ファーマーズ・マーケット

KCCファーマーズ・マーケット(土曜日)で食べたもの。滞在時間はどれくらい?

フライドグリーントマト

アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

今回は
KCCファーマーズ・マーケット(土曜日)
の感想と体験記を紹介しますよ♪

 

オアフ島では数々のファーマーズ・マーケットが開催されていますが、その中でも特に有名なのがKCCファーマーズ・マーケット

KCCファーマーズ・マーケットは土曜日の午前中と火曜日の夕方に開催されますが、火曜日は小ぶりなので土曜日に行くのがおすすめ。

このページは、2回分のKCCファーマーズ・マーケットの感想が載っているので、ちょっと長いです。

  • フード
  • ドリンク
  • スイーツ
  • アクセス

に分けて紹介しているので、目次から気になる情報を探してください。

ホヌぽん
目次の中の見出しをタップすると、該当の場所にジャンプするよ

JTBのオリオリトロリーを使う人は注意事項があるので、チェックをお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

KCCファーマーズ・マーケット

 

KCCファーマーズマーケットの看板

KCCファーマーズ・マーケットは朝7時にオープン。
ですが、いつも起きれずに9時から10時くらいに到着します。

7時半~8時半くらいが混み合うそうです。

9時過ぎだとこんな感じ。

KCCファーマーズマーケットの混み具合

この時間でも十分混んでますね。
いつもこんな感じで混んでます。

歩けないほどというわけではないので、まぁ1回行ってみて下さい(笑)

ロコはここの混み具合を知っているので、オープンと同時に欲しいものだけ買って、さっと帰るそうです。
なので、遅くなるにつれて観光客の比率が増加していきます。

 

座る場所はある?

 

座る場所

ベンチはないので、芝生や縁石の上など空いている場所に適当に座ります。

使ったことはないですが、無料貸し出しのゴザもあるようです。
ただ人が多いので、自分で何か敷くものを持っていくのもいいと思います。

あと、ウェットティッシュは持って行ったほうがいい!

手がヌルヌル、ベトベトすることもあるので、いそぽん家はいつも持ち歩いていますよ。

 

フード編レポート!

KCCファーマーズ・マーケットがきっかけで、ブームになった食品もあるくらいなので、次のブーム探しなんかしてみるのも楽しいですよ。

 

超有名!フライド・グリーントマト

KCCファーマーズマーケットのフライドグリーントマト店頭

テレビや雑誌でKCCファーマーズ・マーケットが紹介されると、よく登場するのが「TWO HOT TOMATOES」のフライド・グリーントマト。

有名すぎて

「食べてない=KCCファーマーズ・マーケットに行っていない」

くらいの勢いなので、1度行っておいた方がいいです。
トマトが好きでも嫌いでも。

 

メニューは日本語表記もされていて選びやすいですよ。

TWO HOT TOMATOESのメニュー

まさか、ハワイで「売り切れ御免」なんてフレーズを目にするとは思いもしなかったです。

 

今回はフライド・グリーントマトだけを注文。

フライドグリーントマトの画像

見事にそのまんま(笑)

緑のトマトを揚げたからフライド・グリーントマトです。

 

フライドグリーントマトのアップの画像

さて、このトマトの味ですが、ほんの少し酸味のあるトマトを揚げると、どんな味になるかな~って想像して下さい。

まさにそれです、そのまんまです。

 

いそぽん
トマト臭さはなく、軽い酸味とサクッとした食感がおいしかったです。

 

美味しいですが、想像どおりの味。
結局はトマトですから。

ハマる人はハマる味ですし、有名店なので1回は行っておきましょう。

 

オフ・ザ・グリルは行列必至

オフ・ザ・グリルの看板

ハワイのソーセージで有名なククイソーセージ。
ハワイでソーセージを食べるならククイソーセージと言われるほど親しまれています。

そのククイソーセージの店が「Off The Grill」。

この店はいつも行列ができていて、20人くらい並んでいるのもよく見かけます。
でも回転が早いので、とりあえず並んじゃいましょう。

手頃な価格で小腹を満たせるし、美味しいですよ。

 

並んでいる間にメニューを貸してくれるので、焦らずに選べるのも嬉しい。

オフ・ザ・グリルのメニュー表

1.ソーセージの味を選ぶ(右側)
2.どんなホットドッグにするか選ぶ(左側)

