ハワイ旅行でアロハデータをレンタルした感想。現地デスクにも行きました

スマホ

アロ~ハ!
アロハデータのリピーターいそぽんです。

ハワイ旅行用のレンタルWiFiで愛用しているアロハデータ。通信容量・料金・使いやすさのバランスに優れています。以前のように他社との比較をすることもなくなりました。

今回は、アロハデータの感想現地デスク(ワイキキ)の体験記です。ハワイ用のレンタルWiFiをどこにしようか迷っているなら、参考にしてみてくださいね。

\こんな情報も書いてます/

  • アロハデータのおすすめプラン
  • 受取りと返却の方法
  • 予約から返却までの流れ
  • ありがちな疑問

株式会社インバウンドプラットフォーム

アロハデータ(ALOHA DATA)

\20%OFFキャンペーン中!/

目次

アロハデータを選んでいる理由と料金比較

ハワイ用レンタルWiFiは、イモトのWiFiやグローバルWiFiの方が知名度が高くてユーザーも多いと思います。それでもアロハデータをリピートしている理由は、

リピートしている理由
  • 不便を感じない
  • レンタル料金が他より安い
  • 料金体系やキャンペーンがシンプル
  • 安定してネットに繋がる
  • 困った時にワイキキデスクがある
  • リピーター割引が使える
    ※キャンペーン中は適用外

ネットに繋がるのは大前提。アロハデータ最大の魅力はレンタル料金が安いところです。

アロハデータと有名なハワイ用レンタルWiFiの料金を比較

アロハデータと主要企業のレンタルWiFi各社の料金を比較しました。公式ページで調べた1日あたりの費用です。
※2022年8月4日時点

アロハデータ グローバルWiFiイモトのWiFiWi-Ho!
無制限744円2,170円2,380円1,850円
1GB1,470円1,880円1,250円
700MB624円
600MB1,270円
500MB1,580円1,050円
300MB970円750円
補償加入
/日
200円~220円~220円~330円~
手数料無料0円550円550円
リンク公式 公式公式公式
「-」は該当のプランなし
アロハデータ…20%OFFキャンペーン中の料金
グローバルWiFi…早割料金。キャンペーン中は手数料0円

例えば無制限プランを他社と比較すると、1日分で1,000円以上、5日分だと5,000円以上の差に。気の利いた店でランチを2回食べられる額です。

ハワイ旅行はお土産代、飲食代、ショッピングなど、何かとお金がかかります。特にワイキキは物価が高い。だからレンタルWiFiは質を落とさず料金は安く抑えたいんです。

アロハデータはテレビCMなどに費用を使っていない分、レンタル料金は安め。だから愛用しています。

アロハデータの残念なところ
支払方法はクレジットカード決済だけ。デビットカード、プリベイト式カードは利用できません。

オプションの種類と料金

1日あたりの料金
USBカーチャージャー無料
予備バッテリー(約5時間分)100円
ポケトークS(新型)
通訳+カメラ通訳機能
680円
ポケトークW
通訳機能のみ
580円

レンタカーを使うなら、無料のカーチャージャーをぜひ。

\無制限プランでも1日1,000円以下!/

アロハデータ公式サイト

アロハデータを使った感想

アロハデータを使うようになってからは、オアフ島にしか行っていないので他島の感想は書けませんが、オアフ島なら問題なく快適に使えます。

アロハデータが使っているハワイの通信会社は、AT&T、Verizon、T-Mobile(レンタル機種で異なる)です。

どれもオアフ島以外も幅広くカバーしていて、一般的に観光で訪れるエリアなら問題ありません。ハワイ島も秘境にでも行かない限り快適に繋がります。

Verizonのカバーエリア
(アロハデータbasic)

アロハデータのカバーエリア
アロハデータの感想
無制限プランのスーパーアロハデータ

今までのところ、アロハデータでネットに繋がらず困ったことはありません。

ただ、日本と同じスピード感で検索や写真の投稿はできません。多少もたつきます。これはアメリカの通信会社の問題なので、他のレンタルWiFiを使っても同じです。

スマホで撮影した高画質の画像をそのまま送信すると超スローになります。1枚で1MB~5MBの画像を一気にオンラインストレージサービスに送信してみたら、かなり遅くなりました。これもレンタルWiFiの宿命です。

