レンタルWiFiを比較

ハワイ旅行でアロハデータをレンタルした感想。現地デスクにも行きました

スマホ

アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

いそぽん家のハワイ用レンタルWiFiは、いつもアロハデータを使っています。

そんなこともあって、今回はアロハデータを使った感想やワイキキにある現地デスクに行ってきた記事にしました。

いそぽん
感想の他にも、アロハデータのおすすめプラン、受取りと返却の方法、レンタル方法やありがちな疑問など、知っていることを全部紹介していきますね。

ハワイ用のレンタルWiFiはどこにしようか迷っているなら、ちょっと参考になると思いますよ。

 

スポンサーリンク

いつもアロハデータにしている理由

なぜアロハデータばかり使っているのかというと、

  • 使い慣れている
  • レンタル料金が安い
  • ネットに普通に繋がる
  • リピーター割引が使える

こんな理由です。

ネットに繋がるのは当然のことで、さらにレンタル料金が安いです。

いそぽん
正直なところ、海外用のレンタルWifiで有名な会社なら、繋がりやすさってそんなに変わらないと思います。

日本からハワイに行く人数は1か月平均で10万人以上もいて、海外WiFiを扱う企業にとって重要なエリアの1つです。
そんなエリアに行く人に、評判を落とすような古い機器を貸し出したりしないと思うんですよね。

もし繋がらなかったとしたら、それは通信会社の問題なんじゃないかと思っています。

 

他のハワイ用レンタルWiFiと価格比較

各社の公式ページで料金比較した時の結果です。
※2019年5月31日時点

会社別WiFiのレンタル料金表

いつもこんな感じになるので、最近はもう料金比較すらせず、アロハデータ一択になっています(笑)

 

アロハデータ公式サイト

無制限プランですら1日1000円以下♪

 

オアフ島で使った感想・体感

アロハデータを使うようになってからは、オアフ島にしか行っていないので他の島の感想は書けませんが、オアフ島で使うなら問題なく普通に使えました。

ハワイ島のカバーエリアはこんな感じです。

通信会社Verizon

アロハデータのカバーエリア

 

通信会社T-Mobile

T-Mobileのエリア

画像:https://www.t-mobile.com/coverage/coverage-map

アロハデータは、VerizonとT-Mobileという通信会社を使っているそうです。

Verizonの方がカバーエリアが広そうだからこちらを使いたい人もいると思います。

これについては、おすすめプランのところで補足しますね。

 

アロハデータの感想

6泊8日の滞在中、ネットに繋がらず困ったことはありませんでした。

日本と比較するとやっぱりもたつく感じはありましたが、それは他の会社のレンタルWiFiを使っても同じ。

もっと不便さがあるかなと思っていましたが、想像以上に通信速度が速く、サクサク繋がったので大満足です。

いそぽん
店舗情報を調べたり、地図を見たりするのにストレスを感じなかったですよ

ただ、調子に乗って一気に大量の画像をネットにアップした時は遅くなりました。
極端なことをすると、通信速度も極端に遅くなるようです。

スマホゲームのパズドラはいつも通りできました。

 

アロハデータの現地デスク(ワイキキ)に行ってみた

アロハデータを扱う(株)グローバルモバイルは、オアフ島のワイキキに現地デスクがあるのはご存知でしょうか。

万が一、故障で使えないとか、操作方法が分からない時に、現地で質問できる安心感があるんです。

場所は、TギャラリアbyDFSの6階。
1階のエレベーターホールから6階に上がると、現地デスクがあります。

アロハデータのワイキキオフィス

この日は、気さくな日本人男性が対応してくれました。

とりあえず1つ質問。

いそぽん
AT&TとT-mobileに切り替わる度にソフトバンクからメールが届いて気になるんですが
男性スタッフ
通話しないなら機内モードにすればいいですよ

「通話をする場合は・・・・」って説明もしてくれたのですが忘れました(笑)

こんな感じで、ちょっとでも分からないことがあれば、実物を見せながら質問できるのは助かりますね。

 

現地デスクでレンタルもできる

実は現地デスクでもアロハデータをレンタルできます。

現地でも借りられますが、日本で借りるよりデメリットが多いので、なるべく日本で予約しておいた方がいいですよ。

 日本現地
機種3タイプから選べる選べない
アロハデータBIG相当
料金1日690円~1日9ドル+税
安心補償
(任意加入)
1日200円1日3.5ドル
返却時間郵便ポスト投函
帰国日翌日の消印

