ステーキ

ウルフギャング初体験とドレスコードの話

ウルフギャングハワイ外観

アロ~ハ!いそぽんです(^^♪

今回は、ハワイのステーキレストランで最も有名な「ウルフギャング(ワイキキ店)」の体験記を紹介しますよ。

気になるウルフギャングのドレスコード、ディナーとランチの感想、おすすめの予約方法などを紹介していきますね。

予約方法だけ見る

スポンサーリンク

ハワイのウルフギャング・ワイキキ店

ウルフギャング店内画像
画像:ウルフギャングハワイ公式サイト

ウルフギャングは本店のあるニューヨークをはじめ、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズで絶大な人気を誇るアメリカ発のステーキハウス。ハワイで人気のステーキレストランとして紹介している雑誌も多く、ワイキキ立地ということもあって日本人観光客はかなり多いです。

いそぽん

客の半数以上が日本人なんていつものこと

日本では国内1号店が六本木(アメリカ国外の第1号店)にあり、丸の内にも2014年12月8日にオープンしました。現在では大阪や福岡にも出店し、日本でも知名度は高くなっています。

日本の芸能人にも人気で、高橋英樹さんや有吉弘吉さんがハワイのお気に入りの店として紹介していますよ。

ハワイのウルフギャングには予約が必要?

ウルフギャング店内の様子
客数が少ないランチでも席は埋まっています

ウルフギャングはとにかく日本人の人気がすごく、ディナーは予約をしておくことをおすすめします。

予約がないと入れないというわけではありませんが、混雑次第で何時間か待たされることも。特に週末はとても混み合うので、スケジュールが決まっているなら予約しておきましょう。

ランチタイムは予約なしでも少ない待ち時間で入店できますよ。

いそぽん

週末や結婚式の二次会などで混む場合もあります

ウルフギャングの予約方法

  • 直接店に連絡する
  • レストラン予約サイトを使う
  • オプショナルツアーを使う

予約方法は「ウルフギャングの予約について」の項目で紹介しますね。

ウルフギャング・ハワイにドレスコードは必要?

ハワイのステーキハウスは基本的にドレスコードがあります。店によってレベルが異なるので、事前にチェックしておきましょう。

いそぽん

ディナータイムだけドレスコードありという店が多いです

ウルフギャングもドレスコードがあります。ですが、厳しくないのでご安心ください。

ウルフギャングのドレスコードは「カジュアル」でOK

ウルフギャングのドレスコード

いそぽんはチノパン+アロハシャツ、つまぽんはワンピースで行きました。たまたま見たハワイの情報サイトにそう書いてあったからです。

で、待ち時間の間に他のお客さんの服装チェックをしたのですが、ドレスコードを意識している日本人がほとんどいない。むしろいそぽん家は少し浮き気味。水着で来ている人はさすがにいませんでしたが、短パンの人多い!軽装の人多い!

後日別のサイトをいろいろ見ていたら、ウルフギャングのドレスコードはこんな感じでいいことが分かりました。

ウルフギャングのドレスコード

  • タンクトップ、スリッパは禁止
  • 水着は禁止
  • Tシャツとダメージジーンズは避ける

まとめると、常識の範囲内であればドレスコードは特になし。カジュアルで大丈夫です。

本当は、先に見たサイトのようにリゾートカジュアルが正解だと思います。でも、あまりに日本人客が多く、ドレスコードを知らない人も多かったことから、段々と基準が緩んでいったのではないでしょうか。

外国の人はランチに行く服装とディナーに行く服装をきっちりと分ける人が多いそうです。先に見たサイトは日本人に恥をかかせないように、ちゃんと書いてくれていたのだと思います。

いそぽん

男性は長ズボン+襟付きシャツ、女性はリゾートドレスやムームーの方が対応も良くなると思いますよ

ただし、これはあくまでウルフギャングのドレスコード。他のレストランはまた異なります。ドレスコードとレストランについてはこちらのページも参考にしてみてください。

ドレスコードはこれでOK

ウルフギャングの感想「満足」「不満」はサーバー次第

レストランでメニューを前にすると、すぐに決められない。外国ならなおさらです。だから今回は、日本から「Tボーン」のコースを予約しておきました。その感想を紹介しますね。