重い画像ファイルの送信は、通信会社側で制限されてしまうので、大量の画像送信はホテルのWiFiを使っていました。ホテルWiFiはホテルによって快適性が違いますが、シェラトン・ワイキキはかなり速かったです。

いそぽん

外出先ではレンタルWiFi、ホテルではホテルのWiFiを使ってましたよ

「レンタルWiFiはもたつく」と思っておけば、実際にハワイで調べものをした時に「思ってたよりサクサク検索できる」って感じられますよ。

アロハデータの現地デスク(ワイキキ)に行ってみた

現地デスクの場所は、ギャラリアタワー(TギャラリアbyDFSのあるビル)の6階。
1階のエレベーターホールから6階に上がるとデスクがあります。

アロハデータワイキキデスクの行き方

\アロハデータ現地デスク/

アロハデータのワイキキオフィス
アロハデータ ワイキキ現地デスク
住所ワイキキギャラリアタワー
6階601号室
TEL(808)951-5131
営業時間9:00~18:00(年中無休)
新型コロナウィルスの状況次第で営業時間が変更になる場合があります

ハワイのオプショナルツアーデスク「アウレア・ハワイ」でアロハデータの相談ができます。アロハデータの利用者なら、ハワイに関するどんな相談もOKです。

特に困ったことも疑問もなかったので、次の人が来るまで雑談をして帰りました。

こんな気楽なデスクを利用できるのも、アロハデータをレンタルするメリットの1つです。

現地デスクでもレンタルできる

現地デスクでもアロハデータをレンタルできます。日本で予約して現地で借りるパターンもOK。

ただ、日本で借りるよりメリットが少なく、在庫切れの場合もあります。日本から持っていく方がベターです。

日本でレンタルワイキキデスク
機種3タイプから選べる1タイプのみ
アロハデータBIG相当
料金1日624円~1日10ドル+州税
(州税 4.712%)
安心補償
(任意加入)
1日200円~1日3.5ドル
返却時間郵便ポスト投函
帰国日翌日までの消印
9:00-18:00までに
デスクに返却
在庫ほぼ大丈夫不明

現地デスクでは機種を選べないうえに、日本円で1日1,000円以上。日本のキャンペーンは適用されず、日本でスーパーアロハデータ(最上位モデル)を借りるよりも高い。円安だとかなりの差額になります。

また、デスクに行くまでネットが使えないのもデメリットです。

アロハデータの予約から返却までの流れ

WEBサイトで予約する

申込受付は16:00まで。それ以降は翌日の申込み扱い
送付先は自宅、空港、自宅以外を選択できます

出発2日前に届く

宅急便での受け取りは前々日または前日に自宅に届きます
説明書をゆっくり読むことができます

ハワイ到着日

空港に着いたらすぐネットに接続できる

ハワイ出発日

出発ギリギリまでネットを使える

郵便ポストに投函して返却

帰国日当日または翌日の消印がつくようにポストに投函

(補足)

