(公演終了)【テ・モアナ・ヌイ】ディナーショー・スタンダードの感想<ディナー編>

テ・モアナ・ヌイのカルチャー体験「タトゥー」

─ Information ─

テ・モアナ・ヌイ・ショーは2019年9月25日で終了しました
他のポリネシアンショーは 》こちら

記事は思い出に残しています。以下、過去記事です。

アロ~ハ!いそぽんです。

ハワイでは様々なポリネシアンショーが開催されています。それぞれに特徴があるわけですが、ワイキキでおすすめのショーを1つ紹介します。

それがシェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテルで開催される「テ・モアナ・ヌイ ~太平洋の物語~」です。

ハワイのポリネシアンショーの中では知名度は低いですが、おかげでのんびりと迫力のあるショーを楽しめました。

今回は「テ・モアナ・ヌイ ~太平洋の物語~」の体験記を紹介していきますね。

ビュッフェ&カルチャー体験編とショーのレビュー編があって、今回はビュッフェ&カルチャー体験編です。

目次

ディナー付きのスタンダードコース

「テ・モアナ・ヌイ 」には3つのコースがあります。

「テ・モアナ・ヌイ」3つのコース
デラックス
ディナー&
ショー
ビュッフェ・ディナー付き。ショーをステージの目の前で見れる。
ディナー&
ショー
(スタンダード)
デラックスと同じビュッフェ・ディナー付き
カクテル
&ショー
ドリンク付きでディナーはなし。席は後ろの方

今回いそぽん家が参加したのは、ディナー&ショー(スタンダード)

