CAVE OKINAWA(ケイブ・オキナワ)旅行記 所要時間・駐車場情報

CAVE OKINAWAライトアップ

沖縄本島の中部エリアにあるCAVE OKINAWA(ケイブ・オキナワ)に行ってみました。

私たち旅行者には、カラフルにライトアップされた鍾乳洞というイメージがありますが、とても縁起のいい場所です。

CAVE OKINAWAの様子、所要時間、設備、駐車場やアクセス情報を写真と一緒にご紹介します。

所要時間の目安は30分。
のんびり歩いて、じっくり見学する私たちでも40分。洞窟の外を歩いた時間を含めると50分でした。

目次

CAVE OKINAWAの場所・駐車場・アクセス

CAVE OKINAWA 場所
CAVE OKINAWA
入場料・500円(15歳以上)
・300円(3歳以上)
営業時間9:00-17:30
最終受付17:00
定休日なし 年中無休
住所沖縄県 うるま市石川嘉手苅479-1
電話番号
FAX
098-964-4888
098-964-4890
公式HPcave-okinawa.com
card利用可
VISA/mastercard/Diners Club/JCB/AMERICAN EXPRESS
予約不要
※17:00からのガイドツアーは要予約
内部気温23℃~25℃
所要時間30~60分

那覇市から車で約50分。西海岸エリア宿泊なら20分かからずに行けます。今回はルネッサンスリゾート オキナワに宿泊していたので、10分くらいで到着しました。

近くには琉球村とビオスの丘があります。琉球村は10時オープンなので、その前に見学すると効率的。予約は不要です。

ナビはGoogleマップがおすすめ。レンタカーのナビは更新されていたなかたり、精度が悪いことが多いので。

駐車場

CAVE OKINAWA駐車場

駐車場は広く、満車になる心配はほとんどありません。

券売所正面の駐車場

CAVE OKINAWAの前方駐車場

左奥にも駐車スペースがあります。

CAVE OKINAWAの後方駐車場

ざっと見た感じでは30台くらい駐めることができそうでした。きっちり駐めたら50台駐められるそうです。

観光客が増え始めるのは11時を過ぎたあたりから。それまでに行けば余裕で駐車できるし、鍾乳洞もゆっくり見学できます。いそぽん家は日曜の9:40頃に到着しました。

駐車場手前のカーブに注意

県道から細い道路に入ります。

CAVE OKINAWA直前の細い道路
雨が降ってます

対向車が来ても待避できるスペースが左右にあって、運転が難しい道ではありません。

ただ、駐車場の直前にあるカーブは注意。カーブミラーがなく、先が見にくいです。

いそぽん

ゆっくり運転しましょう

カーブを抜けた先にCAVE OKINAWAの看板が見えます。

CAVE OKINAWA 駐車場手前の景色

観光の仕方が変わる CAVE OKINAWAの歴史

パワースポットとして紹介されることもありますが、ニュアンスが少し違うかもしれません。命を繋いできた守護的な場所です。

CAVE OKINAWAの歴史

CAVE OKINAWAは昔から縁起の良い場所として知られており、沖縄の方言で「ぬちしぬじガマ」(命をしのいだ洞窟)とも呼ばれています。琉球時代、世界遺産にも指定されている今帰仁城の王子が内乱によりこの洞窟に逃げ込み命が助かったという歴史があり、また沖縄戦の戦時中には地元の住民300人が約3か月間避難するがアメリカ兵の捕虜にとられ戦闘による犠牲者は出ず、一人の命を落とすことなく助かった。その避難中に洞窟内で男女が産まれている。二度も命が助かり、男女の赤ちゃんも産まれたとても縁起の良い場所でもあります。

