準備と持ち物

【解説つき】ハワイ旅行の持ち物チェックリスト

アロ~ハ!
いそぽんです(^^♪

ハワイ旅行の準備進んでいますか?

ある程度できたけど忘れ物がないか不安、何が必要かさっぱり分からない、いろいろな方がみえると思います。

そんな時にふと、他の人の持ち物が気になったりしませんか?

 

いそぽん
他の人の持ち物を見ていると「あっ、そういえば」とか「なるほど~」って気づくこともあるんですよ!

 

いそぽん家はこれからもハワイに行くつもりなので、ハワイ旅行用の持ち物をリストにしたんです。

おかげで毎回悩むようなことはなくなりました。

 

いそぽん
心配性なので持っていくものは多い方だと思います

 

このページでは、心配性の私が実際に使っている持ち物リストを紹介します。

いそぽん家の持ち物をのぞき見して、ハワイ旅行の準備にお役立てください!

旅行スタイル

行く人:いそぽん夫婦2人(子供なし)
期間:1週間程度で観光目的

いそぽん
子供はいないので、お子様連れのご家族はこのリストに子供関連のものを追加してくださいね!

 

スポンサーリンク

最重要!持ち物準備の前に確認

持ち物準備をする前に、絶対確認しておいてほしいのがパスポートESTA(エスタ)です。

パスポートの有効期限を確認

  • パスポートの期限が切れていないか
  • 旅行中に切れてしまわないか

を確認しましょう。

パスポートの有効期限はアメリカ(ハワイ)入国日から90日以上あることが望ましいですが、帰国日まで有効なら渡ハは可能です。

ですが、何かの事情で帰国日が延長になることも考えて、余裕があるに越したことはありません。

パスポートとESTAはセット

パスポートの有効期限が切れる場合は、更新手続きが必要になります。パスポートを更新すると取得済みのESTA(後述)は無効になるので再申請しなければいけません。

 

Eパスポートの確認

次にパスポートの表紙を確認してください。

Eパスポートの確認

このマークが付いているかどうか。付いていればOKです。

これはEパスポート(IC旅券)のマークで、アメリカに入国するにはこのマークの付いたパスポートとESTAが必要です。

ホヌぽん
日本では2006年3月20日からこのパスポートになっているよ。日本で発給されたパスポートならこのマークがついているはず。一応確認しておいてね。

 

ESTA(エスタ)

ハワイに上陸するには電子渡航認証システム(ESTA/エスタ)での承認が必要です。

エスタを簡単に言うと、「私、アメリカに行っていいかしら?」とアメリカに許可を求めるもの。

「いいよ!」と返事が来れば、アメリカの空港まで行って、その後に入国審査を受けられます。

これは絶対に必要なので必ず申請してください。

ESTAの申請には1人につき14ドル必要で、支払いはクレジットカードです。
手続きはネットでできますよ。

ESTAの有効期間は2年間

ESTAの有効期間は2年間。

翌年は申請しなくてもハワイに行けます。

ですが、パスポートの有効期限が2年ない場合は、パスポートの期限切れをもってESTAも無効になります。

ホヌぽん
パスポートを更新したら以前に取得したESTAの期限が残っていたとしても無効になるよ。
セットになってるんだ

関連記事 画像で分かる!ハワイのESTA(エスタ)申請・登録・確認方法を解説

 

ハワイ旅行持ち物チェックリスト

心配性なのでかなり多いですが、その分チェック用として役立つと思います。

基本的に個人情報を含むもの以外は、ハワイで似たようなものが買えるので、肩の力を抜いて準備しましょう。

つまぽん
ワイキキで買うと高いから!っていつも全力で準備してるくせに(笑)

 

持ち物リスト実物の画像2018年に使った持ち物チェックリスト
※レンタカーなど人によって必要なものは追加しています

 

いそぽん
このページの下の方に、この画像のエクセル版を掲載しておきました。パソコンをお使いの方は使いやすいように加工してご利用ください。

 

