【グローバルWiFi】6つのポイント!ハワイ専用レンタルWiFiを比較

glowi_page_top

 

皆さん、アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

今回は
ハワイ専用レンタルWiFi【グローバルWiFi(ビジョン)】のポイント
を紹介しますよ♪
(株式会社ビジョン)

いつものようなお気楽な文章ではなく、少ししっかり目に書いています☆

 

このページは、実際に私がWiFiルーターをレンタルする前にチェックしたことを、まとめ直した内容になっています。ハワイに持って行くレンタルWiFiに悩んでいる方の参考になればと思います。
※価格やオプション内容他の情報は、2016年12月9日時点に調査したものです。

 

各社を比較した感想(5点満点)

 アロハデータグローバル
WiFi
イモトの
WiFi
WiHo!
レンタル費用5.04.03.54.0
連続通信時間5.03.03.03.0
1日の使用容量5.04.04.04.0
サポート体制3.55.04.54.0
受取りと返却4.54.53.53.5
合計スコア23.020.518.518.5

各項目について

  • レンタル費用:他社と比較して総合的に料金が安ければ高得点。
  • 連続通信時間:バッテリーが長持ちするか、またはバッテリーがどれくらいもつか表記されているか。
  • 1日の使用容量:1日でデータ通信可能な量です。
  • サポート体制:WiFiレンタル中のサポート体制。
  • 受け取りと返却:WiFiルーターの受け取りと返却が楽にできるか。

 

グローバルWiFiの得点の内容

 

レンタル費用 4.0/5点
500MBのプランだとレンタル費用はやや高めという印象。ただ、キャンペーンが多く、受渡手数料無料なども実施しています。ハワイオフィスで、現地貸出し・返却にして1日分浮かせばかなり安く済ませることができます。

 

連続通信時間 3.0/5点
「連続通信時間が長いWiFiルーターを借りたい!」と思っても、ルーターを選択すること自体できません。予備バッテリーも持って行く方が安心できそうです。

 

1日の使用容量 4.0/5点
公式サイトのトップページから見積もりを出そうとした時、1日の使用容量が分かりませんでした。個人的には知っておきたい情報だったので、少し辛口評価にしました。

 

サポート体制 5.0/5点
やっぱり24時間対応は評価高いです。さらにメールやSNS、LINE通話での問い合わせができるのもいいですよね。

 

受取りと返却 4.5/5点
ハワイ便発着空港以外でも返却できる空港が多いです。タイトな乗り継ぎのスケジュールでも地元の空港で返却できるのが便利です。※お近くの空港で返却できるか事前にご確認ください。

 

 

グローバルWiFiの価格イメージ

グローバルWiFiは3パターンのレンタルプランが用意されています。まずはその内容を紹介します。
※ハワイ(1か国)だけを旅行する場合の費用です。複数国の場合はプランと費用が変わります。

 

  • 4G LTE 快適(250MB)プラン
    1日970円、1日のデータ使用容量250MB、連続通信時間在庫状況で異なる、4G LTE、同時接続5台
  • 4G LTE 大容量(500MB)プラン
    1日1,270円、1日のデータ使用容量500MB、連続通信時間在庫状況で異なる、4G LTE、同時接続5台
  • 4G LTE 超大容量(1000MB)プラン
    1日1,470円、1日のデータ使用容量1000MB、連続通信時間在庫状況で異なる、4G LTE、同時接続5台

 

上記費用は、値引き+受渡手数料無料+5%OFFキャンペーン適用時の費用です。

グローバルWiFiはどのWiFiルーターが届くか分かりません。使用容量に合った連続通信時間の物が手配されると思いますが、電話で聞いた限りでは在庫状況によるということでした。モバイルバッテリーも用意した方がいいでしょう。

 

各機種のレンタル費用と安心補償を付けた場合の費用

日本出国から帰国まで7日間(5泊7日のハワイ旅行)の費用です。

ルーターのみの費用 / +安心補償

  • 4G LTE 快適(250MB)プラン
    6,450円/8,604円
  • 4G LTE 大容量(500MB)プラン
    8,445円/10,599円
  • 4G LTE 超大容量(1000MB)プラン
    9,775円/11,929円

