ハワイでレンタカーを借りる注意点!初心者のドキドキに答える体験記

ハワイのレンタカー

アロ~ハ!いそぽんです。

今回はハワイでレンタカーを借りる注意点を紹介します。

と言っても、実は当ブログの管理人いそぽん&つまぽんは、レンタカーを使いません。オプショナルツアーやルックJTBのトロリーを駆使してハワイを楽しむ達人です。

というわけで、ハワイ在住の日本人の方に協力していただきました。

special thanks

Meliaさん画像

Melia

初めてのハワイで魅力にはまり、移住前にも関わらず車を購入し長期滞在を満喫。現在はハワイに移住したアクティブな日本人女性です。豊富な経験を活かして、インドアないそぽんには書けない情報をお願いしています。

Meliaさんには、ハワイでレンタカーを使う注意点や、初心者が抱く疑問に答えてもらいました。このページを読めばハワイでレンタカーを利用する時のイメージがつかめます。

ハワイ

レンティングカーズ

ハワイのレンタカー 一括比較&予約

目次

免許証についての注意点

まずはハワイでレンタカーを利用する際の免許証について質問です。ハワイでは日本の免許証が使えるのはよく知られていますが、実際のところはどうなのでしょう。

── Meliaさんは国際免許証を持って行きましたか?

Meliaさん

私は国際免許も持っていきました。日本の免許でも運転できると知らず、急いで渡航直前に国際免許を取りにいってしまいました…。結果的には全く使わずでしたが。

── 国際免許証は持って行く方がいいですか?なにかメリットは?

Meliaさん

ある方が便利です。万が一違反や事故をしたりして、現地の警察に免許証を提示することになった場合、国際免許の方がスムーズです。日本の免許は日本語しか記載されていないので、現地の警察からすればただの写真付きカードに過ぎません。

Meliaさん

ハワイに国際免許を持っていくメリットは他にもあります。日本の免許証は身分証明として使用できません。国際免許はアルコールのオーダーや、購入する際の年齢証明としても使えます。パスポートを持ち歩く必要もなくなりますよ。

レンタカー利用の際は、国際免許証があっても日本の免許証も一緒に携行しないといけません。

アルコールのオーダーや購入は、稀に日本の免許証でOKの店もありますが、西暦ではなく元号で記載されているので基本的には使えません。国際免許証かパスポートの方が幅広く使えます。
※コピーはダメという店もあります

話が逸れますが、アルコールは21歳以上からです。日本より取り締まりが厳しいので、20歳以下の人はノリで飲んだりしないでくださいね。
もちろん飲酒運転は違反です。取り締まりも厳しい。栓が開いたアルコール飲料を座席に置くのも違法になるのでご注意ください。

国際免許はどこで発行できる?

国際免許は各都道府県の警察署、住民票所在地にある免許センターや運転免許試験場で発行できます。警察署では2週間前後、免許センターや運転免許試験場は即日で発行できます。国際免許証の有効期間は1年間です。

レンタカーを申し込み前の流れ・注意点

── ハワイで初めて使ったレンタカー会社は?

Meliaさん

ハワイの初レンタカーはオアフ島で利用しました。ニッポンレンタカーです。

── なぜニッポンレンタカーにしたのですか?

Meliaさん

やっぱり比較的日本語が通じやすく、日本の会社なので安心感があったからです。でも…

── でも?

Meliaさん

結局ニッポンレンタカーも日本とは別のオーナーで、日本人スタッフ以外はハワイの人たちなので、あまり大きな違いはないような気がします。

Meliaさん

DFS(免税店)やロイヤル・ハワイアン・センター内のメジャーな営業所であれば、日本人スタッフも多く、比較的安心かも知れませんが、私の場合ホテル内の営業所で借りたため、結局受付もアメリカ人でした。

── アメリカの会社でも大丈夫ですか?

