ポリネシアン・ショー「テ・モアナ・ヌイ~太平洋の物語~」の体験談<<前編>>

2015年10月7日の体験記

テ・モアナ・ヌイ ポリネシアカルチャー体験

 

皆さん、アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

今回は
ポリネシアン・ショー「テ・モアナ・ヌイ ~太平洋の物語~」
Te Moana Nui – Tales of the Pacific
の体験談を紹介しますよ♪

 

このショーは初めての参加でした。そして、

めちゃくちゃ感動しました

何に感動したかは後ほど。
後編ではいそぽん♂がステージに上がり大はしゃぎしています。

幸いなことに、この日は参加者が少なく、ゆったりとショーを見ることができました。
スタンダードコースなのに、前列に座れちゃったし・・・
テ・モアナ・ヌイは、また見に行きたいショーの1つになりました♪

今回の体験談は長くなったので、前編と後編に分けました。
ディナー付きのオプショナルツアーで参加したのですが、前編ではディナーショーとポリネシアカルチャー体験、後編ではショーのネタバレを紹介しています。

スポンサードリンク

まずはディナーから

ポリネシアン・ショー「テ・モアナ・ヌイ ~太平洋の物語~」は現時点で3つのコースから選べます。詳しくはこちら↓

JTBオプショナルツアー

 

今回は「ディナー・ショー スタンダード」で申し込みました。
ディナーは17時30分スタートなので、それまではのんびりできますよ。

会場はシェラトン・プリンセス・カイウラニ。

シェラトンプリンセスカイウラニ

 

1度見てみたかったホテルだったのでちょうど良かったです。
とても綺麗なホテルでした。

テ・モアナ・ヌイの受付は、ホテル正面から入って左手の奥の方でします。
ホテルに入ったら、左に進んでいくと、突き当るので、そこを左にいくと受付があります。

シェラトンプリンセスカイウラニ ロビー

 

突き当りを左へ。

この小窓がテ・モアナ・ヌイの受付です。↓

テ・モアナ・ヌイ 受付場所

 

もし場所が分からなかったら、エスカレーターを探して下さい。
そのすぐ近くにあります。↓

0105bfcd57135b958116c83809b8d361cd200d312e

 

受付の近くにエスカレーターがあります。迷ったらエスカレーターを探しましょう。

 

のんび~りディナータイム

受付を終えた時点で、既にどんなショーかワクワクしていましたよ。
いそぽん♂はずっと笑顔。少し怖いくらいでした。
食にうるさくないので、ディナーよりショーを心待ちにしていたそうです♪

ビュッフェの様子から紹介しますね。

ビュッフェ会場↓

テ・モアナ・ヌイ ビュッフェ会場1

 

テ・モアナ・ヌイ ビュッフェ会場2

 

席は決まっていました。案内された席に座ります。

 

テ・モアナ・ヌイ ビュッフェ会場3

 

美味しそうな料理の数々。にぎやかです♪

テ・モアナ・ヌイ ディナー1

 

テ・モアナ・ヌイ ディナー2

 

テ・モアナ・ヌイ ディナー3

 

テ・モアナ・ヌイ ディナー4

 

テ・モアナ・ヌイ ディナー5

 

テ・モアナ・ヌイ ディナー6

 

テ・モアナ・ヌイ ディナー7

 

料理の種類はいろいろありましたよ。

 

テ・モアナ・ヌイ ディナー8

 

でも、いそぽん♂はなぜかビュッフェにだとたくさん食べれません。
2皿食べてからデザートに走りました。フルーツ大好き!!

テ・モアナ・ヌイ デザート1

 

テ・モアナ・ヌイ デザート2

 

数々のお料理大変美味しくいただきました。
特にデザートが美味しかったです。

 

カルチャー体験の時間に注意!

1番の楽しみはもちろんショーですが、童心を持ち続けているいそぽん♂はポリネシアのカルチャー体験も密かに楽しみにしていたそうです。

ポリネシアカルチャー体験は、疑似タトゥーや伝統的な工芸を簡単に楽しむというもの。異国の文化を少し感じることができるユニークな催しです。もちろん無料です。

でも、時間を勘違いしていました。

カルチャー体験は18:30から19:30

のんびりディナーして、トイレ行ったりタバコ吸う場所を探していたり・・・
気づいたら19:15!

