イオラニ宮殿のツアー体験記&思い出作りにおすすめのツアー会社

2016年11月8日の体験記

イオラニ宮殿1

 

皆さん、アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

今回は
イオラニ宮殿のツアー
の感想と体験記を紹介しますよ♪

オプショナルツアーを探している方向けに、この一択で間違いないというツアー会社も紹介します!

 

初ハワイでイオラニ宮殿の中まで行く人は少ないと思います。いそぽん家も外観を眺めるだけなら何回か訪れたことがありましたが、中まで入るのはハワイ旅行5回目にして初です。

イオラニ宮殿の中は、ハワイのリピーターかハワイの歴史に興味のある人向けかなと個人的には思います。日本人がまずイメージするハワイはやっぱりビーチやダイヤモンドヘッド、ショッピングや自然の中でのアクティビティですよね。

 

1度は中を見てみたいと思いながらも、イオラニ宮殿だけを単独で観光する気になれませんでした。

でも、見たい!

それならいっそ島内観光に組み込まれているオプショナルツアーにしてしまおうと思ったのです。

そして参加したのが、

オアフ島半日観光!ハワイの歴史をめぐる名所ツアー

 

オアフ島半日観光!ハワイの歴史をめぐる名所ツアー
というツアーです。

タンタラスの丘、モアナルアガーデン(この木なんの木)、イオラニ宮殿、真珠湾、王家の墓、イオラニ宮殿、カメハメハ大王像というツアー内容だったのですが、現在は変更になり、真珠湾と王家の墓がなくなりました。

 

ツアーの内容は変更になりましたが、イオラニ宮殿は現在もメインとしてコースに入っています。この会社のガイドさんがとても雰囲気のいい方だったので、イオラニ宮殿のおすすめツアーとして紹介します。

このページでは、

  • イオラニ宮殿のこと
  • 選択できるツアーの紹介
  • イオラニ宮殿内部の体験記
  • おすすめのツアーと内容
  • イオラニ宮殿予約画面の解説
  • 旧ツアーの体験記(どうでもいいおまけ記事)

をお届けしています♪

ボリューム盛りだくさんなので、お急ぎの方は下の目次もご利用下さい。
クリック又はタップすれば、見たい箇所にジャンプできますよ。

スポンサードリンク

イオラニ宮殿

イオラニ宮殿2

 

現在のイオラニ宮殿は、2007年に大改修されています。当時の状態を忠実に再現されていて、ハワイ王朝の華やかさと贅沢加減がヒシヒシと伝わってきます。

イオラニ宮殿を建てたのは、ハワイの道路の名前にもなっている有名なカラカウア王。
1882年に建てられました。

当時としては珍しい電気設備を備えたり、ハワイ初の水洗トイレだったりとまさに最先端の王宮でした。

カラカウア王の妹で後継者だったリリウオカラニ女王もこの場所でハワイを統治していましたが、ハワイ王朝の崩壊後、この王宮に8か月間幽閉されていました。

ハワイ王朝の栄華と崩壊を見てきた宮殿です。

 

その後ハワイ州庁舎ができるまでの間、ここは政府の公邸として使われていたそうです。
ハワイ王朝の時代からアメリカ領になるまで、政治を見守ってきた宮殿なのです。

 

ハワイ州庁舎

 

現在のハワイ州庁舎です。イオラニ宮殿のすぐ裏側に建っていますよ。

イオラニ宮殿の敷地は誰でも無料で入れますが、宮殿内に入るにはツアーへの申し込みが必要です。

 

どんなツアーがある?
ガイドツアーor音声ツアーorオプショナルツアー

イオラニ宮殿の中はフラフラ~と見に行くことはできません。

中を見る方法は、この3つです。

 

  • ボランティアによるガイドツアー
  • 音声案内(オーディオ)ツアー
  • オプショナルツアー

 

1.ガイドツアー(ボランティア)

イオラニ宮殿によるガイドツアーですが、ガイドをしてくれるのはボランティアの方々らしいです。

日本語ガイドは月曜と金曜の11時30分~だけしかなく、人数制限もあるので予約をしておく方がいいみたいですね。

空きがあれば当日でも参加できます。
およそ60分~90分ほどの所要時間になるそうですよ。

ガイドツアーにはデメリットがあります。

 

  • 中止になることも多いらしい
    (オーディオツアーに変更)
  • 日本語ツアーは週に2回だけ
  • 予約が必要
    (運が良ければ予約なしでも参加できる)