いそぽん

写真の画像がかなり悪いです

内容は変更になることがあります

前菜(2人分)

ウルフギャングハワイ前菜

前菜ですでにボリュームあり♪特別ってほどではないですが美味しかったです。

ウルフギャングのパン

このパンがほんと美味しかったです。お腹が膨れてしまわないようチョビチョビと食べたかったのに、あっという間に完食。

他にホウレンソウのクリーム煮が出ましたが、写真を撮り忘れていました。ほうれん草のクリーム煮は味が濃くて私の舌には合いませんでした。

いそぽん

好きじゃないものが出てくるのがコースの弱点。ボリュームがあって苦しかった

ウルフギャングのTボーン!日本とは違う肉っぽさが美味い

ボリュームたっぷりの前菜の後は、お待ちかねのメインディッシュ。

Tボーン(ポーターハウス)ステーキ

ウルフギャングのTボーンステーキ

あまりにも画像が悪いので、ウルフギャングの公式サイトも併せてご覧ください。

ウルフギャング_ポーターハウスステーキ1

こんな写真を撮りたかった。

ウルフギャングで最も食べたかったのが、Tボーン(ポーターハウスステーキ)。焼き加減はミディアムレアにしました。フィレミニヨンとニューヨークサーロインの両方を味わえる1度で2度おいしいステーキです。

ウルフギャング_ポーターハウスステーキ2
画像:ウルフギャングハワイ公式サイト

日本で食べるステーキも美味しいですが、味が違います。THE NIKUって感じ。

日本のステーキは上品な感じがしますが、ウルフギャングのステーキは野生みがあります。「いただく」より「むさぼる」感じ。

厚みがあっても柔らかく、どんどん口に運んでしまいます。肉汁たっぷりで、出てくる言葉は「うまい!」の一言。前菜でそこそこお腹が膨れていたのに、あっという間に完食してしまいました。

ポテト

これまたしっかりしたポテトで美味しかったです♪

ウルフギャングのポテト

美味しいですが、とにかく量が多い。ステーキはさっと胃袋に入っていきましたが、サイドメニューはキツイ感じでした。

ちなみに食べきれなかった分は、サーバー(ウエイター)が気を利かして「テイクアウト?」と訊いてくれました。こちらからテイクアウトをお願いするなら「to go please(トゥ ゴー プリーズ)」と言いましょう。

ウルフギャングはサーバーの差がすごいです。ものすごくフレンドリーで優しい人もいれば、超不愛想でがっかりディナーにしてくれるサーバーもいます。残念ながらこれは運次第です。

デザート

ウルフギャングのチーズケーキ

このレアチーズケーキもめちゃくちゃ美味しかったです。現在のコースはデザートの内容が変わっているかもしれませんが、当時はデザートを選べました。チーズケーキ好きな方はぜひオーダーしてみてください。

いそぽん

デザートを何にするか英語で訊かれたけど聞き取れず、唯一分かったのが「チーズケーキ」。結果大正解でした!

ディナータイムのサーバーは英語でしたが愛想が良かったです。「君たち2人の写真を撮ってあげようか?」と英語で話かけてくれました。
レストランの料理を満足できるかどうかは、サーバーの人柄でも変わります。運ですが今回は元気と愛想のいいサーバーの席に座れて良かったです。

ウルフギャング記念撮影
カメラが悪かった

思いっきりピンボケしてますけど、他の料理の写真も悪いし、カメラの設定が悪かっただけ。

ハワイのウルフギャングの店内はほとんどが日本人で、日本にいると錯覚しそうでしたが、その分安心して食事できますし美味しかったです。

ステーキは日本でも食べられると思っているなら、ハワイのワイルドなステーキもお楽しみください。

ちなみに、JTBのオプショナルツアーにはチップが含まれていたので、チップの心配もありませんでした。だからちゃんとしたサービスをしてくれたのかもしれませんね。
※コースに含まれない料理を追加注文する場合は、追加分だけチップが必要となります。