これだけです。

では、実際に食べたものを紹介します。

 

オリジナル・アンド・スパイシーソーセージ・オン・スティック

オリジナル・アンド・スパイシーソーセージ・オン・スティック

こちらは4ドル。

絶妙なしょっぱさがクセになります。

 

いそぽん
これは美味しい!
アメリカンソーセージって感じでしたよ。

 

GYOZA(ギョーザ)ホットドッグ

GYOZA(ギョーザ)ホットドッグ

もしかしたらチーズドッグだったかもしれません。

これ、めっちゃ餃子の味します。
そしてガーリックが効いていて美味しいです。

美味しいですが、ソーセージらしさは消えてました。

いそぽん
急に餃子が食べたくなった人におすすめします。

 

ちなみに、1番人気は「キングコング・ホットドッグ」(10ドル)。
1.5倍のソーセージと自家製ソースのマッチングが、やみつきになるそうです。

 

ハワイのあわびは美味しい

KCCファーマーズマーケットのあわび

KCCファーマーズ・マーケットの名物として超有名なのが、「ビッグアイランド・アバロニ」のあわび

海産物が嫌いじゃなければ、ここも行っておきたい店の1つです。

ビッグアイランド・アバロニのあわびはハワイでも特別。

ハワイ島のコナで養殖されたエゾアワビで、海洋深層水を使い、餌にもこだわって育てたあわびなんです。

ホヌぽん
このこだわりのあわびを求めて、日本やアメリカの有名店からもオファーがくるらしいよ

 

「ビッグアイランド・アバロニ」のあわび

この店もいつもお客さんが多いですが、オーダーが入ってからあわびが出てくるまでの手際がいいので、意外とすぐに買えます。

店頭には、バター、しょうゆ、タバスコが用意されていますが、おすすめは何も調味料を使わずに食べること。
あわびそのままの味を楽しめます。

 

「ビッグアイランド・アバロニ」のあわび2個

この時は2個で7ドルでした。

海のものが苦手ないそぽんでさえ、美味しいと思いました。

いそぽん
新鮮だと嫌な海臭さがなくていいですね。

 

ローステッド・コーン(Na Ono Farm/ナ・オノ・ファーム)

ローステッド・コーンの看板

日本では人が集まる所に必ず登場するトウモロコシ。

ハワイで敢えて食べるものでもないかと1度は素通りしたのですが、その香りにつられて結局買ってしまいました。
でもこれが大正解。

 

メニューがこちら

ローステッド・コーンのメニュー

トウモロコシと言えばしょうゆ♪
そこにバターガーリックも混ざれば、最強クラスに美味しいはず。

 

そして注文したのは、しょうゆ・バターガーリックハーブ。

しょうゆ・バターガーリックハーブトウモロコシ

このトウモロコシ、ひとくち目は大したことなかったんです。

「ん~、焼いた感じがなくてイマイチ・・・」

こんな感想だったのですが、ある分は食べないといけません。

で、食べ続けていると、なんとやみつきの味になってしまいました。

 

いそぽん
これ、うまい!
あと100本イケる!!

いそぽんは美味しいものを食べると「100」という数を出す癖があります。

 

トウモロコシ自体に甘みがあって、噛んでいるうちに、タレの味から素材の甘みがジュワ~っと出てきます。

その味がいい具合の濃さなんです。

 

ハワイの鳥

ダメですよ♪

 

noshのポンデケージョ

KCCファーマーズマーケットのnoshポンデケージョ

いそぽんがパオパオ言ってたポンデケージョ。

いそぽん
そんな食べ物、初めて聞いたぞ

 

ブラジリアン・チーズ・ブレッドだそうで。
これもなかなかイケます。

 

メニュー

noshのメニュー

ちょっと注文の仕方が分からなかったので、普通のやつを注文。

 

noshのポンデケージョ

中がもちもち♪

すごく軟らかいモチみたいな感じで、求肥に似てるかも。
ハワイのバターもちの食感にも似ています。

 

いそぽん
チーズの味がついていて、このままでも十分美味しかったです。

 

スライダーって書いてあるのにすると、

noshのポンデケージョのスライダー

こんな感じになるようです。
ちょっとかわいい。

冷凍されたものも販売していて、まとめ買いしていくお客さんも何人か見ましたよ。

 

ドリンク編レポート!

