アロハデータの評判・口コミを調査 | いそぽん家愛用のハワイWiFi

アロハデータの口コミ

アロ~ハ!いそぽんです。
今回は、いそぽん家が何度もお世話になっているアロハデータの口コミ調査のまとめです。

正直なところ、どこの海外用レンタルWiFiを使っても、日本と同じようにサクサク快適というわけにはいきません。店の検索やザ・バスのアプリくらいならサクッと見れますが、動画やビデオ電話、重い画像のアップロードを繰り返すと途端に遅くなります。

そんな中でもアロハデータは、「料金が安い」「それなりに快適」「操作が簡単」で、バランスが取れています。通信速度もグローバルWiFiに並ぶほどで、コストパフォーマンスが優秀です。

でも、あくまでいそぽん個人の感想なので、他の人の口コミも調べました。ハワイのWiFi選びで迷っているなら参考にどうぞ!

アロハデータイメージ

株式会社インバウンドプラットフォーム
アロハデータ(ALOHA DATA)

ALOHA DATA公式サイト

目次

アロハデータ本音の口コミ

アロハデータ本音の口コミ

アロハデータの口コミは満足している内容が多くてブログ的に面白くありませんでした。ひとまず悪い口コミもからご紹介します。

アロハデータの悪い口コミ

悪い口コミ1
山間部に行くと繋がりにくいです。
あと、通信量が少ないプランにすると動画までは見ることができません。
使用用途に合わせてどの機種を借りるか決めるといいですね。

悪い口コミ2
帰国日翌日までの消印がつくようにポストに投函すれば延滞料はかかりません。
が、翌日ポストに投函するのが遅くなり追加料金が必要になってしまいました・・・(涙)
郵便物の回収時間に間に合うように投函しないといけないのがネックです。

悪い口コミ3
24時間サポートじゃないから何かあった時に不安。営業時間も短い。

悪い口コミ4
通信速度が制限に掛かっているかと感じるくらい遅く感じました。バッテリーのもちは十分で1日使えました。

アロハデータはハワイに強いWiFiなので、建物の地下や街から離れた山間部以外ならまず繋がります。通信量は少ないプランでも700MBからに代わり、他社の500MBプランよりレンタル料金が安いです。

通信速度は、ハワイ用で人気が高いグローバルWiFiでさえ不満は出ます。日本での快適さと比べると、どれをレンタルしてもカクカクした感じは出てしまうので多少の我慢は必要です。アロハデータは高速通信が可能なルーターを貸し出しているので、アロハデータでも遅く感じるなら、グローバルWiFi以外のWiFiはもっと遅く感じると思います。

アロハデータの良い口コミ

良い口コミ1
ハワイ出発の直前に急いで予約しました、他のレンタル会社だと予約できなかったのに、アロハデータは在庫の準備が多いようでレンタルすることができました。
実際に使ってみると設定は簡単でしたし、ハワイ(オアフ島)で何の支障もなくスムーズに繋がりました。結果的にアロハデータの方が費用も安く済むし、ここにして良かったです。同時接続もできるので家族で1台でも十分使えます。
次回のハワイはあれこれ迷わずアロハデータにしようと決めています。

良い口コミ2
日本でスマホを使うのと遜色ないくらいストレスなく使えました。
レンタカーでの移動中も途切れず、スマホのナビが使えるのでカーナビがなくても大丈夫でした。(カーナビは車上荒らし対策で、毎回車を降りる時に持っていかないといけないのでその手間も省けます。)カーチャージャーが追加料金なしでついてきたのも嬉しいですね。この価格でやっていけるのかな?と心配になりました(笑)

良い口コミ3
アロハデータさんはリピーター割があるのがいいですね。ハワイリピーターにはとても嬉しい特典です。もともとの価格が他社より安いですし、そのうえリピーター割や早割もあるので、お得だと思います。
よほどの山奥にでも行かない限りどこでも繋がるし、スピードも問題ありません。既に覚えていないくらい使い続けています。

良い口コミ4
オアフ島、ハワイ島で繋がることは体験済みでしたが、今回はマウイ島。う~ん、ちょっと心配・・・と思いながら持って行きました。
マウイ島では主要な観光地しか行っていませんが、問題なく繋がりました。車での移動中も大丈夫でしたし、ますますアロハデータのファンになりました。

良い口コミ5
アロハデータはバッテリーの持ち時間まで分かるのですごく助かります。他のだと届くまで分からないので、最初から予備バッテリーもレンタルしなければいけませんが、アロハデータだとバッテリーが必要かどうかが最初から分かります。BIGやベーシックならあった方がいいですし、スーパーアロハなら不要です。(使い方にもよりますが)
アロハデータは安定感があって、サクサク動いて快適です。WiFiにストレスを感じたくない人におすすめです。

良い口コミ6
ポケトークが一緒にレンタルできるのが良かったです。
というのは、私たち夫婦と両親とでハワイ旅行をしたのですが、向こうでは行きたい場所が違うので別行動。両親は初ハワイでカタコトの英語もできません。ポケトークをレンタルしたおかげで心にゆとりができたそうで、南国ハワイを楽しむことができたと言っていました。