 

こういった点に注意が必要です。

ガイドツアー催行情報

火・水・木曜:9:00-10:00
金・土曜:9:00-11:15
15分間隔で催行
※日本語ガイドは月・金の11:30のみ

大人:21.75ドル
5-12歳:6ドル
4歳以下:無料
※10名以上のグループだと1人あたり16.75ドル(事前通知必要)

 

2.音声案内(オーディオ)ツアー

あらかじめ録音されたオーディオガイド(日本語用あり)を聞きながら、自分のペースで宮殿を探索することができます。イオラニ宮殿には地下ギャラリーもありますが、そこも見ることができます。

オーディオに録音されている時間は45分。
およそ1時間程度の観光になりそうですね。

このツアーは10分おきに始まるので、現地で直接申し込んでもいいかもしれません。ただ、1回の人数が限られているので、予約しておく方が確実なようです。予約なしで行ったら30分以上待った方もみえます。

綿密な計画で時間を有効に使いたい方は予約がいいですし、のんびりした時間を過ごすなら予約なしで行ってもいいと思います。

開始までに時間が余ったら、イオラニ宮殿の敷地内の散策やすぐ近くにあるカメハメハ大王像で記念撮影をするのもいいと思います。

オーディオツアー

月曜:9:00-16:00
火・水・木曜:10:30-16:00
金・土曜:12:00-16:00
10分間隔で催行

大人:14.75ドル
5-12歳:6ドル
4歳以下:無料
※10名以上のグループだと1人あたり11.75ドル(事前通知必要)

ガイドツアーもオーディオツアーも10名以上のグループで参加する場合、4週間の事前通知が必要です。

 

予約方法

予約は現地、電話、ウェブサイトからできます。

イオラニ宮殿の敷地内にあるハレ・コアという場所でチケットを購入することができます。ここにトイレもありますよ。

予約ハレ・コア

 

予約ハレ・コア2

ハレ・コアの内部。もともと兵舎として使われていました。チケット売り場、トイレ、ビデオシアター(英語)などがあります。

電話で予約する場合はこちら
808-522-0832
※たぶん英語です。

最も簡単なのはウェブサイトですが、英語表記になっています。

ウェブサイトの説明は、長くなるのでこのページの最後で解説しますね。
予約サイトへのリンクもそこで紹介しています。

 

オプショナルツアー以外で参加する場合、ガイドツアーかオーディオツアーのどちらかになりますが、オーディオツアーの方が気楽でいいと思います。

ツアーや料金の内容はイオラニ宮殿の公式ホームページを参照しています。
(2017年9月10日現在)

お問い合わせはイオラニ宮殿までお願いいたします。

公式ページ
http://www.iolanipalace.org/

 

3.オプショナルツアーで参加

イオラニ宮殿だけに行くのではなく、島内観光も混ぜながら参加できるのがオプショナルツアーのメリットです。

ガイドさん任せで観光ができるので、初ハワイの方や英語が不慣れな方におすすめですよ。

外観まで案内してくれるツアーはたくさんありますが、宮殿内までガイドしてくれるツアーってほとんどないんですよ。宮殿内を案内できるガイドさんは少ないのです。

 

そこでおすすめするのが、いそぽん家が参加したツアー会社。

ガイドさんの紳士的な人柄や豊富な経験と知識を兼ね備えたツアーで、JTBから申し込みができますよ。

いそぽん家を案内してくれたガイドさんに直接メールで尋ねたところ、「イオラニ宮殿の案内は全て私がやっています。」とのことだったので、このガイドさんが来てくれます。

安心してお申し込みください♪

 

イオラニ宮殿ガイドさん

 

顔出しOKかどうか分からないので、ボカシつきで。
膝をついてお客の写真を撮っているシーンです。

こちらの方は勉(Ben)さん。

日本からアメリカ本土に渡り、現在ハワイで暮らしている日本人ガイドです。自然を愛し、ハワイを愛し、何より博識な方でした。

素敵なハワイの思い出作りの手助けをしてくれますよ♪

宮殿内を案内中はなるべく近くにいるようにして下さいね。宮殿内では大声でガイドできないので、遠くにいると説明が聞き取れません。

JTBのイオラニ宮殿ツアー

 

イオラニ宮殿の注意事項

注意点

 