安心補償込みの費用算出については、グローバルWiFiは安心補償が3タイプあります。

他社とも比較しやすく、私もおすすめの安心補償パック「フル」(300円/1日)で計算しています。

グローバルWiFiの安心補償は課税対象です。税抜300円にキャンペーンの5%を引いてから課税しています。

 

各社の参考レンタル費用

上記と同じく7日間(5泊7日のハワイ旅行)の費用を各社別で出してみました。

(単位:円)500
MB
700
MB
1000
MB
無制限250
MB
アロハ
データ
なし5,460
4,830
なし6,510なし
グローバル
WiFi
8,445なし9,775なし6,450
イモトの
WiFi
7,400
11,600
なし11,600なしなし
WiHo!7,890なしなしなし5,790
※アロハデータは700MBで2つのプランがあります。イモトのWiFiは申し込みページによって見積もり金額が異なるのでご注意下さい。

 

オプション費用をchck!

  • カーチャージャー(2ポート)100円/1日
  • 安心補償3タイプ(200円、300円、500円)/1日
  • バッテリー200円/1日
  • 360度カメラ500円/1日
  • iPad500円/1日
  • 日本語→英語翻訳デバイス500円/1日(キャンペーン時)

上記価格は税抜です。キャンペーン割引後の金額に消費税8%が課税されます。

安心補償は「ミニ(80%免除)」「フル(100%免除)」「MAX(100%免除+オプション)」の3タイプがあります。補償内容について詳しくはグローバルWiFi公式ページでご確認ください。

 

海外専用グローバルWiFi

 

サポート体制をcheck!

globalwifi_support

 

グローバルWiFiのサポート体制は24時間365日と非常に充実しています。

「電話」「メール」「LINE」「LINE通話アプリ」「フェイスブック」「ツイッター」で質問することができます。

電話するほど緊急でなければメールでいいですし、直接問い合わせしたいなら電話を利用できます。しかも24時間Ok

オフィスがワイキキにもあるので安心感も違ってきます。ある方は、WiFiルーター本体が故障してしまったのですが、このオフィスで代替機を用意してもらい、楽しいハワイ旅行を再開することができました。

海外旅行に慣れていないと不安なことも多いはず。WiFiの不安1つ減らすだけでも、ハワイ旅行をより快適に楽しくすることができるでしょう。

 

グローバルWiFi ワイキキオフィスへの道順

globalwifi_roadmap2

 

globalwifi_roadmap

 

■住所:
Waikiki Shopping Plaza, 2250 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
(ワイキキショッピングプラザ3階)
Googleマップ
■TEL:(808)922-1010
■営業時間:
9:00~20:00

場所はTギャラリアbyDFSの横の車道を挟んだ向かい側です。

ワイキキオフィスは、現地でWiFiの受取りと返却をする際にも利用します。

 

グローバルWiFiのポイント&メリット

グローバルWiFiのポイントや他社と比較して感じたメリットを紹介します。

 

ポイント1.サポートの仕方が幅広い!
先述の通り、サポートは電話以外にもメールやLINEなど幅広く手段が用意されています。電話に抵抗がある方でも質問を投げかけることが可能なのが嬉しいところです。

 

ポイント2.現地レンタルが可能!
現地でのレンタルの強みは、日本で受け取りと返却をするより、1日分の費用を浮かせる点。ホノルル空港到着~ワイキキオフィスまでの間はネットを使用できませんが、費用を浮かしたい場合に利用しましょう。ハワイで返却を忘れると逆に費用が増えてしまうので注意して下さい。

 

ポイント3.他にないオプション!
360度カメラやiPadなど他にないオプションのレンタルが可能。
※日本での受け取り限定(那覇空港はレンタル不可)
また、ワイキキオフィスではベビーカーのレンタル(500円/1日)も行っています。

 