日本人には難しいチップの話

ランチのサーバーにはがっかりした

今度はランチタイムのウルフギャングに行ってきました。過去にテレビで見た裏メニューのロコモコやハンバーガーを食べてみたくて。

団体の予約が入っておらずピークの時間を避ければ、ランチタイムの待ち時間はそんなに長くありません。予約なしでも大丈夫でした。時間は午後2時過ぎです。

ウルフギャング入り口
11時~13時は予約しておいた方がいいかも

昼の時間はテラス席は使っていないようでした。

ウルフギャングハワイ外観

服装は短パンにTシャツ。ウルフギャンのランチタイムはドレスコードを意識しなくてもいいと思います。でも水着はさすがにダメです。

店に着いて名前を記入してから10分程度で席に案内されました。店内はやっぱり8割ほどが日本人でしたよ。

ウルフギャング店内の様子
日本人だらけ

案内されたテーブルがこちら

ウルフギャング店内の様子2

スタッフの出入りが激しいテーブルです。バーカウンターが横にあって、さらに出入りするお客さんが行き交う大ハズレの場所。

いそぽん

座った瞬間から嫌な予感しかしませんでした

空いた席から順番に案内していたので、タイミングが悪かったみたい。仕方ないですね。

最初は、短パンとTシャツだからこんな席になったのかなとも思いましたが、同じような服装の人も多く、この後に案内されたカップルもTシャツと短パンだったので、順番に案内した結果だと思います。

ランチメニュー

ウルフギャングランチメニュー1
ウルフギャングランチメニュー2

ん?
テレビで裏メニューと聞いていたロコモコとハンバーガー。どうやって注文しようかドキドキしていましたが・・・

ウルフギャングランチメニュー_ロコモコとハンバーガー

定番メニューやん!

テレビでもよく紹介されていたので、もう裏メニューではなくなったのかもしれませんね。ドキ損でした。

というわけで、ロコモコと1/2ポンドハンバーガーをオーダー。ハンバーガーは2ドルでチーズをトッピングできるので、チーズバーガーにしました。というより、サーバーが英語でなんたらかんたら話してきて、チーズ?って訊かれてイエスと言ったらチーズバーガーになっただけです。

ロコモコとハンバーガー登場♪

ここから嫌な予感が当たりだします。

オーダーしてからなんと30分近く待ちました。のんびりしたハワイアンだから仕方ないとまだ余裕。

そしてハンバーガー登場。

ウルフギャング_ハンバーガー
ウルフギャング_ハンバーガー2

かぶりつくのが難しいくらいのボリューム感。美味しそうでしょ。

でもですね、ちょっと期待値を上げ過ぎていました。肉はさすがステーキハウスという美味しさでしたが、他が普通。めちゃくちゃ普通。ビックリするくらいインパクトがない。ハンバーガーはハンバーガーショップで食べる方が美味しいです。

続いてロコモコ登場。

ウルフギャング_ロコモコ

初ハワイで食べた某フードコートのロコモコが大ハズレだったので、ちょっとトラウマ気味。でも、ハワイのソウルフードなので克服しなければいけません。ウルフギャングならハズレることはないでしょう。

ウルフギャング_ロコモコ2

思ったとおりハズレませんでした。

普通です。あまりにも普通で驚きました。ロコモコってローカルフードなので、普通が正解かもしれないですが、ウルフギャングっぽさが欲しかった。そして熱くもなく冷たくもなくぬるい。

味の感想は人それぞれだし、絶賛している人もいるので怒ることでもありません。最悪だったのはサーバーです。

レストランの印象はサーバー次第

ランチにがっかりしたのは料理が普通だったことではありません。店の雰囲気とテーブルについたサーバーにがっかりしたんです。
サーバー(ウエイターやウエイトレス)次第でその店の印象は変わります。今回は残念ながらハズレでした。

料理を注文しても水が全然出てこない。呼んでもちょっと待ってって感じでなかなか来ない。隣のバーカウンターでは、他のサーバーが何度も料理や食器を落とす。ポットを数個片手に持ったサーバーが中身を床にこぼしながら歩いて行く。会計を頼んでも全然対応してくれず、別のサーバーに再度依頼してようやく伝票が到着。

なんだこれ?

