パンケーキ

オリジナル・パンケーキハウスのメニューとダッチベイビーの感想

 2018年11月16日の体験記

オリジナルパンケーキハウスのメニュー

アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

ハワイには有名なパンケーキの店がいくつもありますが、今回は老舗「オリジナル・パンケーキハウス」を紹介します♪

ハワイ情報誌でよく紹介されている店なので、店名をご存知の方も多いと思います。この店で最も有名なのが、ダッチベイビーというちょっと変わったパンケーキ。

これを食べてみたくて行ってきました。

オリジナル・パンケーキハウスは、ワイキキにある他のレストランと比べると価格が安めで、ボリュームもあるのでガッツリ食べたい人にもいいと思います。

このページでは、オリジナル・パンケーキハウスのメニューやダッチベイビーの感想などをお届けしていきます♪

スポンサーリンク

行くなら平日の昼過ぎがおすすめ

店内の雰囲気1

ハワイのオリジナル・パンケーキハウスは2店舗だけですが、アメリカ本土では100店舗以上もあります。

ハワイでも40年以上続く老舗で、ロコにも深く愛され続けています。つまり、ハワイで好まれている料理が楽しめるというわけです。

いそぽん家が行ったのは金曜の13時前。ランチの時間なので、待たされることを覚悟していましたが、まさかの待ち時間ゼロでした。

他の人の話によると、オリジナル・パンケーキハウスは特に朝が混み合うようです。

ホヌぽん
週末はランチの時間も混むかも。あと、営業時間は午後2時までだよ

 

店内の雰囲気2

店内は日本の喫茶店のような雰囲気で、なんだか落ち着きます。でも、ウェイターさんの服装がハワイアンで統一されているので、ハワイな感じもちゃんとします。

この日は店内に日本人はいませんでした。ワイキキの有名店だと日本人だらけだったりしますが、ここはそんなこともなく、ハワイの日常に溶け込めてる~って感じがしましたよ♪

 

メニューは日本語表記あり

オリジナルパンケーキハウスのメニュー

ハワイのレストランで最初に心配になるのがメニューが読めるかどうか。オリジナル・パンケーキハウスは安心の日本語表記ありです。

 

オリジナルパンケーキハウスのメニュー日本語表記

安心♪

安心ですが、メニューが多いのでそこで悩みます。
なので、この後メニューを紹介しますので、予習しておいてください。

 

ホヌぽん
オリジナル・パンケーキハウスは、注文してから作り始めるから時間がかかる料理もあるよ

 

とりあえず、ハワイではグアバジュースを飲むって決めているので

グアバジュース

グアバスタート。

 

オリジナル・パンケーキハウスMENU

現場で焦らないように予習しておきましょう。
何物か全く想像できないのもありますけど、日本語表記をそのままここでも紹介しておきますね。
※数字は料金です

フルーツ&飲み物

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「飲み物」

 

オムレツ

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「オムレツ」

付け合わせとしてバターミルクパンケーキ、ご飯、ハッシュブラウン、トーストから1つ

 

サイドオーダー

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「サイドオーダー」

 

パンケーキ

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「パンケーキ」

 

クレープ

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「クレープ」

 

ベルギーワッフル

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「ベルギーワッフル」

 

スぺシャルブレックファスト

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「ブレックファスト」

付け合わせとしてバターミルクパンケーキ、ご飯、ハッシュブラウン、トーストから1つ

 

スペシャルメニュー

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「スペシャルメニュー」

 

キッズメニュー

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「キッズメニュー」

10歳以下のみ注文可能

 

サンドイッチ

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「サンドイッチ」

スープまたはサラダとデザートつき

 

追加メニュー

オリジナル・パンケーキハウスのメニュー「追加メニュー」

 

パンケーキだけじゃなくクレープやワッフル、オムレツ、シニアメニュー、キッズメニューなどもあるので、家族で行っても楽しめますよ。

予習おわりっ!