アロハデータは、イモトのWiFiのようにテレビCMや空港で天吊り広告をしていないため知名度はいまひとつです。その分費用は安く抑えられます。

通信速度は場所や何に使うかでも違いますが、旅行中に使う程度(店の検索やブログの閲覧、SNSなど)なら不自由は感じません。ただ、スマホで撮った高画質な画像をそのままSNSにアップロードしたり、クラウドサーバーに保存しようとすると急激にモタモタしだすのでご注意下さい。

アロハデータの詳細を見る

アロハデータの料金

費用の見積もりは、アロハデータの公式サイト を見れば簡単にシミュレーションできます。

アロハデータ料金シュミレーション

①~⑦を入力するだけ。瞬時に合計金額が分かります。

スーパーアロハベーシックビッグ
費用/日
(通常時)
744円
(930円)
624円
(780円)
552円
(690円)
通信量/日無制限700MB700MB
連続通信
時間
13時間13時間8時間
通信速度4GLTE
最大450Mbps
4GLTE
最大100Mbps
4GLTE
最大100Mbps
重さ179g165g141g
サイズ71mm×114mm70mm×110mm65mm×105mm
同時接続
可能台数
10台10台10台
通信可能
範囲
約45m約45m約45m

料金は20%OFFキャンペーン時です
最新モデルの導入が早いため、連続通信時間、重さ、サイズが変わる場合があります
10台まで同時接続できますが、速度が遅くなるため2台までの使用がおすすめです

アロハデータはデータ容量無制限でも1000円未満。他のWiFiだと1000MBを超えると1日の料金も1,000円を超えるので、かなりお得。ネットをよく使う人には嬉しいですよね。

無制限プラン以外も700MBの大容量で料金は割安。ネットを使う予定がなくても、「いざという時に使えるようにしておきたい」「旅行代金を節約したい」という人にも対応しています。

アロハデータのカバーエリア

アロハデータがカバーしているエリアがこちら。

アロハデータのカバーエリア

アロハデータは、選んだプランによって貸し出す機械が違っていて、それぞれで使用する通信会社が異なります。スーパーアロハデータはAT&Tという通信会社、ベーシックはVerizon(ベライゾン)、ビッグはT-Mobileです。

どれもハワイの観光地はカバーしているので深く考えなくていいと思いますが、ハワイ島はベーシックが繋がりやすいようです。オアフ島はどのプランでも問題ありません。(スーパーアロハが1番高速)

繋がりやすさスーパーアロハベーシックビッグ
オアフ島
マウイ島
ハワイ島
カウアイ島
アロハデータ公式サイトより転記

他社のレンタルWiFiも結局は現地の通信会社の電波を使うので、繋がるかどうかは大差ありません。繋がったかどうかの口コミは参考程度でいいのかもしれませんね。

ちなみに、差が出るのは「通信速度」「データ容量」「連続通信時間」「料金」です。このバランスが取れているのがアロハデータだと思っています。

オプション

どの機種をレンタルするか決まったら次はオプションを決めます。いそぽん家は、万が一に備えて安心補償は入っておく派です。

1日の費用(非課税)

安心補償プレミアム500円
ゴールド300円
ベーシック200円
予備バッテリー100円
ポケトーク
(翻訳機)
580円
680円
780円
USBカーチャージャー無料
アロハデータはオプション料金も非課税

安心補償はレンタル機器の破損や紛失、盗難などのトラブルの際に、弁償する金額を減らすもので、加入は任意です。
※USBカーチャージャーとポケトークは除外

レンタカーを使う人に嬉しいのがUSBカーチャージャーの無料レンタル。スマホをナビ代わりで使っても、カーチャージャーがあれば帰りのドライブ中の充電切れを防げます。カーチャージャーは無料で借りられますが、申し込みは必要なのでお忘れなく。

受け取りと返却

アロハデータは基本的に日本出発の2日前に届きます。自宅はもちろん、会社など受け取りに都合のいいところを指定することも可能です。宅配料は無料で、私がレンタルした時はクロネコ便で届きました。

アロハデータがクロネコ便で届く

レンタルWiFiの宅配は前日着が一般的ですが、アロハデータは料金は変わらず2日前に届きます。操作は難しくないので前日着でも問題ないですが、余裕をもって中身と操作方法を確認できるので気分的に楽です。

成田、羽田、セントレア、関西国際空港なら、空港で受け取ることもできます。営業時間を事前にチェックしておきましょう。特にセントレアは空港内の郵便局になり、営業時間が短く平日のみなので注意が必要です。

返却は付属の封筒に入れてポストに投函するだけ。

アロハデータ返却用封筒

ゆうパックの封筒は受け取り時に同梱されているので捨てないようにしましょう。返信にかかる郵送料も無料です。

注意点は帰国日翌日までの消印がつくようにすること。返送用の封筒は大してかさばらないので、ハワイの荷物と一緒に持って行き、帰着空港でポストに投函するのが楽です。

アロハデータの口コミまとめ

途中から口コミではなくレビューみたいになりましたが、アロハデータが他のレンタルWiFiに劣る点はサポートくらいだと思います。それと支払い方法がクレジット決済しかないのもデメリットかもしれません。その分の料金が安いと割り切って使えば、コスパは高いですよ。

アロハデータイメージ

株式会社インバウンドプラットフォーム
アロハデータ(ALOHA DATA)

ALOHA DATA公式サイト

マハロ♪

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
TOP
目次
閉じる