イオラニ宮殿内では、ビデオ撮影やガイドの録音、三脚や一脚を使った撮影、拡張レンズ、セルフィーが禁止です。フラッシュ撮影もできません。建物や展示品などを保護するためです。普通の撮影は自由にできます。

宮殿内は飲食や喫煙(電子タバコも)不可で、大きなバッグも持って行かないようにして下さい。

5歳未満の子供は無料ですが、抱っこひもを使って体の前で抱っこするか、宮殿から貸し出される(数に限りあり)ベビーカーに乗っていないといけません。

バッグは背中側で掛けておくのではなく、お腹側で掛けるようにします。展示品にぶつけてしまわないためです。

 

華麗なるイオラニ宮殿の体験記

では、イオラニ宮殿の内部の様子を紹介しますね。
写真では伝えきれないくらい優雅でしたよ。

まず、イオラニ宮殿の入り口は裏側になります。

皆さんたぶんこちら側からイオラニ宮殿の敷地に入ると思います。

イオラニ宮殿入口1

 

カメハメハ大王像がある側の門ですね。

このまま中に入って、宮殿の裏側に回り込んでください。

イオラニ宮殿入口2

 

裏側ですがここが入口です。
宮殿内部は中央の階段を上がって入ります。
地下ギャラリーは階段の右側にあります。

 

宮殿に入るには、まず用意されたシューズカバーを靴の上から履きます。

 

日本のお寺などは、靴を脱いで入りますよね。
アメリカはシューズカバーです。

 

イオラニ宮殿内1階

宮殿内に入るとそこはグランドホールと呼ばれる場所。

まず目に入るのが、この大きな階段。

イオラニ宮殿3

 

ハワイ固有種の木「コアウッド」で出来ています。神聖な木として昔は王族しか使うことが許されていませんでした。

現在は誰でも手にすることができますが、絶滅の危機になっている希少な木です。

この階段の両脇の壁には、イギリスやインド、日本、フランスの装飾品が飾られていました。壁の上部にはハワイの王と王妃の肖像画も飾られています。

スーパーセレブだけが入ることを許される超高級ホテルに入った時のような感覚でした♪
そんな超高級ホテルに入ったことないですけどね。そんな雰囲気でした。

イオラニ宮殿は、1階は客人をもてなしたり、公式行事を行う場所。2階がプライベートエリアとして使われていたそうです。まずは1階から見ていきますよ。

 

スローン・ルーム(王座の間)

イオラニ宮殿1

 

いきなりこれです。

王座の間なんて入ったことがなかったので、びっくりです。日本人には馴染みのない空間なので、その時はポカーンとしていましたが、映画でしか見たことがない光景が広がっていました。

 

イオラニ宮殿4

 

この王座はカラカウア王とカピオラニ王のためのものだったらしいです。

 

イオラニ宮殿5

 

一言で表すなら「貴賓」です。

 

イオラニ宮殿6

 

王冠と王剣。

皮肉にもリリウオカラニ女王はこの部屋で行われた裁判によって、宮殿の2階に幽閉されることになります。

リリウオカラニ女王が幽閉された理由は長くなるので、下記の外部サイトをご覧ください。

リリウオカラニ女王の話

 

続いてはブルー・ルームと呼ばれている部屋。

イオラニ宮殿7

 

日本だと「青の間」といったネーミングがピッタリなこの部屋。

お客様をもてなす部屋だったようです。ここにも絵画などの肖像画が飾られています。リリウオカラニ女王のコアウッドのピアノもありましたよ。

上の画像だと青さが伝わらないので、公式サイトの画像もどうぞ。


引用:http://www.iolanipalace.org/sacred-palace/the-palace/blue-room/

青いですね♪

いそぽん♂は特に青色が好きなので、この部屋はすごく気に入っていました。

 

次はステート・ダイニング・ルーム

イオラニ宮殿8

 

主賓と晩餐会をする部屋のようです。

床から天井ほどまである大きな窓が印象的でした。ここにもコアウッドの家具が使われているそうです。

別にコアウッドを推しているわけではないのですが、豪華で贅沢な宮殿だということが伝われば幸いです。

 

イオラニ宮殿9

 

万が一ですよ、この部屋にお呼ばれしたらどうします?緊張して食事が喉を通らないと思います。

でも、万に一つも呼ばれることはないので安心です。

 