絶対必要なもの

絶対必要なもの
  • パスポート
  • ESTAの承認
  • スーツケース
  • 海外旅行保険申し込みと保険証
  • クレジットカード
  • 日本円
  • ドル紙幣
  • 航空券(Eチケット)控え/個人手配の場合
  • ホテルの予約確認書/個人手配の場合
  • レンタカーの予約確認書
  • 運転免許証
  • 旅行会社の書類/旅行会社利用の場合
  • 両替票/旅行会社利用の場合
  • 眼鏡
  • コンタクトレンズとケア用品

【ちょっと補足】

海外旅行保険

費用がかかるので海外旅行保険に加入しない人も多いようですが、万が一の時にクレジットカードの保険金だけでは不足することもあります。

私は加入をおすすめします。

関連記事 ハワイ旅行で海外旅行保険は入るべき?クレジットの保険では不足することも

 

クレジットカード

海外旅行では多額の現金を持ち歩かなくていいクレジットカードは必須です。ホテルのチェックインで提示を求められることもあります。

1枚だと紛失したり破損した時に不便なので、2~3枚は持っていきましょう。

現金もご準備を!

クレジットカードが使えない店もあるので、現金もある程度持ち歩く必要はあります。

関連記事 ハワイ旅行にクレジットカードは必要?VISAとJCBどちらがいい?

 

日本円・ドル紙幣

日本円は日本国内で使うのと、ハワイで両替したい時用です。

ドル紙幣はワイキキに行ってから両替でもいいですが、ハワイ到着後に空港からタクシーを使うならチップが必要になります。

日本で両替しておく方が焦らずに済むと思いますよ。

 

個人手配の控えなど

航空券(Eチケット)やホテルの予約を個人手配した場合、予約確認書が必要になる場合があるので、予約サイトをご確認ください。

JTBなどのツアーの場合は、事前に自宅に届いた書類で必要なものを持って行きます。

さらに出国当日、空港のツアーデスクで受付をして必要なものを受け取ります。
※念のため利用される旅行会社で流れをご確認ください。

 

運転免許証

レンタカーを借りる際に必要となります。

また、万が一パスポートを紛失してしまった時に「帰国のための渡航書」を発行する際の身分証明として利用します。
※他に写真が2枚必要です。

「帰国のための渡航書」で免許証を持っていない方は、パスポートの写しと健康保険証で身分を証明しましょう。

参考サイト 在ホノルル日本国総領事館(日本語)

 

眼鏡・コンタクト

普段コンタクトレンズしか使用していなくても、急な眼病で装着できない事態が起こるかもしれません。

念のため眼鏡も持っていくと安心できます。

 

機内に持っていくもの

機内に持ち込み
  • パスポートケース
  • エコバッグ
  • カメラ
  • SDカード
  • バッテリー(カメラ)
  • スマホ
  • バッテリー(スマホ)
  • レンタルWiFiのセット
  • 腕時計
  • 液体物を入れる袋
  • ボールペン
  • スリッパ
  • 機内用の楽なパンツ
  • 加湿マスク
  • 酔い止め・頭痛薬
  • タバコ・使い捨てライター
  • 化粧水ミニボトル
  • 使い捨てカイロ(貼らないタイプ)

【ちょっと補足】

パスポートケース

空港ではパスポートや航空券を1つにまとめておいた方が便利なので使っています。

例えばこんなのです。

LiberFlyer パスフィットミニ®︎
スキミングを防止できるコンパクトなパスポートポーチ
 

いそぽんは、無印良品で処分セールをしていたネックタイプを使っていますが、周りに同じものを使っている人を見たことがありません。

今度買う時は、スキミング防止できるものにするつもりです。

 

エコバッグ

出国審査が終わった後に機内用の楽なパンツに履き替えるので、パンツを入れる為に持っていってます。

エコバッグは、ハワイでショッピングの時にも使うので持って行きましょう。

 

