セグウェイツアー 乗る

エアウィール120分ツアーの感想レビュー

エアウィールに乗ってみた!

アロ~ハ!
何をやっても人より習得が遅いいそぽんです(^^♪

ハワイでセグウェイに乗るのが大好きいそぽん家が、今回紹介するのは人気上昇中のアクティビティ「エアウィール」!

エアウィール(別称エアホイール)の基本的な操作はセグウェイと同じ。つま先に体重をかけると前に進み、かかとに体重をかけるとバックします。

いそぽん
操作というより「前に進みたい!」という直感で動くから面白い!

 

誰もが知っているセグウェイは、ハワイの人気アクティビティの1つですが、いまセグウェイ並に人気が出ているのがエアウィールなんですね。

エアウィールは本体がコンパクトになっているので、セグウェイよりも操作しやすい

例えば、道幅が狭いところを走行する時。

狭い歩道

狭い歩道

セグウェイだとドキドキしますが、エアウィールは横幅がコンパクトなのでスーッと通り抜けできます。だから市街地も走りやすい!

でも初めての方だと、ちゃんと乗れるか不安でしょうし、楽しいかどうかも想像できませんよね。
そこでこのページでは、エアウィールのオプショナルツアーに参加した様子を紹介していきます。

結論を先に言うと超おすすめです!

正しくはエアウィールは社名で、一輪車、自転車、キックボード、車椅子など数々の製品があります。

 

スポンサーリンク

エアウィールは初めてでもすぐ乗れる

公道に出る前にエアウィールの操作方法のレクチャーがありますが、操作方法は簡単で単純。初めてでもすぐに乗れます。

少し乗っていれば、上手い下手は別として感覚で動かせるようになる不思議な乗り物です。

アラモアナビーチパーク

エアウィールを乗る上で必要なのは重心(体重)移動だけ。バランス感覚が鈍くても問題ありません。

エアウィールに組み込まれたコンピューターが水平を保つように本体を制御しているので、垂直に止まっていることもできます。

エアウィールは、体の重心をどこに置いているかを感知して動きます。 体を前に傾ければ前進、後ろに傾ければバック、まっすぐにすれば止まります。左右に曲がるのは、ハンドルを持って曲がりたい方に体を傾けるだけです。

体を前に傾けると倒れてしまいそうですが、倒れないようにタイヤが回転し前に進みます。体は前傾姿勢になっていても、エアウィール自体は水平を保っているので倒れません。

いそぽん
段差には気をつけないといけないですが、危ないポイントはインストラクターが教えてくれます

エアウィールは初めてでもすぐ乗れるようになります。

 

エアウィール「オーシャンビュー&カカアコ」120分コースの体験記

いそぽん家が参加したツアーは、催行会社アロハ・セグの「オーシャンビュー&カカアコ ウォールアート散策(ローカルグルメ付き)<120分>」。
エアウィールでは最長時間となるツアーで、午前の部に申し込みました。

宿泊先のシェラトン・ワイキキまで迎えにきれくれたのは、ツアー会社の代表取締役社長高橋さん。
これがまたナイスガイな方で、この時点で「当たりツアー」だと確信しました。

いそぽん
社長の写真撮らせてもらえばよかった

 

オフィスに到着すると、エアウィールがずらりと並んでいます。

エアウィール

いそぽん家はセグウェイ経験があるので、エアウィールを最初に見た時はかなりスリムに感じました。

↓セグウェイ↓

セグウェイ

セグウェイの方がタイヤが大きくて、少しゴツいです。

アロハ・セグのオフィスに到着すると、すぐにインストラクターが紹介され、大きな荷物を預け、免責同意書にサインし、ヘルメット装着まで終わります。

この流れがとてもスムーズなので、その分エアウィールを楽しめる時間が多くなるんです。

 

インストラクターを独占!?安全性が高い

この日はいそぽん家と3人家族の2グループ5人でのツアー。

5人くらいのツアーならインストラクターは1人が普通ですが、なんといそぽん家2人に1人のインストラクターがついてくれました。独占状態です。

これはかなり珍しくて、アロハ・セグの強みでもあります。

社長曰く、「アロハ・セグは安全にかなり気を使ってます。」
だから、少人数または1グループごとにインストラクターを1人手配しているのだそうです。

いそぽん
他の人とはぐれないか不安な方にも安心!