ポイント4.公式サイトの情報が多い!
公式サイトのページでは、WiFiルーターやスマホの設定方法以外にも、持ち物一覧やお役立ちアプリ一覧、Q&Aなどレンタルの申し込みをしなくても参考になる情報を揃えています。初めてのハワイ旅行にも役立つ情報がたっぷり詰まっていました。

 

ポイント5.返却できる空港が多い!
グローバルWiFiは全国14の空港と港で返却が可能です。レンタル会社によって、返却できる空港の数は違います。もしあなたが利用する空港で返却できない場合、WiFiルーターを元払いの宅急便で返却しないといけない会社がほとんどです。アロハデータを利用する方以外は、返却方法を確認しておきましょう。
※グローバルWiFiも利用空港で返却できない場合、元払いの宅急便で発送します。

 

ポイント6.クレジットカード以外での支払いも可能!
クレジットカードを持っていない方がレンタルする場合は、コンビニ・銀行・郵便局での後払いを利用できます。※後払い手数料として540円が別途必要です。

 

 

グローバルWiFiの弱点・デメリット

私が感じたグローバルWiFiの弱点やデメリットを紹介します。

 

レンタル費用が高め
今回私が比較した中ではレンタル費用が高めです。サポートサービスなどトータルで費用を見る方がいいでしょう。

 

ルーターが選べない
3種類程度のハワイ用WiFiルーターを揃えているようですが、連続通信時間がそれぞれ異なります。在庫状況でどれが届くのか分からないので、モバイルバッテリーも準備しておく必要があります。

 

宅配での返却が有料
主要空港での返却が出来ない場合、宅配料金を実費負担しなければいけません。アロハデータのように往復無料ではないので注意が必要です。また、キャンペーンを実施していないサイトから申し込んでしまうと、受取料金500円が発生します。16時より前に日本に帰着した場合は、当日に発送しなければならないのもデメリットです。

 

情報が探しにくい
サイトの情報量が多いのはメリットですが、「前に見た画面をもう1度見たい」と思った時に辿り着くのが難しい場合があります。必要な情報や後で役立ちそうなページは、ページ毎にブックマークしておくといいでしょう。

 

 

グローバルWiFiの口コミ

公式ページに掲載されている口コミの一部を紹介します。

 

titlehibiscus ワイキキはもちろん、オアフ島での使用は問題ありませんでした。速度も問題ないレベルです。

 

titlehibiscus 操作が簡単なので使いやすかったです。快適に使用できました。

 

titlehibiscus ワイキキオフィスの方がとても親切でした。スマホの設定まで手伝ってくれて、説明も丁寧。グローバルWiFiにして良かったです。

 

titlehibiscus ハワイ島のドライブ時に使いました。googleマップを使えば、レンタカーにナビは必要なかったかも。

 

titlehibiscus ホテルの無料WiFiを使うより速度が速く、ストレスを感じませんでした。ワイキキの無料WiFiスポットでは繋げるのに結構苦労した記憶があるので、レンタルして良かったです。

 

titlehibiscus ワイキキ支社で借りれて、空港で返却できるのが便利。また利用させてもらいます。

 

titlehibiscus 電池のもちが悪かったです。予備の充電器を使えば問題ありませんでしたが。

 

titlehibiscus 同時に3台接続しましたが、使用に問題はありませんでした。THE BUSの状況や乗り継ぎなどを調べるのにも大変役立ちました。

 

titlehibiscus 海外のナビは日本のものより性能が悪いので、タブレットを利用しました。行きたい所にも行けたし、お土産めぐりもできて楽しかったです。

 

titlehibiscus ハワイのドライブにはグーグルナビ。グーグルナビにはグローバルWiFi!そんな感じでした。通信が途切れることもなかったです。おかげさまで快適なハワイ旅行を楽しめました。

 

titlehibiscus 船の上でも繋がったことに驚き!朝から寝る前まで接続できるようにしておきたいので、予備のバッテリーは必須です。

 

titlehibiscus 口コミでは、繋がりやすさはもちろんのこと、ワイキキオフィスのスタッフに対する評価の高さが目立ちました。親切丁寧に説明してくれたという口コミが多かったです。

 

参考情報

グローバルWiFiの公式ページでも確認できますが、参考情報をピックアップしました。あと、私の所感も混ざっています。

 

予備バッテリーは必要?

