【琉球八社巡り】波上宮

波上宮と御朱印

琉球八社「波上宮 [なみのうえぐう] 」へ。

那覇空港に近く、到着後や最終日の観光に便利な立地。境内はコンパクトにまとまっていて、参拝だけなら少しの時間があれば十分です。でもそれだけでは済まないのですが…。

今回は波上宮の旅行記です。基本情報から駐車場や御朱印情報、境内の様子、「波の上っぽい」写真が撮れるフォトスポットなどを紹介します。

琉球八社
琉球王国(1429~1879年)時代に、王府から特別の扱いを受けた8つの神社の総称。波上宮・沖宮・識名宮・普天間宮・末吉宮・安里八幡宮・天久宮・金武宮からなり、真言宗寺院と併置されている。首座は波上宮。祭神(さいじん)は、安里八幡宮が八幡神、ほかの7社は熊野権現。

波上宮では、末吉宮、安里八幡宮、天久宮の御朱印をいただけます。御朱印を集めるなら、これらの神社の参拝後に行くのがおすすめ。

琉球八社と波上宮の位置
目次

波上宮の基本情報

琉球八社の最上位に位置する波上宮は、沖縄の総鎮守として信仰を集め、沖縄県神社庁の事務所も置かれています。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次