9:00-18:00までに
デスクに返却

在庫直前でなければ大丈夫不明
いそぽん
現地で借りるのが向いているのは、
  • 滞在中の一部の日程だけで使いたい
  • グループで1台借りたけど、やっぱり1人1台で使いたい
  • フリーWiFiスポットだけでは限界を感じた

こんな人かな。

 

アロハデータの予約から返却までの流れ

アロハデータの予約方法はとても簡単です。

予約から受取り、返却までの流れを簡単に紹介します。

 

アロハデータを予約する

アロハデータは、受取りや返却の手数料が無料、さらにオプションに税金がかかりません。

公式ページ内にチェックコーナーがあるので、ここで見積もりを確認します。

アロハデータ見積もり方法

出発日と帰国日以外は、選択するだけ。すぐに合計金額を確認できます。

いそぽん
プランについては後で解説します。

見積もりを見て、どのプランにするか決めたら、次に支払い方法を選ぶと申し込みの画面に変わります。

支払方法選択の画面

支払方法は、クレジットカード、楽天アカウント、アマゾンアカウントが選べますよ。

デビットカード・プリぺードカードは使えません。

見積もりで入力したデータは予約画面に反映されないので、再度、日付やプランを入力しなければいけません。
これはアロハデータの残念なところです。

>>アロハデータ公式ページで見積もりする

 

楽天アカウントで決済できる

楽天アカウントでレンタル料金の支払いをすれば、楽天ポイントが貰えます。

地味にお得なので、楽天ポイントを貯めているならぜひ活用しましょう!

楽天決済画面

いそぽんは楽天のクレジットカードも作ってあるので、支払いを楽天カードにしてさらにポイントをゲット。

加えて、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にしているので、少額ですがそれでも楽天ポイントを貰っています。

もちろん、貯まっている楽天ポイントを使ってレンタル代を支払うこともできます。
現金を使わずに済みますね。

楽天以外にもアマゾンアカウントで支払いできます。

 

楽天カードを持っていると、ワイキキのTギャラリアbyDFSにある楽天ラウンジが使えます。

便利なのでハワイ旅行前に1枚作っておくといいですよ。

 

アロハデータが2日前に届く

アロハデータは一部空港の「QLライナー」「JALエービーシー」「郵便局」などで受け取りできますが、一部空港だけなので、郵送で受け取るのが基本です。

指定した場所に郵送してくれるので、自宅はもちろん、勤務先を指定することもできますよ。

いそぽんはいつも自宅に郵送してもらっていて、出発日の2日前に届きます。

例えば4月10日出発なら、届くのは4月8日。
もちろん、レンタル費用は出発日(この場合だと4月10日)からなので、追加のレンタル費用は発生しません。

いそぽん
届いてから出発日まで時間があるので、その間に説明書をゆっくり読むことができます。

 

送られてくるもの

クロネコヤマトで届く

アロハデータはクロネコヤマトの宅急便で届きました。

 

アロハデータのセット

アロハデータ以外に、マニュアル、返却用封筒、クーポン誌、宅配お土産のパンフレットが入っています。

 

アロハデータのマニュアル

説明書はA4用紙3枚です。

スマホだけじゃなく、タブレットやパソコンの設定方法、Q&Aなども載っているので、読むのは実質1枚分くらいです。

設定も難しくなく、もし不明な点があれば電話で質問できます。

 

アロハデータ一式

ポーチの中に、WiFi本体と充電用のアダプターが入っています。

今回レンタルしたのは、通信量無制限のスーパーアロハデータ。
バッテリーが17時間くらいもつので、予備バッテリーはいりませんでした。

 

出発前にやったのはパスワードの設定だけ

アロハデータは日本では使えないので、特に国内でしておくことはありません。

やったことと言えば、iPhone本体でパスワードを設定しておいた程度。
パスワードはアロハデータ本体の裏にシールで貼ってあります。

これだけでハワイに着いたらすぐに使えます。

WiFiルーターの操作は特別することはなく、ハワイに着いたら電源を入れるだけです。

高額な通信量が発生しないように、スマホで設定しておかなければいけないことはありますが、それも説明書に書いてあるので簡単です。

いそぽん
説明書は薄くて邪魔にならないので、手荷物に入れておけばいいですし、それが嫌ならスマホで撮影しておくといいですよ。

 