という事が立て続けに起きました。ディナーで楽しかったウルフギャングはどこへ行った?そんな状態でも日本人は来店するので、甘えてさらに店の質が落ちていかないことを祈るばかりです。

昼と夜とではまた違うかもしれませんし、昼でも素晴らしいサーバーに当たれば楽しい時間は過ごせます。レストランの印象はサーバー次第と思った1日になりました。

怠慢サービスでチップに〇するなんて!

2人のサーバーに言ってようやく出てきた伝票がこちら。

ウルフギャング_領収書

チップの請求が18%から。わざわざ〇で囲って。

今までハワイで出してきたチップは最低でも15%。ほとんど20%以上出してきましたが、今回のウルフギャングのサーバーに18%分のサービスをしてもらった感じはありません。

本来ならマネージャーを呼んでクレームを出してチップを減らすか渡さないのが正しいのでしょうが、英語が話せないので10%だけにしました。5ドルくらいの差です。「〇しておけば日本人は払う」って思われてそうで嫌な気分でした。

ウルフギャングは夜に行く方がいいかもしれません。

ウルフギャングの予約について

ウルフギャングは予約していても時間どおりに席に案内されるとは限りません。でも、予約していないとさらに待つことになるので、ディナーは予約しておきましょう。

いそぽん

食後のスケジュールは空けておくほうがいいです

ウルフギャングの予約方法

  • 店に直接連絡する
  • レストラン予約サイトを使う
  • オプショナルツアーを使う

ワイキキのウルフギャングの予約方法はこの3つです。

直接店に連絡するなら電話です。電話は日本語が分かるスタッフがいるとは限らないので、英語が分かる人は利用してください。公式サイトにはオンライン予約も載っていますが、外部のレストラン予約サイトにリンクしています。

英語が不安なら席だけを確保するレストラン予約サイトコース料理を予約できるオプショナルツアーが便利です。いそぽん家はミールクーポンを買えるJTBのツアーを利用しました。

レストラン予約サイト(席だけ予約)

「席は取っておきたいけど料理はメニューを見ながら決めたい」なら、オープンテーブルやグルヤクが便利です。オープンテーブルは無料で利用できて、グルヤクは予約1人分で825円の手数料がかかります。

1.オープンテーブル

オープンテーブルは英語サイトを日本語に翻訳しているため、若干不自然なところもありますが、ワイキキのレストランを検索したり、ホテル周辺の店を検索したりできます。キャンセルは予約完了メールの中でできるそうですよ。

opentable_jp2

ウルフギャングを選ぶと店舗情報や予約画面に進みます。もしウルフギャングが見当たらなければ、下記の店名をコピペして検索してみてください。
Wolfgang's Steak House - Waikiki Beach

オープンテーブル日本語版はこちら

ハワイで利用しようとすると日本語版が使えないかもしれません。その際はオープンテーブル(英語版)をお試しください。

2.グルヤク

オープンテーブルは基盤が海外仕様なので、馴染みにくかったり日本語に翻訳されていないところがあります。使いにくいと感じた方にオススメなのがグルヤク です。日本人向けサイトなので、見やすく選びやすいです。問い合わせやリクエストも日本語でできます。

予約には手数料として1人825円必要ですが、すべて日本語でできるのが強みです。口コミや店舗情報も簡単に見ることができて、予約に不安やストレスを感じたくない人向きです。
ホノルルで予約可能なレストランの一覧を出してから、行きたい店を決めることもできます。

いそぽん

予約をキャンセルしても予約手数料の返金がない点がデメリット。スケジュールが決まってから利用してくださいね

グルヤク操作画面

「ウルフギャング」と入力せずハワイだけで検索すれば、他のレストラン一覧を見ることもできます。

グルヤクでウルフギャング検索

スマホでも見やすくて利用しやすいですよ。

グルヤクはこちら

※@softbank.ne.jp、@i.softbank.ne.jp、icloud、mac.comのアドレスではメールを受信できない状況が発生しているのでご注意下さい。

オプショナルツアー

初海外の方、レストランでのオーダーが心配な方、チップが苦手な方は、席とコース料理を予約(ミールクーポン)しておくと精神的にかなり楽です。オプショナルツアーには18~20%のチップが含まれているので煩わしさがありません。(チップ別のオプショナルツアーもあるのでご確認を)