Meliaさん

初回以降はアメリカの会社を利用しました。感想はハワイにあるレンタカー会社はほとんどの会社で日本語サイトがあるので、予約も問題なかったですよ。日本人スタッフが少ないという以外では大きな違いは感じませんでした。

Meliaさん

カーナビも借りるなら、日本語対応のカーナビがあるかはチェックした方が良いです。ただ、日本語対応のカーナビも精度がイマイチという噂もよく聞きます。今はGoogleナビを利用する人が多いんじゃないでしょいうか。

初めてのハワイドライブでは、精度がイマイチでも日本語対応のナビもレンタルした方がいいと思います。紙の地図だけでドライブしていた時と比べたら断然便利です。精度が悪ければスマホの地図アプリを使えばいいので。

日本語対応のレンタカー会社でも、営業所によっては、日本語がほとんど通じなかった、英語の契約書で理解できなかった、不明な請求があった、という声もあります。
ホノルルオートレンタルは、日本人に比較的評判がいいようです。

── レンタカーの申し込みはネットを使ってましたか?簡単ですか?

Meliaさん

申し込みはハワイ到着後にホテルのWiFiを使用して、スマホで予約していました。とても簡単ですぐにできますよ。
私の場合はいつもワイキキ内で借りていました。

── 空港からじゃなくワイキキで借りるメリットは?

Meliaさん

せっかくレンタカーを借りるのなら、朝から晩までフル活用して色々な場所に行きたかったんです。だから、ハワイ到着日以外に借りることが多かったです。レンタカーが必要な計画を1日に集約することで、レンタカー代を節約していました。

ポイント

ずっと借りっぱなしだと、レンタカー代と駐車場代もかかります。レンタカーを使う日と使わない日をスケジュールで決めておけば、旅行費用の節約になります。

保険はどう選ぶ?

日本でも車を運転するなら任意保険にも入るのが一般的です。慣れないハワイでの運転なので、もちろん保険に入っておくべきです。

自動車の保険内容はレンタカー会社によって異なると思うので、概要を質問しました。

── 保険はどのようなものを選んでいるんですか?

Meliaさん

個人によって考え方に差があると思いますが、私の場合、はじめての時は一番しっかりしたものに加入しました。二回目以降は値段を安く収めるため、最低限の保険のみに加入しています。もちろん慣れている人でも、事故を起こす可能性はあるので、予算が十分あるのであればできるだけしっかりした補償内容のものに入るのがいいと思います。実際にワイキキ内で事故を起こしている日本人観光客を見た時、保険大事だなって思いました。

── 最低限の補償はどこまで補償されるようなものを選んでますか?

Meliaさん

基本料金に含まれている最低限の保険だと、対人・対物の金額が少額のため、補償金額を上げるためのプランに加入した方が安心です。アメリカでの事故で訴訟になった場合、高額な補償を求められることがあるからです。

自動車損害賠償保険(LP、LI、PP)※レンタカー会社によって呼び方が違う
日本の自賠責保険に該当するもの。基本料金に含めて自動付帯にしている会社が多いですが、ハワイ州では加入していない会社もあります。契約前に確認しましょう。
補償額は対人2万ドル、対物1万ドルとかなり少額なので、追加自動車損害賠償保険に加入することをおすすめします。

●追加自動車損害賠償保険(SLI、LIS、EP、ALI)※レンタカー会社によって呼び方が違う
対人・対物の補償限度額を100万ドルに引き上げます。万一に備えて、この保険は加入することを強くおすすめします。任意ですが、ほぼ必須です。

Meliaさん

あとは車自体が盗難にあったり、事故で損傷してしまった時のために、自車両損害補償制度もつけています。

●自車両損害補償制度(LDW、CDW)※レンタカー会社によって呼び方が違う
レンタカーの盗難や車両の破損による損害額負担を免除する制度。駐車場で誰かに傷をつけられたような場合でも適用される。これも加入をおすすめします。

Meliaさん

携行品補償や同乗者の怪我の補償がされるものもあるようですが、私はこのタイプの保険には加入していません。

── その保険には入らなくていいんですか?