届いたもの

クロネコヤマトで届く

クロネコヤマトの宅急便で届きます。

アロハデータのセット

アロハデータ本体と一緒に、マニュアル、返却用封筒、クーポン誌LaniLaniが入っていました。

クーポン誌は現在同梱されていないかもしれません。ワイキキの通り沿いによく置いてあります。

アロハデータ一式

ポーチの中に、WiFi本体と充電用のアダプターが入っています。

レンタルしたのは通信量無制限のスーパーアロハデータ。
内臓のバッテリーが約13時間もつので、予備バッテリーは使いませんでした。

説明書はA4用紙3枚。
スマホ、タブレット、パソコンの設定方法、Q&Aが載っています。読むのは実質1枚分くらいです。

分かりやすい言葉と画像つきの説明書なので、設定は簡単にできます。
分からない点は、出発前に電話で質問しておきましょう。

出発前の準備はパスワードの設定だけ

出発前に準備したのは、iPhone本体でパスワードを設定しただけ。パスワードはアロハデータ本体の裏にシールで貼ってあり、設定方法もマニュアルに載っています。

たったこれだけの準備で、ハワイに着いたらすぐにネットを使える

WiFiルーターの操作は特別することはなく、ハワイに着いたら電源を入れるだけ。

高額な通信量が発生しないように、スマホで設定しておかなければいけないことはありますが、それも説明書に書いてあるので簡単です。

いそぽん

説明書は薄くて邪魔にならないので手荷物に入れておくか、スマホで撮影しておきましょう

返却は郵便ポストに

返却は返却用の封筒にアロハデータセットを入れて、ポストに投函するだけです。

返却用封筒

アロハデータセットとオプションで借りたものをポーチに入れて、返却用封筒に入れます。
送り先の欄にはシールが貼ってあるので、自分の名前を書くだけです。

ポストに返却しているところ

帰国日当日か翌日の消印が付くようにポストに投函するか郵便局の窓口へ。消印なので集配時間に注意しましょう。遅れると延長料金が発生します。

返却用の封筒は薄くて折り曲げられます。旅行の荷物に入れておき、帰国後に空港または帰り道にあるポストに投函すると楽です。

アロハデータおすすめプラン(機種)

アロハデータには3つのプランがあります。

  1. スーパーアロハデータ
  2. アロハデータbasic
  3. アロハデータBIG ※一時取扱い停止中

それぞれの特徴を押さえれば、自分に合ったプランが分かります。

スーパーアロハデータ

\悩みゼロの無制限タイプ/

  • 1日7444円(通常料金930円)
  • 通信容量:無制限
  • 連続通信時間:13時間

どれくらいネットを使うか分からない、ドライブでGoogleマップを使いたい、もしかしたら動画も視聴するかも…

悩んで疲れるくらいなら、通信容量無制限のスーパーアロハデータがおすすめです。バッテリーは約13時間分。使わない時はWiFiルーターの電源をOFFにすれば、さらに長持ちします。

通信量が無制限でも、短時間に大量のデータ通信をすると速度が極端に低下することがあります

アロハデータbasic

\バランスタイプ/

  • 1日624円(通常料金780円)
  • 通信容量:1日700MB
  • 連続通信時間:13時間

料金は安く抑えたい、ネットは使うけど検索中心、動画は観ないかホテルのWiFiを使うつもり…

1日で使える通信容量が多いのに料金が安いのがアロハデータbasic。バランスがとれた人気のプランです。

楽しそうな店を現地で検索したり、店の場所を地図アプリで調べたりするなら、ある程度の容量は欲しいところ。楽園ハワイの情報サイトは画像が多い傾向にあるからです。情報を調べる程度の動画ならbasicでも十分だと思います。

スーパーアロハデータ同様に、使わない時はルーターの本体をOFFすれば長持ちします。

アロハデータBIG ※一時取扱い停止中

\ネットをあまり使わない人/

  • 1日552円(通常料金690円)
  • 通信容量:1日700MB
  • 連続通信時間:8時間

メインで使うのはフリーWiFiやホテルWiFi、頻繁にネットを閲覧しない、いざという時の御守り代わりに持っておきたい…

通信容量は1日700MBあるので十分。料金も安くてリーズナブルです。連続通信時間が8時間なので、使い方次第では予備バッテリー/1日200円が必要。

BIGの強みである低料金を活かせるのは、使用頻度が多くなく、本体内蔵のバッテリーだけで1日過ごせるタイプの人。複数人で使うとバッテリーの消耗が早くなるので、1人使用が理想です。

いそぽん

どのプランにしても、寝る前に充電を忘れると翌日はバッテリー切れします。やらかしそうなら予備バッテリーも検討しましょう

スーパーアロハベーシックビッグ
費用/日
(通常時)
744円
(930円)
624円
(780円)
552円
(690円)
通信量/日無制限700MB700MB
連続通信
時間
13時間13時間8時間
通信速度4GLTE
最大450Mbps
4GLTE
最大100Mbps
4GLTE
最大100Mbps
重さ128g165g141g
サイズmm63×114×1766×126×12.665×105
同時接続
可能台数
10台10台10台
通信可能
範囲
約45m約45m約45m
ポイントストレスフリーバランスがいい安い!
※3Gエリアでは5台まで
料金は20%OFFキャンペーン時。最新モデル入れ替えでスペックが変更になる場合があります

アロハデータのQ&A

予備バッテリーは必要?