ポリネシアンショーのディナーってあまり美味しくないのが多いですが、

テ・モアナ・ヌイのビュッフェは、ホテル(プリンセス・カイウラニ)のレストラン「ピカケ・テラス」の料理。だから美味しい。

ピカケテラスのビュッフェは評判が良くて、朝食でも人気があります。

ビュッフェディナーの会場や料理

ショーの会場は2階ですが、ビュッフェディナーのレストランは1階です。

プリンセス・カイウラニの1階の奥にテ・モアナ・ヌイの受付があります。

テ・モアナ・ヌイ受付

ここで受付を済ませてから、目の前にあるビュッフェ会場へ。
カクテル&ショーは、目の前のエスカレーターで2階に行きます。

開放感が気持ちいい

\開放感が気持ちいい/

ピカケ・テラスの雰囲気

ピカケ・テラスはプールサイドにあるレストランで、壁がありません。だから明るくて開放感があります。

ピカケ・テラスの雰囲気2

プールサイドでは、午後6時から生演奏が始まります。

食事、生演奏、ポリネシアンショーといろいろ楽しめるので、テ・モアナ・ヌイはディナー付きがおすすめです。

料理

料理はビュッフェ。ビュッフェ大好き。

ピカケ・テラスのビュッフェ1

巻き寿司や豆腐のマリネ、アヒポケなど和テイストな食事もありますよ。

\みんな真剣/

ピカケ・テラスのビュッフェ2

サラダやポテトなど、みんな真剣な眼差しで取り分けていました。

ピカケ・テラスのビュッフェ3
ピカケ・テラスのビュッフェ4

スタミナがつく料理、ビタミンが豊富な料理、できれば全部食べたい。
どれも美味しいです。

\プライムリブっ/

ピカケ・テラスのビュッフェ5

目の前でシェフが切ってくれるやつ大好き。

旨味が逃げてないので美味しいですよね、こういうのって。

あと、ピカケ・テラスのビュッフェ人気メニューがこちら。

\カニ!/

ピカケ・テラスのビュッフェ6カニ

なんとカニの足も取り放題。カニ好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

いそぽん

海鮮ものが苦手だから悔しい気分

デザート

デザートはケーキ、プリン、アイスクリーム、フルーツなどがたくさん。

\スイーツだけでも満腹/

ピカケ・テラスのビュッフェデザート1

\フルーツが瑞々しい!/

ピカケ・テラスのビュッフェデザート2

ショーを見ながらの食事もいいですが、どちらにも集中できないなんてこともあります。

テ・モアナ・ヌイやポリネシアカルチャーセンターのような食事とショーは別というスタイルが個人的には好き。さらにレストランのビュッフェなら味も満足です。

ハワイアン・カルチャー体験

「テ・モアナ・ヌイ ~太平洋の物語~」が始まる前、18:30から2階でハワイアン・カルチャー体験が始まります。終了時間はショーが始まる19:30まで。

いそぽんは時間を間違えていて19:15に到着。他の人たちはすでに会場に入っていて、いそぽん夫婦だけになってしまいました。ちょっと駆け足の体験になりました。

ハワイアン・カルチャー体験は3つあります。

ハワイアン・カルチャー体験
フラワー・クラフト花でレイや腕輪を作ります。
オヘ・カパラ樹皮にスタンプを押すハワイの工芸。
ポリネシアン・タトゥーペンで顔や体にポリネシアン・タトゥーのデザインを書いてくれる

時間がなかったので、フラワー・クラフトはできませんでした。残念。

オヘ・カパラ

ハワイアン・カルチャー体験オヘカパラ看板

「カパという樹の皮にスタンプを押して作る、オヘ・カパラをいうハワイの工芸を体験できます。

ハワイアン・カルチャー体験オヘカパのテーブル

下地のデザインは予め用意されているので、塗料を自分で塗って紙に押し付けるだけ。

ハワイアン・カルチャー体験オヘカパの完成品

簡単にすぐできます。お土産にいただきました。

こういう素朴なのもたまにはいいですね。
スタンプとか子供が喜びそうです。

タタウ・パセフィカ

ハワイアン・カルチャー体験タタウ看板

タトゥー(入れ墨)という言葉の語源は、ポリネシア語の「タタウ」から来ているそう。

古代のタトゥーの技術は南太平洋で作られ、昔ながらのやり方で今も行われているのだとか。

ポリネシアンのタトゥーって独特の模様でかっこいい。

ここでは、ダンサーがペンで書いてくれます。

ハワイアン・カルチャー体験タタウ作成中

ショーが始まるまで5分を切っていましたが、とても丁寧に書いてくれました。

ハワイアン・カルチャー体験タタウを書くダンサー

やることがなくてプン!って表情をしているダンサー。
ちょっとかわいいですね。精神集中しているのかも。

でもカメラを向けると

ダンサーの笑顔

サービスショット。

実際のダンサーがカルチャー体験もしてくれていたので、親近感が湧いてきます。そして優しい。

こちらのダンサーには、いそぽんがタトゥーを書いてもらいました。

\おぉ!かっこいい!!/

ハワイアン・カルチャー体験タタウ「ホヌと剣」

ホヌ(ウミガメ)と剣。
男性向きの紋様です。

最初のうちは何を書いているか想像できなかったのに、出来上がりを見てびっくり。

1分か2分くらいでササっと書いてくれました。めちゃくちゃ器用です。

\踊って描けるダンサー/

テ・モアナ・ヌイのカルチャー体験「タトゥー」

女性にはハイビスカスの紋様。
1本1本細かく、そして影も付いています。

ペンで書いただけなので、石鹸で洗えば消えます。
ちょっと寂しい。
この日は洗わずにこのままで寝ました。

ここでカルチャー体験の時間が終了。
今からはメインのショーが始まります。

ダンサーの皆さん、
ギリギリまでお相手してくれてありがとうございました。

いそぽん

ハワイアン・カルチャー体験はカクテル・ショーでも参加できますよ

お子さんは楽しんでくれるでしょうし、大人だってたまには童心に帰る時があってもいいと思います。いそぽんは大喜びしました。

というわけで、次はショーの様子をお伝えしますね。

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

体験日:2015年10月7日

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次