電子機器

カメラやスマホなどの電子機器や貴重品は、手荷物として持っていきます。

バッテリーは預け入れできないので、手荷物で機内に持ち込まなければいけません。

 

液体物を入れる袋

忘れやすいので注意

機内に持ち込める液体には制限があって、容器が100ミリリットル以下じゃないと持ち込めません。

検査場では、機内に持ち込む液体物すべてを

  • 「縦横の合計が40cm以内」で
  • 「ジッパー付き」の
  • 「透明」な
  • プラスチック袋

に入れて検査員に提示しなければいけません。

1人1袋限りなのでご注意ください。

いそぽん家はジップロックの中サイズを持っていきますが、100円均一や空港内のコンビニやショップで販売しているのを使ってもOKです。

袋に入れておくのは検査場を出るまでの間だけ。

検査場を出たあとは、袋から出してもいいですし、ペットボトルの飲みものなども自由に購入できますよ。

 

ボールペン

機内で税関申告書を書くのに使用します。

税関申告書の見本

税関申告書記入例

ホテル名の英語表記をあらかじめ調べてメモしておくと便利です。

 

機内の快適グッズ

スリッパ、機内用の楽なパンツ、加湿マスク、使い捨てカイロは、機内で快適に過ごすためのグッズなので必須ではありません。

JALのエコノミーは機内のスリッパがなくなったので、ホテル用と兼用で持っていきます。

日本と違って、ホテルにスリッパがない所も多いので確認しておきましょう。

機内の服装は?

機内での服装はみんなバラバラで、ジーンズの人もいればスウェットの人もいます。

行きの機内は寝ないといけないので、ラフな格好の人が多いです。

いそぽん家もゆったりした服装で搭乗して、ハワイ到着後に着替えています。

 

加湿マスク

機内は乾燥しやすいので加湿マスクを持っていいます。

すっぴんを隠したり、口を開けて寝ているのを隠す効果もありますよ。

 

いそぽん
ちなみに、風邪予防で使うマスクは加湿タイプじゃなく、使い捨ての不織布マスクがおすすめ!

 

カイロ

夜中に出発する行きの機内は、座席が窓側だと寒いので持ち込んでいます。

貼るタイプを貼って寝ると低温ヤケドのリスクがあるので、貼らないタイプがおすすめです。

ハワイから日本に戻る機内はそれほど寒くありません。

 

生活用品・化粧用品

生活用品
  • 衣類
  • 下着類
  • パジャマ
  • 生理用品
  • 洗顔・メイク落とし
  • 化粧水・乳液
  • メイク用品
  • リップクリーム
  • 歯ブラシ
  • 医薬品(常備薬)
  • サプリメント
  • 爪切り
  • 綿棒

【ちょっと補足】

衣類

長そでの羽織るものが1枚あると便利。

ハワイの店内やツアーバスの車内などは、冷房がかなり強いです。

いそぽん
たぶん20℃以下に設定してる

 

マリンアクティビティの後は体が冷えてるので、車内で震えることもザラです。

いそぽん家はパーカーを持っていきますし、カーディガンを着ている人もよく見かけるので、1枚羽織るものを持って行きましょう。

 

パジャマ

寝ている時に楽なものを持っていくだけ。緩めの短パンとか。

いそぽんはTシャツにトランクスで寝ます。

ホヌぽん
いそぽんの寝姿に興味はないぞ

 

スキンケア用品

肌に使うものは、日ごろから使い慣れたものがいいです。

紫外線が強烈なので、日焼け止めと保湿力が高い化粧水は必須です。

特に紫外線対策は超重要!

