Wi-Ho!Biz -ハワイ用レンタルWiFi-

当サイトはプロモーションを掲載しています
Wi-Ho!Bizのメリット・デメリット

アロ~ハ!いそぽんです。

Wi-Ho!Bizは海外用レンタルWiFiの老舗『株式会社テレコムスクエア』の商品です。通信品質やサービスに関する口コミは悪くないですが、選んだのはアロハデータでした。

ここでは、Wi-Ho!Bizを選ばなかった理由を紹介していきます。もちろん、良いところもあるので、メリット・デメリットもまとめました。

ハワイ用のレンタルWiFiで迷っているときの「選び方のヒント」が載っているので、ぜひ参考にしてみてください。

初ハワイ&初海外におすすめの本

地球の歩き方ハワイ

ワクワク感はムック本に劣るものの、情報量は圧倒的No.1。ハワイ旅行に必要な基本情報も準備も1冊に集約。いそぽん家も初ハワイで買いました。

【ハワイ】JALパック春スペシャル特別企画!
いそぽんハワイから申し込むと
Amazonギフトカードがもらえる
詳細はこちら

目次

Wi-Ho!Bizを選ばなかった理由

料金が予算に合わなかった

4泊6日(レンタル日数6日)の料金

補償プランなし100%85%
無制限1,80012,78012,120
1GB1,50010,98010,320
500MB1,0007,9807,320
受取・返却は空港(無料)。宅急便は別途送料が加算されます

通信会社の海外パケット定額よりは安いけど、海外用ポケットWiFiとしては高めの設定。24時間サポート付きを考えると妥当かもしれませんが、圧倒的利用者数のグローバルWiFiとほとんど差がありません。1GBのプランだけを見れば、グローバルWiFiの方が安いくらいです。

僕は24時間サポートよりも料金が安い方を選びたかったのでアロハデータにしました。もしサポートを重視していたら、グローバルWiFi を選んだと思います。

予備バッテリーが必要か分からない

Wi-Ho!Bizのハワイ用端末は5種類。端末を自分で決めることはできません。バッテリーのもちは、15時間(1機種)、10時間(3機種)、6時間(1機種)。6時間なら予備バッテリーが必要だけど、15時間なら不要。要るのか要らないのか、はっきりしないのが嫌でした。

力を入れているのはWiFiBOXっぽい

テレコムスクエアの動向を見ると、いま力を入れているのは2022年に同社から発売されたWiFiBOXっぽいです。

Wi-Ho!Bizとはまったく異なる戦略で、こちらは低価格でシンプル。受取・返却できる場所も日に日に増えています。通信品質でいえばWi-Ho!Bizの方が良さそうですが、低価格帯の方が今は需要が多い気がします。かくいう僕も、WiFiBOXをハワイで使ってみた1人です。

チャットサポートがあれば

Wi-Ho!Bizは24時間サポート付きなので安心感は高いです。やり取りが電話かメールのどちらかなので、チャット機能もあればなぁと思いました。電話は国際電話料金になる(販売店に確認済み)し、メールは待ち時間が長くなります。

というわけで、Wi-Ho!Bizを選ばなかった主な理由は、料金が高く、使う機種が決まっていないからでした。もっと言うと、この料金ならグローバルWiFiの方がいいし、今はもっと安く借りられるWiFiだってあります。例えば、アロハデータは安いし、渡される機種も決まっています。
Wi-Ho!Bizだからこその『強みがない』のが決め手に欠けました。ちなみに、同社のWiFiBOXには分かりやすい強みがあります。

Wi-Ho!Bizのメリット・強み

24時間年中無休のサポート

電子機器である以上、ポケットWiFiにもトラブルはあり得ます。だからサポートは手厚い方が安心。Wi-Ho!Bizは24時間年中無休でサポートしています。電話(国際電話)またはメールを利用できます。1度質問をしたことがありますが、丁寧で好感がもてる対応でした。
(込み具合によっては即時返答できないこともあるとのこと)

安心補償が安い

安心補償とは

レンタルWi-Fi機器の紛失・盗難・破損に備えた任意の補償制度

安心補償は3種類あり、弁償代金無料になる安心補償プラスが1日330円。100%補償でこの料金は安い方です。

オプション

  • 安心補償
    安心補償プラス+コンシェルコール:440円/日
    安心補償プラス:330円/日
    安心補償スタンダード:220円/日
  • WEB当日申し込みサービス:550円/回
  • モバイルバッテリー:220円/日
  • AI翻訳機:330円/日
  • SIMなしスマホ:330円/日
  • 電源タップ(3個口):165円/日
  • USBポート:110円/日

歴史が長い

1974年に前身を設立し、現会社を1992年に創業。合わせて50年の歴史があります。通信関連の事業を続け、グローバルな展開にも成功した企業です。

Wi-Ho!Biz基本情報

2024年2月7日時点

会社名株式会社テレコムスクエア
料金・無制限:1,800円/日
・1GB:1,500円/日
・500MB:1,000円/日
受取手数料:無料(宅配は宅配料金あり)
補償種類
1日料金
・100%+コンシェルコール:440円/日
・100%:330円/日
・85%:220円/日
・なし
受取空港・宅配便
宅配料金…本州837円(税込) その他1,047円(税込)
返却空港・宅配便(送料あり)
宅配料金…1,047円(税込) または実費
空港新千歳空港(返却のみ)/成田空港/羽田空港/中部国際空港セントレア/関西国際空港/福岡空港
端末情報連続通信時間:未定
同時接続台数:未定
通信速度下り最大:150Mbps
サポート24時間対応
メール・電話
現地デスクなし
キャンセル受取日3日前まで無料
2日前から1,100円/台のキャンセル料
※機種の指定不可
連続通信時間:6時間、10時間、15時間のいずれか
同時接続可能台数:5台、10台、13台のいずれか

おすすめのハワイ用レンタルWiFiはこちら

掲載サイト:いそぽんハワイ

関連記事ハワイ用レンタルWiFiどれにする?料金比較&おすすめ3選

  • 価格やその他の情報は慎重に調査していますが、最終的には各会社の情報をご確認下さい。
  • 費用については目安となります。正確性、信頼性、有益性を保証するものではありません。価格変更、キャンペーンの変更等されている場合がありますのでご了承下さい。
  • 当ブログで公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害におきましても 責任を負いかねますのでご了承下さい。
  • 当ブログ管理人は、リンク先のレンタル会社での契約や契約等で発生した損害、個人情報の保護等について一切の責任を負いません。また、個人情報を共有することもありません。

ルックJTBで行く
ハワイ旅行・ツアー

JTBのパッケージツアーなら
ホテル・航空券・送迎の手配も安心!
航空券+ホテル、航空券だけの予約もできます

ブログ村応援用バナー
タップすると順位アップするようです
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行
にほんブログ村

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次