安いのに使える!水陸両用サーフパンツ(SAFS/ファスナーポケットつき)

水陸両用パンツのレビュー

アロ~ハ!
泳げないのにサーファーのような海パンを買ったことがあるいそぽんです。

突然ですが、ハワイ旅行の前にボードショーツタイプの水陸両用サーフパンツを買いました。

safsの水陸両用パンツ

サーフパンツは海やプールで履くもの。
ですが、カイルアでトレッキング(山歩き)する時に履くハーフパンツを探しているうちに、このパンツにたどり着きました。

値段が安め(1,980円)だったので、それほど期待していなかったのですが、これが山でもプールでも街歩きでも使える当たり商品だったんです。

「旅行で少しでも荷物を減らしたい」なら検討してみてください。
今回レビューする商品はメンズですが、レディースにも同じ機能の商品がありますよ。可愛さより機能性を重視したい人におすすめです。

目次

水陸両用サーフパンツを選んだ理由

トレッキングの目的地はカイルアにあるピルボックス。頂上からの眺めが抜群の場所。でも、頂上に行くまでの道が滑りやすくて、岩場もたくさんあります。

カイルアピルボックス岩場

転びそうですよね。転んでパンツが土だらけになりそうですよね。下手したら転んで破れるかもしれない。そこで、安いハーフパンツが欲しくなったのです。

歩いて10分くらいの場所には「天国の海」と呼ばれるラニカイビーチもあります。

カイルアビーチ

トレッキングの後、そのまま海に飛び込んだらさぞかし気持ちいいことでしょう。トレッキングでは100%の確率で大量の汗をかくし、さらに海に入るかもしれないとなると、簡単に洗えて早く乾くパンツが欲しい。

というわけで、水陸両用のパンツにたどり着きました。これなら海パンがいらなくなるので荷物を減らすこともできます。

水陸両用サーフパンツでこだわったポイント

こだわったポイント

  • ファスナー付きポケットがある
  • 安い
  • ポケットは2個以上欲しい
  • インナー一体型

最初は値段オンリーで探していましたが、海パンの代わりとしても使うとなると「こだわりの条件」が出てきます。
「ファスナー付きのポケットが欲しい!」

海の中でホテルの鍵をなくしたら最悪です。余分な出費が発生するし、大事な時間が無駄になります。お金はジップロックに入れてポケットに入れれば海の中にも持っていける。ファスナー付きポケットを必須の条件にしました。

他にも、「安い」「街歩き用にポケットは2,3個ほしい」「インナー付き」も条件に追加。デザインは極端にかっこ悪くなければいいかなと。それくらいの方が、ハワイでは溶け込みやすいです。

いそぽん

高価そうな物を身に着けていると悪い人に狙われるので、そこら辺にいる住民Aを目指すとちょうどいいです

これらの条件をすべて満たしていたのがSAFS(サフス)の水陸両用サーフパンツでした。

SAFS(サフス)水陸両用サーフパンツのレビュー

楽天で注文したのが日曜日の23時過ぎ。ヤマトのネコポスで届いたのが火曜日の正午前でした。(愛知県在住です)
土日祝日以外の12時までの注文で即日発送してくれます。