 

頭がいい人のお話

ハワイ旅行ってお金がかかるので、旅行代金以外は節約したくなるものだと思っていたんですけど、ある人は「こんな機会だからこそ新しい化粧品を使ってみる」って言ってました。

どさくさに紛れて買っちゃうのだとか(笑)

「かさばるボトルは持っていきたくないからトラベル用を買う」という口実で、気になるブランドのトライアルセットを買っちゃうらしいです。

それで買ったのがPOLAの【ディセンシア】サエル トライアルセット

「有名ブランドの美白化粧品だから安心でしょ。10日分あるから旅行の前後で使えるの。ハワイの紫外線で肌が弱ってても使えるし、シミ対策もしてくれるから美貌も保てるのよ!」

って営業さん顔負けのトークで旦那さんを説得したそうです。

ホヌぽん
頭いいね!!

 

歯ブラシ

海外ホテルの歯ブラシは、ヘッド部分が大きい場合があるので、使い慣れているのを持って行ってます。

飛行機内のアメニティで歯ブラシがない場合は、機内にも持ち込みます。

 

医薬品(常備薬)

持病がある方はもちろんですが、頭痛薬や胃薬、目薬(コンタクトレンズ使用時)等は持って行った方がいいと思います。

常備薬は機内にも持ち込んでおきましょう。

いそぽんは心配性なので、薬は多めに持っていきます。

いそぽんの薬リスト

目薬、湿布、風邪薬、漢方薬、頭痛薬、酔い止め、かゆみ止め、化膿止めの塗り薬、虫よけ(リキッドタイプ)、消化薬、整腸薬、口内炎の塗り薬
※虫よけは木々が生い茂る場所に行く時に使うだけです。マノアの滝や植物園に行く時は必須!

いそぽん
街中で虫よけを使うことはありません。
マノアの滝や植物園、フランキーズ果樹園(ハニークリームパイナップル)など、木々が生い茂る場所に行く時は必須です!

 

外出時の持ち物

外出する時に持っているもの
  • 日焼け止め
  • ドル用の財布
  • サンダル
  • スニーカー
  • サングラス
  • 外出用のバッグ
  • ポケットティッシュ
  • 除菌ウェットティッシュ
  • ハンカチ・ハンドタオル
  • 帽子
  • メモ帳
  • 絆創膏
  • 携帯灰皿

【ちょっと補足】

日焼け止め規制法について

ハワイ州では2021年1月より「オキシベンゾン」と「オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)」という紫外線吸収剤を使用した日焼け止めの販売が禁止になります。

ホヌぽん
サンゴ礁に悪影響があるんだって!

日本からの持ち込みについては現在規制されていません。

日焼け止めは肌に合う合わないが出やすいので、普段お使いのものを持っていきましょう。

サンゴに影響がない日焼け止めは白浮きしやすくなりますが、肌にもサンゴにも優しいですよ。

NOV UVシールドEX
NOV(ノブ) UVシールドEX/ノエビア
サンゴ礁にも優しいノンケミカルタイプの日焼け止め
 

 

ドル用の財布

防犯対策も含めて、日本で買った明らかに安っぽい財布を使っています。

いろいろな物を入れず、その日に必要な現金とクレジットカードだけにして薄くしておくのがポイント。

ホヌぽん
全財産を持ち歩いちゃダメ!絶対!!

 

外出用のバッグ

中身がいっぱい詰まった大きなバッグは、スリや強盗に目をつけられやすいのご注意を!

コンパクトで肩から掛けられるタイプがおすすめです。

 

除菌ウェットティッシュ

フードコートや屋外のテーブルがかなり汚れている時に使います。

かなり重宝しています。

 

絆創膏を数枚

絆創膏はロングス・ドラッグやABCストアで、いろいろな種類とサイズが売っているので、基本的には持っていかなくても大丈夫。

靴ずれやサンダル擦れの時用に、小さいものを数枚だけ持っています。

 

アクティビティ用の持ち物

アクティビティで持って行くもの
  • バウチャー(オプショナルツアー)
  • 水着
  • バスタオルや着替えを入れるバッグ
  • 防水ケース(小銭入れ)
  • 防水スマホケース
  • タオル(山登り等)
  • 虫よけ

