ハワイでアメリカ放題を使ったら無料!のはずが請求来ました

アメリカ放題イメージ

アロ~ハ!いそぽんです。

2017年のハワイ旅行でソフトバンクのアメリカ放題を利用しました。条件に合っていれば、申し込み不要、利用料無料で、ハワイでもネット使い放題になる超便利なサービスです。

なのに!
無料のはずのアメリカ放題でわずかですが請求が発生してしまいました。

アメリカ放題請求画面

「何かの設定を間違えた?」と思いつつも、何を間違えたのか、どうして請求が発生したのか分かりません。そこで、ソフトバンクに問い合わせしてみました。

少しやり取りをして、最終的には翌月分の請求から差し引いてもらえることになりました。

そこで今回は、アメリカ放題の請求とその後にやったことを紹介します。ワイキキでアメリカ放題を使った感想も書いておきます。

ポイント

ソフトバンク公式サイトの手順どおりに設定すれば、トラブルがあった時に何をしたか説明しやすい

目次

オペレーターにした質問と準備したこと

いつもはソフトバンクから請求金額確定の通知が届いてもチェックしていません。でも今回はアメリカ放題を利用しているので心配になり、My SoftBankからチェックしてみました。

すると、「定額通話料(対象外番号)が発生しました。」というコメントが表示されていました。

アメリカ放題請求画面2

何のことかよく分からないので請求書を見てみると、

アメリカ放題請求画面

「世界対応ケータイ 海外パケットし放題(1日間利用)」という名目で712円の請求が出ていたのです。

実際は7日間使用しているので、この時点でトラブル確定。この後に待っているのは「面倒」しかありません。金額が1,000円以下だったのでパニックにならなかったのが救いです。

ソフトバンクの公式ページどおりにアメリカ放題の設定をしたので、請求が発生する理由が分かりません。

アメリカ放題ではこういったトラブルがあるとネットで見たことがあり、自分もその1人になったのかなと思いました。

そこで、請求明細の印刷(ダウンロード)を実行。

請求書のダウンロード

請求書の印刷(ダウンロード)はスマホでも操作できます。
トップ>請求書をみる>請求明細の印刷(ダウンロード)
※画面の真ん中あたりにあります。

712円が2つ出ていて、1つはマイナスされています。残りの1つが面倒のタネ。

考えても分からないので、オペレーターさんに質問することにしました。

準備したもの

何も準備せずに電話すると舞い上がってしまうので、電話をする前に下記のものを準備しました。

  1. 請求明細の印刷画面
    パソコンがない場合は、スマホの画面を見ながらメモします。
  2. アメリカ放題の設定をした時に参照したもの
    私の場合はソフトバンクのホームページ。データローミングをオフにした確信をもつため
  3. メモとボールペン
    念のため

準備が整ったところで、私がどんなミスをしたのか確認するため電話しました。相手を責める姿勢ではなく、自分が間違っていたかもしれないと思うことが大切。人間だもの。

ソフトバンク連絡先
ソフトバンク携帯電話から:157(無料)
他社携帯電話・固定電話から:0800-919-0157(無料)
営業時間
9:00~20:00(年中無休)

電話が繋がると、最初に本人確認をします。
その後オペレーターさんとの会話の中で伝えたことは下記の内容です。

  • ホームページの通りに設定した
  • アメリカ放題で請求が出ている理由を知りたい
  • いつ発生したのか教えてほしい

会話を進めると、請求が出た理由は別のキャリアに繋がったからという返答でした。

そこで、「いつそうなったのか教えて下さい」とお願いすると、11月9日ということ。11月3日~9日までアメリカ放題を利用して、わざわざ9日だけ設定を変えることは考えにくい。電話がかかってきたり、こちらからかけたりもしていません。

「初日から設定は一切変更していないのですが。」と伝えると、何かの拍子に設定が外れることがあるという返答。

いそぽん

なんて嫌な拍子でしょう…

そこで、「時間を調べていただけますか。」と続けて質問。

その時間に何をしたか思い出せるかは分かりませんが、何かしたかもしれないからです。あくまで私が何かを間違ったという前提で話を進めています。

「お調べします。」と返答の後少し待ってから、
「時間までは分かりませんでしたが、今回の分についてはソフトバンクの方で負担させていただきます。次回の請求で差し引きします。」という返答。