 

担当になってくれるインストラクターは、乗り方のコーチングやコースガイドの他にカメラマンにもなってくれます。

スマホやカメラを預けておくと、エアウィールで爆走しているシーンを動画で撮影してもらえます。

いそぽん
専属カメラマン状態で動画をいっぱい撮ってくれました

 

インストラクターのカオリさん

いそぽん家のインストラクターは、終始笑顔でツアーを盛り上げてくれたカオリさん。
チャーミングな女性で褒め上手。

いそぽん
ぎこちない動きをしていても、「上手~」「バランス感覚がすごい~」って褒めてくれるからテヘッてなりました

 

エアウィール120分ツアーの流れとスポットを紹介

まずはカオリさんに見守られながら、公道に出る前に駐車場で練習。

エアウィールの練習風景

いそぽん家2人はセグウェイ経験者なので、エアウィールも最初から乗りこなせました。
だから練習はちょっとしただけでカオリさんからGO!が出てすぐ出発。

少人数でインストラクターが付いてくれるからこそ出来ることです。

3人家族の方々は初体験だったので、別のインストラクターと一緒にもう少し駐車場で練習してからのスタート。経験に合わせて判断してくれますよ。

いそぽん
3人家族の方々も10分程度の練習ですぐ乗りこなしていました
エアウィール簡単!

 

オフィスの駐車場を出て少し街を走り、アラワイ運河沿いの道「アラワイ・プロムナード」へ。

アラワイ運河をエアウィールで走行

1直線に長く伸びている道。通行人が全然いなかったので、さっそく爆走してみました(笑)

初エアウィールなら、この道で左右に曲がってみたり、少しスピードを出したり落としたりすると、エアウィールの感覚をつかむことができますよ。

 

さらに街の中を少し走り、アラモアナ・ビーチ・パークに到着。

アラモアナビーチパーク

アラモアナ・ビーチ・パークの中には、ジョギングやウォーキングができる広い遊歩道があります。

道幅が広く視界が開けているので、超気持ちいいですよ。

 

遊歩道を走り、エアウィールに慣れた頃。
ハンドルなしのセグウェイにも挑戦することができます。

ナインボットミニ

こちらはナインボット・ミニ(セグウェイ・ミニ)。ハンドルがありません。

 

ナインボット・ミニに乗るつまぽん

つまぽんは「怖い~」と言いながらも、2回乗っただけで前進はもちろん、左右の方向転換も滑らかにできるようになりました。

前進・後退はエアウィールと同じ。方向転換は脚の間にあるハンドルを操作します。

ナインボット・ミニに乗るいそぽん

いそぽんは逆に「意外と簡単」と思っていたのに、動画を見たらカクンカクンした動き。ショックで2日間寝込みました。

ナインボット・ミニは難しそうに見えますが、実は5歳から乗ることができるんです。
エアウィールやセグウェイを経験していない方が、案外早く慣れるかもしれません。

いそぽん
ナインボット・ミニに乗ると、エアウィールが驚くほど簡単になるので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

ここで一旦アラモアナ・ビーチ・パークを離れ、カカアコのウォールアート見学とランチに行きます。
海岸沿いの景色は最後のお楽しみに取っておきます。

走るコースの順番は日によって変わるかもしれません。

 

カカアコのウォールアートを20個以上見れる!