返却は郵便ポストに投函

返却は、帰国後に返却用の封筒にアロハデータセットを入れて、ポストに投函するだけです。

返却用封筒

アロハデータセットとオプションで借りたもの等をポーチに入れて、返却用封筒に入れます。
封筒には自分の名前を書くだけ。

マニュアルやクーポンなどの雑誌は入れなくてもいいです。

 

ポストに返却しているところ

帰国日翌日までの消印が付くようにポストに投函するか、郵便局の窓口に持って行きます。

ポストに投函した日ではなく、消印なので集配時間に注意しましょう。

いそぽん
返却用の封筒は薄くて折り曲げられるので、旅行の荷物に入れておいて、帰国後に空港のポストに投函するか、帰宅前にポストに投函すると楽です。

 

アロハデータのおすすめプラン

アロハデータには3つのプランがあるので、それぞれどんなタイプの人に向いているか紹介します。

3つのプラン

1.アロハデータBIG
2.アロハデータbasic
3.スーパーアロハデータ

くわしくは『【アロハデータ】7つのポイント!ハワイ専用レンタルWiFiを比較』の記事で紹介しているので、ここではポイントだけ押さえておきます。

 

アロハデータBIG

ホヌぽん
レンタル費用を抑えたい人に!
  • 1日690円
  • 通信容量:1日700MB
  • 連続通信時間:8時間

1日700MBの大容量。
ネット検索でスマホを使う程度で、動画や画像のアップロードをほとんどしないならこれで十分です。

連続通信時間(バッテリー)が8時間なので、予備のバッテリーがあった方が安心できるかも。

いそぽん
ネットを使わない時にWiFiの電源を切っておけば、バッテリーはもっと持続しますよ。

 

アロハデータbasic

ホヌぽん
バランスタイプがいい人に!
  • 1日780円
  • 通信容量:1日700MB
  • 連続通信時間:13時間

通信容量はBIGと同じですが、バッテリーが長持ちします。

WiFIの電源を入れっぱなしにしなければ1日もつので、予備のバッテリーがなくても大丈夫です。

いそぽん
通信会社がVerizonで、他の2プランよりさらにカバー率が高い。バランスがとれたプランです。

 

スーパーアロハデータ

ホヌぽん
スマホでいろいろやっちゃう方に!
  • 1日930円
  • 通信容量:無制限
  • 連続通信時間:17時間

スマホが手放せない、動画を見たりゲームもしたい、という方におすすめなのが通信容量無制限のスーパーアロハデータ。

バッテリーが長持ちするので予備バッテリーの心配がいりません。

プランのことで悩みたくないという人におすすめです。

データ通信量は無制限ですが、いそぽんのように一気に重い画像を大量にアップロードしようとすると、かなりもたつきます。

無茶苦茶な使い方をすると規制が入ることもあるそうなのでご注意を。

いそぽん
どのプランにしても、寝る前に充電を忘れると次の日はバッテリーが切れます。心配な方はオプションでバッテリーを借りておいてもいいかも。※1回だけ充電し忘れた経験あり

 

通信量500MBの目安

アロハデータ公式ページに500MBの目安が載っていたので、引用しておきます。

スマホの500MBの目安

パソコンの500MBの目安

 

>>アロハデータ公式ページはこちら  

キャンペーンとリピーター割引

海外向けレンタルWiFiは、キャンペーンで値引きをしているのをよく見かけますが、アロハデータはキャンペーンをしているのを見たことがありません。

通常の料金がもともと安いので、他のキャンペーンと比べても安いです。

『ハワイ用のレンタルWiFiランキング』の記事を作っている時に感じたのですが、もともと高い料金にしておいて、キャンペーンで安さを打ち出しているところが多いんですよね。

企業の戦略なので悪いとは思いませんが、キャンペーンを知らない人との間に不公平が出ますよね。1日で何百円も違うんですから。

アロハデータはいつ見ても設定価格が安いので、不公平が出ないところも気に入っています。

キャンペーンではないですが、2度目以降の利用ならリピーター割引を申請すれば10%OFFになります。

初めてだからリピーター割引なんて関係ないと思いますよね。

でも、ハワイに行く日本人観光客の7割くらいはリピーターなんです。
だからあなたもきっとリピーターになると思いますよ。ハワイ楽しいので(笑)

もちろん、いそぽんもリピーター割引を使っています。

 

オプションやその他の費用

レンタル料金以外の費用も少し解説しておきますね。

安心補償は入るべき?