 

ダッチベイビーの感想

ダッチベイビーはオーダーしてから約20分かかります。
なので、閉店時間ギリギリに行くと断られることもあるのでご注意ください。

いそぽん
13時は大丈夫でした。

なので、ダッチベイビーと一緒に他の物もオーダーして、先に出してもらうと効率がいいです。

 

ダッチベイビーをオーダーすると、3点セットが運ばれてきます。

ダッチベイビー3点セット

ホイップバター、レモン、粉砂糖

 

先に出してもらったパンケーキを食べながら待っていると、ダッチベイビー登場。
オーブンで20分焼いてます。

ダッチベイビー1

これ、パンケーキ?

一瞬、ダイヤモンドヘッドをイメージしたのかと思いましたが関係ないみたい。
ドイツ風のパンケーキらしく、ジャーマン・パンケーキとも呼ぶそうですよ。

 

ダッチベイビー2

いざとなったら容器として使えるし、紫外線が強いと感じたら帽子としても使える。そんな機能的な料理です。

 

ダッチベイビー3

パイのように見えて、中はしっとりもちもち。外側はサクサクしています。こんなパンケーキ食べたことありません。

 

ダッチベイビー4

ホイップバターをつけたり、粉砂糖をかけたり、レモンを絞ったりといろいろな味が楽しめます。レモンをかけるとチーズケーキのような味になって美味しかったです♪

あと、メープルシロップをかけて食べても美味しかったですよ。

ダッチベイビーは新食感でなかなか良かったです。

いそぽん
でも好みがかなり分かれそうなので、最初は別の物も注文してシェアするのがおすすめです。

 

マカダミアナッツ・パンケーキ

マカダミアナッツパンケーキ1

ダッチベイビーが出てくるまでの繋ぎで注文していたマカダミアナッツ・パンケーキ。

これは5分くらいで出てきましたよ。

 

マカダミアナッツパンケーキ2

ザ・パンケーキ。

ふわふわしていて、くどさがない。何もかけずにそのまま食べても美味しかったです。そこにメープルシロップをかけるとさらに美味しいですよ♪

 

時間があれば食べたいもの

今回は注文していませんが、もう1つのスペシャルメニュー「アップル・パンケーキ」も評判です。

アップルパンケーキは焼けるのに45分かかるそうです。そこまでは待てなかったので、今回は断念しました。

ボリュームが凄いそうなので、時間があるならシェアして試してみてはいかがでしょうか。

甘いものだけだと男性は少し辛いかもしれないので、オムレツとか塩気のあるものも一緒に注文するのがおすすめです。

 

オリジナル・パンケーキハウスまとめ

いそぽん的には、ダッチベイビーより普通のパンケーキの方が好きでした。ダッチベイビーは好みが分かれるので、面白いパンケーキを食べたい人におすすめです。

オリジナル・パンケーキハウスはボリュームがありますが、食べきれなくてもタッパーに入れてくれます。安心してどんどんと注文してくださいね(笑)

 

オリジナルパンケーキハウスの店舗情報とアクセス

カピオラニ店(アラモアナ・ショッピングセンター近く)

営業時間毎日/6:00-14:00
定休日なし
ホームページオリジナル・パンケーキハウス
住所1221 Kapiolani Blvd.
Honolulu, Hawaii 96814
電話番号808-596-8213

 

カリヒ店(ディリンハム)

営業時間毎日/6:00-14:00
定休日なし
住所1414 Dillingham Blvd.
Honolulu, Hawaii 96817
電話番号808-847-1496

 

アラモアナセンターからカピオラニ店の行き方

アラモアナセンターの西側の「ピイコイ・ストリート」に出ます。

大きな2つのタワーに向かって歩きます。

オリジナル・パンケーキハウスの行き方画像1

 

この交差点に着いたら、左に向かって横断歩道を渡ります。

オリジナル・パンケーキハウスの行き方画像2

 

渡った通りを少し歩くと、こんな色の建物の前を通ります。この通り沿いにオリジナルパンケーキハウスがあります。

オリジナル・パンケーキハウスの行き方画像3

 

オリジナル・パンケーキハウスの行き方画像4

この奥が入口です。

 

オリジナル・パンケーキハウスの行き方画像5

日本の地下街にある喫茶店みたいな入口ですね。

店の入口が通りから奥に入り込んでいるので見過ごす人も多いそうです。ご注意ください。

左隣りに牛角さんがあったので目印になるかな。

牛角

 

楽しい時間をお過ごし下さい!
マハロ♪

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

-パンケーキ
-,