120分コースのツアーには、カカアコのウォールアート散策が含まれています。

カカアコのウォールアートは、過去に2人だけで2時間散策したことがあります。
ウォールアートは1年に1回新しく描き足したり、古いアートを別のものに描き直したりするので、前とは違うアートを見ることができました。

いそぽん
ずっと変わっていないアートもあります

 

立ち止まらずにサッと見ただけのものも合わせると、ツアーで案内してもらったウォールアートは20個ちょっと。

歩いて回ったらクタクタになるところですが、エアウィールに乗って移動するから超楽ちん。ウォールアートが多いスポットを周るので、疲れることなく短時間でたくさんのウォールアートを楽しめますよ。

カカアコのウォールアート「モンスター」

ウォオールアートで最も有名なモンスター。

 

隠れアート

上の2つのイラストを見つけるのがポイント。

左は激ギレしているアングリーパンダ。右はちょっとホラーなイラスト。ぜひ探してみてください。

 

以前と違うトトロ

トトロは以前の絵と少し変わっていました。

カカアコにはウォールアートが集中しているエリアがあるので、あと20個くらいツアーで見ることができます。カタカナが描かれた日本人アーティストの作品もありますよ。

初めてウォールアートを見る人も、前に見たことがある人も十分楽しめるはずです。

ウォールアートを見ながらエアウィールに乗っていたら、段差に乗り上げ壁に突っ込みそうになりました。 ウォールアートは止まって見るようにしましょう。

 

他のウォールアートも少し紹介。

ウォールアート
ウォールアート
日本人アーティストのウォールアート
3匹の豚
ミッキーの手
チャーリーのウォールアート
顔を隠してるけど
きっとチャー◯◯
previous arrow
next arrow
previous arrow next arrow
Slider

 

120分コースはランチ付き!カカアコの人気スポット「SALT」へGO

カカアコのSALT

ウォールアートを見たあとは、カカアコの人気スポット「SALTソルト」でランチ。午前11時前に到着しました。

SALTは40店舗以上ある複合施設で、日本人観光客も多く訪れるハワイのトレンドスポットになっています。

午前開始のツアーは、朝食にジュースド・ライフ(JUICD LIFE)という店のアサイーボウルを食べるのがもともとのスケジュールです。

午前のツアージュースド・ライフでアサイーボウル
午後のツアーハンクス(Hank's)のホットドック

ですが、どちらを選んでもいいということになりました♪
アラモアナ・ビーチ・パークをいったん離れたのは、午前11時くらいにSALTに到着するためだったのです。

いそぽん
ハンクスは午前11時から営業なので、朝早く来ても食べられません

 

どちらを食べたいか訊かれたので、「どっちも食べたい!」と即答。
おかげで、2人でアサイーボウル1つ、ホットドッグ1つをシェアすることができました。

 

ジュースド・ライフ(JUICD LIFE)のアサイーボウル

ジュースライフのアサイーボウル

こちらのアサイーボウル。実はツアー用に用意されたミニサイズです。

ハワイで食べるアサイーボウルは、とにかく量が多いアメリカンサイズ。通常だと2人でシェアしてちょうどいいくらいの量です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

juicdlifehawaii(@juicdlifehawaii)がシェアした投稿 -

もりもり。1人で食べるとお腹ポッコリです。
グラノーラが多くて、なかなかアサイーが出てきません。

でも、ツアー用のミニサイズはグラノーラ少なめ。1人で食べても飽きることなく美味しく完食することができます。

ジュースライフのアサイーボウルのアップ画像

見るだけで美味しいって分かるやつ。

 

ジュースライフのアサイー

ハワイの暑さを忘れるくらいよ~く冷えています。口の中ではふわっとシナモンの風味が広がります。

ジュースド・ライフのアサイーボウルは、フルーツが新鮮で甘みと酸味のバランスが絶妙です。
激ウマでした!!

いそぽん
アサイーボウルはフルーツの新鮮さと味で決まる!