Meliaさん

海外旅行保険でカバーできたので。あと、緊急医療保険というのもありますが、これも海外旅行保険でカバーできました。海外旅行保険の補償内容は確認しておいた方がいいですね。

Meliaさん

補償があったとしても、面倒に巻き込まれない努力も必要です。
ハワイでは日本人観光客を狙った車上荒らしが非常に多いので、かなり気を付けていました。毎回車を降りる時には、短時間でもカーナビを隠したり持ち出していました。車内の見える所には何も残さないのが鉄則です。

海外旅行保険に加入していればいいというわけではありません。補償内容を確認してみましょう。

Meliaさん

自衛手段はできるだけしておく方がいいですよ。楽園ハワイと言っても、日本の治安と比較してはいけません。日本は世界の中でも特別ですから。

ポイント

駐車の仕方で日本人とバレることもあります。ローカルは前向き駐車(前進駐車)が多いですが、日本人はバックで駐車する後ろ向き駐車が多いです。ハワイでは頭から入れて駐車する前向き駐車にした方がいいですね。

現地での手続き

── 営業所に着いてからはどんな手続きがあるんですか?

Meliaさん

大体どの会社も同じような手続きだと思いますが、インターネットで申し込んでいる場合、加入する保険のプランや支払いなど全て終わっていれば、とても簡単です。

Meliaさん

予約者の名前をカウンターで伝えて、免許証など提出し、書面の何ヶ所かにサインするだけでした。

── 日本で予約していないと?

Meliaさん

日本語スタッフがいるとは限らないので、英会話が必要になると思います。あと、保険の内容が英語表記だと読解できないかもしれません。
レンタカーは、日本で予約しておく方がいいです。

ポイント

日本で予約すれば、保険の内容を日本語でゆっくり読むことができます。

ハワイでの運転や注意点

誰だって初めてのことをする時は初心者です。そんな時に不安に感じそうなことを質問してみました。

── 初めてハワイで運転した時は緊張で気絶しそうになりましたか?

Meliaさん

気絶しそうなぐらい緊張する人は、無理して運転しない方がいいと思います。

── では、初めてハワイで運転した時に特に気をつけたことは何ですか?

Meliaさん

一番基本的なことですが、右走行ですね!
日本で車を毎日運転している人でも、左ハンドルで右走行はかなり違和感があると思います。私もふと集中力が落ちた時に、左走行してしまいそうになることが何度かありました。

Meliaさん

他の車と一緒に走っていたら、意外と早く慣れたのですが、いつもと勝手が違うので神経は疲れてるんですね。急にどっと疲れが出て日本式に戻りそうになることがありました。本当に気を付けた方がいいですよ。

── 走行中で特に危ないと感じるのはどんな時ですか?

Meliaさん

特に危ない瞬間は交差点で左折する時です。日本だと右折をする感覚です。いつもの癖で左車線に入りそうになったことが何度かありました。交通量が多い道路なら、前の車に続けば間違いないのですが、誰もいない交差点は自分の判断だけになりますから、注意が必要です。

ポイント

右側通行に慣れていない時は、常に右、右と意識したり、自分の左側にセンターラインがあるようにと意識する人が多いようです。交差点では、「右が小回り、左が大回り」を意識しましょう。

ハワイの運転マナーは?

ハワイで初めて運転する前に運転マナーも気になりませんか?やっぱりアメリカなので乱暴な運転をする人が多いのでしょうか?

オアフ島で感じた運転マナーについて聞いてみました。

── 運転が荒い人は多いですか?アメリカ本土はスピードを出して車間距離を詰めて走っているイメージがあるのですが・・・

Meliaさん

アメリカ本土は分かりませんが、知人の話によると、アメリカ本土の都市部に比べ、ハワイのマナーはかなり良いそうです。私も運転していて、日本だったらすぐクラクションを鳴らしてしまいそうな場面でも、大人しく待っているドライバーが多い印象でした。

Meliaさん

もちろんヤンチャなドライバーもいますので、乱暴な運転をしている人もゼロではありません。特徴としては結構ルーズなドライバーが多いです。ウィンカーを出さないのは当たり前。いきなり減速して曲がったりするので、車間をあけて運転しましょう。

ハワイのドライバーは譲り合いの心を持った人が多いそうです。譲ってもらったらアロハサイン(ハングル―ス)でお礼しましょう。
ハザード、クラクションなどは迷惑行為になります。

アロハサイン

アロハサイン(ハングル―ス・シャカサイン)
旅行者がよく使うのはハングル―ス

給油の時用に現金も持って行く

── 初めての給油はどうでしたか?

