ダイヤモンドヘッドでハイキング

ダイヤモンドヘッドの看板

─ Information ─

2022年5月12日から事前予約が必須になりました。
詳細はこちら

アロ~ハ!いそぽんです。

今回はダイヤモンドヘッド・ハイキングの様子をご紹介します。

以前参加したダイヤモンドヘッド早朝ハイキング&サンライズツアーは雨でした。ぬかるんだ道を汗をかきながら登り、曇天で日の出が見えないという残念な結果に。

今回はツアーじゃなく個人で、晴れた日の9時くらいにリベンジしてきましたよ。

目次

ダイヤモンドヘッドをハイキング!

ここは駐車料金を支払う場所。以前は入園料もここで払っていました。
2022年5月12日からは、事前予約しないと入園できません。入園料金、駐車料金は予約時にクレジットカードで支払います。

\看板前で記念写真を/

ダイヤモンドヘッドの看板

\ダイヤモンドヘッドは晴れの日が最高/

ダイヤモンドヘッド入り口の風景

景色を楽しむなら断然晴れの日。その代わり暑いし、紫外線が強力です。

ハイキングを始める前に、ビジターセンターの奥にある自販機で飲み物を確保。トイレを済ましておきましょう。
自販機は故障していたり、品切ればかりになっていることがあるので、先に1本用意しておく方がいいかも。

登山口にいるスタッフにチケットを渡したらハイキングスタート!

ダイヤモンドヘッドの道の状況

最初は舗装された歩きやすい道。公園っぽくていい気持ちです。

この滑らかな道は5分程度。このあとは、ゴツゴツした道に変わります。

ダイヤモンドヘッド・ハイキングルートからの景色

足元に気をつけながら、周りの景色も楽しみます。
すぐ近くにはワイキキビーチがあるのに、全然違う景色。

それもそのはず。

ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)は、アメリカ合衆国内ハワイ諸島のオアフ島にある火山。火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり丘を形成した火山砕屑丘である。

引用 wikipedia

ダイヤモンドヘッド・ハイキングは、噴火口周辺ハイキングということですね。

先を歩いている人たち。

ダイヤモンドヘッド・ハイキングルートからの景色

片道30~40分くらいです。微妙に足腰にくる上り坂が続くので、運動不足だと堪えるかもしれません。マイペースで休憩を挟みながら歩いていきましょう。

足場が悪くなった道

足元がボコボコしている所もあります。雨が降ったあとは滑りやすい場所もあるので注意。

ダイヤモンドヘッド・ハイキングルートからの景色

足元に気を取られて視線が下向きになちがちなところ、たまに立ち止まって振り返ってみます。
結構歩いてきました。

スタートしてから20分くらい歩くと、見晴らし台のような場所がありました。

ダイヤモンドヘッドの見晴らし台

ダイヤモンドヘッドは、オアフ島を守るための軍事要塞として利用されていました。ここは景色を楽しむために作られたというより、海から敵が来ないか監視するための場所だったようです。

\生々しく残ったウィンチ/

ダイヤモンドヘッドにあるウィンチ

見晴らし台にはウィンチがありました。下から物資を運ぶエレベーターがあったそうです。

見晴らし台からの景色

噴火口だったのが分かりますね。

見晴らし台を出て2分ほど歩くと階段がありました。

76段の階段

76段あります。地味に疲れる段数。
手すりを使うと手のひらが鉄臭くなって、茶色になります。でも、足取りが怪しい場合は使ってください。

階段の先には、道幅が狭くて薄暗いトンネルがあります。ギリギリ人がすれ違えるくらいなので、譲り合いの心で。

そのトンネルを抜けると…

99段階段

99段!

勾配が急で、運動不足だと確実に足腰に来ます。でも、ちゃんと別のルートもあるのでご安心を。

\別のルート/

ダイヤモンドヘッド頂上手前の階段

階段ですが、99段階段よりは膝に優しめ。82段ありますけど。

こちらは頂上手前。

\人多っ!/

ダイヤモンドヘッド頂上手前

ハワイは高いところから見る景色が格別。みんな上に行きたがる。

頂上に白い構造物(ピルボックス)が映っていますが、現在は取り壊されています。
ピルボックスがなくなった分、見晴らしがよくなり、360度の大パノラマを楽しめるようになりました。

\頂上は街のような賑わい/

ダイヤモンドヘッド頂上

頂上は当然のように人が多い。でも仕方ない。

\景色が格別ですもの!/

ダイヤモンドヘッド頂上からの景色

ダイヤモンドヘッドといえばこの景色。

ダイヤモンドヘッド頂上からの景色

ハワイのお土産にここからの景色が使われていることもよくあります。

つい海ばかり見てしまいますが、山側の景色もなかなかのものです。

ダイヤモンドヘッド頂上からの山側の景色

景色と達成感を堪能したら下山します。

写真を撮りながらのんびりしたハイキングでしたが、往復で1時間30分ほどでした。早ければ1時間で帰ってくる人もいます。

ビジターセンターではダイヤモンドヘッド証明書を購入することもできるので、記念に1枚いかがでしょうか。
1枚2.5ドルです。

ダイヤモンドヘッド証明書
出典:PACIFIC HISTORIC PARKS

オプショナルツアーでは、独自の証明書を作成しているツアー会社もあります。

ブルー・ウェーブ・ツアーのダイヤモンドヘッド証明書
ブルー・ウェーブ・ツアーのハイキング記念
頂上まで行けなくてももらえます

ダイヤモンドヘッド・ハイキングでした。

いそぽん

のんびりハイキングしましょう♪

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次