 

それともう1つ。

ジュースド・ライフは、アリゾナで大人気のコールドプレスジュースの店なので、

ジュースドライフのコールドプレスジュース(アーモンド)

コールドプレスジュースも1本付いてきました。
ジュースド・ライフには何種類かのコールドプレスジュースがあり、画像はアーモンドが多く入ったジュースです。

コーヒー牛乳にアーモンドを入れた感じの味で、冷えている時はなかなか美味しかったです。

いそぽん
アーモンドジュースが苦手な僕でも美味しいと感じました

でも、温かくなるとアーモンドの癖が強くなるので、持ち帰るなら1度ホテルの冷蔵庫で冷やし直してからお飲みください。

 

ところで、ジュースド・ライフのツアー用ミニサイズは、カップやボトルに店のロゴがプリントされていません。

なので、フォトジェニックな写真を撮りたいなら、再度個人でも行ってみましょう。

通常品は店のロゴが入っています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

juicdlifehawaii(@juicdlifehawaii)がシェアした投稿 -

 

ハンクス・オート・ドッグ(Hank's HAUTE DOGS)

ハングス・ホットドッグの看板

ハンクス・オート・ドッグは、ロコにも愛されているホットドッグの店。

「ホットドッグの概念が変わる!」と断言する人までいるくらい熱烈なファンがいます。

ハンクス・ホットドッグ3点セット

ホットドッグ・ポテト・パイナップルジュースのコンボを用意していただきました。ホットドッグの味は「ハワイアン」。お店のおすすめTOP3に入る1品です。

いそぽん
ツアーでは味は選べなかったと思います
せっかくなのでハワイアンでOK

 

ハンクス・ホットドッグのハワイアン

マンゴーのマスタードとパイナップル風味のソーセージ。まさにハワイアン。

柔らかくて甘みのあるパンとソーセージのコンビネーションが絶妙。
美味いです。

普段あまりホットドッグを食べないので、他のとどう違うかは分かりません。美味しいホットドッグだったなぁという感想です。

それよりも。
↓これ↓

ハンクスホットドッグのポテト

脇役のポテト。胃に重くなくてめちゃうまでした。

ハンクス・オート・ドッグのシェフは、シカゴで有名なフレンチレストランのシェフだったそうです。その経験がポテトに込められているに違いありません。

いそぽん
フレンチレストランに行ったことないから知らんけど…

 

アサイーボウルもホットドッグもかなり美味しかったので、2人以上でエアウィールのツアーに参加されるなら、シェアしてみてはいかがでしょうか。

ランチが終わったら、エアウィール再開。
アラモアナ・ビーチ・パークの海沿いを走りに行きます♪

 

アラモアナ・ビーチパーク海側へ

エアウィールの街乗り

腹ごしらえを終えて、再びアラモアナ・ビーチ・パークへ。もう、エアウィールはほとんど足と同じ感覚になっています。

少しオーバーな表現ですけど、操作という感じではなくて、頭で思ったとおりに進んでいく感じ。この感覚がすごく気持ち良くて楽しいんです。

 

アラモアナ・ビーチ・パークに2回目の到着。

アラモアナ・ビーチ・パーク海側

今度は海側です。海側の遊歩道は歩行者がちらほらしているので、油断できません。

エアウィールに乗っている間はじっくり景色を見ることはできませんが、何というかいい雰囲気なんです。

視界の端の方で、海と砂浜、ヤシの木が流れていく。自分は歩いていないのに前に進んでいく・・・

表現が難しいですが、日本にいる時には体感できない”非日常”を感じることができます。

 

エアウィールと海

歩行者はいますが、それほどスピードを出していないので、ちゃんと前さえ見ていれば大丈夫。そしてとにかく気持ちいい。

いそぽん
エアウィールを足のように操れている自分が誇らしい
つまぽん
自分に酔ってるのね

 

そりゃ手だって広げちゃいますよ。

ビーチで記念写真

遠くに見えるダイヤモンドヘッドとマジックアイランドをバックに記念写真。THEハワイ。

このあとエアウィールに乗りながら、カオリさんからハワイ情報をいろいろ聞きながらオフィスに戻ります。

 

再びアラワイ運河沿いの道「アラワイ・プロムナード」。

エアウィールの帰り「アラワイ運河」

楽しかった~♪

ツアーはこれで終了です。
120分コースでもまだまだ乗りたい。

Fin

カオリさんとの2ショット

 

\参加したツアーはこちら/

エアウィールツアーのイメージ
エアウィールbyアロハ・セグ
●60分コース/90ドル
●90分コース/130ドル~
●120分コース/160ドル←これ!
※2020年1月11日時点