Meliaさん

ガソリンスタンドによって操作方法が少しずつ違うので、はじめは戸惑いました。ノースショアに行く途中のガソリンスタンドでは、結局やり方がわからず諦めて違うスタンドを探しました。

Meliaさん

場所によっては日本で発行したクレジットカードでは支払えない場合もあるので、現金で入れなければいけない状況になることもあります。現金もガソリン代として用意しておいた方が良いです。

関連サイト -ハワイ123ドットコム-

── 満タン返ししないといけないですか?

Meliaさん

レンタカーのオプションで、満タン返し不要というのもあります。1タンク分の料金が加算されるので、ガソリンが多く残っている場合は損です。満タン返し不要は基本的に割高になりますね。

Meliaさん

でも、ガソリンスタンドを探す手間や給油する時間を省けるメリットも大きいと思います。混んでいる時もありますし。
滞在中に給油しないといけないほど走らない人で、給油が不安な人はこのオプションもありだと思います。

レンタカーを使った感想

そもそもレンタカーは必要なのかと思われている人も多いですよね。ハワイ島やマウイ島、カウアイ島はレンタカー必須とよく聞きます。

いそぽん家はハワイ島でもオプショナルツアーを利用したのでレンタカーは使いませんでした。ただ短期間の滞在だったから良かったのかもしれません。1週間以上滞在するなら必要だったでしょう。日本以上に車社会ですからね。

Meliaさんに必要と感じた時、不要と感じた時を聞いてみました。

こんな時にレンタカーがあって良かった

── レンタカーがあって良かったと思ったのはどういう時ですか?

Meliaさん

バスやトロリーの時間や経路を気にせずに、自分の行きたいタイミングで行きたい場所に行けることです。

Meliaさん

特にカイルアタウンにレンタカーで行った時、バス停で日本人観光客の長蛇の列を見つけた時には、レンタカーで良かったと思いました。ひどい時にはバスに乗り切れず、次のバスを待つことになるそうです。

── 確かにツアーだと「もうちょっとここにいたい!」って時でも移動しないといけないです。

Meliaさん

オプショナルツアーのいいところは、ガイドのプロによる情報がたくさん聞けることや観光に集中できる点ですね。運転があるとどうしても体力をセーブしてしまいます。いそぽんさんのブログを見ましたが、やっぱりガイドさんの現地情報が役に立ってるなぁという印象をもちました。

いそぽん

オプショナルツアーは、見る、知る、遊ぶがノンストレスでできるので重宝しています。時間の自由も欲しいとなると、貸切チャーターになって、2人だともったいなくて。難点はそこだけですね。

Meliaさん

あと、ハワイと言えばやっぱりビーチ!ビーチに行くなら荷物も多くなるので、レンタカーだと本当に助かります。
交通機関が乗り入れできないビーチだと、最寄りのバス停から30分以上歩かなければいけないケースもあります。レンタカーなら道さえあればどこへでも行けます!

貸切チャーターはレンタカーとツアーのいいとこ取りのツアーです。行きたい場所をリクエストしておけば、運転やガイドは現地の日本語スタッフにお任せ。ある程度の人数なら一般的なツアーより割安になることもあります。
一般的なツアーだと行かない場所に行くこともできるかもしれませんね。

レンタカーが不要だった時

── レンタカーが不要だったと感じた時はどんな時ですか?

Meliaさん

アラモアナセンターに行った時です。その時は非常に駐車場が混んでいて、停める場所を探すのに苦労しました。トロリーで来ていれば、駐車場でグルグル探し回る時間がかからなかったなと後悔しました。

Meliaさん

ハワイではどこへ行っても駐車場を探すのに一苦労です。レンタカーを借りて観光するには、各駐車場で粘り強く、効率よく駐車できる場所を探すことが求められると思います。

レンタカーが重宝するのは、ワイキキから離れた場所に遊びに行く時やビーチに行く時です。
オプショナルツアーで代用することもできますが、自由に遊び回りたいならレンタカーは便利。

人気の店やスポットに行く時は、トロリーも積極的に利用した方がいいようです。駐車場探しで時間をかけるのはもったいないし、路上駐車の取り締まりも結構あります。

レンタカーで行くオアフ島のおすすめスポットは?

