asian River terrapin(東南アジア・バタグールガメ)
良かったら探してみて下さいね♪

 

園内マップを見ながら2時間の見学

ホノルル動物園内画像1
 

園内に入るとホノルル動物園のマップがあります。下の方が入り口で、いそぽん家は向かって右側に歩いて行きましたよ。

入り口から出口に戻ってくるまで約2時間です。じっくり動物を見ながら回るなら3時間以上かかるかもしれません。

※↓タップすれば大きな画面で見れます。

ホノルル動物園マップ
引用:http://honoluluzoo.org/honolulu-zoo-map/


園内にも地図がありますが、スマホでマップを見ながら歩くと効率的ですよ♪
でも、このマップに全ての動物が記されているわけではないのでご注意ください。

 

最初に登場したのはフラミンゴ。

ホノルル動物園内2フラミンゴ画像
 

さすがフラミンゴ。相変わらずピンクです。

ちなみにピンクになっている理由は赤い色素を含む食事をしているからだそうです。仮にハンバーガーばっかり食べていたら、ピンク色が段々と薄くなっていくそうですよ。ホノルル動物園のフラミンゴは、きちんと赤い色素を含む食事を貰っているようですね。

フラミンゴが片足で立っているのは、足が冷えるためです。体を支えていない方の足は、羽毛の中で温めています。二本足で立っている時は、全く寒くない時です。

あんな細い足なのに、1本で立っていないといけないなんて何だかかわいそうですね。

 

ホノルル動物園内3
 

テーマパークとか観光地でたまに見かける「~まで〇〇km」のマイル版です。上野動物園まで3,950マイルだそうです。それを今知ってもいそぽんには何もできません。

 

ホノルル動物園内4画像
 

園内にある大きなバニヤンツリー。暑い時は影に入ると涼しいですよ。

ホノルル動物園内5画像
 

身長177cmのいそぽんは小人同然ですね。

 

ホノルル動物園内6画像
 

??

 

絶滅危惧種のワオキツネザル

ホノルル動物園内7ワオキツネザル画像
 

強烈な逆光だったので、ちゃんと撮れているかドキドキしていましたが、加工したら映っていました。良かったです♪

 

フクロテナガザル

ホノルル動物園内8フクロテナガザル画像
 

驚くことに、フクロテナガザルといそぽん家の間にはフェンスがありません。大人しい性格なのかな。

 

オランウータン

ホノルル動物園内9オランウータン画像
 

最初、すぐ近くにいてくれたのですが、飼育員さんに呼ばれたのか離れていっちゃいました。少し哀愁が漂う背中でしたよ。

 

座っていいのかどうか分からないオブジェ

ホノルル動物園内10画像
 

座っていいとしても、罪悪感で座れない。

 

カメも日なたは暑いみたい。

ホノルル動物園内画像11
 

顔だけ日陰に入れているのがかわいい♪

 

クモザル?

ホノルル動物園内12クモザル画像
 

手足が長いっ!

 

ガビアルというワニ

ホノルル動物園内13ガビアル画像
 

人間を襲うことはないそうです。口の先端が特徴的です。

 

アジアゾウがいそぽん家の目の前に来てくれました♪
サービスショット☆

ホノルル動物園内14アジアゾウ画像1
 

そして、

ホノルル動物園内14アジアゾウ画像2
 

目の前でウンチをして去っていきました・・・
投げつけられなくてホント良かったです。

 

イボイノシシ

ホノルル動物園内16イボイノシシ画像
 

肝心のイボが映っていなかったです。ショックで気絶しそうになりました。

 

カモ?

ホノルル動物園内17カモ画像1
 

ん??

ホノルル動物園内17カモ画像2
 

子ガモかわいいカモ~♪♪

 

遠くの方にシマウマとキリン

ホノルル動物園内19シマウマとキリン画像
 

もうちょっと近くで見たかった。

と思っていたら、

ホノルル動物園内20キリン画像
 

すぐ近くにもイタ~♪

 

フェネック

ホノルル動物園内21フェネック画像
 

か、かわいい~♪♪

 

ナイルオオトカゲ

ホノルル動物園内22ナイルオオトカゲ画像
 

先にワニを見ているので、小さく見えますが、トカゲとしてはかなり大きいですよね。

 

ホノルル動物園内23画像
 

ホノルル動物園内24チンパンジー画像
 

おしり見せたり、大股開いたり・・・。
少しは人前ってことを意識しなさい!