次は2階のプライベートルームに移動します。
あの大きな階段は使えないのでエレベーターで移動します。

 

イオラニ宮殿内2階

イオラニ宮殿10

 

このテーブルが何だったか全く覚えていません。当時使われていたテーブルだったと思います。今までの流れだと、たぶんコアウッドなんでしょうね、きっと。

下の方にゴーストバスターズのようなマークがついていますが、「触ってはいけない」というマークです。ゴーストが出るわけではありません。

 

クイーンズベッドルーム

イオラニ宮殿12

 

カラカウア王の奥様である王妃の寝室です。
1階にあった青の間とは違い情熱的な部屋ですね。

 

 

イオラニ宮殿はあまりにも費用をかけすぎたため、多額の負債があったそうです。

ハワイ王国崩壊後は、借金返済のためにこの部屋の家具やカラカウア王の作品などが売りに出され、今も回収中らしいです。

もしかしたらそんなお宝があなたの家にも眠っているかもしれませんよ。ご先祖様が買ってきたかもしれません。1度調べてみることをおすすめします。

私の家にはありませんでした。

 

カラカウアズベッドルーム

イオラニ宮殿14

 

カラカウア王の寝室です。

アジアやヨーロッパの家具が混在して置かれています。カラカウア王は世界旅行もしているそうなので、美しいものや新しいもの、珍しいものを見る目は確かだったと思います。

 

イオラニ宮殿15

 

復元された王のベッド。
意外にシンプルですね。

 

キングズライブラリー

イオラニ宮殿16

 

キングズライブラリー?
王の図書館ってこと?

書斎かなと思っていたら、他の人は「執務室」と訳していました。
皆さんさすがです。

 

イオラニ宮殿17

 

カラカウア王は、ハワイ語はもちろん、フランス語と英語も堪能だったそうです。新しいものや世界に目を向けるのが本当に好きだったんですね。

でも、こういう感じの椅子は座り心地は良くないと思う。

 

イオラニ宮殿18

 

当時は大変珍しかったという電話。
どうやって使うんでしょうね。

まさかスマホが登場するとは、さすがの王も想像していなかったでしょう。

 

イオラニ宮殿19

 

実は水洗トイレ。
ハワイ初らしいです。
カラカウア王、新しもの好き。

 

イオラニ宮殿20

 

トイレの横にはバススペースも完備されていました。

 

キルトルーム

イオラニ宮殿21

 

この部屋にリリウオカラニ女王は幽閉されていたそうです。

画像では分かりにくいですが、全ての窓の下側半分以上がくもりガラスになっていて、外の景色を眺めることができません。そんな部屋に8か月も幽閉されていたそうです。

その時に作っていたキルトがここに展示されています。

生まれた日、王位を継承した日、幽閉された日が表現された刺繍です。

イオラニ宮殿22

 

ミュージックルーム

イオラニ宮殿23

 

黄金の間と呼ばれている部屋です。
王室の人達がここで作曲したり演奏したりして楽しんでいたそうです。貴族ですね。

 

イオラニ宮殿24

 

ハワイの音楽で有名な「アロハ・オエ」。
リリウオカラニ女王が作詞・作曲したんですよ。
愛する人との切ない別れの音楽です。

 

さて、1階と2階の観光は以上です。

写真では伝えきれない華やかさがそこにありました。
ハワイ王国の栄光と崩壊の両方を見てきた宮殿です。
こういったハワイ王朝の歴史に触れてみるのもいいものですね。

他にも紹介したい画像とか「これ何だっけ?」という画像がいっぱいあるのですが、後は現地でお楽しみください。

1階と2階は終わりですが、イオラニ宮殿には地階ギャラリーもありますよ。

ガイドツアー、オーディオツアー、オプショナルツアーのどれでも地階ギャラリーも追加料金なしで見物できます。

また、地階ギャラリーだけの見物もできます。
チケット売り場でお申し込み下さい。

地階ギャラリーだけの見学

月曜~土曜:9:30-16:30

大人:7ドル
5-12歳:3ドル
4歳以下:無料

 

 

イオラニ宮殿内地階

地階ギャラリーは、当時の厨房や食器類、勲章や宝物を見ることができます。

不思議なことに勲章とかひかりもの系の写真しか撮っていなかったので、一部だけ紹介しますね。

地階へは1度外に出て、すぐ横にある階段を下りていきます。

地下ギャラリー

 