食べ歩きに欠かせないのがドリンク。

水やジュースを持参するのもいいですが、せっかくならハワイアンな飲み物もいかがでしょうか。

 

パシフィクール・ジンジャー

KCCファーマーズマーケットのパシフィクール・ジンジャー

KCCファーマーズ・マーケットの飲み物で絶大な人気を誇るのが、パシフィクール・ジンジャー

パシフィクールはオアフ島に店舗も出していて、ジンジャーシロップで有名です。

ハワイ産のショウガの果汁と果肉で作ったシロップは、保存料や人工着色料、人工甘味料無添加。

ピリッとした味わいと香りが人気のヘルシードリンクです。

 

ホヌぽん
ここのシロップは、ジュース、カクテル、紅茶、お茶、フルーツ、アイスクリームなどいろいろなものに使えるよ

 

パシフィクールのパイナップルジンジャー

今回オーダーしたのは、パイナップルジンジャー。

ショウガが入ったジュースですが、薄めの味なのでゴクゴク飲めます。

ほのかにショウガのピリ辛さが残っているかなという感じで、それほどショウガ辛くはありません。

 

ホヌぽん
子どもが喜ぶ味じゃないよ。大人の飲み物だね

 

メニューは日本語でも表記されているので、中身を確認してからオーダーしましょう。

人気で選ぶなら「アイランド・ジンジャーエール」がおすすめです。

 

DINA’S GARDEN

KCCファーマーズマーケットのDINA’S GARDEN

こちらはテレビや雑誌でちょくちょく紹介される有名なDINAおばあちゃんの店。

いそぽんが好きな旅ボンにも登場します。

 

さっぱりして甘酸っぱい人気の自家製レモネードの他、フルーツを使ったどストレートなジュースもあり冒険心をくすぐられます。

 

DINA’S GARDENの店頭

KCCファーマーズマーケットでは珍しく、かわいさがあるのもこの店の特徴。

DINAさんにおすすめを聞いたら、「WATER MELON(すいか)ジュース」とのこと。
ちょうど真ん中に並んでいたのがそれです。

 

DINA’S GARDENのスイカジュース

これ、本当にスイカから出る果汁をまんまカップに詰め込んだジュース。
スイカアイスの味とは違います。

でもですよ、スイカの果汁ってカップ1杯分飲めます?

最初のひと口めは面白かったけど、ふたくちで早々に飽きました。
生のスイカ果汁が好きな人以外にはおすすめしません。

素直に評判のレモネードにしておきましょう。

 

本当に1番おすすめなのか疑問でしたが

DINA’S GARDENのおばあちゃん

かわいい。

 

いそぽん
これやられたら、自分の舌が間違っていたと思うしかありません。

 

Akamai Food's(アカマイ・フーズ)

KCCファーマーズマーケットのAkamai Food's

店の写真撮り忘れた・・・

2003年からKCCファーマーズマーケットに出店しているベーカリーショップ。

ハワイアンスタイルのオート麦のケーキを提供している店らしいです。

 

でも今回オーダーしたのは、グァバ・ストロベリージュース。

Akamai Food'sのグァバストロベリージュース

無難に美味しい♪

他にもリリコイ・オレンジジュースやブラックベリーのジュースがありました。
2ドルでおかわりもできます。

 

スイーツ編レポート!

すぐにお腹いっぱいになるので、スイーツはあまり食べてませんが少し紹介します。

 

オノポップス(Ono Pops)

KCCファーマーズマーケットのオノポップス(Ono Pops)

オノ・ポップスは、ハワイ産のオーガニック素材で作られたアイスキャンディー。

ローカルでの人気もさることながら、日本の雑誌やテレビ、ハワイブログでも紹介されている有名店です。

スーパーやロングス・ドラッグでも見かけますが、KCCファーマーズマーケットはフレーバーが多い!