3つのポケットが便利!ファスナー付きポケット最高

safs水陸両用パンツns-2596-01finalmのポケット

ポケットは全部で3つ。すべて前面にあります。

①普通のポケット

標準ポケット

右ポケットは普通のポケットで、ファスナーはなし。

深さは十分にあります。

ポケットにペットボトルを入れた画像

500mlのペットボトルが縦にスッポリ入る深さ。街歩きの時に便利です。

②ファスナー付きポケット

ファスナー付きポケット

左ポケットはファスナー付きです。防水ではないですが、水中で貴重品が流れていくのを防ぐことができるし、街歩きの時もホテルの鍵とか貴重品を入れておけます。

③パッチ(外付け)ポケット

マジックテープ付きパッチポケット

右足の太もも当たりには「パッチポケット(外づけポケット)」がついています。外づけなので①番の右ポケットに干渉しません。

マジックテープは強力。縫ってあるほうが破れないか心配になるくらいです。このパッチポケットも貴重品入れとして使用できます。

キーループつきパッチポケット

パッチポケットの内側にはキーループが付いています。下部には水抜き穴が開いているので、水が溜まってパンツが重くなることはありません。

インナーパンツ一体型

今回購入したサーフパンツは、トランクス型インナーが縫い付けられた一体型になっています。

一体型インナーパンツ

これならインナー忘れの心配なし。

街歩きで履く時はトランクスの上から履くこともできます。トレッキング中もトランクスを履いていましたが、違和感はありませんでした。

小さいサイズを選ぶとトランクスがゴワゴワするので、少し大きめの方がいいと思います。それに、インナーの素材はポリエステルなので、ピチピチサイズで街履きすると大事なところが蒸れそうです。

いそぽん

僕だとウエスト的にはSサイズでもいいくらいでしたが、Mにしてちょうど良かったです

デメリットは脱着のしにくさ

背中側にゴム

履く時は背中側にあるゴムを伸ばして履き、お腹側にある紐を締めます。脱ぐ時はこの逆。

コツが分かれば一瞬でできますが、我慢の限界を迎えた時のトイレで焦るかも。前開きがないので、男性は限界を迎える前にトイレに行ってください。あれがスッと出ません。2回くらい練習すればすぐ慣れます。

トイレでは不便を感じるかもしれませんが、泳いでいる時にずれ落ちたり脱げてしまうことがないのはメリットです。

山とプールで履いた感想

身長176cm、体重59kgでMサイズを履いた全体像はこんな感じになります。

トレッキング・街歩きのイメージ

水陸両用パンツMサイズを履いた画像

そこら辺にいる人っぽくないですか?肌の白さで旅行者なのはバレバレですけど、お金持ちには見えません。ちなみに、リュックも1500円くらいで買った激安リュックです。

水陸両用パンツMサイズを履いた画像(ピルボックス)

いそぽんの腹回りは74cmなのでSサイズでも入るはずですが、Mサイズで苦しくも緩くもなくちょうど良かったです。

  • Sサイズのウエスト:67-80cm
  • Mサイズのウエスト:72-90cm

他のサイズはショップページで確認してください。

水陸両用パンツMサイズを履いて寝ている画像(ピルボックス)

ポーズは不自然でも見ためは自然。あくまでサーフパンツなので汚しても安心です。

プールでのイメージ

水陸両用パンツMサイズをプール履いている画像

ホテルのプールにて。周りの人に「何撮ってんだ?」って表情されて恥ずかしい。

プールから出たあとの画像

プールから出たところ。ハーフパンツですが、意外と肌にまとわりつきません。もしかしたら普通の海パンよりいいかもしれない。

男性ならではの「もっこり」も浮き出ていません。でもこれは個人差あり。出る人は出ると思います。

室内干しでも一晩で乾く

素材はポリエステルで乾きは早いです。ハワイの日中なら履いたまま歩いているだけで、短時間で乾きますよ。
ですが、街歩きも想定した厚みになっているので、海パンと比べると乾くまで時間がかかります。
室内干しでも一晩で乾きますが、ホテルのラナイにある椅子に掛けておけばもっと早く乾きそう。

適当に手洗いでゴシゴシしてもシワになりにくく型崩れもしません。やっぱりサーフパンツは丈夫です。

SAFSの水陸両用サーフパンツを買った感想まとめ

日本でも海によく行く人は、ボードショーツのサーフパンツで夏を過ごす人がいますよね。昔はいかにも海パンというデザインしかありませんでしたが、今は普通に街で履いていても全く違和感がありません。常夏のハワイならなおさらです。

実際に履いてみるまでは、海パンっぽさがどれくらい出るか心配でしたが、違和感は全然なし。

むしろ、ハワイで普通に過ごしている人たちと少し馴染んだような感じもして良かったです。2,000円程度でこの機能性ならコスパは十分高いと感じました。

購入したのはチャコールグレー×グレーですが、もうちょっと鮮やかにしたい方にはオレンジやブルーもありますよ。SAFSショップには他のデザインもたくさんあるので、自分好みの柄やカラーを見つけてくださいね。

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
TOP
目次
閉じる