【ちょっと補足】

バウチャー

オプショナルツアーの中には、バウチャーの印刷が必要なものもあるので確認しておきましょう。

まっぷるアクティビティ経由で申込んだツアーなら、まっぷるのワイキキオフィスで印刷してもらうこともできますよ。

 

防水ケース

プールや海に行く時、マリンアクティビティに参加する時は、財布を持っていきたくないので、ホテルの鍵や少額の紙幣を入れられるように防水ケースを持って行きます。

 

防水バッグ3点セット
スマホ・小物入れ・衣類などを収納できる3点セット
 

 

スマホの防水メインなら

DIVAID 防水ケース スマホ用
 

 

マジックテープやジッパーで開閉できるポケット付きの水着なら、ジップロックに入れてしまっておくのもいいですね。

ちなみに、いそぽんは水陸両用のサーフパンツを買ってみました。

ハワイ用に買ったsafsの海パン

水陸両用サーフパンツ(メンズ)
販売ショップ:SAFS
※ハワイで使ってからレビュー書きます
 

 

虫よけ

マノアの滝やフランキーズ果樹園、植物園など、自然が豊かな場所には蚊が多く、虫よけをしていても結構やられます。

島内観光やワイキキの街中では使わなくても大丈夫ですよ。

 

ドレスコード用

ドレスコード用
  • アロハシャツ
  • リゾートワンピース
  • チノパン

【ちょっと補足】

服装について

ドレスコード用の荷物は、ドレスコードがあるレストランに行く時だけ。

初めてのハワイなら、アロハシャツやリゾートワンピースは現地調達した方が思い出になります。

レストランによってはドレスコードが緩いところもあるので、事前に調べておきましょう。

 

エチケット用品

エチケット用品
  • ムダ毛処理グッズ
  • 汗拭きシート
  • ブレスケア
  • トイレの消臭剤

【ちょっと補足】

ブレスケア

ハワイではガーリックを使った食事をよくするので、持っておくと便利です。

で、またガーリックを使った食事が美味しいんですよ♪

 

トイレの消臭剤

ホテルの部屋のトイレで使っています。

肉料理が多いとアレの臭いも独特になりますから。

新婚さんとかは特に持って行くといいんじゃないでしょうか。

 

いそぽん
バイヤー時代から、これが最強だと言い続けている商品を紹介します
いそぽん家はローズが好きです
小林製薬 1滴消臭元トイレ用
スウィートローズとウォーターグリーンの香り
 

 

飛行機の手荷物で持ち込む時は、液体物として袋に入れてください。

 

 

電化製品

電化製品
  • カメラの充電器
  • スマホ充電器
  • ひげそり

【ちょっと補足】

充電器を忘れると最悪なので、しっかりチェックしておきましょう。

一般的な電化製品はそのままハワイでも使えますが、海外対応ではないドライヤーやヘアアイロンは使えないので注意が必要です。

無理に使おうとすると、故障や火災の原因になります。

 

あると便利なグッズ

あると便利なもの
  • スーツケースベルト
  • ガイドブック
  • ビニール袋(コンビニ袋)
  • 割りばし
  • ラッシュガード

【ちょっと補足】

スーツケースベルト

空港でスーツケースを受け取る時の目印になったり、スーツケースの鍵が壊れた時の一時的な鍵替わりになったりします。

ロックできるタイプがおすすめで、いそぽんはダイヤルロック式を使っています。

空港で預ける時の注意

空港で預ける時はロックを解除しておいてください。

海外では職員の検査で壊されることがあります。

 

ビニール袋

気圧で中身が飛び出そうなお土産(袋入りのスナック菓子、液体ハンドソープなど)を入れて飛び散りを防いだり、汚れたものを入れたり、ゴザ代わりに使ったりとかなり重宝します。

ホテルでゴミ袋代わりにも使えるので多めに持って行くといいですよ。

プラスチックゴミ削減の取り組みで、ハワイではビニール袋が手に入りません。

 