中には数々の展示物がありましたが、お金になりそうまばゆくひかり輝く品の写真しかなく、しかも資産価値写真に夢中で何がなんだか覚えていません。一挙に紹介します。

勲章とか宝石

地下ギャラリーまとめ

 

2つくらいあればもう働かなくてもよくなるんじゃないでしょうか。

 

私は気づきませんでしたが、地階ギャラリーにはお土産コーナーもあるそうです。

 

ところで、地階ギャラリーだけのチケットを買うことができるのですが、ここだけを見てもあんまり楽しくないと思います。
どうせなら、イオラニ宮殿の内部とセットで見るのがおすすめです。

 

イオラニ宮殿~カメハメハ大王像へ

イオラニ宮殿の見学が終わったら、次はお決まりのカメハメハ大王像へ向かいましょう。道路1本挟んだ向かい側にあります。

ハワイ旅行でオアフ島に来るなら、必ず1度はここを訪れて記念写真を撮っておかないといけないスポットです。

いそぽん家は2016年は2回も来ることになりましたが・・・

 

その前に、イオラニ宮殿内部で巨大バニヤンツリーをバックに記念撮影。
エネルギーに満ち溢れています。

イオラニ宮殿のバニヤンツリー

 

太く伸びた枝から気根という根が地面に垂れ、そこで栄養を吸収し新しい幹になります。栄養に向けた執念がハンパない木です。エネルギーを分けてもらいましょう。

こうやってこの木はどんどんと勢力を広げていくので、ハワイではバニヤンツリーの下が絶好の日差し除けスポットになっています。

 

そしてカメハメハ大王像へ向かいます。

カメハメハ大王像

 

ここに来ればまたハワイに呼んでもらえるので、時間があれば行ってみましょう♪

カメハメハ大王2

 

イオラニ宮殿おすすめのオプショナルツアー

先に少し紹介しましたが、オプショナルツアーでイオラニ宮殿内部を見学するなら、おすすめのツアー会社があります。

雰囲気がよくて、物知りな日本人ガイドBenさんが案内をしてくれます。

他のガイドさんになることはなく、いそぽん家と同じガイドさんが来てくれますよ。将来的には分からないですけどね。

いそぽん家が参加した時とはコース内容が変わっていますが、今でもイオラニ宮殿の案内は完璧です。

どんなツアーか内容をザッと紹介しますね。

 

イオラニ宮殿とオアフ名所めぐりツアー

いそぽん家がおすすめするのはIOG TOURというツアー催行会社が提供している

「イオラニ宮殿とオアフ名所めぐりツアー」

です。
Benさんは日本人で、今も日本人の心を持っています。

6:45~7:35
ワイキキの各ホテルピックアップ

13:00~13:30
ワイキキの各ホテル到着

※希望者はこの後、ワイケレ・ショッピング・センターにも連れていってもらえます。

 

このツアーで行けるのは、

 

  • タンタラスの丘(午前)
  • モアナルア・ガーデン(この木なんの木)
  • ワイマナロ・ベイ・ビーチ(月曜~金曜)
  • ハロナ潮吹き岩(土曜・日曜・火曜)
  • マカプウ展望台
  • ハナウマ湾見学
  • イオラニ宮殿
  • カメハメハ大王
  • (希望者のみ)ワイケレ・ショッピング・センター

です。
曜日によって行先が若干変わります。

 

今回用意してもらった車はベンツのバン。

ベンツのバン

 

常にこの車なのか参加人数によって変わるのかは分かりませんが、とても快適なドライブでした。

車の中にモニターがあって、車中はこのモニターで映像を映しながらガイドをしてくれました。ハワイではいくつものツアーに参加してきましたが、これは珍しいパターンでした。

ツアー移動中の映像

 

画像は、ハワイに生息している鳥についてです。
もちろん、鳥以外の情報もガイドしてくれますよ(笑)

乗り心地のいい車、溢れるサービス精神、日本人ガイドならではの心配りだと思いました。

 

◆タンタラスの丘

夜景で有名な観光スポットで、ロコのデートでもよく使われます。

ただ、タンタラスの丘へ向かう道は狭くて急勾配、ヘアピンカーブもあるので、レンタカーよりもツアーを利用する人が多いです。

タンタラスの丘1

 

タンタラスの丘2

 