※ランチ付きは120分コースのみ

 

エアウィールツアーにアロハ・セグをおすすめする3つの理由

エアウィールに挑戦したみたいと思われた方に、私がおすすめするツアー会社はアロハ・セグ(Aloha Resort International, Inc.アロハ リゾート インターナショナル インク)です。

こんな方におすすめ

  • 初めてでちゃんと乗れるか不安
  • 運動神経に自信がない
  • 子どもがいる
  • 優しいインストラクターを希望
  • 写真や動画をたくさん撮ってほしい

 

理由1:少人数に1人のインストラクターがつく

他のツアーと比べた場合、アロハ・セグ最大の強みが少人数でも1人のインストラクターがつく点。初めての方や不安な方に合わせてくれるので、安心だし上達するのも早いです。

1グループの人数が多いとこんな心配をしてしまいますよね。

1グループが多いツアーの場合※イメージです。実際ははぐれないようにインストラクターが並び順を考えてくれます。

 

グループごとにインストラクターが付いてくれるとこんなに安心。

1グループが少ないツアーの場合※繁忙期は人数が増えることがあるそうです。

アロハ・セグは少人数制なので、プライベートツアー感覚で楽しめます。

逆に、いそぽん家のようにセグウェイ経験者なら、最初の練習で様子を見てすぐに出発してくれます。安全な範囲内で速度を出すことも可能です。

 

理由2:インストラクターが優しく丁寧

ハワイで20個以上のオプショナルツアーに参加してきましたが、ツアーの満足度はガイドやインストラクターで決まると言っても過言ではありません。

アロハ・セグのインストラクターはまだ2人しか知りませんが、話しやすさは抜群でした。堅くなく、緩くもないので、初対面でも話しやすい雰囲気があります。

特に初めてエアウィールに乗る時は不安でガチガチになりますが、上手くほぐしてくれるので安心できます♪
他に参加していた1組(初挑戦)も、最後は満面の笑みでお別れしました。

ベルトラで口コミを50件見たところ、このツアーで多かった感想はこのようになっていました。

  1. 写真や動画をたくさん撮ってもらえる
  2. インストラクターが丁寧・親切
  3. 初参加でも乗れるよう教えてくれる

たった50件の調査ですが、インストラクターに不満のある口コミはゼロでした。

  • 気兼ねなく話せて楽しい
  • ハワイの情報(店やスポット)を教えてくれた
  • 最初はエアウィールに乗るのが怖かったけど親切に教えてくれたから乗れるようになった

このような口コミがたくさん出ていました。

せっかくのハワイ旅行なので、楽しい時間を過ごしたいですよね。

 

理由3:いろいろしっかりしている

ハワイで日本人が運営しているオプショナルツアーは、しっかりしているところが多いです。アロハ・セグは社長もインストラクターも日本人なので、日本人の扱いはとても上手でした。

■送迎

ピックアップ時間(ホテル集合時間)の10分以上前に、すでに社長が準備万端でいそぽん家を待っていました。

ツアーって集合時間が近づくとちゃんと予約を取れているか不安になるものです。早く来てくれると不安にならなくて済むので助かります。

 

■チップのお願いが丁寧

このツアーにはチップが含まれていないので、行きの車の中でチップについての説明がありました。
「もし満足できましたら、◯ドルから◯ドル程度のチップをインストラクターに渡していただけると励みになります。無理にとは申しませんので・・・」

とても丁寧に、そして恐縮された感じで話されていました。

ベッドメイキングやレストランのチップは知っていても、オプショナルツアーのチップは知らない人が多いんです。
※ツアー代金に含まれているツアーもあります

会社としてはチップを貰わなくても困りませんが、従業員にとってのチップは生活費であり、モチベーションアップの原動力でもあります。

目安の額まで言われるのを良しとしない人もいますが、目安が分かって助かる人も多いのではないでしょうか。

いそぽん
オプショナルツアーのチップは、ツアー代金の15%を目安にするといいですよ。

 