ベーシックとスーパーアロハは不要でした。使わない時はルーターの電源をOFFにしておけば、1日もちます。ただし、1台を複数人で使うと消耗が早いので、予備バッテリーを用意する方が安心です。また、充電を忘れた時に予備バッテリーがあって助かったこともあります。

無制限プランなら何でもできる?

データ量の多い通信をすると低速になります。ネットやSNSでの検索、Googleマップ、解像度が低い動画を短時間視聴する程度なら問題ありません。LINE通話もスムーズでした。

操作は簡単?

説明書を見ながら設定すれば、機械音痴のいそぽんでも簡単に使えました。

安心補償は入るべき?

紛失したり壊してしまった時の弁償代金を補助してくれるのが安心補償です。旅行中は浮かれてしまうので、毎回80%免除のプランに加入しています。未加入の場合の負担額を見て決めましょう。

アロハデータの安心補償の負担額
1日あたりの費用:ベーシック200円、ゴールド300円、プレミアム500円

加入していても適用外になるものもあります。

  • USBカーチャージャー(1,000円)
  • ポケトーク(30,000円)
  • ポケトーク専用USBコード(1,000円)
キャンセルと変更の手数料は?
  • キャンセル手数料は出発日の3日前から1台につき1,620円
  • 出発日以降の場合は、キャンセル手数料+連絡した日までの分のレンタル料金
  • 配送先・受取り方法の変更、レンタル期間の変更は出発日の3日前から手数料1,100円

配送先・受取り方法・期間の変更はエリアによって間に合わないこともあります。決まり次第すぐ連絡を。

通信容量をオーバーしたら追加費用は必要?

定額制なので発生しません。
例えば、1日700MBのプランで700MBを超えてしまったとしても追加費用はかかりません。

2人で1台でも大丈夫?

いそぽん家は夫婦で1台です。動画の視聴やオンラインゲームをしなければ、問題なくネットに繋がります。

宅配のメリットとデメリットは?

メリットは、出発までに機器や操作方法のチェックができる、空港カウンターで待たなくていい、郵便ポストに投函すれば返却できること。
デメリットは、自宅または指定場所にいないといけない、自然災害で遅延する場合がある、沖縄県には発送されない、郵便ポストが近くにないと不便(空港の郵便ポストでも可)なことです。

まとめ:アロハデータのメリットとデメリット

メリット

  • 料金が安い
  • 使い方が簡単
  • カバーエリアが広い
  • そこそこ速い
  • 受取も返却も郵送で送料無料
  • 長時間タイプのバッテリー内臓
  • ワイキキにデスクがある

デメリット

  • ポストがないと返却が面倒
  • 24時間サポートではない
    11:00-17:00(平日)
    11:00-16:00(土日祝)
    ワイキキデスク9:00-18:00(年中無休)
  • 安心補償が他社より割高
  • 決済手段がクレジットカードのみ

初めてアロハデータを借りた時は不安でしたが、マニュアルがあるし現地デスクもある。ネット接続にも問題なかったのでリピーターになりました。

1台レンタルすれば2人で使えるので、海外パケ放題と比べてもかなり節約できて助かりました。
宅配受取と郵送返却に抵抗がなければ、かなり使えるWiFiです。

アロハデータ公式サイト
いそぽん

ネットのことはアロハデータに任せて、ハワイ旅行を思いっきり楽しんできてくださいね!

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

関連記事
アロハデータの評判・口コミを調査 | いそぽん家愛用のハワイWiFi

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次