ラッシュガード

日焼け止めだけでは抑えきれないハワイの強烈な紫外線対策に使えます。

このまま海やプールにも入れるし、お腹を隠せるなんてメリットもありますよ。

速乾性のタイプがおすすめです。

ラッシュガード パーカー(レディース)
日焼け防止効果の最大値UPF50+のパーカー。デザインが多くてどれもかわいい♪
 

 

「まさか!」の時の控え

まさか・・・に備えて
  • ESTAコピー
  • パスポートのコピー
  • 顔写真(縦4.5cm×横3.5cm)
  • クレジットカード番号控え

【ちょっと補足】

ESTAのコピー

ESTAは申請後に承認されたのをネットで確認すれば後は何もすることはありません。

確認は後から何度でもできますし、印刷物を提示する義務もありません。

ですが、申請番号の控え、何かあった時の控え、有効期限の確認用として印刷して持参しています。

最低限として申請番号くらいはメモしておきましょう。

 

パスポート紛失用

パスポートをコピーする理由は、

  1. 原本を持ち歩かなくて済む
  2. パスポート紛失時の一時的な身分証

原本を持ち歩かなくて済みますが、もちろん原本が必要な場面ではコピーは不可。

お酒の購入時にコピーでいい店もあれば、コピー不可の店もあるので、万能ではありません。

2つめの理由は、パスポートを紛失した時の一時的な身分証として使うためです。

紛失時の一時的な身分証

パスポートを紛失すると帰国できないので、「帰国のための渡航書」を発行してもらわなければいけません。

その際に一時的な身分証としてパスポートのコピーを使います。

同時にパスポート用の顔写真が2枚必要なので、一緒に持っていきましょう。

注意

原本とコピーは別に保管してください。

 

クレジット番号の控え

クレジットカードを紛失した時の為にメモしています。

併せてカード会社の電話番号もどこかにメモしておきましょう。

注意

氏名や有効期限は番号と一緒にメモしないようにしましょう。

裏面のセキュリティコードや暗証番号も一緒にメモしてはいけません。

メモをどこかに落としたら最悪です。

 

要・不要が分かれるもの

お好みで
  • 耳栓
  • アイマスク
  • ネックピロー
  • 折り畳み日傘
  • シャンプー・コンディショナー
  • ボディソープ
  • 圧縮袋
  • 衣類洗剤(分包タイプ/ホテルで洗濯する人)
  • 栓抜き(瓶入りのアルコール類やジュースを飲む人)
  • マリンシューズ
  • 電源タップ
  • ティッシュ

【ちょっと補足】

耳栓

泣いている子供やしゃべっている大人も中にはいるので、寝る時に周りの音が気になる人は持って行った方がいいです。

ヘッドホンを使って音楽を流しておくという手もあります。

 

いそぽん
夜中に出発するハワイ便は到着が午前なので、機内で寝ておくのが基本です!

 

アイマスク

寝る時間の機内は薄暗くなりますが、真っ暗じゃないと寝れない人はアイマスクを持って行きましょう。

たまに読書灯を遅くまで使っている人もいます。

 

ネックピロー

あまり安いのだと首をしっかりホールドできなくて、結局寝心地が悪かったです。

なくても何とかなりますが、もし持って行くなら、少しいいやつを持って行きましょう。

GUAPO
自由に曲げれるネックピロー
従来の使い方以外に、横側を固定することもできる!
 

 

日避けグッズ

ちょっと周りから浮いちゃうのが日避けグッズ。

日傘やアームカバーはハワイの文化にはないのでちょっと浮いちゃう。

アームカバーはまだ見かけますが、ワイキキで日傘を使っている人はほとんど見かけません。

日傘はワイキキのような人が多いで使うところで使うと危ないので、帽子をおすすめします。

 

バス用品

ほとんどのホテルではバス用のアメニティがあるので、シャンプーやボディソープは不要です。

宿泊先のアメニティをチェックしておきましょう。

肌が弱くて使えるものが限られている人や、強いこだわりがある人は持っていった方がいいです。

 