■チップのことが社長に伝わっていた

いそぽん家はカオリさんのガイドがとても楽しかったので、目安で言われていたチップよりも多めに渡しました。
それが社長にも伝わっていて、とても感謝されました。

サービス業にとってチップは当たり前のことなので、社長がわざわざお礼を言うことではありません。

でも、社員同士のコミュニケーションがしっかりしていると感じましたし、スタッフを大事にしていることも分かりました。

だからインストラクターも丁寧で楽しい接客ができるのかもしれませんね。

 

\楽しい時間を過ごせるツアー/

エアウィールツアーのイメージ
エアウィールbyアロハ・セグ
インストラクターは全員日本語OK!
毎日催行

 

アロハ・セグの口コミを50件調査

エアウィールツアーに投稿した口コミ

興味本位でベルトラに投稿されているアロハ・セグの口コミを50件調査してみました。

アロハ・セグ「エアウィールツアー」の評価

46件

2件

1件

1件

0件

満足度は5つ星をつける方が圧倒的でした。1つずつ口コミを読んでみて、特に評価されていた内容を多い順に並べると、

  1. 写真や動画をたくさん撮ってくれるのでいい記念になる
  2. インストラクターが丁寧で親切
    ※少人数制の評価も含む
  3. 初めてでも乗れて楽しかった
  4. またアロハ・セグのツアーに参加したい
  5. インストラクターと気兼ねなく話せたのが良かった

すべて、少ない人数にインストラクターを配置しているからだと思います。

  • 自分たちだけの写真や動画をたくさん撮ってくれる
  • 経験値に合わせて丁寧に教えてくれる
  • 客に合わせた会話ができる

専属インストラクター状態だからこそのサービスだと思います。

また、注意点が書かれている口コミもありました。

  • 疲れた
  • 暑かった
  • 日焼けした
  • ツアー代を安くしてほしい

初めてで緊張していると、肩と足に力が入ってしまうので疲れます。いそぽん家も初セグウェイの時は疲れました。

それでも、60分はあっという間に終わってしまい物足りない感じがしたので、90分以上のコースがおすすめ。

100%疲れますが、90分コースならエアウィールの楽しさも十分に感じることができるはずです。

いそぽん
特に緊張しやすく力が入りやすいなら、お試し60分コースもありです

 

アロハ・セグのエアウィールツアー概要

今回いそぽん家が参加した120分コースは、海が見えるコースを走り、カカアコの有名なウォールアートも見れて、グルメまで付いているフルコース。

オーシャンビューとウォールアートがセットになっているのは120分コースだけなのです。

いそぽん
カカアコのSALTで過ごすのは30~40分程度なので、グルメはオマケのような感じ

 

なので、大まかに分けると

  • オーシャンビュー&ウォールアート
  • オーシャンビュー
  • ウォールアート

この3つのどれを見たいかで参加するコースが決まります。

ツアールート時間メモ
オーシャンビュー
&ウォールアート
120分両方見たい方に
ウォールアート90分ウォールアート
街乗り
ウォールアート90分社長Yoshiさんが
案内。街乗り
ビーチコース90分海が見えるコース
広い道を走れる
ビーチコース
GoProつき
90分海が見えるコース
広い道を走れる
ビーチコース
サンセット
90分海と夕陽を見られる
広い道を走れる
ビーチコース60分海が見えるコース
広い道を走れる

エアウィールで走ることをメインにするなら、アラモアナ・ビーチパークやマジックアイランドを走るビーチコースがおすすめ。道が広めなので爽快な気分を味わえます。

ウォールアートを見たいけど見に行く時間がない、インスタ映えスポットを教えてほしい方にはウォールアートがおすすめです。

1度乗るとハマってしまう人が多いエアウィール。
思いっきり楽しんできてくださいね!

\3名以上で10%OFF/

エアウィールツアーのイメージ
エアウィールbyアロハ・セグ
3名以上で10%OFFは2020年3月31日受付まで!

 

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

関連コンテンツ

-セグウェイツアー, 乗る
-,

Copyright© いそぽんハワイ | ハワイ旅行が200%楽しくなるツアー体験記 , 2020 All Rights Reserved.