グローバルWiFiの場合は、手元に届くルーターの連続使用時間が分からないので、予備のバッテリーはあった方がいいと思います。1番短いもので5時間くらいです。1日のうちでほとんどネット通信をしないようでしたら、WiFiを使わない時はルーターの電源を落としておけば予備バッテリーは不要かと思います。

予算次第ですが、予備のバッテリーがあれば、電池残量の心配をしなくても済むので、持参した方が快適に旅行を楽しめるでしょう。

 

グローバルWiFiを受け取れる空港

グローバルWiFiは下記の空港で受け取ることができます。自宅からの荷物が減るので便利ですよ。空港で受け取りを希望する場合は、予約が直前過ぎると対応できないこともあるので、必ず予約受付可能日を確認しておきましょう。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 関西国際空港
  • 伊丹(大阪国際)空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • (追加)仙台空港
  • 新潟空港
  • 静岡空港
  • 小松空港
  • 福岡空港
  • (追加)宮崎空港
  • 博多港 国際ターミナル
  • 那覇空港(国際線)

 

グローバルWiFiを返却できる空港

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 関西国際空港
  • 伊丹(大阪国際)空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • (追加)仙台空港
  • 新潟空港
  • 静岡空港
  • 小松空港
  • 福岡空港
  • (追加)宮崎空港
  • 博多港 国際ターミナル
  • 鹿児島空港(返却BOX)
  • 那覇空港(国際線)

 

360度カメラとiPadの補償内容に注意

安心補償の内容は各社によって補償の範囲が異なります。グローバルWiFiの補償範囲は広いですが、360度カメラとタブレット(iPad)は特殊です。レンタルを予定されている方は先にチェックしておきましょう。

  • タブレット
    破損は100%免除です。ただし、紛失や盗難など物品を返却できない状態の場合は実費負担が発生します。iPadは50,000円、iPad miniは25,000円。さらにノンオペレーションチャージ(営業補償、商品を貸し出せない為に発生する損害の補てん)として10,000円が加算されます。何が何でも紛失や盗難は防ぎましょう。
  • 360度カメラ(THETA S)
    軽微な破損は各安心補償で定める免除が適用されますが、修理が必要な故障や破損、滅失・紛失・盗難による返却不能は実費負担が発生します。
    修理が必要な場合⇒10,000円(不課税) 返却不能な場合⇒40,000円(不課税)

この2つをレンタルされる場合は特別に注意して下さいね。

 

グローバルWiFiまとめ

グローバルWiFiはハワイ以外でも利用者が多く、比較的安心してレンタルすることができます。

費用の面では他社より不利なこともありますが、サポート体制もしっかりしていますし、ワイキキの現地オフィスの存在も大きいです。現地レンタルで費用を浮かすこともできます。

WiFiルーター本体が宅配で届くのは、出発の前日なのでギリギリ。返送する場合は有料なのでアロハデータより不利ですが、受取可能な空港と返却可能な空港が多いことでカバーできていると思います。

 

海外専用グローバルWiFi

 

楽しいハワイ旅行が過ごせますように!
マハロ♪

↓人気の3社をランキングで紹介中!

ハワイのレンタルWiFiランキング

 

ご確認ください
  • 価格やその他の情報は慎重に調査していますが、最終的には各会社の情報をご確認下さい。
  • 費用については目安となります。正確性、信頼性、有益性を保証するものではありません。価格変更、キャンペーンの変更等されている場合がありますのでご了承下さい。
  • 当ブログで公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害におきましても 責任を負いかねますのでご了承下さい。
  • 当ブログ管理人は、リンク先のレンタル会社での契約や契約等で発生した損害、個人情報の保護等について一切の責任を負いません。また、個人情報を共有することもありません。

 

スポンサードリンク



ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscus「ハワイ雑貨の店」の体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


コメントを残す

このページの先頭へ