ここはタンタラスの丘頂上にあるプウ・ウアラカア州立公園という場所です。

夜景もいいですが、明るい時間にタンタラスの丘から眺める景色は雄大です。ダイヤモンドヘッドやワイキキの街並み、ダウンタウンなどホノルル市内が一望できますよ。

ちなみに、夜景観光の場合は、この場所までくるのではなく、中腹にある駐車場から町を見下ろします。
※強盗や性犯罪が発生するなど治安が良くない場所なので、夜景は個人で行くよりツアーがおすすめです。日本じゃないですからね。

 

◆モアナルアガーデン

モアナルアガーデン1

 

テンテンテケテンテーン♪
この~木なんの木
気になる木~♪
で有名な日立の木がある公園です。

ここも日本人観光客なら1度は訪れておくべき観光スポットです。

いそぽん家はツアーの兼ね合いで、2012年から2016年まで毎年来ていますよ(笑)

ここでやるべきことは、

▼エネルギーをもらう

モアナルアガーデン2

 

▼木に咲く花の撮影

モアナルアガーデン3

 

▼ジャンプ

モアナルアガーデン4

 

花はハワイ旅行のアルバムの表紙にしたり、年賀状に使ったりすると綺麗ですよ。

ジャンプはいそぽん♂が毎年やっているのですが、最近はジャンプする人が増えているのでやりにくくなりました。

今回はかわいらしい新婚のカップルがジャンプをし終えるまで、ジャンプ待ちしていました。だからちょっと恥ずかしくなりました。

モアナルアガーデンの別の体験記

 

◆ワイマナロ・ベイ・ビーチ
(月曜~金曜のツアーのみ)

ワイマナロビーチ

いそぽん家のツアーにはなかった場所なので、2015年の画像を載せています。

2015年度全米ナンバー1に選ばれたビーチ。

サラサラの砂、青く輝く海。
ボーっと座っているだけでも1日過ごせてしまえそうなビーチです。

写真中央には肩を寄せ合うカップル。
こういうのが似合う場所です。

手前の人(いそぽん♂)のように猛ダッシュし始めるビーチではありません。

ワイマナロ・ベイ・ビーチは土曜・日曜は入れないので、代わりにハロナ潮吹き岩に行きます。

 

◆ハロナ潮吹き岩
(土曜・日曜のツアーのみ)

ハロナ潮吹き岩

2016年の別のツアーでの画像です。

ハロナ潮吹き岩も観光スポットとして有名な場所です。

晴れた日は、遠くにモロカイ島が見えることもあります。

広く見渡せる海と打ち寄せる波。
岩に開いた穴からは10メートルもの潮吹きが見えることもあるみたいですね。

いそぽん家は今まで1メートルの潮吹きにすら出くわしたことがありません。
だからこの場所はあまり好きではありません。

 

◆マカプウ展望台

マカプウ展望台

2016年の別のツアーでの画像です。

絶景の観光スポットです。

高い場所から見るハワイの海。
ビーチで見るのとはまた違う海の色を楽しめますよ♪

マカプウも何度か行きましたが、行くたびに口を開けて海を眺めてしまいます。

マカプウは、こちらの体験記でも紹介しています。
※違うウィンドウで開くので、後でゆっくりご覧ください。

ハワイの「ハニークリームパイナップル」は絶品!衝動買いしました♪

マカプウパワースポット・ハイキング

 

◆ハナウマ湾
(火曜日以外)

ハナウマ湾

2016年の別のツアーでの画像です。

ハナウマ湾はハワイでナンバー1のシュノーケルスポットです。

このツアーでは、ビーチまでは行かず、展望台からその最高の景色を眺めます。
この海を見たら、「あの海で泳いでみたい!」と思わずにはいられないでしょう。

泳げないいそぽん♂ですら、2016年にシュノーケルをしてきました。

ハナウマ湾のシュノーケル体験記

 

◆イオラニ宮殿とカメハメハ大王像

最後にイオラニ宮殿とカメハメハ大王像を観光して終わりです。

この後ホテルに帰りますが、ショッピングをしたい人はこのままワイケレ・ショッピング・センターまで送り迎えしてもらえます。

ワイケレに行く場合は、ホテルに戻るのは18:00頃です。約3時間のショッピングを楽しむことができますよ♪

あと、ツアー中におやつとして、

ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル「ブルーベリー・チーズ・スコーン」

ブルーベリーチーズスコーン

 

お~いお茶

ハワイのお~いお茶

 