ダッシュ!!
日々上がらなくなっていく足を必死に上げ、いそぽん家2人は猛ダッシュしました。
例え残り10分ちょっとでも堪能してやる!

 

時間の許す限り(10分)でカルチャー体験

カルチャー体験ができるのは、さきほどのビュッフェ会場のすぐ横にあるエスカレーターを上がった2階です。ショーの開演まであと10分ほど。

さすがに他の観客は会場に入っているようで、いそぽん家だけがこのコーナーにいました。

目立つ!!

カルチャー体験コーナーでお相手をしてくれる人たちは、ショーの出演者です。
ショーの開始時間までいてくれるので、せめて1つだけでも体験したい。

 

オヘ・カパラ

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「オヘ・カパラ」1

 

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「オヘ・カパラ」2

 

ハワイアン模様のスタンプらしいです。日本語の説明まで付いていて助かりました!

「カパという樹の皮にスタンプを押して作る、オヘ・カパラをいうハワイの工芸を体験してみましょう。作品はお持ち帰りできます。」
だって。

欲しい!!

下地のデザインは予め用意されているので、塗料を自分で塗って紙に押し付けるだけです。

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「オヘ・カパラ」3

 

簡単だし、すぐ終わるので記念に1枚貰っておきましょう。

 

タタウ・パセフィカ

タタウ??
タトゥーのことはタタウと言うみたいですね。

IMG_5621

 

「タトゥー(入れ墨)という言葉の語源は、ポリネシア語の「タタウ」から来ています。古代のタトゥーの技術は南太平洋で作られ、昔ながらのやり方で今も行われています。お客様には今回ペンでタトゥーの模様を描かせていただきます。」

なかなか面白そうですよね。ペンだから安全だし。
即決です。この時開演まで残り8分。
いそぽん家タトゥーに挑戦です!!(ペンだけど)

もうすぐ開演の19:30ですが、丁寧に書いてくれました。
いそぽんは手前の人に書いてもらったのですが、早々に書き終えて退屈そうでしたよ。

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「タトゥー」2

 

ちょっと「ぷん」とした表情で可愛らしいですね。ステージ開始の直前なので、精神集中しているのかもしれません。

でもカメラを向けると・・・

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「タトゥー」3

 

さすがですね。エンターティナーです♪

 

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「タトゥー」4

 

いそぽん♀の方も丁寧に書いてくれていますよ。

普通のペンで書いているのですが、このダンサー達は指先も器用です。いとも簡単に書いてしまいました。案外細かい部分もあるんですけどね。

いそぽん♂はホヌ(ウミガメ)です。

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「タトゥー」ホヌ

 

書き始めてから途中まで、何を書いているのか分かりませんでした。出来上がってびっくりです(*’▽’)

いそぽん♀はハイビスカスです。

テ・モアナ・ヌイ カルチャー体験「タトゥー」ハイビスカス

 

花びらの細かい線まで1本1本丁寧に書いてくれましたよ。
でも安心してください、石鹸で洗えば消えます。少し寂しいですけどね。

こうやってダンサーの人達と直に触れ合う機会ってあんまりないので、とても楽しい想い出になりました。ダッシュしてきた甲斐がありましたよ。

次は後編です。
ポリネシアン・ショー「テ・モアナ・ヌイ~太平洋の物語~」の様子を写真で紹介します。

いそぽん♂初のオンステージです。

<<後編はこちら>>

 

スポンサーリンク




ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscus「ハワイ雑貨の店」の体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


2 Responses to “ポリネシアン・ショー「テ・モアナ・ヌイ~太平洋の物語~」の体験談<<前編>>”

  1. […] Te Moana Nui – Tales of the Pacific の体験談<<後編>>を紹介しますよ♪ <<前編はこちら>>   […]

コメントを残す

このページの先頭へ