 

オノポップスのメニュー

この日の店員さんがおすすめしてくれたのは、ポピュラーなリリコイ(パッションフルーツ)。

 

オノポップスのアイスキャンディー

左がリリコイ、右がグァバシフォン。

リリコイは軽い酸味の中にアイスの甘さが見事にマッチしていました。

グァバシフォンはグァバの甘酸っぱさがほどよく、これも美味しい。

 

オノポップスのアイスキャンディー2

いそぽん
こういうのって、問答無用で美味しいです。

 

マカデミアナッツ・ソフトクリーム

KCCファーマーズマーケットのマカデミアナッツ・ソフトクリーム看板

こちらは、マカデミアナッツと豆乳と水で作ったソフトクリームのお店。

 

マカデミアナッツ・ソフトクリーム

これが想像以上に美味しかったです。

甘ったるくなく、わずかに酸味があり、スッキリとした味が絶妙でした。

KCCファーマーズマーケットに行ったら、デザートとしてここはおすすめです。

 

ホヌぽん
美味しかったって伝えに行ったくらい気に入ってたね

 

トッピングもできますよ。

  • ストロベリークランチ
  • キャラメルソース
  • クラッシュオレオ
  • クラッシュマカデミアナッツ
  • チョコレートソース

各1ドルです。

 

ここまでいろいろと紹介してきましたが、これは出店している店のごく一部。

他にも美味しいピザやハワイの花でできたハチミツ、ハワイのフルーツを使ったジャムなど美味しいものがまだまだあります。

ハワイのハチミツ

ハチミツやジャムはお土産にもいいですよ。
リリコイ・バターも欲しいですね。

試食もできるので、味を確かめてから購入しましょう。

 

KCCファーマーズ・マーケットの所要時間

KCCファーマーズ・マーケットの所要時間の目安が気になる方も多いと思います。

大人だけなら1時間30分あればかなり楽しめます。

時間帯や当日の混み具合で滞在時間は変わりますが、最低でも1時間は必要です。

1時間だと少し慌ただしくなるので、1時間30分~2時間あればのんびりと満喫できます。

 

KCCファーマーズ・マーケットの情報

KCCファーマーズ・マーケットは土曜日の午前と火曜日の夕方に開催されます。

規模が大きいのは土曜日の午前なので、スケジュールが合えば土曜日がおすすめ。

火曜日は出店数が少ないので、選ぶ楽しみは減りますが、人が少なくてのんびりできるというメリットがあります。

 

KCCファーマーズマーケットの開催時間

開催時間火曜/16:00-19:00
土曜/7:30-11:00(おすすめ!)
住所Kapiolani Community College, 4303 Diamond Head Road
地図Googleマップ

 

KCCファーマーズマーケットへのアクセス

KCCファーマーズマーケットの入口

KCCファーマーズマーケットは、カピオラニ・コミュニティ・カレッジという場所で開かれます。

アクセス方法は

  • ザ・バス
  • タクシー
  • レンタカー
  • オプショナルツアー
  • 旅行会社のトロリー

が一般的です。

順番に特徴を紹介しますね。

 

ザ・バス

ツアー会社を使わないハワイ旅行なら、ザ・バスが便利です。

ザ・バスを利用するなら、クヒオ通りを走る2番がおすすめ。

終点のKapiolani Community Collegeまで1本で行けて本数も多いです。

ルートマップ

ホヌぽん
ワイキキのバス停から20分くらいで到着です

 

タクシー

行きはホテルまでタクシーを呼ぶ方法です。
人数が多いと割安になります。

帰りはもう1度タクシーを呼ぶか、ザ・バスを使うかです。
日本の観光地のようにタクシーが待機していたり、頻繁に周ってくることはありません。

注意

流しのタクシーは、ぼったくりの場合もあるので注意が必要です。

 

レンタカー

時間に縛られないというメリットがあるレンタカー。
悩みは駐車場が満車になった場合です。

開催時間より早く行って駐車場を確保するか、9時以降を狙って行く方がいいと思います。

 

オプショナルツアー

オプショナルツアーを利用する場合は大きく分けて2通りあります。

  • 送迎だけのツアー
  • 他の観光スポットがセットになったツアー

です。

 

送迎だけのツアー

ワイキキの主要ホテルに送迎だけするツアー。

デメリットは、KCCファーマーズマーケットの滞在時間が決められていること。(1時間程度)
のんびりしたくても、集合時間が決まっているので、それ以上は滞在できません。

送迎ツアー

 

他の観光スポットがセットになったツアー

KCCファーマーズマーケットとセットで、

  • ダイヤモンドヘッドの早朝登山
  • ダイヤモンドヘッドの早朝登山+カイルア観光
  • ノースショア観光

土曜日は観光の日と決めて利用すると便利です。
こちらのツアーも1時間程度の滞在になります。

 