コースとは別の料理を注文することもできますが、その際は追加した料理代金分のチップをサーバーに渡してくださいね。

ベルトラ

ランチプランや席だけ予約プランもあって、利用しやすい予約サイトです。

ベルトラで選べるプラン

  1. ポーターハウス(Tボーン) ステーキプラン
  2. ステーキ/魚プラン
  3. ランチ ハンバーガー/サンドイッチプラン
  4. ランチ 選べるステーキプラン
  5. 席だけ予約プラン
  • 【前菜】シーフードプレート
    ・ジャンボシュリンプカクテル、ジャンボクラブミート(カニ)、ロブスター、生牡蠣
    ・ベーコン
  • 【サラダ】1つ選択
    ・ミックスグリーンサラダ
    ・シーザーサラダ
    ・ビバリーヒルズチョップドサラダ
  • 【メイン】ポーターハウスステーキ
    ※グラムの目安:300g/人
  • 【サイドディッシュ】
    ・ほうれん草のクリーム煮
    ・マッシュポテト
  • 【デザート】1つ選択
    ・ニューヨークチーズケーキ
    ・キーライムパイ
    ・アイスクリーム
  • 【飲み物】1つ選択
    コーヒー、紅茶

お子様用メニューもあります。
コース料理以外の料理も注文できますが、追加分だけチップを渡してください。

ベルトラはこちら

まっぷるアクティビティ

ウルフギャングのディナーと、夜景が人気のタンタラスの丘がセットになっています。夜を華やかに過ごしたい方におすすめです。

まっぷるアクティビティで選べるプラン

  • 【スタンダードディナー】ウルフギャング ステーキ & タンタラスの丘夜景
    メインは下記から1品選択
    プライム・フィレミニョン / ニューヨーク・サーロインステーキ / 本日のお魚
  • 【デラックスディナー】ウルフギャング ステーキ & タンタラスの丘夜景
    メインはポーターハウスステーキ (28oz)
  • 【前菜】シーフードタワー
    ・ジャンボシュリンプカクテル、ジャンボクラブミート(カニ)、ロブスター、生牡蠣
    ・ベーコン
  • 【サラダ】1つ選択
    ・ミックスグリーンサラダ
    ・シーザーサラダ
    ・ビバリーヒルズチョップドサラダ
  • 【メイン】ポーターハウスステーキ
    ※グラムの目安:300g/人
  • 【サイドディッシュ】
    ・ほうれん草のクリーム煮
    ・マッシュポテト
  • 【デザート】1つ選択
    ・ニューヨークチーズケーキ
    ・キーライムパイ
    ・アイスクリーム
  • 【飲み物】1つ選択
    コーヒー、紅茶

スケジュール例

  • 16:45 送迎
  • 17:30 ウルフギャング
    食事後は各自でDFSへ移動(5分程度)
  • 20:00 DFS出発
  • 20:15 タンタラスの丘
    15分程度滞在
  • 20:30 タンタラスの丘出発
いそぽん

タンタラスの丘までの道は、夜とても見にくいためツアーの方が安全です

まっぷるアクティビティはこちら

バウチャーを忘れずに

ベルトラまたはまっぷるアクティビティで予約したら、マイページからバウチャー(予約券)を印刷。入店時に係の人に見せてください。

ウルフギャングのディナータイムは特に混雑するので、早めに予約しておきましょう。

ウルフギャング店舗情報

住所2301 Kalakua Avenue,Royal Hawaiian Center 3rd Level Honolulu, HI 96815
地図Googleマップを見る
電話番号(808) 922-3600
営業時間日曜~木曜:11:00-23:00
金曜・土曜:11:00-23:30
定休日なし
URLhttp://wolfgangssteakhouse.jp/waikiki/
(日本人向けサイト)
ドレスコードカジュアル
備考新型コロナウイルスの影響により、営業時間が変更になっている場合があります

楽しい旅行と美味しいディナーを!
マハロ♪

初回体験日:2014年9月7日
ランチ体験日:2016年11月7日

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

-ステーキ
-, , , , , ,