が貰えます。

観光で疲れた体にしみ渡ります。

特にダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルのブルーベリー・チーズ・スコーンは日本人だけでなく、ロコにも人気の1品ですよ♪

ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルの体験記

 

以上がいそぽん家がおすすめする「イオラニ宮殿ツアー」の紹介でした。

ガイドをしてくれるのが日本人なので気軽に参加できるし安心ですよ。

JTBのイオラニ宮殿ツアーはこちら

 

ウェブサイトを使ったイオラニ宮殿の予約

オプショナルツアーではなく、イオラニ宮殿のツアーを申し込みたい方向けに、ウェブサイトのご紹介をします。

ここでは、パソコンの画面で自動翻訳したキャプチャ画像を紹介しますね。
英語が分からないので(笑)

実際に操作をされる画面は英語になりますが、これで雰囲気をつかんで下さい。何となく分かると思います。

まずは、イオラニ宮殿の予約ページへアクセス
https://fareharbor.com/iolanipalace/

 

予約解説画面1

 

ガイドツアーかオーディオツアーを選択
ここではガイドツアーで進めます。

 

予約解説画面2

 

自動翻訳なので少し日本語がおかしいですが、今すぐ予約をクリック。

 

予約解説画面3

 

日程を選択します。
日本語ガイドツアーは月曜と金曜日です。

この画面で「日本語ガイドツアー」が表示されていなくても、日程を選ぶと後で出てくることがあります。なぜか水曜日にも日本語ガイドツアーが出ています。謎です。

 

予約解説画面4

 

日本語ツアーを選択。

 

予約解説画面5

 

人数を入力します。

 

予約解説画面6

 

イオラニ宮殿は何を見て知ったかとか、特別なリクエストがある場合は入力します。ここは必須項目ではありません。

料金を確認

個人情報を入力(必須項目)

CVC(セキュリティコード)は、クレジットカードの裏面に記載されている暗証番号のことです。
署名欄に記載されている番号の最後の3桁がCVCです。
アメックスはカード前面右上に書かれた4桁のコードです。

解説は以上です。
ご自身で予約される場合の参考になれば幸いです。
いそぽん家はオプショナルツアー1本です(笑)

 

そういえば、なぜか水曜日も日本語ガイドツアーが入っていましたね。
時間は11:30からでした。

2017年分をチェックすると、火曜と水曜でも日本語ツアーの予約ができるようになっていました。なんでだろう??増えたのかな?

 

どうでもいいおまけ記事

オプショナルツアーですが、現在のイオラニ宮殿のツアーになる前は、真珠湾と王家の墓がコースに入っていました。

もうこの2つはツアーに入っていないので、体験記を書いても何の意味もありません。

いそぽん家の思い出として、他の方にとっては「どうでもいい」と言われてしまいそうな体験記を追記しておきます。

 

◆真珠湾(パール・ハーバー)

パールハーバー1

 

日本とハワイをつなぐ歴史の中で、パールハーバーは決して忘れ去られることのない場所です。

島内観光のツアーの中には、パールハーバーに行くものもありますが、短時間なのでほとんど見ずに終わっていました。

以前見た「ボーフィン」という潜水艦に乗ってみたくて、今回のおすすめツアー会社であるIOG TOURに参加しました。

パールハーバーの滞在時間が少し長めで、この潜水艦に乗れるツアーだったからです。
※戦艦ミズーリやアリゾナ記念館には行きません。

ボーフィンは動くことはなく、もちろん潜水もしません。展示だけです。

 

ボーフィン内のガイドはオーディオガイドでした。

場所としては、ワイワイ、ギャーギャー騒ぐ場所ではないですが、男子は戦艦とか潜水艦が好きですよね。
いそぽん♂も初めて見る潜水艦に静かに興奮していましたよ♪

 

パールハーバー

 

パールハーバー4

 

艦内はとても狭く、こんなところに体の大きな大人が、しかも集団で乗り込んでいたとは。

パールハーバー2

 

パールハーバー3

 

狭い・・・
こういうものが不必要な時代になったらいいのになぁと思いました。

 

ボーフィンの外はミサイルなどが展示してあり、日本が使っていた人間魚雷(回天)もありました。

パールハーバー5

 

兵士が1人この中に入り、敵艦に突っ込みます。もちろん生きては帰れません。操縦が難しく、使命を果たせず亡くなった方だけではなく、訓練中にも多くの命が失われた日本の兵器です。