圧縮袋

帰りはお土産でスーツケースがいっぱいになるので、手で圧縮できるタイプの圧縮袋は役立つかもしれません。

いそぽん家は服をお土産のクッション代わりにしているので持って行きません。

 

マリンシューズ

岩場や小石、サンゴの欠片などで足を傷つけないように履きます。

石の多いビーチや海に入って遊ぶ時に便利ですよ。

ビーチサンダル感覚で使えるマリンシューズ
シュノーケルの時も活躍!カラーは全5種類
 

 

電源タップ

部屋のコンセントが少ないホテルもあります。

寝ている間に充電しておきたい機器が多い家族やグループにおすすめです。

 

ティッシュ

ホテルの部屋に備え付けがあるかどうか確認しましょう。

 

レインコート

雨傘はハワイの文化に馴染んでおらず、またワイキキの人混みの中で使うのは危ないので、雨が心配な方はレインコートの方がいいです。

10月~3月は雨期で、濡れたままだと寒いかもしれません。

ですが、街中では雨が降ったら建物に入ってやり過ごすか、そのまま濡れている人ばかりです。

短時間でやむことが多いので、いそぽん家は雨具は持っていきません。

ホヌぽん
もし買うならフード付きのレインコートがおすすめ!

 

特殊

特殊なもちもの
  • 海外旅行用変圧器

【ちょっと補足】

日本の家電製品をハワイで使う場合に気をつけないといけないのは電圧です。

日本が100V(ボルト)なのに対しハワイは110-120Vです。

持っていきたい家電の定格電圧のところを見て、AC100~240Vと表記されていたらそのまま使えます。

ハワイでそのまま使える電圧画像

iPhoneの純正充電器(右側)もそのまま使用可能です。

 

AC100Vとしか表記されていない場合、短時間なら使えるかもしれませんが、故障や破裂のリスクがあるのでおすすめしません。

ハワイでそのままでは使えない電圧画像

AC100Vとしか表記されていない家電を持って行くなら、海外旅行用の変圧器が必要になります。

 

ただ、ドライヤーやヘアアイロンなどは一般的な変圧器を使っても対応できないので、海外仕様(100~240V)になっていない家電は持っていかない方がいいです。

壊れるだけならまだいいですが、爆発や出火したら最悪です。

コンセントプラグ(差し込むところ)については、日本と同じ形状なので変換プラグはいりません。

つまり・・・

日本で使っている家電で「AC100-240V」と書かれていれば、何も用意しなくても使えるということです。

 

ホヌぽん
ハワイのコンセントには穴が3つ空いてるけど、1つはアース用なので気にしなくていいよ

 

ハワイ旅行の持ち物リストまとめ

いそぽんは男のくせにかなり心配性なので、持ち物が多めなんです・・・。

先にも書きましたが、個人情報系や電化製品以外は似たような物をハワイで購入できます。

 

いそぽん
ワイキキ以外だと店が近くにないこともあるけど

 

ワイキキ近辺に滞在する方は、物価が高いという弱点はあるものの、持ち物で神経質にならなくても大丈夫!

 

海外旅行はどれくらい行きの荷物を減らせるかがポイントとも言われます。

まさにその通りなので、今回のリストの中で使わなさそうなものは削ってくださいね。

 

いそぽん
いそぽん家は、行きのスーツケースは半分が埋まって、帰りはパンパンになっています。

 

スマホがないなら

スマホや携帯電話を持っていない場合は、目覚まし時計、腕時計、メモ帳、地図またはガイドブック等も持っていきましょう。

 

今回紹介した持ち物リストのエクセル版をご用意しました。

パソコンが使えるなら使いやすいように加工してご活用下さい。

ダウンロード ハワイ持ち物リスト(ブログ)

 

楽しい旅行になりますように!
マハロ♪

関連コンテンツ

-準備と持ち物

Copyright© いそぽんハワイ | ハワイ旅行が200%楽しくなるツアー体験記 , 2019 All Rights Reserved.