── レンタカーならではのおすすめスポットを教えて下さい。

Meliaさん

ワイキキからダイヤモンドヘッド、ハナウマ湾、ブローホール、サンディビーチなどを通る東海岸がとても気持ちいいです!ハワイらしい景色もたくさん見れますし、朝から出かければとても海がきれいに見えます。

── オプショナルツアーでもこのルートはよく通ります。景色がいいし、ハワイの海~って感じがしますよね。

Meliaさん

特にレンタカーでないと行きにくい、ロコに大人気のワイマナロビーチはぜひ一度立ち寄っていただきたいです!観光客も少なく、ロコがフラダンスやウクレレの練習をしていたり、のんびりと時間が流れています。人気のラニカイビーチやカイルアビーチなどにも負けず劣らずきれいなビーチですよ。

初めてハワイのレンタカーにチャレンジする人に

── 初めてハワイでレンタカーを利用する人に伝えておきたいことを教えて下さい。

Meliaさん

日本とは全く違ったルールで、もちろん看板も全部英語です。必要最低限のことはきっとカウンターで教えてもらえる、と思っていたら意外とそうでもありません…。

Meliaさん

特に朝の忙しい時間帯は、どこのレンタカー会社も流れ作業で、どんどん出発させられて行きますので、ゆっくり交通ルールなど聞いている暇はありません。事前に交通ルールをインターネットなどで勉強しておくと良いと思います。

時間帯やレンタル会社にもよりますが、説明を聞ける時や聞けない時があるようです。朝早く借りて1日レンタカーで走り回る人も多いので、そういった忙しい時間帯は流れ作業になることもあるそうです。

特に初めての場合は、朝イチを避けた方がいいかもしれませんね。

ポイント

ホノルルオートレンタルという会社では、スタッフが助手席に乗り、簡単な教習をしてくれます(有料サービス)。
初めての方でも安心。経営者もスタッフも日本人です。

── もっとください。

Meliaさん

出発前にガソリンがどの程度入っているか、車に大きな損傷はないか、なども簡単にチェックしてください。実際にガソリン代を過度に請求されたり、つけていない傷の責任を押し付けられてしまったことがあります。(ニッポンレンタカーではありません)

Meliaさん

だからスマホで車体の写真を撮っておくと良いと思います。スタッフの前で写真を撮っていれば、こちらが用心深いという印象を与えられるので、言いがかりをつけにくくなるのではないでしょうか。

── これで最後です。お気に入りのレンタカー会社を教えて下さい。

Meliaさん

トータル的にはニッポンレンタカーがお気に入りです。少しお値段は高めに感じますが、日本人スタッフも比較的多く、日本人スタッフ以外でも日本人慣れしている人が多いような印象でした。特にはじめての人は安心して使えるかなと思います。

まとめ

価格でハワイのレンタカー会社を選ぶのもいいと思いますが、初めてで不安な場合はMeliaさんのように日本語が通じる、日本人慣れしている会社を選ぶのもいいかもしれません。

Meliaさんのお気に入りではないですが、ホノルルオートレンタルも日本語OKで良さそう。有料でも簡単な教習を受けられるのはメリットです。

価格だけじゃなく、保険もちゃんとチェックしてくださいね。

あとは、右側通行、交差点では「右が小回り、左が大回り」。車内には荷物を残さないことです。

ヒッチハイクは禁止で、乗せると運転者が罪になるそうです。また、危険な目に遭うこともあるのでスルーしましょう。

Meliaさん

いい旅行になりますように!

ハワイ

レンティングカーズ

ハワイのレンタカー 一括比較&予約

いそぽん

景色に見とれず、慎重に運転してくださいね!

いそぽん(@isopon11)でした。
マハロ♪

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
TOP
目次
閉じる