 

ホノルル動物園内25サイ画像
 

ってツノを立てて怒ってました。

 

他にもアフリカペンギンや、カメ、巣の中でおしりだけ見せてくれたアードヴァーク(ツチブタ)などまだまだたくさんの動物達が待っています。

トラやコモドドラゴンもいるのですが、この日は会うことができませんでした。暑い時間はどこかに隠れてしまっている動物も多いようです。

参考画像
ホノルル動物園のコモドドラゴン画像
 

コモドオオトカゲのことをコモドドラゴンと呼びます。体長が250~300cmにもなる超巨大なトカゲ。毒があり、噛まれると血が止まらなくなります。口の中にはバクテリアが多く、とにかく噛まれるととんでもないことになるそうです。

 

ひと通り回ったら最後にお土産コーナーへ。お土産コーナーは入り口ゲートのすぐ側にあります。

ホノルル動物園内26おみやげコーナー画像1
 

ホノルル動物園内26おみやげコーナー画像2
 

 

ホノルル動物園の良かった点

  • 思ったより広くて、結構楽しめる!
  • 近くで見られる動物が多い!
  • 広場もあってピクニック感覚でも楽しめそう!
  • 「KEIKI ZOO」という子どもが楽しめるエリアがある!
  • ワイキキから徒歩でアクセス可能!
  • しかも入園料が安い!
  • 子供づれでも楽しめる!
  • 外国の動物園に行ったことがあるという自己満足!
  • ベビーカーや車いすもスイスイと移動可能!
  • クジャクが放し飼い!
  • 日本では見られないコモドドラゴンもいる!
日本では滅多に動物園に行かないいそぽん家ですが、それでも結構楽しめましたよ♪

「KEIKI ZOO」のKEIKI(ケイキ)とは、ハワイ語で「子供」という意味です。今回は訪問していませんが、子供も楽しめるような仕掛けや遊具も設置されていました。

コモドドラゴン見たかったなぁ・・・

 

ホノルル動物園の悪かった点

  • 日中は暑くてバテやすい
  • 日陰が少ない
  • 蚊に刺されやすい
  • アイドル的な動物はいない
  • 暑さで隠れている動物もいる
  • 園内奥の方の自動販売機が稼働していなかった
  • 雨の後は足元が悪くなる場所がある
開園時間の9時でもハワイは既に暑いです。同じ気温でも湿気が少ないので、日本ほどの不快感はありません。でも、日差しが強いのでそこそこバテます。こまめに日陰に入ったり水分補給をするようにしましょう。

園内では軽食やドリンクも買えますが、ペットボトルを持って行く方がいいと思います。自動販売機が動かなかった時はショックでしたよ。そんな時は園内マップの左側に売店があるので利用しましょう。

 

ホノルル動物園に行ってみた感想まとめ

それにしても、日本の動物園って本当に細かいところまで気を配っているんだなぁとしみじみと思いました。

ホノルル動物園の1番の問題は暑さかもしれません。人間にとっての暑さもありますが、動物達にとっても暑いようで、近くまで来てくれない、どこかに隠れてしまっている、そんなことも多々あります。

開園時間中はずっと暑いので、たくさんの動物に会えるかどうかは運次第です。今回は14時過ぎに行きましたが、この時間は暑いです。開園直後の朝9時の方が少しはマシかもしれませんね。いずれにしても、お子様連れの場合は、適度に休憩を入れることをおすすめします。

なんだかんだ言っても、外国の動物園に行ってみた経験としては良かったし、間近で観ることができる動物もいたりで、大人2人でも結構楽しめました。

残念だったのは、コモドドラゴンが見れなかったこと。コモドドラゴンは日本の動物園で見ることができないので、ホント見てみたかったです。

 

ハワイならどこに行っても楽しめる!
マハロ♪

 

スポンサードリンク



ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


コメントを残す

このページの先頭へ