万が一、紛失したり壊してしまった時に助かるのが安心補償です。

【補償に入っている時と入っていない時の違い】

 未加入安心補償加入
本体の紛失・破損40,000円0円
予備バッテリーの紛失・破損3,000円0円
アダプター・USBコードの紛失・破損1,000円0円

1日200円の費用で弁償しなくて済みます。

ハワイ旅行中はどうしても浮かれてしまうので、安心補償は入っておいた方がいいと思います。
いそぽんも毎回加入していますよ。

USBカーチャージャーとポケトークには適用されません。

 

キャンセルや変更の手数料

  • キャンセル手数料は出発日の3日前から1台につき1,620円
  • 出発日以降の場合は、キャンセル手数料+連絡した日までの分のレンタル料金
  • 配送先・受取り方法の変更、レンタル期間の変更は出発日の3日前から手数料1,080円
いそぽん
配送先や受取り方法の変更は、エリアによって間に合わなくなることがあるので、早めに連絡するようにしましょう。

 

延滞料の発生

アロハデータの返却は、ポストに投函するか郵便局の窓口で手続きをします。

予約する際に記入した帰国日の翌日までの消印になるようにしないと延滞料が発生します。

帰国日を4月10日した場合、4月10日か11日の消印がつけばOK。12日の消印から日数分のレンタル費用がかかります。

 

通信容量オーバーによる追加のレンタル費用

1日700MBのプランでレンタルし、700MBを超えてしまったとしても追加のレンタル費用は発生しません。

定額制なので安心して利用できます。

 

オプション費用

WiFiルーター以外のオプション費用

  • 安心補償/1日200円
  • USBカーチャージャー/無料
  • 予備バッテリー/1日100円
  • ポケトークW(翻訳機)/1日580円

アロハデータのオプションはそもそも安くて、しかも税金をとらないというめずらしいパターンです。

いそぽん
レンタカーを使う予定なら、無料のカーチャージャーを借りておきましょう!

 

まとめ:アロハデータの感想

アロハデータに落ち着くまでは、各社のホームページを毎回読んだり、料金やサービス内容を比較したりととんでもなく面倒でした。

最初は不安でしたが、ひとまずアロハデータを使ってみたら、ハワイで何の問題もなくネットを利用することができました。

なので、最近は他社の比較はせず、アロハデータを予約しています。

  • 使い慣れている
  • レンタル料金が安い
  • ネットに普通に繋がる
  • リピーター割引が使える

あえて他のWiFiの実験をする必要もないですし。

 

アロハデータの本体はそれほど大きくなく重さも気になりません。

1台あれば2人で使えるので、海外パケ放題と比べてもかなり節約できます。

ホヌぽん
スーパーアロハデータはWiFi1台で10人分繋げられるそう。でも快適に使うなら1台で2人、多くても3人までがおすすめだよ!

 

アロハデータは無料で自宅に届けてくれるし、返却は帰国日の翌日にポストに投函するだけなので楽。

あと何かトラブルがあっても現地デスクで対応できるのは心強いです。

いそぽんは1日に使えるデータ容量、料金(補償料や予備バッテリー込み)、連続通信時間、返却の仕方でアロハデータに決めましたが、現地デスクがあるというメリットだけで決めてもいいかもしれませんね。

いそぽん
他の会社の口コミで、ルーター本体に問題があったにも関わらず対応してくれなかった(できなかった)というコメントを見たことがあるので、現地デスクの安心感と存在感は大きいです。

 

↓アロハデータの公式ページ↓

アロハデータ公式サイト

 

ハワイを思う存分楽しんできてください!
マハロ♪

 

関連コンテンツ

-レンタルWiFiを比較
-,

Copyright© いそぽんハワイ | ハワイ旅行が200%楽しくなるツアー体験記 , 2019 All Rights Reserved.