まるで母なる洞窟。
鍾乳石を見てスタスタ歩くのもいいですが、歴史を知ると、思うことや感じることが増え、滞在時間が少し延びます。

いそぽん

沖縄にある多くのガマ(自然洞窟)には悲しい歴史がありますが、ここには温かい歴史があります

あと、鍾乳石は1cm成長するのに30年~100年かかるそうです。内部には数万年前にできた鍾乳石もあるので、じっくり見ながら歩きましょう。

CAVE OKINAWAの中

CAVE OKINAWA 内部の地図

まずは駐車場にある券売所へ。

CAVE OKINAWA券売所

ノスタルジックな小屋。愛想のいいお兄さんが迎えてくれました。

建物の風情とミスマッチなのは券売機。多言語に対応し、2000円札まで使用できます。

CAVE OKINAWA券売機

地域クーポンを使う場合は、券売機ではなく窓口へ。

鍾乳洞は駐車場から2分ほど歩いたところにあります。

CAVE OKINAWAに向かう道

このサインを見逃すと、ただの沖縄散歩になります。

CAVE OKINAWAの案内板
CAVE OKINAWAに続く砂利道

必要以上に手を入れていないのがいいところ。ワクワクします。

中に入った直後。

CAVE OKINAWAに入った直後

10人ほどが参拝をしていました。じっくり見ることはできませんでしたが、御嶽(うたき)があるのか、「ぬちしぬじガマ」で命を救われた子孫なのか。神聖な場所です。

CAVE OKINAWA内部 狭い階段

段数は多くないものの、階段の上り下りがあります。

自然の状態を残しているため、足場は良いとはいえませんが、歩行に支障が出ないようには整備されています。

CAVE OKINAWA内部 1人が歩ける幅しかない

ところどころ狭い箇所もありますが、圧を感じる場所はほとんどありません。

入り口から3分弱で最初の広場に到着。

CAVE OKINAWA内部 最初の広場

後から来た人に道を譲りながら、ゆっくり見学。

CAVE OKINAWA内部 御嶽のような場所

御嶽のような場所もありました。こんな小さな鍾乳石ですら、成長するまでに何千年とかかっています。

CAVE OKINAWA内部 2人並んで歩ける通路

鍾乳洞内部の温度は1年を通して23℃~25℃。寒いイメージでしたが、ここは1年中快適な気温です。

CAVE OKINAWA内部 青くライトアップされている

イルミネーションされた幻想的な鍾乳石。

CAVE OKINAWA内部 奇抜な形をした鍾乳石
CAVE OKINAWA内部 つらら石、石筍、石柱、カーテンなどいろいろある

上に行きがちな視線を横に向けると、またおもしろい光景が見られます。

つらら状になった鍾乳石、そこから落ちた水滴によって上に成長する石筍、つららと石筍が繋がった石柱。鍾乳石の種類を知っておくと、さらに5倍楽しめます。

紅白岩

CAVE OKINAWA内部 紅白岩

紅白岩
CAVE OKINAWAのシンボルで、赤と白の鍾乳石が向かい合っている様が紅白を表し、縁起がいいと言われています。雨水と共に赤土を含んで色が付いたそうです。

CAVE OKINAWA内部 紅白岩

金と銀にも見える。いいことありそう。

紅白岩のアップ

立ち位置を変えると、いろんな顔を見られます。形がすごいです。

赤の石と水たまり

黄金岩

CAVE OKINAWA内部 黄金岩

触れると黄金に恵まれるという岩がありました。

CAVE OKINAWA内部 黄金岩

よろしくお願いします。

CAVE OKINAWA内部 黄金岩を触っているところ

これで一生安泰。ありがとうございます。

キラキラ岩

CAVE OKINAWA内部 キラキラ岩

キラキラ岩は、炭酸カルシウムが結晶化したカルサイト(方解石)という鉱物。カルサイトはスピリチュアルなパワーを秘めているそうです。

石言葉は「希望と成功」。
ありがとうございます。

CAVE OKINAWA内部 キラキラ岩

写真だと分かりませんが、キラキラ・ピカピカしていました。

改めてここは洞窟内部です。

CAVE OKINAWA内部の様子

イルミネーション

CAVE OKINAWAライトアップ

紅白岩と並ぶCAVE OKINAWAの目玉スポット。イルミネーション。

CAVE OKINAWAイルミネーション

短時間で色が変わるので、全色見ることができます。

CAVE OKINAWAイルミネーション

ちょっと近づき過ぎました。階段が全部見えるくらいの場所から撮った方がきれいに映ります。

CAVE OKINAWAライトアップ

ハートロック

出口のすぐ横にあるのはハートロック。見上げると、そこにはハート型の穴。

CAVE OKINAWA ハートロック

「ぬちしぬじガマ」(命をしのいだ洞窟)の名にふさわしいビュースポットでフィニッシュです。

外で見ると、ただの危ない穴。

CAVE OKINAWA ハートロックを外から見たところ

洞窟の外には、亜熱帯の原生林が広がっていました。

洞窟を出た直後の原生林

洞窟を出たら、帰路の表示を見ながら駐車場まで歩きます。

CAVE OKINAWA 帰路

5~7分で駐車場に到着です。

500円で思いのほか楽しむことができました。

雨でも楽しめる?

鍾乳洞の中は天候に左右されず楽しめます。
鍾乳洞と駐車場までの間は屋根がないので、雨具は必要です。

CAVE OKINAWAの施設・設備

トイレ

CAVE OKINAWAのトイレ

不安になる外観。でも、中はきれいです。オープンして1時間経っていなかったのもありますが、毎日綺麗に掃除されているのは分かりました。

パーラーケイブ

受付のすぐ隣りにはパーラーケイブ。BLUE SEALのアイスクリームを販売しています。

CAVE OKINAWAのパーラーケイブ

洞窟探検で疲れたあとや、疲れてぐずった子どものご機嫌とりに。仲睦まじい親子3人組が買っていました。

パーラーの前には1回100円のおみくじのようなものもあります。

テーブルと椅子も完備。

CAVE OKINAWAのテーブル

少し怖い遊びごころ

CAVE OKINAWA ブランコ

突然のブランコ。乗るには少しの勇気が必要。

CAVE OKINAWA ハンモック

幅が狭いハンモック。座る用?半ハンモック。

このユルさ。悪くないです。

感想

CAVE OKINAWAは、沖縄旅行のスケジュールを立てているときに、たまたまGoogleマップで見つけた場所です。

「500円なら失敗してもいいか」くらいの気持ちでしたが、失敗どころかいい体験ができました。短時間で終わるのでスケジュールも組みやすいです。

琉球村やビオスの丘とセットにするのもいいし、西海岸エリアの観光ついでに寄るのもいいと思います。

CAVE OKINAWA
入場料・500円(15歳以上)
・300円(3歳以上)
営業時間9:00-17:30
最終受付17:00
定休日なし 年中無休
住所沖縄県 うるま市石川嘉手苅479-1
電話番号
FAX
098-964-4888
098-964-4890
公式HPcave-okinawa.com
card利用可
VISA/mastercard/Diners Club/JCB/AMERICAN EXPRESS
予約不要
※17:00からのガイドツアーは要予約
内部気温23℃~25℃
所要時間30~60分

ガイドツアーは1日1回。営業終了後の17:00にスタートです。予約がいるので、電話か公式サイトのお問い合わせからコンタクトしてください。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次