突然の問題解決。

何かあったな・・・(笑)

結局、明確な理由は分からないままでした。相手側の事情もあるのでしょう。結果的に請求が帳消になればOK。

「アメリカ放題の請求」問い合わせのポイント

今回のポイントは以下の点だったと思います。

ポイント
  • 感情的にならずに丁寧に会話した
  • 設定をソフトバンクのホームページどおりにした
  • 淡々と細かく質問を続けた
  • 過去に他の人で同じ事例があった

電話中のオペレーターは会社を代表して話をします。ですが、オペレーターが何か間違いをしたわけではありません。ただ矢面に立っているだけです。だから感情的に話をするのではなく、お互いが冷静に話ができたのが良かったと思います。

アメリカ放題の設定については、ソフトバンクの画面を印刷してハワイまで持っていき、見ながら操作したので間違っていないはずという想いはありました。

でも、何か私がミスをした可能性もゼロではないと思っていたからこそ、丁寧な会話ができたのだと思います。

他の人の口コミでは、「ソフトバンクには一切の落ち度はない」「iPhoneの本体が故障している」「アプリが勝手にデータローミングをオンにしている」と説明するオペレーターもいたそうです。投稿した人はかなりお怒りでした。

今回のオペレーターさんはそういうタイプの人ではなく、きちんと話を聞くタイプの人で良かったです。

最後に、過去に同じようなことで問い合わせをしてくれた人がいたのも良かったです。

前例があるから相手も分かっています。最初に問い合わせをした人は、自らの潔白を伝えるのにかなり苦労したんじゃないかなと思います。感謝です。

基本的に話の途中でソフトバンク側が「あれ?これおかしいですね。請求は消しておきます。」と言ってくれることはないと思います。途中でこちらが電話を切ってしまえば、修正されないまま支払いが発生します。

いそぽん

こちらに落ち度がないと分かっていても、丁寧に質問を続けることが大事!

アメリカ放題を使うなら確認は必須!

アメリカ放題はお得

ソフトバンクユーザーにとって、アメリカ放題は非常にお得なサービスです。

海外パケットし放題なら1日で3,000円の費用が発生しますし、レンタルWiFiを使っても1日千円近くの費用がかかります。それがアメリカ放題なら0円です。

これからハワイでアメリカ放題を使うなら、下記の点に注意しましょう。

  1. ソフトバンク推奨の設定どおりにする
    Sprintのネットワーク閉鎖について」もチェック
  2. 翌月に請求書を確認する

アメリカ放題を使った感想とレンタルWiFi

sprint画面

アメリカ放題と一緒に、レンタルWiFiのアロハデータを使ってみた感想をご紹介します。

アロハデータとアメリカ放題で感じた大きな違いは次の3つです。

\アロハデータとアメリカ放題の違い/

  1. 通信スピード・繋がりやすさはアロハデータが上
  2. 費用の安さはアメリカ放題
  3. 携帯性はルーター不要のアメリカ放題

アメリカ放題は繋がりにくいという話をよく聞きますが、ワイキキならまあまあ繋がりました。よほどの田舎じゃない限りは繋がると思います。

ただ、モタモタすることが多かった。
レンタルWiFiもモタつきはありますが、比じゃないくらい遅かったです。

いそぽん

今は通信会社がSprintからAT&TとT-Mobileに変わっているので、かなり改善されていると思います

それでも、利用料無料は超魅力的です。
ただ1つ、何かの拍子に請求さえ発生しなければ。場合によっては1日で数千円になることもあるらしいです。

臆病者の私は今もなおレンタルWiFiを使っています。

ポイント

アメリカ放題のデメリットは、繋がりやすさと通信速度が不安定、今回のようなトラブルが起きるの2つです。チェックしたり問い合わせをするのが嫌な人はレンタルWiFiも検討してみてください。

ハワイで人気のレンタルWiFiについては下記ページで紹介しています。

今回の誤請求は翌月にちゃんと相殺されていました。

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

2017年12月の体験記

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次