旅行会社のトロリー

ルックJTBやHISのツアーなら、オリオリトロリー(ルックJTB)かレアレアトロリー(HIS)を利用しましょう。
追加代金は不要です。

ワイキキトロリー(グリーンライン)のチケットを買う方法もありますが、他に使う予定がないと割高になってしまいます。

ワイキキトロリー

ワイキキトロリーのグリーンライン

※JCBカードで無料になるのはピンクラインです。

 

ルックJTB「'OLI'OLIトロリー」(2019年4月19日~)

  • ダイヤモンドヘッドルート
  • KCCファーマーズ・マーケット便

トロリーは変更になる場合があります。
詳細はルックJTBが配布しているトロリーMAPをご確認下さい。

行きは、停車回数が少ないKCCファーマーズ・マーケット便がおすすめです。

火曜のKCCファーマーズマーケットにも行けなくはないですが、最終便の出発が17時頃なのでご注意ください。

 

H.I.S.「レアレアトロリー」(2019年4月1日~)

  • カハラモール/ワイキキ近郊ライン
  • ダイヤモンドヘッド・ライン
  • ココヘッド・ハイキングライン
    →土曜は不可
  • ダイヤモンドヘッド・エクスプレス
    →早朝のみ。火曜は不可
  • 東オアフ絶景観光ライン
  • KCCエクスプレス
    →土曜のみ

トロリーは変更になる場合があります。
詳細はHISが配布しているトロリーMAPをご確認下さい。

行きは、途中でほとんど止まらないKCCエクスプレスがおすすめです。

火曜のKCCファーマーズマーケットにも行けなくはないですが、最終便の出発が17時頃なのでご注意ください。

 

トロリーの注意

ここで旅行会社のトロリーを使う場合の注意点を紹介します。

 

帰りのバス停が混雑している

KCCファーマーズマーケットのトロリー乗り場

帰りのトロリー乗り場の様子です。

各社のトロリーが同じ乗降所を使うので、違う列に並ばないようにしましょう。

列の先頭に行けば、JTBやHISという表記があるので、チェックしてから並んでください。

 

行きのバスが来ない・・・

2016年のオリオリトロリーで体験したことですが、TギャラリアbyDFS発のKCCファーマーズ・マーケット便が1便来ませんでした。

仕方なくダイヤモンドヘッドルートに乗ったのですが、停留所が多くなるので、乗車時間が長くなります。

ホヌぽん
ダイヤモンドヘッドにも行くからね

KCCファーマーズマーケットに行くなら、絶対にKCCファーマーズ・マーケット便がおすすめです。

 

あと、2018年は運転手の腕時計が5分早く進んでいて、Tギャラリアを予定より5分早く出発しました。

いそぽん家は乗れましたが、乗れなかった人もいるかもしれません。

ハワイの時刻表はあてにならないので、早めに行動しましょう!

 

KCCファーマーズマーケットまとめ

1回や2回ではほとんどのブースに行けないので、まだまだ通いたいです。

買ってそこら辺に座ってすぐ食べる。
食べたらまた別の物を食べに行く。

こんな行動が楽しかったりします。

 

今回いそぽん家が食べた中で、特におすすめなのは、

おすすめ

  • オフ・ザ・グリル
  • フライドグリーントマト
  • あわび
  • パイナップルジンジャー
  • マカデミアナッツ・ソフトクリーム

です。

フライドグリーントマトは、話のネタになるので食べておいた方がいいです。

是非お試しください♪

 

お土産は先に買ってしまうと重くなるので、KCCファーマーズマーケットで満腹になってから買いに行くようにしましょう。

特になまものは傷むかもしれないので帰る直前がオススメです。

 

また、ペットは連れて入れません。
旦那様をペットと思っている人も入れませんのでご注意を!

 

フライドグリーントマトになぜ行列?(美味しいですけどね)
マハロ♪

体験日:2016年11月 5日
2018年11月17日

関連コンテンツ

-ファーマーズ・マーケット
-, , , ,

Copyright© いそぽんハワイ | ハワイ旅行が200%楽しくなるツアー体験記 , 2019 All Rights Reserved.