ハワイ旅行で浮かれている中、ハッとさせられる瞬間です。日本の為に戦った先人達に感謝しないといけませんね。

他にもビジターセンターには多くの資料や展示物(英語)がありましたが、ボーフィンで時間を使い果たしてしまい、駆け足で見て終了しました。

いつか戦艦ミズーリやアリゾナ記念館まで行けるツアーに参加したいと思います。

もし今参加するなら

パールハーバーのツアー

 

『パールハーバー・デラックス・ツアー (特製ランチ付き)』

が第1候補。

次が

『パールハーバーとアリゾナ記念館&戦艦ミズーリ・ツアー』

かな。

もし、パールハーバーをじっくり訪問されるなら、利用されてみてはいかがでしょうか。

パールハーバーをじっくり見学できるツアー(JTBのサイト)

 

移動中の車の中で、ガイドさんが沈んだままのアリゾナ号の映像を見せてくれました。

アリゾナ

 

◆王家の墓(行けず)

今回のツアーでイオラニ宮殿と同じくらい期待していたのが、王家の墓(車窓見学)

場所的に気軽に行けるところではないし、パワースポットですが、観光スポットと呼べる場所ではありません。参拝するには礼儀作法も必要でしょうから、ツアーで行きたかったのですが・・・

門が閉まっていて入れない!

あまりにもショックで写真を撮ることさえ忘れてしまいました。

この日は2016年11月8日。
「アメリカ大統領選挙」の日でした。

そう、ちょうどこのタイミングで館長が選挙に行ってしまっていたのです。

うぅ・・・。

 

◆代わりに行ったのは出雲大社

出雲大社

 

王家の墓に行けなかった代わりにガイドさんが出雲大社に連れて来てくれました。パワースポット繋がりですね。この出雲大社は何度も参拝に来ています♪

 

出雲大社2

 

出雲大社の車のナンバープレート。
おしゃれですが、せっかくの虹の色が少し残念になっていますね。

 

そういえば、ハワイの出雲大社でも御朱印がいただけるのをご存知でしたか?

御朱印だけではなく、ハワイらしい御朱印帳も並んでいるので記念にもなりますね。

いそぽん家は御朱印帳に何かあると嫌なので日本に置いておき、ハワイの出雲大社で既に準備されている御朱印のみいただいてきました。その場で日付だけ入れてくれましたよ。

ハワイ出雲大社御朱印

 

御朱印帳にローマ字が入るのが珍しいですし、「ALOHA!」という挨拶が入っているのも面白いです。

お気に入りです♪

 

まとめ

最後はイオラニ宮殿の話から完全にそれていましたね。

初ハワイだとなかなか興味がわかない場所かもしれませんが、イオラニ宮殿はハワイの歴史に触れることのできる大事な観光スポットの1つです。アメリカではなく、ハワイ王朝時代に触れることができます。

今のオプショナルツアーなら初ハワイの方でも楽しめるかもしれませんね。

イオラニ宮殿を観光する場合の選択肢は、イオラニ宮殿主催のガイドツアーかオーディオツアー、又はオプショナルツアーのどれかになると思います。

ガイドツアーなら予約しておく方がいいですし、オーディオツアーならいきなり行ってみてもいいでしょう。スムーズに観光するならオーディオツアーでも予約しておくことをおすすめします。

半日程度を観光に充てることができるなら、オプショナルツアーがおすすめです。1日使えるならワイケレでアウトレットのショッピングも楽しめるので、ショッピング派にもピッタリだと思います。

スケジュールに合わせて選びましょう♪

JTBのイオラニ宮殿オプショナルツアーはこちら

 

マハロ♪

 

スポンサードリンク



ランキングに参加しています
いそぽんのハワイブログをご覧いただきありがとうございます!

ほんの少しでもお役に立てたなら、
クリックしてもらえるとすごく嬉しいです♪

にほんブログ村



おすすめ記事

titlehibiscusハワイを200%楽しんだオプショナルツアー体験記

titlehibiscusハワイを200%楽しんだグルメ体験記

titlehibiscus「ハワイ雑貨の店」の体験記

titlehibiscusちょっと心配?ドレスコードのお話

titlehibiscusステーキが食べたい!ルースズクリス体験記

titlehibiscus日本でハワイを楽しむDVD「バナナTV」


コメントを残す

このページの先頭へ